Search

検索したいワードを入力してください

2018年10月03日

革ジャンのお手入れ方法|洗濯の仕方・カビ対策・その他のお手入れ

「革ジャンを着たいけれど臭いが気になる」という方や、「お手入れはお金がかかるので、なるべく家庭で洗濯したいけれど、洗濯方法がわからない」という方に向けて、革ジャンの洗濯やお手入れ方法、エイジングやサイズダウンについてご紹介しています。

革ジャンのお手入れ方法|洗濯の仕方・カビ対策・その他のお手入れ

クリーニングついでに洋服を預けてクローゼットすっきり!

KAJITAKU(保管付き宅配クリーニング)

シーズンが終わった服をしまおうとするとクローゼットがパンパンに・・・。
そんな方におすすめなのが「カジタク」

カジタクは保管付きの宅配クリーニングサービスです!
アパレル仕様の倉庫で最長9ヶ月洋服を保管してもらうことができます。

しかも、15点パックならコートもダウンも一律1,000円
預けたい洋服や数によって料金プランが選べます。

PC・スマホから簡単申し込み

革ジャンの洗い方

冬になって革ジャンを着るときに、臭いが気になってしまう事はありませんか。それがお気に入りの革ジャンなら尚更ショックです。革のお手入れはお金がかかるので、「なるべく家庭で洗濯をしたいけど、洗濯方法がわからない」と思われている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、革ジャンの洗濯やお手入れの方法、革ジャンのエイジングやサイズダウンについてご紹介します。

革ジャンは洗濯機で洗える?

革ジャンは洗濯機で洗濯できます。しかし、革ジャンがよれてしまったり、裏地が破けてしまう可能性があります。そのため、革ジャンを洗濯する時は、手洗いを推奨します。

どうしても洗濯機で洗いたい場合は、必ず洗濯ネットに入れ、革ジャン単独で洗濯しましょう。他の衣類と一緒に洗うと、色移りする恐れがあります。また、洗濯機で洗う場合は、洗剤は使用せずに水のみで洗濯します。その後は、普段通り自動で洗い、すすぎ、脱水を行ってください。

脱水後は、太めのハンガーにかけて日陰で干します。半乾きのタイミングでオイルを塗りましょう。完全に乾いたらオイルを拭き取って完成です。

乾燥機は?

乾燥機にかけると革ジャンは縮んでしまいます。ジャストサイズの革ジャンであれば、「小さくなってしまった」「片方の腕部分の革だけ縮んでしまった」という事になりかねません。また、革の部分にひび割れが生じたり、ヨレやシワが出来る可能性もありますので、時間はかかりますが、乾燥機は使用せずに、陰干しをして乾かしましょう。

革ジャンにカビが生えたら?

革ジャンは、水分が蒸発しにくいので、他の衣類よりもカビが生えやすいです。軽いカビの場合は、硬く絞った布で拭き取り、陰干しするだけで綺麗になります。

水拭きでは落ちない程のカビの場合は、消毒用のエタノールを霧吹きで吹きかけましょう。その後に、硬く絞った布でカビの部分を拭き取り、陰干しして下さい。また、無水エタノールではカビは取れません。そのため、購入する場合は、消毒用のエタノールを購入して下さい。

その他のお手入れ方法をご紹介

革ジャンのお手入れ方法は様々です。革製品用のオイルでのお手入れ以外にも、シャンプーやリンスでも洗濯が出来ます。また、オイルの代わりにニベアで革ジャンをお手入れする方法もあります。革ジャンのお手入れ方法の一部をご紹介します。

シャンプー

シャンプーを使って革ジャンを洗濯する事が出来ます。もし緊急で革ジャンを洗いたい場合は、シャンプーを使ってみましょう。

まず、浴槽等に水を貯めてシャンプーを溶かします。少し泡立つくらいが目安です。その水に、革ジャンを入れて押し洗いします。汚れが酷い部分は、スポンジで擦ります。その後、シャンプーが残らないようにしっかり濯ぎます。脱水はバスタオルで包んで洗濯機で脱水します。最後に、風通しの良い日陰で干しましょう。乾ききる前にオイルを塗るようにしましょう。

リンス

シャンプーで洗う際に、リンスも使うと着心地が良くなります。リンスを使うタイミングは、シャンプーを濯いだ後です。しっかりシャンプーを濯いだ後に、リンスを溶かした水に付けます。リンスもシャンプーと同様に2〜3回程濯ぎ、ぬめりが残らないようにしましょう。

オイル

革製品専用のオイルが販売されています。オイルを塗る事で、革ジャンに艶が出てきます。

オイルを塗る前に、ブラッシングをして汚れを落としておきましょう。指でオイルを適量とり、革ジャンに塗って馴染ませます。余分なオイルは、乾いた柔らかい布で拭き取りましょう。余分なオイルをそのままにしておくと、カビが生える原因となるので注意しましょう。

オイルを塗る頻度は、年に2回程です。使い始める際と、使い終わりの時期にオイルでお手入れするようにしましょう。

ニベア

ニベアと革製品用のクリームの成分は全く異なります。しかし、ニベアも油分でできているので、革製品用のクリームの代用品として使う事が出来ます。

使い方としては、まず革ジャンの汚れをブラッシングで取ります。その後乾いたクロスにニベアを少しずつ付けて、全体に馴染ませます。最後に乾いた布で拭き取って完成です。

しかし、革製品用のクリームではありませんので、革によってはニベアでシミができる革ジャンもあります。そのため、目立たない所で試してから行いましょう。

リブのお手入れ

リブは、革ジャンの袖や裾部分にある布の事です。リブが無い革ジャンもありますが、リブがある方が保温効果が高いです。

リブは布なので、着ていくうちに色褪せていき、毛羽立ちや毛玉が出来ます。革よりも汚れが染み込みやすく、臭いの原因にもなります。

軽い汚れであれば、ぬるま湯に衣料洗剤を溶かして、リブ部分を優しく揉み洗いして下さい。水気は乾いたタオルで挟むようにして取ります。形を整えた状態で乾かせばお手入れ可能です。しかし、毛羽立ちが酷い場合や破れてしまった場合は、修理店でリブの部分を交換してもらいましょう。

洗濯してサイズダウン出来るの?

革ジャンを購入したものの、サイズが大きくてダボついて縮ませたいと思う事もあるでしょう。しかし、革ジャンを普通に洗濯や水洗いをするだけでは革ジャンはサイズダウンしません。サイズダウンさせるには、熱を与える必要があります。

まず、革ジャンを40度程のお湯で洗います。革ジャンの染料が出てびっくりされるかもしれませんが、そのまま30分程付け置きします。その後、乾燥機で乾燥させるとワンサイズ位サイズダウンします。

しかし、洗濯でのサイズダウンを行うとどうしても、色合いが劣化してしまいます。乾燥機も使わないといけないので、シワやヨレの原因ともなるため、革ジャンへの負担は大きいと言えます。購入する際は、試着し、自分の身体に合ったサイズの革ジャンを購入するようにしましょう。

洗濯してエイジング出来る?

エイジングとは、経年劣化とも呼ばれます。長年使う事によって、着心地がよくなり、見た目も味わい深い見た目になることを経年劣化といいます。新品の革ジャンを洗濯すると、エイジング効果が期待できるのでしようか。それでは、革ジャンの洗濯エイジングの方法をご紹介します。

革ジャンの洗濯エイジングの方法

まず、40度のお湯を浴槽の3分の1くらいまで入れます。そのお湯に革ジャンをつけます。完全にお湯を革ジャンに染み込ませましょう。その後、革ジャンを取り出して水気をきり、タオルで拭きます。水分を含んだ革ジャンは重いので、取り出す時は注意しましょう。

水気が切れたら、ハンガーに革ジャンをかけて、風通しの良い日陰で干しましょう。乾ききる前に、一度革ジャンを着て腕を動かすなどしてクセをつけておいてください。最後に革用のオイルを塗り、馴染ませます。

これが、洗濯エイジングの方法ですが、革ジャンによっては、シミや傷みの原因になるので、自己責任で行ってください。何年か着ていくうちに、いつかは自然とエイジングしていきます。大事な革ジャンであれば、無理に洗濯エイジングをせずに、自然にエイジングしていく方法をお勧めです。

革ジャンを適切にお手入れして長く着よう

革ジャンのお手入れ方法をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。自宅でも洗濯出来るという事実に驚かれた方も多いのではないでしょうか。しかし、洗濯方法を間違えると大事な革ジャンにシワやシミが付いてしまいます。最悪の場合は、縮んでしまい着れなくなる可能性もあります。

安価な革ジャンであれば、自宅で洗濯しても良いでしょう。しかし、自宅での洗濯はどうしてもリスクが伴います。高価なものや思い出の革ジャンであれば、プロに依頼してクリーニングした方が安心で確実です。汚れが酷い場合も無理せずプロに任せましょう。

革ジャンは、他の衣類と異なり、使えば使うほど味が出てきます。愛情を持ってお手入れして、いつまでも大切に着るようにしましょう。

Related