Search

検索したいワードを入力してください

2019年03月15日

育児に疲れたと感じる原因と対処法20選|イライラを解消しよう

育児に疲れたと感じる原因を解決したいママやパパに読んでいただきたい内容を書いています。子育ては大変ですが、子供を育てることは人の喜びにもなります。ここでは育児の疲れを上手に回避できる本なども紹介していますのでぜひ読んでみてください。

育児に疲れたと感じる原因と対処法20選|イライラを解消しよう

スマホ一つで洋服を楽々クリーニング!

Wash Close

洋服をクリーニングに出したいけれど、クリーニング店に行くのが面倒・・・。
そんな方におすすめなのが「Wash Closet」

Wash ClosetはスマホやPCからクリーニングの申し込みをして、あとは取りに来るのを待つだけ。
クリーニングが完了した洋服は家に届けてもらうことができるので、わざわざお店に足を運ぶ必要はナシ!

しかも、最大7ヶ月間無料で保管してくれるので、変色・害虫・カビなどの様々なダメージから洋服を守ることもできます!

PC・スマホから簡単申し込み

育児とは

育児に疲れたと感じる原因と対処法20選|イライラを解消しよう

普通によく使われる言葉なのですが、育児と子育の、二つに意味は、意味合いが多少ですが違うことをご存知でしたか。

言葉の意味を辞典などでも調べてみるとわかるのですが、育児とは、一般的に言うと0歳~6歳の乳幼児のことを表す言葉になります。

一般的に小学校の入学前までの子育てという意味で使われています。

子育てとの違い

子育てには、子供の年齢制限の決まりはありません。学童期までを子育てと呼んでいます。

育児と子育てとは、対象となる子供の年齢の違いになります。

今回は育児をがんばっている方や、育児に不安がある方に、疲れない育児のコツをご紹介していきます。

育児に疲れたと感じる原因10選

育児に疲れたと感じる原因と対処法20選|イライラを解消しよう

母親が育児に疲れたと感じるのには、それなりの原因があります。育児に疲れたと感じる場合は原因を取り除く事が必要になります。

母親が育児に疲れる原因を10選紹介します。

育児に疲れたと感じる原因1:なかなか休めない

育児を始めたばかりのお母さんが感じることは、朝から晩、真夜中に至るまで育児をすることになり、自分が休める時間があまり取れななくて疲れを感じます。

しかし疲れたら休むこともできませんし、育児を避けることはできません。赤ちゃんは一人では何もできず、母親の手助けが必要不可欠ですので休むこともできません。

家事や育児を母親が一人で担うのはとても重労働です。

育児に疲れたと感じる原因2:一人の時間が作れない

1日中育児で赤ちゃんと一緒という母親は、一人になれる時間がほとんどありません。

母親はどうしても赤ちゃん中心の生活になってしまいますので、ストレスが溜まって疲れてまうしまうこともあります。

育児に疲れたと感じる原因3:体調が悪くても休めない

おじいちゃんやおばあちゃんと一緒に住んている家庭であれば、育児を手伝ってもらうことで少しは休むことも可能でしょうが、そうでなければ体調が悪くても休めないこともあります。

余程のことがない限りは、体調が悪くても育児を優先させるかありません。

育児に疲れたと感じる原因4:予測が不能な事態の連続

育児で特に大変なのは、赤ちゃんや子供の予測が不能な事態です。ひやひやする思いをする母親も多いことでしょう。

赤ちゃんが風邪で熱を出したり、ひきつけを起こしてしまった場合には心配で仕方がなるのではないでしょうか。小さな子供の育児はドキドキさせられる瞬間が多いものです。

育児に疲れたと感じる原因5:子供連れの買い物でヘトヘト

育児は、大変なことの連続になります。特に赤ちゃんと幼児を同時期に育児する場合には、お買い物と言っても一苦労です。

背中に赤ちゃんを背負い、手には幼児と荷物を持つという状況が出てくる可能性もあります。

育児に疲れたと感じる原因6:ゆっくりご飯が食べられない

育児の時期には仕方ないことなのでしょうが、ゆっくりとご飯が食べられない場合が多いです。

ゆっくりとご飯が食べたくても、育児をしている時期には食事を中断しなければいけない状況が起こる可能性があります。

育児に疲れたと感じる原因7:幼児教育番組しか見られない

まだ生まれたての赤ちゃんの頃なら好きな番組を見ることもできますが、赤ちゃんが幼児時期に入ってくると、どうしても子供が好きな番組を見たがります。

たまには自分の好きな番組を見たくなっても、子供が見ている間は、母親が我慢しなければいけません。

育児に疲れたと感じる原因8:父親が戦力外

日本の風習ではそれが主に母親が育児を行いますので、育児に慣れていない父親が戦力外になる場合も多いでしょう。

また「自分が仕事をして養っているのだから」と言う気持が強い父親が多いのも日本の特徴です。

最初は父親にできないことでも、少しづつでも手伝って貰えるように諦めずに声をかけることも大事です。

育児に疲れたと感じる原因9:日中誰とも会話が無い日がある

乳幼児の時期は、1日中家で過ごすこともありますので、日中誰とも会話が無い日もあります。

他人と話すことが好きな母親の場合は、こういった日がつづくと育児に疲れたと感じる原因になります。

育児に疲れたと感じる原因10:社会と断絶されたような気分になる

仕事中心だった母親の場合は、家の中で誰とも関わらず育児だけをしていると、自分が社会から断絶されたような気分になることもあるでしょう。

そんな時には今の自分の役割を見直して、乳幼児の時期や幼児の時期に子供と接する時間の大切さをよく考えてみましょう。育児の時期は、子供に愛情を与える大切な時期です。

育児に疲れた時の対処法10選

育児に疲れたと感じる原因と対処法20選|イライラを解消しよう

慣れない育児に疲れを感じてしまった場合は、どうすれば良いのか考えて自分自身で工夫することも大切です。

育児に疲れた時の対処法を紹介しますので、参考にしてください。

育児に疲れた時の対処法1:友人に会って話を聞いてもらう

育児に疲れた時には、友人に会って話を聞いてもらうだけでも人は気分転換になります。

同じくらい子供のいる友人や昔からの自分の友人を家に誘って、ちょっとした愚痴を聞いてもらうだけでも気持ちが安らぎます。

近所に同じくらいの子供を持つ友人や子供好きな友人がいれば、とても心強いです。

育児に疲れた時の対処法2:父親に協力してもらう

育児をする時期に一緒にいるのが父親ですので、できるだけ父親にも協力して貰いましょう。

父親が家ににいる時間に、少しだけでも子供を見て貰う時間をつくることをおすすめします。

父親が育児に慣れてもらうことから始めてみて、徐々に協力してもらう内容を増やすことが大切です。

育児に疲れた時の対処法3:自分にご褒美を買う

とても単純なことですが、ご褒美を貰うと人はなぜか元気が出てきますので、自分自身に小さなご褒美を買うことも大切です。

美味しいケーキを購入したり、大好きな本を購入してみるといった感じで自分自身にご褒美を買ってみましょう。

育児に疲れた時の対処法4:自分自身を丁重に扱う時間を作る

育児をする毎日に追われて、自分のことは後回しになっている人もいるのではないでしょうか。育児はとても大切なことですが、自分を丁重に扱う時間も作ってみてください。

お風呂でリラックスできる匂いの石鹸や入浴剤を使ったり、大好きなものを食べるといったことも大切です。

育児に疲れた時の対処法5:子育ての先輩に話を聞いてもらう

育児に疲れたと感じた場合は同年代の母親よりも、育児を終えた母親に話を聞いてもらうのもいいでしょう。

小さな子供がいるのに、いつも笑顔で疲れた顔は一切見せないような人が近くに居る場合は、そんな子育ての先輩に相談してアドバイスを貰いましょう。

また、自分自身の母親に相談することも大切です。きっと良いアドバイスが貰えるでしょう。

育児に疲れた時の対処法6: 今の気持ちをノートに書き出す

育児に疲れたと感じる場合は、今の気持ちをノートに書き出してみましょう。思ったままの自分の気持ちを素直に書き出すことで、溜まっていたネガティブな感情を解放することができます。

また、自分自身でそれを読み返すことで、自分自身の精神状態を知ることもできます。

育児に疲れた時の対処法7:光を浴びる、部屋に太陽を入れる

人は太陽の光を浴びることで、ネガティブな心や思いを打ち消すことができますので、育児に疲れたと感じた時は窓を開けて深呼吸してみましょう。

太陽に光が育児に疲れたと感じるネガティブな感情をポジティブにしてくれるでしょう。

育児に疲れた時の対処法8:お部屋の片付けをする

家の中で片付けなければいけないと気になっていた場所がある場合は、思い切って片付けてみることです。

悶々としていた気持ちがスッキリしてきて、育児に対する意欲が出てくることでしょう。

育児に疲れた時の対処法9:思い切ってベビーシッターを頼んでみる

育児に疲れを感じて、近くに頼める人がいない場合は思い切ってベビーシッターに頼んでみることも大切です。

そして、その限られた自由な時間を上手に使って自分の一番やりたいことを、思いっきりやってみましょう。

育児に疲れた時の対処法10:育児や家事に手抜き

毎日手抜きをしていては困ってしまいますが、育児に疲れた時には育児や家事の少々の手抜きをおすすめします。

自分に正直に、「最小限のことしかやらない日」をつくってみるのもいいでしょう。


全部をなんでも完璧にやろうとすると、疲れた上にストレスが益々ふえてゆくでしょう。

「今日は家事はしません。ご飯は作りません」なんて日もあっていいでしょう。その場合には家族にも一言断りを入れておくとスムーズに事が運びます。

子供は大切な事を伝えるために生まれてきた

あなたは子どもに選ばれて母親なりました。この本は生まれてきた、子供の原点を教えてくれますので、子育てに前向きになれる本です。愛しい子供に会えたことを考えさせてくれます。

育児に疲れている時や辛いときには、子供がお腹にいる時の事を思い出しましょう。

育児に疲れた時に読みたいおすすめ本5選

育児に疲れたときは、親や身近な人からアドバイスをもらうことも大切です。また、育児に疲れた時の対処法などが書かれている本を参考にするのもいいでしょう。

ここでは、育児に疲れた時に読みたいおすすめの本を紹介します。

育児に疲れた時に読みたいおすすめ本1:「子どもはみんな問題児。」

この本では、毎日がんばるお母さんたちへ、伝えたいことがか書かれています。子どもの本質や育児の基本などから、子育ての大変さや悩みが書かれています。

元保育士さんが書いた人気のある育児の本で、自分の育児に自信がなくなった人にもまた頑張ろうとおもわせてくれる本です。

子供がいる人もいない人も、
育児や子供達に関わる人には、
この本はとってもそうそうと納得できて、
自分もそんなに素晴らしく賢くなかったことを
しっかり思い出して、子供と同じ目線になれる本です。

子供達には何でもかんでもが初めてで、
未体験だからこそ、大人が思うことでない
そういう行動がみんな問題になってしまう。
でも、逆に考えたら、とても意欲的な子供達は
探究心があって、すごく個性が、一人一人にあることを、
大事にしていけると思うのです。

中川さんの言葉に全ての子供に関わる人たちは、
きっと癒されていくと思いました。とてもいい本です。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E5%AD%90%E3%81%A9%E3%82%82%E3%8... |

育児に疲れた時に読みたいおすすめ本2:「心を抱きしめると子育てが変わる」

千葉県で子育て相談室を主宰する、2人の娘を持つ父親が書いた本です。子育ての迷いや悩みは誰にでもあることなのだといった内容が書かれています。

子育てに息詰まった人が、その悩みをどうしたら解決していけるのか、子育ての苦しみから抜け出したい方へ向けられたメッセージが詰まっています。この本を読んで「わが子の気持ちが理解できるようになった」という人もいらっしゃいますので、育児に疲れたらぜひ読んでみてください。

イライラをガマンしていてストレスが貯まり、つい子どもに八つ当たりをして、子どもたちに可哀想な思いをさせた経験を持っているお母さん沢山いると思います。私もそうです。萩原さんは、考え方の方向性を変えて育児を楽しみましょうと教えてくれます。字が大きいので読みやすいです。子育てに重みを感じているお母さんたち必見の一冊です。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E5%BF%83%E3%82%92%E6%8A%B1%E3%8... |

育児に疲れた時に読みたいおすすめ本3:子どもへのまなざし

児童精神科の著者が臨床経験をふまえて、実にさまざまな質問に対して答えてくれている本です。

乳幼児期の育児や、母性と父性についての悩み、幼稚園や保育園で目立ってきた注意欠陥多動性障害(ADHD)の子どもたちをどう理解したらいいのかを、わかりやすく教えてもらえる本です。

教育者、子育てする人に限らず、世の中の人、どなたにも読んで頂きたいです。なぜ今こんな世の中なのか、少しでも解読できる気がする位の本です。同時に卓越した佐々木正美先生の哲学、人柄に触れられます。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E7%B6%9A-%E5%AD%90%E3%81%A9%E3%... |

育児に疲れた時に読みたいおすすめ本4:「子育てと自分さがしが出会う場所」

疲れた母親が、ほんとうの自分を取り戻すチャンスを探します。

この本にはイライラした時に心の中で我慢したことなども書かれています。育児に疲れた人へのメッセージがあり、自分を癒すための簡単な実践も紹介もされていますので、自分さがしのヒントになる内容が詰まったこの本をぜひ読んでみてください。

この本は『心を抱きしめると子育てが変わる』につづく第2弾になります。

子育て中こそ自分探しに有利、とは目から鱗でした。子育てに伴う日々のストレスを、単に解消したり 乗り越えたりしようと言うのではなく、自分探しのきっかけと捉えて、具体的なワークも含めて 詳しく書かれています。心理学を勉強した私には、真新しいことばかりではありませんでしたが、やさしくきめ細やかな心遣いの感じられる文章に、著者の人柄を感じられて、一気に読んでしまいました。はっとする気付きが一杯の、素晴らしい本です。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E5%AD%90%E8%82%B2%E3%81%A6%E3%8... |

育児に疲れた時に読みたいおすすめ本5:「子育てがつらくなったら読む本」

子育てに迷った時は、どうしたらいいのか親も手探りの状態です。この本は精神科病院が診察で得た多くの体験談を元にして書かれています。

頑張りすぎや悩みすぎのお母さんたちに、生きた育児の知恵教えてくれます。

しつけと虐待、過干渉と過保護の違い、育児参加のできない夫など、現実に起きるさまざまなな問題をイラスト付きでやさしく解説してくれています。

頑張り過ぎて疲れたママさんにおすすめします!「ああしなさい」「こうしなさい」という記述はできるだけ避けて、「ああしなくてもいい」「こうしなくてもいい」そこまで頑張らなくても大丈夫!と言った具合で「ほどよい加減に息が抜ける子育て」の本だと思います。一般的な育児本にプレッシャーを感じるママさんにオススメですよ☆

出典: https://www.amazon.co.jp/%E5%AD%90%E8%82%B2%E3%81%A6%E3%8... |

育児疲れを上手に解消しよう

育児に疲れたと感じる原因と対処法20選|イライラを解消しよう

世の中で問題になっている母親や父親の育児疲れの心を上手に回避するには、その原因や問題を知り上手に解決していかなくてはいけません。

育児に疲れた母親はなりたいくないと誰もが考えることですが、実際は育児に疲れたと感じてしまうこともあるでしょう。

疲れた時は一人で悩まずに誰かの助けを得てください。育児は「母親が一人でするのが当たり前だ」と言う意識は捨てて、大切な子どもを家族皆が助け合って育てていきましょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

いかがでしたか。子育てについての悩みは誰にでもあるものです。「育児に疲れた気持ちを気分転換する方法」と「【年齢別】子育ての悩みランキングTOP10・父子家庭の子育ての悩み」の記事を紹介しますので内容をチェックしてみましょう。

Related