Search

検索したいワードを入力してください

トイレのつまりのティッシュを溶かす方法|カバー/詰まらない

初回公開日:2017年12月26日

更新日:2020年08月28日

記載されている内容は2017年12月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

トイレのティッシュの使い方に付いて説明しています。よく詰まらせる人には、是非、目を通して欲しい内容になってます。当たり前で、分かってるようで、ウッカリしてしまうことばかりの内容です。子供のいる家庭の人には、アイディアもあります。

トイレのつまりのティッシュを溶かす方法|カバー/詰まらない

トイレのつまりのティッシュを溶かす方法

トイレのつまりのティッシュを溶かす方法|カバー/詰まらない
※画像はイメージです

トイレでティッシュを詰まらせた経験をしたことのある人って意外と多いんじゃないでしょうか。子供がいる場合にたまにあるのは、友人の家とか「トイレをティッシュで詰まらせてはいけない場所の時に限って」詰まらせてしまう感じでしょう。

実際に、トイレをティッシュで詰まらせてしまった時の「急な対応策」を覚えておくことをします。

水道屋さんに電話1本するだけで、24時間対応しているお店もありますが、お値段が高いうえに出張費までかかる場合もあり、急な出費に繋がり、家計を切り詰めないといけない状況になります。

流れない

トイレにティッシュを詰まらせた時に、チャレンジしてみて欲しい方法があります。

まず、熱湯では無い熱い程度のお湯「40度から60度未満の物」を用意します。そのお湯を便器の中に流します。ティッシュや紙系の物は、お湯でふやける性質を持っているので、お湯を何度か入れてみましょう。便器の中の詰まりが早く解消することが可能です。

お家の中に洗浄剤がない場合に、「重曹とお酢を混ぜたものを流してつまりを取る方法」です。

重曹1/4カップとお酢1/2カップを混ぜた物を便器にお湯を張り、流し込みます。アルカリ性と酸性の化学反応で泡が発生して便器の中のつまりを緩和する効果が生まれます。

この時のポイントは、お湯の温度は50度程度に設定する事と、便器に流し込んでから流すまでの時間はゆっくりと待ちましょう。

トイレのティッシュカバー

最近は、可愛いティッシュカバーも100円均一で売られているようになり、手軽に模様替えできるようになりました。気晴らししたい時におススメです。

トイレで詰まらないティッシュ

最近は、トイレに流しても「お水に溶けやすいようになっていて配管で詰まらないように考えられて作られたティッシュ」が販売されるようになって来ました。

この流しても詰まらないタイプのティッシュは、何処でも購入されるようになり、誰でも手に入る状況になって来ています。

こうした商品のお値段は、少し普通のティッシュより高めですが、この日本のトイレの環境に合わせて、いろいろと改良され完成した優れた商品です。お金で買える「安心」は大きく、その対価を払う価値は、必ずあります。

流れる

最近は、トイレに流しても詰まらないシリーズの商品には、ティッシュだけでは無く種類も豊富になって来ています。

トイレのティッシュと、トイレのお掃除に使うトイレブラシや、トイレクリーナーや、女性が生理の時とかに使うナプキンとライナーなどがあります。どの商品も見た目は、可愛くて使いたい気持ちにさせてくれるアイテムばかりです。

その他にも、ペットの猫砂まで流せるタイプの商品が登場しています。紙で作られた猫砂になっていて、お値段も安い物から取り揃えてがあります。ペット用品は、高くても購入する人が多いのも動物好きな人の面白い特徴です。

子供がいる人が使う商品の中での必需品は、トイレに流せるタイプのおしり拭きがあります。オムツの中でウンチをした時に、ウンチを捨てる時に使ったり、ウンチの後のお尻を綺麗にする時に使用したティッシュは、臭いのでトイレにそのまま流せたら、親はすごく助かります。

トイレでティッシュにつく血の原因

トイレの中でお尻を拭いた時に、ティッシュに血が付いた経験のある人も多いはずです。その原因に付いて考えて行きましょう。

一番多い原因は、使用しているティッシュの紙の柔らかさです。

安いティッシュは、固めな紙質なことが多く、その分、入っている量が少し多い事を売りにしている商品です。質より量の方が大事な人にとっては、嬉しい商品ですが、お尻には、刺激が強くて出血する事もあります。少し高くても柔らかいティッシュを使用する事がお尻を守ります。

その他で多い原因は、ウンチをする時に肛門に力を入れて、踏ん張り過ぎているのではないでしょうか。肛門に力を入れて切れてしまう場合は、人の年齢は、何才でも関係ありません。若くても切れます。

トイレでティッシュに血が付いてしまう場合は、力み過ぎないようにウォシュレットを当てて、力を入れずに軽い水圧の刺激を与えると「スルッと」ウンチが出る事があります。

トイレのティッシュが詰まる原因

トイレのつまりのティッシュを溶かす方法|カバー/詰まらない
※画像はイメージです

ふとした瞬間に、トイレにティッシュが詰まることがありますが、ティッシュは、あんなに薄くて柔らかい物なのに、いったいどんな状況になると起こるのでしょう。

よくある「トイレが詰まる原因」には、使用している便器のタイプにより、お水の量を節約のために調節して少量の水に設定していると、水圧が足りないので、詰まる原因になります。

大量

トイレに流すティッシュは、一枚だと、とても薄い紙です。

でも、オシッコをした時よりも、ウンチをした時とかは、お尻を綺麗に拭きたい気持ちになりいっぱい「ティッシュをグルグルとして取りたくなる」人は多いはずです。この行動は、男性も女性にも共通している行動です。

特に男性は、大雑把な性格の人が多いので、ティッシュをグルグルとする時も乱暴な人が居ます。そう言うタイプの人は、ティッシュを大量に取りすぎます。

ティッシュで何度もお尻を綺麗に拭くよりも、ウォシュレットの水で綺麗に洗ってから、ティッシュでお尻を軽く拭く方が、綺麗になります。そうすると、ティッシュを何度もグルグルとして取る必要が無くなります。

異物

トイレの配管が詰まる原因に多いのは、トイレの中に私物を、うっかりして落としてしまう場合があります。これも男性も女性も共通して起こる行動です。

トイレに入った瞬時にズボンのお尻に付いているポケットに入れた物の存在を、うっかり忘れてしまい、屈もうとしたら落ちてしまったりする事が多いです。

落とす物で一番多いのは、携帯電話や鍵類が多いです。これ、昔ながらの「ボットントイレなら再悪な結末を迎える事に」なっていました。

その他にも、子供が子供のオモチャが入っていたり、親の知らない所でイタズラが行われている場合は、入っている物が分からずトイレの中のお水が溢れて来る事になります。小さな子供のいる家庭の親は、常に子供の動きを気にかける必要があり大変です。

トイレのティッシュの折り方

Related