Search

検索したいワードを入力してください

2019年03月19日

ステンレスの水垢の落とし方・掃除方法・おすすめグッズ|酢

気づいたらシンクや蛇口に白い水玉模様がついていることがありますよね。それは水垢で拭いてもこすっても落ちません。そんなしつこい水垢を簡単に落とす方法と予防のしかたをご紹介します。これでもうステンレスのお掃除が楽しくなりますよ。

ステンレスの水垢の落とし方・掃除方法・おすすめグッズ|酢

ステンレスの水垢の落とし方

ステンレスの水垢の落とし方・掃除方法・おすすめグッズ|酢

キッチンのシンクや水道の蛇口などのステンレスに白い水滴の跡が残ってしまったりくすんでしまって悩んでいませんか。

ステンレスの白い跡やくすみは水垢が原因です。ほっておくとだんだんと白い跡が目立ち、ウロコのような模様ができて、くすみもひどくなってしまいなんだか綺麗に見えません。

スポンジでこすってみたり、いろいろ掃除をしてみるのですがスッキリ取れないし、たわしなど硬いもので磨くとステンレスはあっという間に傷もできてしまいます。傷ができてしまうと汚れやすくなったり見た目も良くありません。

そのまま放置しているとお客さんが来た時に気になりますし、料理をしているときにシンクを見ると残念な気持ちになってしまいます。

シンク

シンクは調理などで毎日使用する場所ですからいつもお手入れをして水垢のないキッチンにして使いたい場所です。

そんな毎日使用するシンクは汚れや水垢が付きやすい場所なので、クエン酸スプレーを吹きかけて水垢を落とします。しつこい水垢の場合はキッチンペーパーにクエン酸スプレーを吹きかけてシンクに直接貼り付けてみましょう。水垢が落としやすくなります。

水切り

毎日食器などを洗い置く水切りは、ついお掃除をさぼってしまう場所で、ステンレスの水切りだと気づいたら白い水垢がたくさんできています。使用したら水気を拭き取り水滴を残さなければ良いのですが、洗った食器などを置くのでつい放置してしまうのでなかなか綺麗に保てません。

そんな水切りは定期的にお掃除して綺麗に保つべきなので、掃除する曜日などを決めて定期的に掃除するのがおすすめ。水垢の落としかたはクエン酸スプレーを吹きかけてスポンジなどで軽くこすって掃除します。

水垢はなぜできるのか

ステンレスの水垢の落とし方・掃除方法・おすすめグッズ|酢

そもそもなぜステンレスだけに水垢ができてしまうのでしょうか。

ステンレスだけに水垢ができるのではなく、水を使用するところならどこでも水垢はできてしまいます。ステンレスは特に水垢が目立ちやすいです。

シンクやお風呂、トイレの蛇口などに白いウロコのような水垢がつきます。これは水のミネラルとカルシウムの成分などが結ばれてできています。つまり水回りにはほっておくと必ずといっていいほど水垢ができてしまうもの。いつも掃除をしているのにステンレスだけ汚れて見えるのはステンレスだと白い水垢が分かりやすいからです。

水垢やくすみが取れないのは「水分」が残ったままにしているからなので、水を毎回使用するたびに綺麗に拭き取れば水垢を防ぐことができます。ですが使用するたびに水分を綺麗に拭き取るなんてとても大変なのでなかなかできません。

シンク

シンクにできる汚れは主に「水垢」と「せっけんカス」そして「ぬめり」の三つです。

水垢は水分が残っているとできてしまいます。せっけんカスは洗剤と水分のミネラルが混ざるとできます。そして排水溝付近などにできるぬめりは水分や洗剤、そして食べ物の残りなどに雑菌やカビが湧いて増殖したもの。考えただけでゾッとするでしょう。

シンクは食事作りやちょっとした手洗いなど頻繁に使用する場所なので水垢やくもり、ぬめりができやすい場所です。

水切り

洗った食器を置く水切りは、食器が乾くまで長時間放置することがおおいので水垢が付きやすい場所です。

洗った食器などを置く場所ですが、直接水切りのトレーに食器を置くわけではないので意外と放置してしまう場所でもあります。でもよく見てみると水切りのトレーだけではなくラック部分も水垢ができてしまっていることもあり、トレーにカビが生えていることもあります。

これは、水に含まれているカルシウム成分以外にも雑菌やゴミなどが付着しているからです。衛生的にも見た目にもよくないので、定期的にお掃除をしておくべき場所です。

やかんやトレー

ステンレスのやかんやトレーはとても便利ですが、ほっておくと気づいたら汚れや水垢がついています。

キッチンでの調理などで欠かせないやかんやトレー。水垢を防いでピカピカな状態を保っておかなければ衛生的にも良くないですし見た目も悪いです。

ステンレスの水垢を放置するとどうなる

ステンレスの水垢の落とし方・掃除方法・おすすめグッズ|酢

ステンレスのシンクは放置するとどうなってしまうのでしょうか。

ステンレスは放置するとだんだんくもってきます。シンクに食器などの洗い物を溜め込んでまうなら特に要注意です。そして気づいたら白いウロコのような水垢ができます。

そしてその水垢を放置すると水分が良く溜まる蛇口部分を中心に水垢の白い塊ができてきます。ひどくなると触るのも、お掃除するのもちょっと嫌になってしまいます。

ステンレスにできる水垢の正体は?

ステンレスの水垢の落とし方・掃除方法・おすすめグッズ|酢

水回りをいつもきれいに掃除している人も白い水垢の汚れに悩まされています。きれいにしているのにステンレスが乾いたら白いウロコ模様が目立ってきます。

ステンレスにできる白い水垢の正体は水道水に含まれるミネラル成分やカルシウム成分が固まったもの。初めは目立たないですが、だんだん蓄積されてくると白い水垢が目立ってきて気になる汚れになります。

つまり、ステンレス以外にも水回りで水分が付く場所には水垢ができてしまいます。水だけで水垢ができてしまうのですから、水滴がある限り水垢ができてしまうと言うことです。

水垢ができる原因って何なんですか?
水に含まれる成分とか関係あるんですか?

出典: https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/... |

ステンレスの水垢の掃除方法

ステンレスの水垢の落とし方・掃除方法・おすすめグッズ|酢

水道水を使う場所、ステンレスの蛇口やシンク、洗面やお風呂場などについてしまった水垢を落とすことはできるのでしょうか。

ステンレスのシンクは特に料理などをした後や食器を洗った後にお掃除をするのではないでしょうか。そのままスポンジなどでこすったり、洗剤などを使用してお掃除するのですが、綺麗になったつもりでも、水分が蒸発してなくなるといつの間にかステンレスのくもりや白いウロコのような水垢が目立ってきます。

水垢のお掃除は無理やりこするとステンレスに傷が付き、さらに汚れやすくなってしまうのでおすすめできません。水垢のお掃除には水垢を分解させるか削り取らなければいけません。

ステンレスの水垢落としにおすすめのもの

ステンレスの水垢の落とし方・掃除方法・おすすめグッズ|酢

水垢は水道水に含まれるカルシウム成分とミネラル成分でできています。その水垢を落とすには「分解」して浮かすか「削る」方法があります。

ステンレスに付いた水垢はアルカリ性の汚れなので酸性のもので分解して水垢を浮かすことができます。また軽い水垢であれば研磨剤で削り取るのがおすすめです。

具体的にどんな方法で水垢を落とすのかおすすめの方法を見ていきましょう。

クエン酸

ステンレスの水垢の落とし方・掃除方法・おすすめグッズ|酢

クエン酸は酸性なので水垢を分解するのにぴったりです。

クエン酸はドラッグストアやホームセンターに粉末で売っていますし、価格も安いので専用洗剤を購入するよりコスパが良いです。使い方は水で溶かしてから水垢に直接スプレーするかかければ、後はスポンジでこすれば水垢を落とすことができます。

またレモンなどのかんきつ類などもクエン酸なので、かんきつ類の残りや皮などを捨てる前に、シンクなどをこすって磨いておきましょう。これならお金もかからず便利です。

酢はクエン酸なので水垢落としにピッタリです。

調味料としてストックしている人も多いので、わざわざクエン酸を購入しなくてもすぐに水垢を落とすことができます。

使用するときはそのままだと濃いのでお酢300mlに対して水150ml入れて薄めて水垢掃除に使いましょう。スプレーボトルに入れて使用すれば,まんべんなく水垢掃除ができるのでおすすめです。

ただしお酢は独特のニオイがあるので苦手な人はクエン酸を購入することをお勧めします。

歯磨き粉

家に必ずある歯磨き粉、実はこれも研磨剤が入っているので水垢を削り取るのにとても効果的です。

使用した後の捨てる古い歯ブラシやスポンジ、クシャクシャにしたラップに歯磨き粉をつけて水垢が付いたステンレスなどをあまり力を入れずにこすってみましょう。綺麗に水垢が取れてきます。

歯磨き粉の中には粒が入った商品もありますが、あまり大きな粒が入った歯磨き粉だとステンレスを傷つけてしまうのでやめておきましょう。

またコスト的には安くないので、普段の水垢落としに使うと言うよりは、水垢を落とすものがない時に使用しましょう。

メラミンスポンジ

洗剤がなくても簡単に汚れが落ちるメラミンスポンジは、軽い水垢なら簡単に落とすことができます。

メラミンスポンジは細かい繊維で汚れを落とす効果があり、軽い水垢ならこするだけですぐに落ちます。水垢が落ちない場合は研磨効果のある重曹をつけて磨いてみましょう。メラミンスポンジは小さくカットされたものもあるので、定期的に水垢掃除をするにはピッタリです。

キッチンでは茶渋やちょっとした汚れを落とすのに重宝するのでストックしておくと便利です。

重曹

重曹は研磨効果があるので白い頑固な水垢落としにとっても効果的です。

重曹は安くて掃除や料理などで使用できるのでおうちに常備している人も多いです。また100円ショップへ行けば置いてあるので、試しに購入するのも良いです。

そんな研磨効果のある重曹に少量の水を混ぜてペーストを作り、スポンジや古くなった歯ブラシでこすると水垢が落ちます。放置しすぎてしまった頑固な白い水垢も落ちますのでおすすめです。

キッチンペーパー

キッチンペーパーはステンレスに付いた水垢を直接落とす効果はありません。ですが頑固な水垢はとても大変なので、忙しい時に簡単に水垢を落としたいならキッチンペーパーが必須アイテムです。

水垢であるカルシウム成分とミネラル成分はアルカリ性なので酸性のもので落とさなければいけません。その酸性であるクエン酸お酢は水と同じでサラサラしていて水垢にかけてもすぐに流れてしまいますし乾いてしまいます。

そこで水垢部分にキッチンペーパーをかけてクエン酸をスプレーなどをかけておけば湿布のの役割を果たしてくれるので水垢に留まり頑固な水垢を浮かしてくれます。

夏場や乾燥しているときは、その上からさらにラップをしておくと乾かないのでお勧めです。キッチンペーパーだと、そのままステンレス部分をこすって捨てれば良いのでスポンジいらずです。

洗剤

水回りで使用できる専用の洗剤もあります。

専用の洗剤は水垢やカビ、ぬめりやくすみなどを落としてくれるのでキッチンなどの水回り用に購入しておくのもおすすめです。

水垢落としに人気の洗剤

ステンレスの水垢におすすめのものを紹介しましたが、もちろん市販の洗剤もステンレスの水垢落としに便利です。水垢落としに使用できる洗剤はおうちの中の水回り全般に使用できるのであるととても便利です。

市販の洗剤はたくさん種類がありますが、中でも特に人気の商品を厳選しましたのでさっそく見てみましょう。

ハイホーム

昭和38年から販売されているロングセラー商品なのでご存知の方も多いはず。天然成分でできた自然派のクレンザーで半練りタイプになっています。

水垢やステンレスのくもり、鏡の水垢にも使用できるハイホームは、ミクロの研磨剤と洗浄成分が入っていて泡立つので傷が付きにくく、ステンレスを洗っていると泡がグレーになるので落ちるのが目に見えますよ。

このハイホームは液体のクレンザーよりも研磨剤が細かいのと少量で広範囲のお掃除ができるのでとってもコスパ良い商品です。

新築でまだ1週間だというのにステンレスシンクに水滴跡が目立っていました。
万能Jr君やクリームクレンザーで何度擦っても落ちなかった頑固な水滴跡がこちらで擦ったらすぐ落ちました!
今では新品同様、水滴跡一つないピカピカなステンレスシンクです。ハイホーム様様!

出典: https://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%8F%AA%E8%8... |

茂木和哉

テレビや雑誌で話題になっている茂木和哉は研磨剤も入った水垢落とし専用の洗剤です。秋田の温泉施設にある頑固な水垢落としのために開発された商品なのでしつこいステンレスの水垢落としに人気です。力を入れずに頑固な水垢が落ちてくれるのは助かりますし時間を有効に使えます。

我が家はしっかり鏡のウロコもトイレの尿石もとれちゃいました。他のどんな研磨材や洗剤よりも完璧と言ってよい効果がありました。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%81%8D%E3%82%8C%E3%81%84%E7%A... |

テラクリーナーヤマト

業務用の水垢落とし洗剤で、どんなに頑固な水垢も数分で白いウロコ状の水垢が落ちます。ステンレスの水垢が軽くこするだけで落ちるので掃除が楽しくなります。仕上がりが業務用だけあってまさに新品同様です。

使ってみると確かに、これで取れない水垢は無いかなと思いました。スプレーボトルは数本用意して、10倍、5倍、2倍で試してみました。
取れないところは、だんだん高濃度にしていくといった方法で。
水垢(ウロコ状)が付いてる場所次第で濃度を変えると、意外と簡単に取れます。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%83%86%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%8... |

ステンレスの水垢の防止方法

ステンレスの水垢の落とし方・掃除方法・おすすめグッズ|酢

ステンレスはくもったり水垢ができてしまったりしてお掃除が大変です。できればこまめに掃除をして水滴を残らず拭き取れば水垢はできないのですが、そんなに頻繁に掃除をするのは大変なので、一週間に一回は掃除をするようにしましょう。

それでは、ステンレスの水垢を防止できる方法があるので紹介していきます。

水滴を残さない

ステンレスにできる水垢は水道水に含まれるミネラルやカルシウムが原因です。つまり水滴を残さないことが水垢を防ぐポイントです。

ステンレスの水垢と言えば、キッチンのシンクや水道の蛇口などです。頻繁に使用する場所なので水滴を残さないようにするのはとっても大変です。

水滴を残さないためには水分を拭き取る方法ですが、普通のタオルや雑巾だと拭いた後も水分が残ってしまい何度も拭き上げないといけないので手間がかかってしまいます。そこで吸水性の高いタオルや水切り道具を用意してパパッと水分をとる工夫をしてみましょう。ステンレスの水垢掃除をする頻度が少なくなるので楽になります。

レック 激落ちクロス マイクロファイバー 10枚入

マイクロファイバーは安くて吸水性に優れています。ステンレスの水垢を防ぐためにマイクロファイバーのタオルをストックしておくと、使用した後にパッと拭き掃除ができます。

そしてマイクロファイバーは汚れも落としやすいのでついでにお掃除もできてステンレスはいつもピカピカに保つことができます。カラフルなタオルで場所別に分けることもできます。

水拭きだけでも表面が乾いた後は拭き取り筋も残らずキレイで気持ちいいです。!!
しばらく使っていますがケバダチ無く使い勝手が良いです。
10枚でお安く色で使い分け出来て良い買い物でした。!!

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%AF-Lec-... |

一週間に一回

ステンレスにできる水垢は、水道水の中に含まれる成分が乾いて白いウロコのような水垢になります。

そしてその水垢は放置すればするほど目立ち、掃除しても落ちにくくなります。ステンレスのお掃除は面倒でも一週間に一回はお掃除するように習慣づけましょう。一週間でも水垢はできてしまいますが、一週間程度でしたら水垢も薄く、クエン酸などがなくてもメラミンスポンジなどでも簡単に落とせます。

コーティング

ステンレスの水垢は嫌だけど、なかなか掃除する暇がなかったり水滴を残さず拭き取るのが手間だったりする人は、ステンレス専用のコーティングを使用してみましょう。

時間があるときにコーティングしておけば、掃除の頻度が少なくても、水垢が付きにくくなります。また見た目もピカピカに輝いてとても綺麗です。輝いたステンレスだと自然と汚さないようになりますので、いつもきれいなステンレスになります。

コーティング剤

ステンレス専用のコーティング剤であるこちらは時間のある時に使用すればピカピカで水を使用しても水切れが良く、調理での油を含んだ水分を流してもスルリと落ちると評判です。

新築の時のように新品のような光沢は見ているだけで気分が良いですし、ステンレスの水垢に悩まされることがなくなります。一年に一度の大掃除でも使用しておくとピカピカのステンレスで気分もスッキリします。

本当に綺麗になります。皆さんが言うように、下地処理をしっかり施工すると、想像以上にピカピカになります。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E6%88%A6%E9%9A%8A%E3%82%B7%E3%8... |

水垢予防にクエン酸スプレーを作ろう

ステンレスの水垢を洗剤などで頻繁に掃除したり、こびりついた水垢をラップして削り取るのはとても大変です。そこで手軽に水垢を落とすことができるクエン酸スプレーを手作りしてみましょう。

用意するものはスプレーボトル、クエン酸、水です。おうちに無いなら100円ショップやホームセンターに売っているのでさっそく買いに行ってみましょう。

クエン酸スプレーは、まずクエン酸を水で薄めます。割合は水100mlにクエン酸を小さじ1でOKです。あとはスプレーボトルに入れておけば、家事の合間や時間のある時にパパッと使用できます。

クエン酸スプレーはステンレスの水垢以外にも水回りで使用でき、洗面やお風呂場、トイレ掃除にも使えますからあるととても便利です。安くていろいろ使えるのでまさに万能です。

ステンレスに水滴を残さない

ステンレスの水垢の落とし方・掃除方法・おすすめグッズ|酢

ステンレスにできる水垢は水道水に含まれるカルシウムやミネラルなどの成分が固まったもので、水垢を防ぐためにはステンレスに水滴を残さないことが大切です。

今まで水垢に悩まされ、白いウロコを落とすために苦労した人は多いでしょう。水滴を残さないように拭き取ったり、頻繁に掃除をしておくことは大変ですが、できてしまったしつこい水垢を落とす手間を考えるとステンレスの水垢を残さないようにして防ぐことも大事です。

拭き取る以外にもコーティングをしたり、こまめに掃除をしてしつこい水垢ができないようにしておきましょう。

ステンレスの水垢掃除にはクエン酸!

ステンレスの水垢の落とし方・掃除方法・おすすめグッズ|酢

ステンレスにつく白いウロコのような水垢はクエン酸で溶かす方法で掃除しなければ落ちません。水垢の汚れがひどい場合には、シップをして水垢を溶かしたり研磨剤などで削り取る方法がおすすめです。水垢の汚れはひどくなる前に掃除すると簡単に落とすことができるので、一週間に一回はお掃除するようにしましょう。

Related