Search

検索したいワードを入力してください

【地域別】吉田カバンの修理の料金の目安・保証・出来る場所

初回公開日:2018年03月30日

更新日:2020年03月03日

記載されている内容は2018年03月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

100年以上続く老舗ブランド、吉田カバン。お気に入りの一つを手に入れて、その経年変化を楽しむのも大人の楽しみの一つです。そんな吉田カバンを長年愛用するためには、メンテナンスがかかせません。そんな修理にかんするお悩みを解決します。

【地域別】吉田カバンの修理の料金の目安・保証・出来る場所

吉田カバンの人気の理由

あなたの周りに吉田カバンを使っている人はいませんか。吉田カバンは非常に人気があります。ここでは、吉田カバンの人気の理由について紹介します。

吉田カバンが非常に人気がある理由として、若者のニーズに合わせてしっかりと提供しているから人気があります。しかも、使い勝手もよく、質が高いので多くの人たちに使われやすいです。また、海外からの評価も高く、海外にも吉田カバンは進出しています。

そして、なんといっても吉田カバンが人気の理由としては壊れにくいというところが挙げられます。機械などに頼ることなく、職人が手作業をしています。そのため、何度も作り直しは当たり前で非常に丹精込められて作られています。

このように、吉田カバンは、お客様にあったニーズを常に考えていて、職人による匠の技で作られているので人気があります。

吉田カバンの修理の料金・値段・費用・価格の目安は?

あなたは吉田カバンを持っていますか。吉田カバンを使い続けていると、どこかが壊れてしまうことも多々あります。壊れてしまっても、そのカバンに愛着がわき、新しく吉田カバンを買おうと思わない人は多いのではないのでしょうか。

吉田カバンが壊れてしまった場合、全国国内の職人に手送りをして修理してもらいます。そのため、修理期間が2カ月から3か月かかります。そのため、すぐに吉田カバンを使いたい場合は、新しく買うことをおすすめします。パーツが生産終了して修理ができないケースもあるので注意しましょう。

また、吉田カバンの修理の料金は、壊れた箇所によって修理の料金が変わってきます。ここでは、吉田カバンの修理の料金・値段・費用・価格の目安を紹介します。

持ち手

吉田カバンの持ち手が壊れてしまうとカバンが使えなくなるので非常に不便になります。持ち手が壊れてしまうとカバンとしての機能を失ってしまうので、気分も下がります。これがお気に入りのカバンだった場合はなおさらです。

持ち手が壊れてしまう場合は、物を詰め込んでしまうので重力が下にかかってしまうことや長年使用しているといった原因が挙げられます。対策には物を詰め込まないといったことや同じカバンを毎日使わないことです。

もし、修理をする場合には、修理期間が2カ月から3カ月ほどかかる場合もありますが、壊れ具合によっては数週間で修理できる場合もあるので気長に待ちましょう。吉田カバンの持ち手が壊れた場合の料金は、3000円ほどになります。料金は持ち手の壊れ具合によって変わってくるのであくまで目安として考えましょう。

ファスナー

ファスナーが壊れてしまう原因には、スライダーを何度も使っているので、ゆるく広がってしまい、エレメントがしっかりと噛み合わさらないことが挙げられます。また、エレメントが少しでも欠けてしまっていると、修理に出さなければ使用できなくなり、ファスナーごと全部を取り換えなければなりません。

吉田カバンのファスナーが壊れてしまうと、物を落としてしまう可能性があるので、すぐに修理してもらわなければなりません。ファスナーの修理も壊れ具合によって数週間で修理ができる場合があるので気長に待ちましょう。

もし、吉田カバンのファスナーが壊れてしまった場合の修理料金は4000円ほどとなります。しかし、ファスナーの付き方によって修理料金は変わってくるので、あくまで目安だと考えてください。

コーティング剥がれ

吉田カバンのコーティングが剥がれてしまう原因には、物を詰め込みすぎたということがあります。物を詰め込みすぎると生地が引っ張られるので、コーティングが生地から浮いてしまいます。そのため、コーティングが剥がれてしまいます。

修理をしたくないのならば、物を詰め込むことはなるべく控えましょう。一日くらいならばコーティングが生地から浮くということはありませんが、数日間物を詰め込んだ状態にしてしまうと修理しなければならないので気を付けましょう。

コーティングが剥がれてしまった場合の料金は3000円ほどとなります。しかし、コーティングが剥がれてしまった場合はパーツがあれば修理をすることができますが、パーツがなければ修理をすることができません。そのため、パーツがあるかどうかになるので運も重要になります。

吉田カバンの値段

吉カバンはどのくらいの値段で買うことができるのか気になっている人はいませんか。ここでは吉田カバンの値段について紹介します。

吉田カバンの値段は、10000円を超える商品がほとんどで、高いものだと50000円ほどの商品もあります。しかし、値段は高くても長期的に使うことが可能なので、損はない値段となっています。いろいろな種類のカバンがあるので、自分のすきな形や色のカバンを選ぶようにしましょう。

吉田カバンの修理の保証とは?

【地域別】吉田カバンの修理の料金の目安・保証・出来る場所
※画像はイメージです

吉田カバンが壊れてしまった場合には、職人さんに手送りをして修理してもらわなければなりません。しかし、吉田カバンの修理の保証について気になったことはありませんか。ここでは、吉田カバンの修理の保証について紹介します。

吉田カバンの修理の保証には、初期不良や吉田カバンの購入日から一年以内に素材などの不具合により使用に差し支えがあった場合には無償で修理ができます。ただし、ブランドタグなどの使用上差し支えない場合や長期間の吉田カバンの使用により、破損・やぶれ・パーツの摩擦などの支障は対象外となるので注意しましょう。

修理製品を送る場合は、本保証書を添えて郵送してください。修理製品を職人に送った後は、当方の基準によって無償で修理するか判断します。本保証書を失くした場合には、一年以内であっても無償修理とはならないので気を付けましょう。

吉田カバンの修理ができる場所とは?

吉田カバンが壊れてしまった場合、修理ができる場所をしらなければ直すことができません。しかし、どこに吉田カバンが売っている店舗があるのか分からない人が多いです。そのため、吉田カバンの修理ができる場所について紹介します。

吉田カバンを修理できる場所は、国内に19店舗、海外には5店舗あります。吉田カバンの直営店であるPORTERは、表参道や丸の内、大阪にあります。PORTERというメインブランドを店名としていて“PORTER”“LUGGAGE LABEL”“YOSHIDA”の幅広い世界観を表現しています。

海外では、POTER SEOULという店名で、吉田カバンなどの定番商品だけでなく、限定商品などのいろいろなアイテムを取り揃えています。

大阪

大阪で吉田カバンを修理できる場所は、クラチカ ヨシダ 大阪です。この場所は、大阪府大阪市北区大深町4-20 グランフロント大阪 ショップ&レストラン南館4階にあります。

営業時間は10時から21時までとなります。郵送ではなく、お店にそのまま出す人はこの時間帯に行くようにしましょう。休日は不定休になりますので、そのお店の情報を確認するようにしましょう。

東京

東京で吉田カバンを修理できる場所は、千代田区の大丸東京店というところです。所在地は、東京都千代田区丸の内1丁目9-1です。営業時間は、10時から20時までとなるので、お店に直接行って修正依頼をする場合にはこの時間帯に行くようにしましょう。

また、吉田カバンを修理できる場所は、大田区の吉田カバンコーナーグランデュオ蒲田店というところもあります。所在地は、東京都大田区蒲田5丁目13-1です。営業時間は10時から21時までとなります。

このように、場所によって営業時間が変わってくるので、そのお店の時間帯を確認してから行くようにしましょう。

横浜

横浜で吉田カバンを修理できる場所は、ららぽーと横浜のクラチカというところです。所在地は、神奈川県横浜市都筑区池辺町4035-1ららぽーと横浜です。営業時間は、10時から21時までとなります。

また、吉田カバンを修理できる場所は、上西岡店の吉田カバンというところもあります。所在地は、神奈川県横浜市港南区上大岡西1-6-1です。

横浜の場合の修理ができる店は、この二つの店が有名なので非常におすすめです。

札幌

札幌で吉田カバンを修理できる場所は、大丸札幌店の吉田カバンというところです。所在地は、北海道札幌市中央区北5条西4-7です。

また、吉田カバンを修理できる場所は、ピブォ地下1クラチカというところもあります。所在地は、北海道札幌市中央区南2条西4丁目です。営業時間は、10時から20時までとなります。

札幌で修理ができる場所は、この二つが有名なので、直接お店に行き修理を頼みたい人は時間帯を気にしてから行きましょう。

名古屋

名古屋で吉田カバンを修理できる場所は、愛知県のクラチカ名古屋というところです。所在地は、愛知県名古屋市中区栄3丁目6-1です。営業時間は、11時から21時までとなります。

また、吉田カバンを修理できる場所は、名古屋カバン修理工房というところもあります。所在地は、 愛知県名古屋市中村区高道町3丁目3-1です。営業時間は、11時から18時までとなります。ただし、土曜日は定休日となります。

名古屋で修理ができる場所は、この二つが有名なので、直接お店に行って修理を頼みたい人は時間帯を気にしてから行くようにしましょう。

吉田カバンを修理しよう!

吉田カバンを使用している人はたくさんいます。しかし、長年使っていると不具合が発生してしまいます。吉田カバンの持ち手やファスナーが壊れてしまうと使い勝手が悪くなります。そのため、修理にださなければなりません。

修理に出した場合は、修理期間が2カ月から3カ月ほどかかってしまいます。もちろん、壊れ具合によってはすぐに修理が終わる場合もあります。もし、修理期間が長いと、その期間は吉田カバンを使うことができないので、新しい吉田カバンを買うことをおすすめします。

吉田カバンの修理をするお店は、国内に19店舗あるので、自分の家から近いお店に行くようにしましょう。吉田カバンを長く使っていると愛着もわいて捨てれなくなるので、壊れないように気を付けて使ったり、メンテナンスをしっかりするようにしましょう。

Related