Search

検索したいワードを入力してください

2018年10月03日

ブーツのカビの取り方・素材別でのカビ取り・クリーニングの料金

普段の生活に欠かせないアイテムに革靴やブーツがあります。そんな大切なブーツにカビがついていたらあなたはどうしますか。正しいカビの取り方をしないと逆にカビが増えてしまったり逆効果の場合もあります。ここでは正しいカビの取り方をご紹介します。

ブーツのカビの取り方・素材別でのカビ取り・クリーニングの料金

クリーニングついでに洋服を預けてクローゼットすっきり!

KAJITAKU(保管付き宅配クリーニング)

シーズンが終わった服をしまおうとするとクローゼットがパンパンに・・・。
そんな方におすすめなのが「カジタク」

カジタクは保管付きの宅配クリーニングサービスです!
アパレル仕様の倉庫で最長9ヶ月洋服を保管してもらうことができます。

しかも、15点パックならコートもダウンも一律1,000円
預けたい洋服や数によって料金プランが選べます。

PC・スマホから簡単申し込み

ブーツのカビの取り方でいい方法は?

季節に合わせてファッションやコーディネートとして活躍するアイテムの中でブーツは欠かせないアイテムともいえます。ですが様々な靴の中でも最も足が蒸れてしまいやすいのはブーツです。履いてあったブーツをそのまま靴箱に閉まったりと、間違った収納などをしているとあっという間にカビが発生してしまいます。

カビが発生してしまう原因として、雨の日などにブーツを履いたのになにもブーツのケアをしなかったことや、玄関や靴箱の湿気が多くあまり換気をしないで放置してしまった時などにカビが発生しやすい状態になります。

一度カビが発生してしまうとなかなか取ることが難しいので、出来るだけブーツの手入れをしっかりとしてカビの発生を防ぐ努力をしなけれぼなりませんが、もしもブーツにカビが発生してしまった場合のブーツのカビの取り方をご紹介します。

クリーニングに出すと?

ブーツのカビはブーツの表面に発生している場合などはご自分で拭き取ったりすることが出来ますが、ブーツの内側にまでカビが発生してしまうとなかなかカビを取ることが難しくなってしまいます。

ブーツのカビを安易に拭き取ったりだけなど間違ったカビの取り方をしてしまうと、取りきれなかったカビが残ってしまい悪循環を繰り返してしまいます。カビは身体にも少なからず悪い影響を及ぼしてしまう場合もあるので、靴の手入れなどに慣れていない方は無理をせずにプロに任せるのがお勧めです。

靴の修理やクリーニングを専門的に行なっているところもあるのでブーツのカビで困った方はそちらを利用することがいいでしょう。

丸洗いの場合

カビが発生してしまったブーツは丸洗いすることは悪いことではありませんが、本来の丸洗いの意味は衣類などをときほどかないでそのまま洗うことをいいます。新品の買ってきたブーツでカビなどが発生していないようなものは丸洗いしても問題はありませんが、ブーツの内側などにカビなどが発生しているような場合は丸洗いをしてもしっかり取り切れない場合もあります。

エタノールを使った場合は?

消毒の代表といえばエチルアルコール(エタノール)です。このエタノールですが、実はカビを取る効果もあります。エタノールにはエタノールの濃度の濃さがあり、76.9〜81.4パーセントの濃度のエタノールと、無水エタノールといって99.5パーセントの濃度があるものがあります。

濃度が高い方が効果がある気がすると思っている方も多くいらっしゃいますが、殺菌や消毒に最も適しているのは76.9〜81.4パーセントのエタノールです。どちらのエタノールも薬局などで簡単に手に入るのでもしも購入する機会がある時には消毒用エタノールがお勧めです。

無水エタノールだと水で簡単に希釈できるので、ちょうどいい濃度にすることができますが原液をでは効果がほとんどでません。また、エタノールはとても引火しやすいので使用する場合は充分に換気をして火のそばでは作業をしないように気をつけましょう。

無水エタノールの場合そのまま原液を使用すると効果はほとんどでないので、無水エタノールを使用する場合は必ず薄めて濃度を76.9〜81.4パーセントに希釈して使いましょう。

重曹では?

重曹は油を分解する性質をもっているのでカビを取るにはとてもいいアイテムです。また重曹は食べることも出来る天然の素材なので安心して使うことができます。

重曹単品として使うのももちろんいいのですが、重曹とお酢と水を混ぜて使用すると更に効果があがります。天然の素材なのでエタノールなどと違い手荒れがひどい方などは重曹の方が肌に優しいのでお勧めです。

アルコールでカビは取れる?

アルコールの中でも先程にもあった代表的なアルコールであるエタノールを紹介しましたが、消毒用アルコールや無水アルコールはカビを取ることに対して優れています。しかし、市販などで売られている除菌アルコールのスプレーやシートなどは無水エタノールを原液で使った時よりも効果がすくないのでブーツのカビを取ることには適していません。

一時的にブーツの表面のカビを除菌や減菌したとしてもカビの根を除去できないのですぐにカビが発生してしまいます。

ブーツの種類や素材別のカビの取り方は?

エタノールや重曹などを使ってカビを取ることはできますが、ブーツの種類や素材を理解した上でカビを取らなければブーツを傷めてしまったりしてしまいます。ブーツの種類や素材を理解して適したカビの取り方を紹介します。

ムートン

ムートンブーツは女の子はもちろん男の子も履くブーツの定番です。安価に購入できるものから数万円するものまであり、どんなファッションにも合わせやすいブーツですが、ムートンブーツのカビの取り方は、濡らしたタオルをしっかりと絞ってカビの生えている場所を綺麗に拭き取ります。

風通しの良いところでしっかりと乾燥させるとムートンのカビはある程度除去できますが、それでもカビが残ってしまう場合は靴用の漂白剤で取ることができます。しかし、ブーツの変色かどが発生する可能性もあるので使用する場合は注意が必要です。

スエード

スエードブーツについてしまったカビは、スエードブーツ全体を丁寧に優しくブラッシングします。その後市販で売られているスエード素材専用のシャンプーでスエードブーツ全体を洗います。この時カビのついている部分だけ洗おうとするとその部分だけが変色してしまったりするので必ず全体を洗うようにしましょう。

レザー

レザーブームのカビは、濡れたタオルにアルコールを軽くつけて拭き取っていきます。この時に直接レザーにアルコールをかけて服と変色の原因になるのでタオルにアルコールをつけて拭き取るようにしましょう。

綺麗に拭き取り終わったら全体にブラシをかけていきます。その時にレザー用のクリームなどをつけてブラシをするとより綺麗に仕上がります。

スノボーブーツ

スノボーブーツは、インナーの方がカビやすく、スノーボードなどをやった後ケースにそのまましまって保管していたりするとすぐにカビが発生してしまいます。スノボーブーツはアウターとインナーが別々に外すことができるので、取り外した後洗剤を薄めて丸洗いをします。しっかりと洗った後は風通しの良いところでしっかりと乾燥させます。

ソール

意外と見落としがちなところがソールです。靴の周りや中などは拭いたり磨いたりと手入れをしますがソールをしっかりと手入れするという方は意外と少ない傾向にあります。ソールにカビが発生してしまった場合は、カビ取りクリーナーを塗ってその後にエタノールでしっかりと拭き取ってしっかりと乾燥させます。

乾燥させる場合は日光に当たることによって紫外線消毒になりさらに効果的に除菌もできるのでおすすめです。しっかりと乾燥させた後はスエード用のシャンプーなどで一度洗い流しもう一度しっかりと乾かします。

ブーツのカビをクリーニングする時の地域別の料金は?

ブーツのクリーニングは地域によっても若干の違いがあります。地域の料金相場をご紹介します。また、メンズやレディース、ブーツの素材などにより料金が変わってしまいますが、あくまでも平均の料金をご紹介いたします。

札幌

北国札幌は雪も多くブーツを履く方も多い地域です。札幌のブーツのクリーニングの相場は3000円前後です。

横浜

梅雨の時期などがあり湿気も多い横浜のクリーニングにかかる料金相場は4500円前後です。

熊本

九州熊本は年中湿度が高くカビの発生もしやすい地域です。そんな熊本ですがブーツのクリーニングにかかる料金相場は4500円前後です。

福岡

熊本と同じく九州で湿度も高い地域ではありますがブーツのクリーニングにかかる料金相場は熊本より少し低く、2000円前後です。

ブーツにカビがついても諦めないで

オシャレは足元からというようにお気に入りの一足は誰でももっています。そんな大切なブーツにカビがついてしまったら気分は下がってしまいます。カビには緑色のカビや黒色のカビなどあり、とても頑固で取りにくいものもあります。

しかし、そんなカビも正しく取り除けば綺麗なブーツに戻ります。自分で手に負えないようなカビもクリーニングにだせば靴のプロが綺麗に仕上げてくれます。簡単に諦めて処分したりせず、ずっと履き続けられる一足になるように普段の手入れもしっかりしてあげましょう。

Related