Search

検索したいワードを入力してください

2018年10月11日

ウォーターサーバーの水が出ない原因とは|対処法と確認すべきこと

いろんな所で見かけるウォーターサーバーですが、水が出ないなどの不具合が出た時はどう対処すれば良いのでしょうか。具体的な不具合の原因や対処法を紹介していきます。仕事場などで水が出ない等で故障しているウォーターサーバーなどがある時に役に立つ情報を記載しています。

ウォーターサーバーの水が出ない原因とは|対処法と確認すべきこと

ウォーターサーバーの水が出ない原因は?

ウォーターサーバーの水が出ないことは結構ありますが、不思議に思った人も多いでしょう。原因としては、構造上の問題が考えられます。いっきに水を出したりするとウォーターサーバーの中のフロートが引っかかって水が出なくなります。これは構造上のことなのである程度は仕方ないです。

フロートと言うのは、タンクの中に水が流れるのを調節しいているパーツです。とても大切なものですが、様々な原因でフロートは動きが悪くなりうまくタンクに水が流れなくなります。対処法としては、フロートを直接さわって動きをもとの状態に戻すことです。

ウォーターサーバーの構造上の問題

ウォーターサーバーは構造上どうしても水が出ないことがあります。まとめて水を多く出した時などは、タンクの中の圧力の関係で水が出なくなります。これは、普段から水を少しずつ出すような習慣を付けることです。それでも大人数でウェーターサーバーを使用していると、何人かの人は間違ったウォーターサーバーの使用方法をしていることがあります。

みんなで使用するものなので、全員にウォーターサーバーの正しい使用方法を伝えて徹底することです。あた、ウォーターサーバーの構造上の問題として蛇口の部分が正しい位置にない時があります。蛇口が簡単に回転してしまう為にいつのまにか気付かない間に水が出ないような位置に蛇口があるので注意しましょう。

どの部分がウォーターサーバーは弱いか

一つとしては、やはり蛇口の部分です。これは、外か見ても分からない構造になっているので、なぜ水が出ないのか分からないです。知っている人からすれば簡単になおせる事ですが、知らない人からすると謎に近いです。蛇口の構造は、回転することで水が通るような構造になっています。

なので、ウォーターサーバーの水が出ない時は、はじめに蛇口を疑いましょう。その次に他の部分を考えれば早く修理できます。また、蛇口をなおす時は、力を入れすぎると壊れる可能性があります。さらに何回転も蛇口を回しても更に修理が必要になります。

ウォーターサーバーの水が出ない時に確認すべきこととは?

当たり前のことですが、タンクに水がまだ入っているか、はじめに確認しましょう。意外なことにタンク内の水が入っていないのに何分も考えでしまう事もあります。ウォーターサーバーは仕事場に置いてあることが多いので、壊れた時はすぐに自分達でなおせる事が大切です。

また、構造的な問題でウォーターサーバーの水が出ない時は、あれこれ考えると時間だけが過ぎてしまい修理に時間がかかります。水が漏れないことを確認した上で、色々と試してみることです。そうすれば、ウォーターサーバーの構造も良く理解できるのと、もし不具合が出てもすぐに対処できます。

普段から見ておくと良いところ

ウォーターサーバーの蛇口の部分がきちっとした場所にあるか確認しておくと良いです。あまり変わった向きになっていると慣れていない人は使い方が分からなくなってしまいます。また、タンク内の水の量も確認するようにしましょう。いつもぎりぎりまでタンクの水を使っていると故障の原因になります。

ある程度余裕をもたせて使用を続けると、不具合が少なくて済みます。また、ウォーターサーバーから水が出ない原因はウォーターサーバーごとに違うことがあります。そのような壊れやすい特徴があるウォーターサーバーには、張り紙で使用上の注意事項を書いておくと他の人も見てくれるので良いです。

ウォーターサーバーのチェックする時の注意点

普段から、蛇口近辺やタンク内の状況を確認するとは思いますが、どうしても一人で確認すると盲点が出てきます。そういった意味でも複数の人で確認しましょう。他の人が見れば、すぐに故障の原因が分かったりします。ウォーターサーバーはみんなが使うものであり、仕事場では故障すると大変困るものです。

出来れば、役割分担を決めてウェーターサーバーから水が出ないようなことにならないように事前に対策をしておきましょう。また、ウェーターサーバーの一番上にあるタンクの水の量が減ることでウォーターサーバーが使用できなくなることもあります。

メーカー別ウォーターサーバーの水が出ないときの対処法

代表的なウォーターサーバーのメーカーとして、alpinaというウォーターサーバーのメーカーがあります。こちらのウォーターサーバーはシンプルな形状をしていますが、いっきに使い過ぎると水が出なくなる可能性があります。注意しながら使用すれば問題ないです。また、コスモウォーターのウォーターサーバーは水漏れを起すことがあります。

ボトルを収納する際に、しっかりと確認してしまうようにしましょう。さらに、クリクラのウォーターサーバーも一度に沢山に水を使用すると出なくなることがあります。普段からの注意が必要です。どのメーカーも同じ様な不具合が出るので、対処法を知っていれば焦らないで対応できます。

してはいけないウォーターサーバーの修理

メーカーによっては、メンテナンスをしてくれるウォーターサーバーのメーカーがあるので、自分で無理に修理しないことです。また、電話してある程度ウォーターサーバーに関して説明してくれることで解決することもかなりあります。自分で勝手に修理をしようとして、壊してしまえば自分の責任になります。

ウォーターサーバーはその構造上どうしても素人では分からない不具合が出たりします。特のこのような時は、メーカーに連絡して質問しましょう。あまり状態の良くないウォーターサーバーを無理やり使用し続けていると、本当に修理不可能になったりします。このような時もプロに頼んでメンテナンスしてもらいましょう。

さわってはいけないウォーターサーバーの場所とは

特に電気関係のパーツなどには触れてはいけません。触ること自体が危険なのとウォーターサーバーから水が出ていたのに触れたことで、出なくなるケースもあります。あとは、蛇口に水が出ない原因があったとしても、長時間色々といじらないことです。丈夫な部品とは言えない蛇口が付いているものもあるので注意が必要です。

また、ウォーターサーバーは主にプラステックで構成されている為、摩耗しやすいことを知っておくと良いです。何も理解しないで何度もパーツを動かしていると、それが故障の原因になります。

各メーカーの水が出ないときの問い合わせ先

人気の高いalpinaに関する問い合わせ先は、フリーダイヤルで、0120-15-7777となっています。フリーダイヤルなので、電話代を気にしないで聞けるので安心です。また、コスモウォーターの水が出ない時の問い合わせ先は、0120-1132-99です。こちらは、土日祝日も対応してくれます。

さらに、クリクラの問い合わせ先は、全国に店舗があるのでそちらに電話すると良いです。詳細はクリクラのホームページから見られます。いずれにしても、どのウォーターサーバーのメーカーも電話対応してくれるのである程度は安心です。嫌がられると思っても、水が出ないなどの不具合があったらすぐに連絡しましょう。

メーカーに問い合わせる時のポイント

はじめから、あまり細かいことについて話すのではなくて、ウォーターサーバーがどのような状態なのかを概略から話すとことです。そうすることで、スタッフの方は経験があるのである程度理解してくれます。詳細は、スタッフが説明してくれるのであまり心配することは無いです。

どこまでメーカーは教えてくれるのでしょう?

実際に素人であるユーザーが修理できる限界がどのあたりなのかを知っているので、故障している時に重要なことは教えてくれます。ある程度修理が難しいと判断すると、実際にメーカー側で修理することになります。なので自分の判断で勝手に修理しないことです。基本的な所をチェックするくらいで丁度良いです。一見するとウォーターサーバーは簡単な構造で、誰にでも修理できると考えがちですがプロにしか出来ない修理もかなりある事を知っておくことです。

構造を理解し、水が出ない時に正しく対処しましょう!

いかがでしたでしょうか。今回はウォーターサーバーの水が出ない場合の対処法などについいてご紹介してきました。むやみに自分で故障を修理するのではなく、わからない時には会社に問い合わせて聞いてみましょう。今回の記事が読者の皆様のお役に少しでも立てれば幸いです。

Related