Search

検索したいワードを入力してください

2018年10月03日

革バックのお手入れ方法・使うアイテム・お手入れの頻度

革バッグの状況別に原因とお手入れ方法についてご説明します。革バッグのお手入れ方法を知らない人でも分かりやすく、簡単なやり方で解説していますので今日からお手入れを始めることができます。お手入れをする道具などもご紹介していますので是非参考にして下さい。

革バックのお手入れ方法・使うアイテム・お手入れの頻度

革バッグの状況別手入れ方法とは?

革バックのお手入れ方法・使うアイテム・お手入れの頻度

革バッグは使っていると手に馴染む感じや、見た目の高級感からとても素敵な商品です。しかし、革バッグは長期間使用することで色落ちや、傷、シミ、汚れがついてしまいます。

しばらくバッグを使わなかったらカビが生えていた!という方もいると思います。大切なバッグをなんとか元の綺麗な状態に戻したい人必見です。

今回は革バッグの手入れ方法やアイテムについてご紹介していきます。まずはバッグの状況別に原因と対処方法をご紹介します。

色落ちの原因と手入れ方法とは?

革バッグの色落ちの原因は、革に顔料や染料を強く付けることができないことです。どんなにお手入れをしていても長期間使用してるとバッグの色落ちを防ぐことはとても難しいです。

革バッグは水分に弱いので、水分が長時間付着することで革についている色が別の繊維や体に付着してしまい色落ちしてしまいます。

革バッグの色落ちを防ぐには、使用する前に防水スプレーや、ワックスでバッグにつく水分を防ぐようにします。それでもついてしまった水分は、柔らかい布ですぐに拭き取るようにし、長時間バッグに水分が付着することがないようにします。また、バッグと衣類が擦れることでも色落ちしてしますので、常にバックが擦れないようにしましょう。

カビの原因と手入れ方法とは?

革バッグはクローゼットから出した時にカビが付着していることが多くあります。これは革部分に油脂が多く付着しており、それがカビのエサとなって繁殖してしまうことが原因です。そして保管場所でもあるクローゼットの中は湿度が高く、締め切った場所になっているのでカビが住みやすい環境となっています。

革バッグについてしまったカビは、少しであれば濡らした柔らかい布で拭き、天日干しをします。その後にバッグへクリームを塗り乾拭きすれば元の綺麗な状態に戻すことができます。カビは目に見えない場所にも繁殖しているので、見える場所以外の部分もしっかりと拭くようにすることで、カビの根元まで取り除くことが大切です。

傷の原因と手入れ方法とは?

革バッグを使用していると傷をつけてしまうこともあります。革はとてもデリケートなので、少しの摩擦が傷の原因となりやすいのです。

バッグに傷をつけてしまった時は、馬毛の柔らかいブラシで傷の周りを丁寧にブラッシングします。革は沢山の小さな毛がついているので、ブラッシングをすることで毛の流れを整え傷を目立たなくする効果があります。優しく丁寧に数分間ブラッシングしてみましょう。

深い傷の手入れは、革専用の補修クリームを使用します。バッグに布につけた補修クリームを塗りこみ、30分間自然乾燥させます。その後バッグにクリームをしっかりつけるために乾いた布で優しく拭きます。これだけで傷を目立たなくすることが可能です。

革製バックのお手入れアイテムとは?

革バッグのお手入れには沢山のアイテムと方法があります。革の種類や状態に合わせてお手入れ方法を決めるのですが、そのアイテムの多さから、初めてお手入れをする方はどのアイテムを使ったらいいのか分からない人が多くいます。

そこで、革バッグのお手入れアイテムについてご説明してきます。種類や方法など、また、必須のアイテムなどをご紹介します。

クリームでお手入れとは?

まずは革バッグのお手入れの基本となるクリームのご紹介です。革バッグは乾燥にとても弱いのでクリームを塗ってお手入れすることがとても大切です。ただし革の種類によっては、起毛革やエナメルなどクリームを使用できないタイプもありますので、バッグの革に合わせたクリームを使用するようにしましょう。

クリームを使用する前に、バッグの目立たない部分で変色しないかテストをして下さい。異常がなければ、バッグの汚れを落とした後で、適量のクリームを布を使って塗りこんでいきます。慣れるまでは、一度に適量を取るのではなく、少しずつ布に付けて磨いていくのがコツです。

クリームを塗った後は乾いた布で拭き、余分なクリームを落としながら、しっかりとクリームを塗りこみます。

オイルのお手入れとは?

革バッグは水分に弱いので、雨などで濡れてしまうとすぐに革が雨を吸い取って雨シミになることがあります。このようなことを防ぐためにオイルを使用します。できれば使い始める前と、使用後定期的にお手入れすることで、防水効果や紫外線からの色落ちを防ぐことができるのでオススメです。

バッグの汚れをブラシや布で拭き取り、その後オイルを布に少しずつとり、円を描くように塗りこんでいきます。オイルを付け過ぎるとシミの原因となるので量に注意して下さい。この時にオイルがバッグに染み込まないよう、手早く塗ることがポイントです。仕上げに乾いた布でしっかりと拭き取り、お手入れが完了となります。

防水スプレーのお手入れとは?

クリームを使ってバッグのお手入れをすると革に栄養や、乾燥を防ぐ効果はありますが防水の効果はありません。バッグにシミや汚れをつきにくくするためには、クリームで磨いた後に防水スプレーを使用することがとても大切です。

防水スプレーをしておけば雨に濡れても、バッグが水分を弾いてくれるので、シミになることを防ぐことができます。やり方はとても簡単で、バッグにスプレーを吹きかけるだけです。是非お手入れの最後に防水スプレーを使用してバッグを保護して下さい。

革の種類によっては、使用できないタイプもあるので、説明書をよく読み自分のバッグに合っているものを使用します。使う時はバッグに近づけ過ぎず、一定の距離から使用するようにして下さい。

ニベアを使ったお手入れとは?

ハンドクリームでお馴染みのニベアですが、実は革バッグにも使用することができます。ただし、革バッグ全てに合うクリームがないように、ニベアも万能ではありません。なので、使用する前に必ずバッグの隅で、シミにならないか確認してから使うようにして下さい。

ニベアにはワセリンなどの保湿成分が入っているため、革バッグのお手入れにも効果があると言われています。ただし、塗り過ぎるとシミの原因となるので少量ずつ布に付けて拭くようにします。

塗った後は乾いた布で拭き取り、ニベアをバッグに密着させて完了です。革が保湿されツヤが出て輝くようになります。家にあるものでバッグのお手入れをしたいと考えている方には、最適の方法です。

馬油でのお手入れとは?

髪や肌のお手入れ道具としても使用する馬油ですが、革バッグのお手入れとしても使用することが可能です。ニベアと使用方法は同じですが、ニベアよりもツヤが出て、多少ですが水分を弾いてくれる効果もあります。

馬油も塗り過ぎるとシミの原因となりますので、少量ずつ布にとりバッグに馴染ませていきます。塗った直後はテカテカと不自然な輝きをしますが、30分放置した後に乾いた布で余分な油をふき取ると、綺麗なツヤが出てきます。リーズナブルな値段でバッグのお手入れができるので、とてもお手軽です。

ブラシでのお手入れとは?

革バッグのお手入れの基本はブラシと言われる程、バッグのお手入れには欠かせないものです。ブラシと一言で言ってもいろいろな種類のブラシがあるのですが、一番オススメなものは、馬毛を使用しているブラシになります。

柔らかく、コシがありバッグの汚れを傷つけることなく取り除くことができます。使い方はブラシでバッグの汚れを取り除いてから、クリームなどを塗ります。クリームは毎日塗るものではありませんが、ブラシは毎日しても構いません。

使い終わった後にブラシをかけると、汚れやカビの原因となる菌を取り除くことができるので、綺麗な状態で使い続けることができます。クリームなどを塗った後に乾いた布ではなく、ブラシを使用することも可能です。

革バッグのお手入れ頻度とは?

革バッグのお手入れは、やり過ぎてもバッグに余分な油を付けることになるので、お手入れをしているつもりでも傷付けていることになります。

お手入れの頻度としては週1回くらいが目安で、それ以外は雨に濡れた時などバッグにダメージを与えた時にするようにします。ただし、ブラッシングはバッグの汚れを落とす大切なお手入れなので、毎日行っても構いません。

クリームや防水スプレーなどは、お手入れを行う日にちを決めて行うと、革バッグを綺麗な状態で使い続けることができます。革の種類によっては1カ月に1回のお手入れでいいものもあるので、使用するクリームの説明書をよく読み、自分のバッグに合う頻度でお手入れをしましょう。

革バッグはお手入れが簡単!

革バッグのお手入れはとても難しいように感じてしまいがちですが、汚れる原因とお手入れ方法が分かれば、とても簡単に行うことができます。特別な道具がなくても家にあるもので代用も出来ますし、シミになってしまうことが心配であれば、バッグと一緒にお店でブラシやクリームなどバッグに合うものを購入することもできます。

お手入れすることで、バッグを長く愛用することができるようになりますので、是非参考にしていただき、大切に使って下さい。

Related