Search

検索したいワードを入力してください

浴室をピカピカに!掃除方法とグッズまとめ15選

初回公開日:2019年03月13日

更新日:2020年08月28日

記載されている内容は2019年03月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

毎日使用する浴室を簡単にピカピカに保つための方法をご紹介いたします。家の掃除アイテムの代表とも言える、話題の重曹とクエン酸を使用した場所別の掃除方法や便利グッズなどを使用した浴室の掃除方法をご紹介しています。ピカピカのお風呂で気持ちよく過ごしましょう。

浴室をピカピカに!掃除方法とグッズまとめ15選

方法6:重曹を使った石鹸カスの掃除

重曹を使った石鹸カスの掃除方法をご紹介します。方法4のところでクエン酸を使った石鹸カスの掃除方法をご紹介しましたが、クエン酸を使用しても落ちない汚れの場合は重曹を使用します。

頑固でこびりついた石鹸カスには、重曹の粉を汚れに振りかけます。重曹が研磨剤のかわりになり、酸性の石鹸カスの汚れを浮かせてくれるので、そのままスポンジでこするとキレイに汚れを落とすことができます。

方法7:浴室の天井の掃除方法

浴室の中で掃除しにくい場所といったら天井です。天井の掃除は手が届かないし、洗剤を使うと垂れてきていまい、塩素系の洗剤などを使用する場合は、目に入る危険があります。

天井の掃除を簡単に行うには、フロア用のワイパーがです。ワイパーにウェットシートを付けて、そのまま天井を隅から順番にこするようにします。

できれば週1回ほどの頻度で掃除するのが理想的です。

方法8:ドア付近の溝の掃除方法

浴室内でカビやピンク汚れが最初に出てくるのが、ドア付近です。掃除がしにくく、汚れが落ちにくいためです。ドア付近にある石鹸カスや汚れは使い終わった歯ブラシと重曹がです。ドア付近の溝に重曹の粉を振りかけて、10分ほど時間を置きます。

その後、歯ブラシで細かい溝まで、よくこすります。

ドア付近の溝はカビが生えやすい場所ですので、汚れを見つけたらこまめに掃除を行うようにしましょう。

方法9:浴室用のイスや洗面器などの掃除方法

毎日使用する浴室内のイスや洗面器は、浴室用洗剤をスポンジにつけて清掃する掃除方法も大切ですが、簡単に清掃と除菌を行える方法があります。

浴槽の残り湯に200リットルに対し、お湯がまだ温かいうちに約1カップほどの重曹を入れて、イスや洗面器などの浴室で使用する小物を付けて置き、一晩つけ置きます。翌朝よく洗い流すだけですので、簡単です。

方法10:バスタブの排水溝

浴室内の清掃でニオイの原因になるのが、排水溝です。市販のパイプクリーナーを使用しても良いですが、重曹と酢を使用することで、簡単に浴室の排水溝を掃除するができます。

まず、重曹2:クエン酸1の粉末を浴室内の排水溝部分に振りかけます。(排水溝のタイプや汚れによって、量は加減して使用します)次にシャワーお湯をかけます。重曹とクエン酸が化学反応を起こし炭酸ガスが発生することで簡単に掃除を行うことができます。

浴室がピカピカになる掃除グッズ5選

浴室をピカピカに!掃除方法とグッズまとめ15選
※画像はイメージです

毎日使用する浴室を、簡単にピカピカにすることができるグッズを5選紹介いたします。ネットでも話題になっている重曹やクエン酸、激落ちシリーズなどドラックストア―で安く手に入れることが可能で、浴室だけではなく、トイレ掃除やキッチン清掃など生活もあらゆる面の清掃で使用することができます。

グッズ1:重曹

浴室やキッチンなどの清掃で、安全で簡単に汚れを落とすことに向いているアイテムの1つとして重曹があります。重曹は弱アルカリ性でキッチンの油汚れや鍋の焦げ付きなどを浮かせて落とすことができます。

浴室ではカビ取りや湯垢などのを落とすのにします。また排水溝などはクエン酸と合わせて化学反応させて使用するような使い方もあります。

グッズ2:クエン酸

清掃アイテムで重曹とならんでアイテムのクエン酸です。クエン酸は水垢を落としたり、石鹸カスを落とすのに向いています。クエン酸小さじ1に対して水200㏄でクエン酸スプレーを作ります。浴室の鏡や蛇口布巾の水垢などに吹きかけて、布でふき取ります。

グッズ3:激落ちシリーズ

激落ちシリーズの成分は、水を分解したアルカリ電解水にセスキ炭酸ソーダを配合したクリーナーです。匂いのもとである成分を取ったり、除菌する効果があります。

洗剤を使っていないため、環境にやさしい作りとなっており、ベビーグッズにも使用できます。2度拭きも必要ないため、掃除の手間も省くことができるシリーズです。

グッズ4:フローリング用ワイパー

天井は浴室の中で一番掃除がしにくい場所ですが、カビ予防には掃除が欠かせない場所です。せっかく床や壁をキレイにしても浴室のカビは天井から落ちてきたカビの胞子が原因でまた増えてきてしまいます。

手が届きにくい浴室の天井の掃除には、フローリング用のワイパーを使用します。ワイパーに市販のウェットシートをまきつけて天井を隅々までしっかりとこすります。

できれば除菌タイプのシートを使用すると効果的です。

グッズ5:カビ取りスプレー

こまめに掃除していても、夏場や梅雨時などドアパッキン近くに黒くカビが生えてしまうことがあります。

黒カビを見かけたら、はやめに市販のカビ取りに洗剤を使用するのが一番です。落ちにくいドアパッキン付近では、カビ取り洗剤ををまんべんなく吹きかけたあと、ラップをしてから30分ほどおいてから洗い流すとより効果的です。

カビ取りスプレーを使用する際は、十分に換気をしてから行うようにしましょう。

年に数回は徹底防かび対策を!

Related