Search

検索したいワードを入力してください

2019年03月19日

革ジャンのカビや臭いの手入れ方法・おすすめ手入れ用品

革ジャンは衣類の中でもこまめな手入れが必要なデリケートなアイテムです。手入れを怠るとカビが繁殖してしまうのできちんと手入れを行うことが大切です。革ジャンは手入れをすればするほど味が出ると言われます。今回はそんな革ジャンの手入れ方法やカビ対策など一挙公開します。

革ジャンのカビや臭いの手入れ方法・おすすめ手入れ用品

革ジャン手入れしてる?

寒くなってきたらお気に入りの革ジャンの出番、という訳でクローゼットから取り出してみたら何ともまぁカビがひどい、そんな経験がないでしょうか。革ジャンとなると洗濯するのも不安だし、シーズンが終わったらそのまま保管するという人も少なくないでしょう。

しかし、しっかりとお手入れをして保管しなければ来シーズンせっかくの革ジャンは悲惨なめになりかねません。今回は革ジャンの手入れ方法をテーマに様々なケースを挙げてカビ取り方法や洗濯方法、そして日ごろからできるお手入れのポイントなどご紹介します。

革ジャンの手入れ方法

革ジャンは手入れを怠るとあっという間にカビが繁殖してしまい、着用シーズンになったときにはカビ取りから奮闘しなければなりません。もし大切な革ジャンにカビが生えてしまったらあなたはどうするでしょうか。

クリーニングに出すという方法もありますが、それは最終手段にとっておきたいものです。ここでは既に生えてしまったカビの程度によって自宅でできる手入れ方法をご紹介したいと思います。

カビが繁殖してしまった革ジャンもきちんと手入れをして本来の姿を取り戻しましょう。

軽いカビの場合

革ジャンのごく一部にカビが生えてしまった場合、それこそ簡単に手入れができるのでクリーニングに出すのはむしろ勿体ないとさえ思えてしまいます。軽いカビが出来ていた場合には、水を含ませたタオルを硬く絞って軽く水拭きしてあげましょう。

軽いカビであればこのようにふき取るだけで綺麗にすることが出来ます。ここで注意したいポイントは、タオルは必ず硬く絞るということです。水滴が落ちるような状態のタオルで革ジャンを拭いてしまうと湿気を持たせることとなり、かえって逆効果になってしまうこともあります。せっかくカビをふき取るのですから自らカビを作る原因を与えないようにしましょう。

また、カビを拭き取る際は一度目立たないところで試し拭きをしましょう。ものによっては色落ちしてしまう場合がありますので慎重にいかなければせっかくの革ジャンを台無しにしてしまいます。

重度のカビの場合

水拭きしただけで綺麗になるようなカビであれば良いのですが、それだけでは落とすことのできない重度なカビが生えてしまうこともあります。その場合は濡れたタオルでふき取るだけでは対処できないので消毒用エタノールを使用して綺麗にしていきましょう。ここで準備するのは『消毒用』であって『無水』ではないので間違えないように気を付けましょう。

準備する消毒用エタノールはスプレー式のものが便利です。もし容器入りであればスプレー式に入れ替えて使うことで作業がしやすくなるのでおすすめです。それでは早速手順を見ていきましょう。

重度のカビ手入れの手順

①まずは消毒用エタノールを革ジャンのカビが気になる部分に吹きかけます。
②スプレーした部分を布で軽くふき取ります。

これだけでカビは綺麗になるので簡単です。カビのお手入れをした後は必ず風通しの良い場所で陰干しを行いましょう。湿気がついたまま保管するのは再度カビを発生させるだけなので注意する必要があります。

革ジャンの手入れにおすすめのオイル

雨や水など思わぬ災難で革ジャンを濡らしてしまった!そんな時はすぐさま乾いた布やタオルで優しく水気をふき取ってあげましょう。拭き取った革ジャンは日陰に干すのがベストです。濡れて水分を含んだ革ジャンに日照りや温風は天敵です。

革ジャンは革製品なので定期的に油分を与えなければ乾燥でポロポロ剥がれてしまったり、劣化の原因となると言われています。自ら乾燥させることのないよう注意しましょう。ここでは、『革を良い状態に保つための手入れ方法』として、おすすめの手入れオイルを紹介しましょう。

ミンクオイル(スプレー&ペースト)

まず紹介したいのは動物性の油であるミンクオイルです。ミンクオイルは浸透率が高いので乾燥してしまった革ジャンを柔らかくする効果が期待できます。オイルなのでもちろん光沢を出すことも可能です。

ミンクオイルを使用する際の注意点として、ミンクオイルは油分が強いのでつけすぎるとギトギトとしたいかにもオイルを塗った感じになってしまうのでつけすぎないよう注意が必要です。

こちらはミンクオイルのスプレータイプになります。簡単に全体的に広げることが出来るので使いやすいアイテムです。

ラナパー

ラナパーはただのオイルではなく、ワックスが配合された植物性のオイルです。ラナパーにはロウも配合されているので防水効果も得られます。しかしながらミンクオイルとは違って光沢が出ずらいためツヤを求めるのであればおすすめしません。

逆にツヤがない方が革の味が出る、と感じるひとも多いためそういった人にはうってつけの商品だと言えるでしょう。更に言うとミンクオイルのように革を柔らかくする効果はないので、『革ジャンの形をそのままで保ちたい』という人にとってもオススメのオイルだと言えるでしょう。

馬油

高級な革ジャンの手入れなどに用いられる人気の馬油ですが、つや出しにも一役買う商品です。馬油はサラサラとした塗り心地で全体にむらなく伸びるのが特徴です。しかしツヤを抑えたい人にとってはツヤの出すぎが気になる傾向にあるため革本来の姿を味わいたい人にとってはあまり向いていません。

また、価格帯がミンクオイルの2~3倍の値段なので高いと感じてしまう人も少なからずいるでしょう。

革ジャンの手入れにおすすめの手入れ用品

革ジャン愛好家にとっては一度着用するごとに手入れは絶対!という人も多いです。しかしそんなに手間はかけられないという人に至ってはシーズンごとの手入れ(着用時の冬や春)でOKなのです。

前項においてはおすすめのオイルをご紹介しましたが、こちらでは手入れをする際のおすすめの手入れ用品をご紹介したいと思います。あれもこれもと手入れ用品を揃えているときりがありません。

自分にとって好みのアイテムをいくつか揃えるだけで充分なので無駄な買い物をせずに革の手入れにしっかりと時間をかけてあげましょう。

クリーム:KIWIデリケート クリーム

信頼のKIWIブランドで愛用する人も多いこちらのクリームは無色なのでどんな革ジャンにも塗ることが出来ます。また、クリームの浸透率が非常に良いので革本来の風合いをよみがえらせるだけでなく革に栄養がいきわたる感じを目で見て感じることが出来ます。

もちろん気になる汚れもきれいに落とすので手入れをするにはもってこいのクリームなのです。べたつきがないのもこの商品の特徴だと言えるでしょう。革ジャンだけでなく様々な革製品に応用ができるので1個持っていると非常に便利なアイテムです。

クリーム:COLUMBUS レザーケアキット

こちらはクリームのキットです。手入れ用品がセットになっているので一つ買うと便利に使いまわすことが可能です。

ニベア

ニベア スキンケアクリーム

革ジャンは着用回数を重ねるごとに、肘や肩などの部分が白くなり油分が抜けてしまうことがあります。そんな時の手入れにお勧めのアイテムが、私たち人間用に販売されているニベアなのです。

ニベアは某高級化粧品と同じ成分が入っていると一時話題になりましたが、まさか革ジャンにも使用できるなんて、と目からうろこの情報です。革ジャンはレザーといっても動物の皮から作られているので私たち人間と同じような性質を持っているのです。

そのため、ニベアだけに限らずハンドクリームを塗ってあげても問題はありません。人間と同様に革ジャンも保湿をしてあげなければ乾燥して割れてしまいます。日ごろのお手入れがものをいうので大切に扱いましょう。

馬毛ブラシ

革ジャンの手入れに必須のアイテムにブラシがあります。革ジャンの手入れを行う際にオイルを塗りますが、その前に必ずブラッシングを行い予め汚れやほこりを浮き出させておきましょう。浮き出てきた汚れを拭き取れば革ジャンから汚れが取れた状態になるのでオイルの浸透率をグッと良くします。

このようにブラシはブラッシングをする際必須となるので、革ジャンを持っているのであればオイルと合わせて必ず持っておきたいアイテムだと言えるでしょう。

クロス

革ジャンの手入れを行う際最後の拭き上げも大切な作業になります。この時使用するのは布やタオルなど乾いたものであれば何でも良いのですができるだけきめ細かなものが良いとされています。

そのため、上の写真のようなメガネなどにも使用されるクロスを準備しておくことをオススメします。柔らかくキメこまやかな布地なのでサラッと噴き上げることが出来るでしょう。

普段からできる革ジャンの手入れ方法

革ジャンは手入れを怠ると劣化が進んでしまいポロポロと剥げたり、湿気の多い場所だと取り返しのつかないようなカビが生えてしまうことも少なくありません。だからこそ日ごとのお手入れを大切にすることで長い期間愛用することが出来るのです。

革ジャンの手入れと言ってもパッと思いつきませんし、『手入れ』と言われるだけで何だか面倒な気がしてしまう人も中にはいるでしょう。しかしたった3つのポイントを抑えるだけで革ジャンを綺麗な状態で保つことが出来るのです。

ここでは、そんな3つのポイントについて詳しく解説したいと思います。

週一のブラッシング

革ジャンについてしまった汚れやホコリは革ジャンにとって決して良いものではなく、逆に言えばカビにとって最高のエサとなるためカビの繁殖を手助けすることになってしまいます。だからこそ日ごろのお手入れでホコリや汚れは積極的に落としていきたいものです。

これは定期的な(週一回程度)のブラッシングをすることで改善することが可能です。先ほど紹介した馬毛のブラシで優しくブラッシングを行いましょう。

◆ブラッシング方法◆
まずは安定した場所に革ジャンを置いて作業がしやすいようにします。そしてブラシを手に取って縫い目に沿ってブラッシングをかけていきましょう。表面をなでるように行うとホコリや汚れを払うことが可能です。試してみましょう。

クリームによる保湿

革ジャンを保湿してあげることは非常に大切で、手入れを怠ると革ジャンがポロポロと剥げてしまったり、ひび割れを起こしてしまうなど製品として重大な欠陥を招きかねません。そのため、乾燥する前に保湿クリームを塗ることをおすすめします。

中には着用するたびに保湿する、という人もいるようですが乾燥を感じたときに塗っても大丈夫なので乾燥が進む前の手入れが重要だと言っても過言ではないでしょう。もちろん保湿クリームを塗布する際はきちんとホコリを落としてから全体に均一に塗っていくことが大切です。

気になったときや気づいた時など保湿クリームを塗るように心がけていれば問題はありません。前項で紹介したニベアでも大丈夫です。

オイル塗布

オイルというのは油なので基本的に革ジャンの艶や光沢出しにも使用されています。革製品のツヤや光沢に魅力を感じる人も多く、それが目的でオイル塗布を行う人も大勢いらっしゃいます。そんな場合はシーズン中2回ほどオイルを塗るようにしましょう。先述したように塗りすぎはカビの繁殖を手助けするだけでなく、全体的にギトギトになってしまいツヤどころではありません。塗る量には注意が必要です。

また、ツヤや光沢のない革ジャンに魅力を感じる人もいます。そういった場合はラナパーなどオイルはオイルでも光沢を控えた商品を使用することでツヤ出しを避けることが可能です。なんにしても手入れをすることには変わりはないので、これも自分好みのオイルを見つけることが大切だと言えるでしょう。

羊の革ジャンの手入れ方法

革ジャンと言っても革にも種類があり、中でも羊の革ジャンは軽く、そして柔らかく、着心地バツグンだと人気のアイテムです。そのまま洗濯機に入れてOKな衣類と違ってきちんと手入れが必要なのが革製品の醍醐味でもあります。

今までご紹介した革ジャンの手入れと同様に羊の革ジャンであっても手入れは必要です。いつでも気持ちよく着用できるように日ごろのメンテナンスをきちんと行いましょう。ここでは羊の革ジャンの手入れ方法を簡単にご紹介します。

羊の革ジャンはクリーニング?

羊革を含め革ジャンすべてに言えることですが、クリーニングに出すことはまず避けた方が良いでしょう。仮にクリーニングに出すとしてもレザークリ―ニング専門業者に頼んだ方が安心です。洗濯タグに×がついていることの多い羊の革ジャン基、革ジャンは洗うことで革が固くなってしまったり色落ちを起こしてしまうことがあります。

だからこそ日ごろのお手入れでしっかりと状態を保ち、『クリーニングに出した方が良いんじゃないか』というような状態になることを限りなく避けましょう。原則として羊の革ジャンは洗濯不可と覚えておきましょう。

カビ対策はどうしたらいい?

羊の革ジャンも全ての革ジャンと同様に、カビが生えやすい性質を持っています。カビは高温多湿を好み、ホコリや汚れを栄養として繁殖していきます。保管する際によく使われているカバーがありますが、カバーなんてもってのほかなのです。

羊の革ジャンにカバーをかけることによって湿気を閉じ込め自然と高温多湿を作り出してしまいます。そうなるとカビが繁殖するに最高の環境となってしまいいくら気を付けていてもカビの繁殖は避けられないでしょう。

雨に打たれたりして水気を含んでしまった場合、自然乾燥するのではなくきちんと拭き取って陰干しを行い乾燥させてからクローゼットにしまうようにしましょう。陰干しをする際は風通しの良い場所においてオイルで保湿することも忘れてはいけません。

もしもカビが生えたらどうする!?

いくら気をつけていても梅雨時期や長期的に保管していた場合よきせぬカビが発生してしまうことがあります。そんな時は硬く絞ったタオルや布でカビを拭き取ってあげましょう。羊の革ジャンであっても革ジャンと同様の対処が可能です。

拭きとった革ジャンは陰干しを行いオイルで保湿を行います。ハンガーにかけてクローゼットにしまうか、カバーをかける場合は必ず通気性の良いものを使用するようにしましょう。このように湿気は羊の革ジャンにとっても大敵です。出来る限り通気性の良い場所を選んで保管するようにしましょう。

羊の革ジャンの日ごろの手入れ方法は?

革は日ごろのお手入れがものをいうアイテムだと言っても過言ではありません。シーズン中頻繁に着用するであろう羊の革ジャンは月に1回程度防水保護をしましょう。上で紹介したように防水効果も含むラナパーなど塗ってあげるのもおすすめです。

羊の革ジャンを着用した際はその都度ブラッシングを行い、ホコリや汚れを落としてあげましょう。ブラッシングが出来ない場合は柔らかな布やタオル、クロスなどでふき取ってあげるだけでもOKです。

このように簡単にできるお手入れ方法ばかりなので、羊の革ジャンも革ということを忘れず大切に扱ってあげましょう。大切に扱えば扱うほど愛着も沸くはずです。

羊の革ジャンの保管方法は?

羊の革ジャンにおいても、革ジャンと同様非常にカビが発生しやすいことを忘れてはいけません。日ごろのお手入れを行えるシーズン中はさておき、シーズンオフの間の長期保管となれば注意が必要です。

絶対に気を付けなければならないのは『通気性の良い場所に保管する』ということです。仮にクリーニングに出したとしたら付いてくるのがクリーニングカバーですが、あれも外しておいた方が無難でしょう。通気性があるカバーだったとしても、カバーがない方が通気性が良いのは分かり切ったことです。

シーズン中、シーズンオフの間の手入れに関しても、お手入れキットがひとつあると便利です。出来れば準備しておきましょう。

革ジャンの臭いの手入れ方法

『革ジャンが臭い』そんな時の臭いの原因として考えられるのは『カビ臭』です。日ごろのお手入れを怠っているとすぐにカビは繁殖してしまい臭いがしみついてしまうことも少なくありません。せっかくカビを落としてもカビ臭が残っていたら着用する際に気になってしまうでしょう。

ここでは、そんなしみついてしまったカビ臭に対しての対策方法をご紹介します。大切な革ジャン、シーズン中気持ちよく着用しましょう。

カビ臭には水拭きと陰干しが効果的

カビ臭を取り除くにも、カビ対策と同じく水拭きと日陰干しが非常に効果的です。水気を硬く絞ったタオルでカビを拭き取ったら日陰に干して乾燥させましょう。完全に乾燥する前にミンクオイルなどで保湿を行うのは鉄則です。

この時色落ちが出る場合もあるので、革ジャンの裏で一度水拭きを試してみるなどしてテストを行うことをオススメします。せっかくカビ臭がとれても色まで取れてしまっては意味がありません。

大きめのカビが原因ならエタノールを使用

カビ対策でも紹介したように、カビ臭にも有効なのが消毒用エタノールを使用するということです。大きめのカビであれば水拭きで対処しきらないので消毒用エタノールを吹きかけて柔らかな布でカビを拭き取っていきましょう。

上と同様にふき取った後はミンクオイルなどで保湿を行い、しっかりと陰干しで乾燥させてからクローゼットに保管するようにしましょう。カビ対策にもなりますがカビ臭にも有効な方保うなので覚えておきましょう。

香り付き洗剤で丸洗い!

革ジャンを洗濯するのは基本的にNGということを紹介しましたが、自宅にて丸洗いしてしまうという方法もあります。もちろん確実に大丈夫です、という保証はないので自己責任で行いましょう。

革ジャンは洗濯を行い天日干しをするとどうしても縮んでしまい不格好になってしまいます。一度縮んだ革ジャンはどんな手入れを行っても元に戻ることはありませんが、日陰干しをしながら保湿用のクリームを塗っていくと復活させることができます。

洗濯剤仕上げの香り付き洗剤を使用することでカビ臭も一発撃退となるので、どうしても気になる場合は試してみても良いでしょう。

革ジャンを自宅で洗う方法

いくら革ジャンの扱いに気を付けていても、予期せぬところで予期せぬ汚れに見舞われてしまうことがあります。そんな時『自分で洗濯ができたら楽なのに』と思ったことはないでしょうか。

革ジャンは洗濯NGとなってはいるものの、いくつかのポイントを抑えることで自宅にて洗濯をすることが可能です。もしもどうしても落としたい汚れに直面したなら自己責任で行ってみるのも一つの手なのです。ここではそんな革ジャンの手入れで行いたい洗わない洗濯方法と洗う洗濯方法の二つをご紹介しましょう。

革靴用汚れ落としを使って汚れをふき取る

革ジャンにしても革靴にしても同じ革製品なので汚れを手入れする際も同様のアイテムを使用しても問題はありません。水や石鹸を使って革ジャンを洗うことが不安な人であれば、上の写真のような革靴専用の汚れ落としを使って手入れすることをオススメします。

一部だけ拭くとムラが出てしまうので、使用する際は柔らかな布に少量とり全体に均一に伸ばしていきましょう。縫い目など拭き上げで落ちない汚れがある場合は、軽くブラッシングすると落ちやすいので馬毛ブラシなど使用して綺麗にしていきましょう。

拭き取りが終わったら乾燥させるために日陰に干して一晩ほど放置します。しっかりと乾燥させてオイルを塗ったらOKです。

おしゃれ着洗剤を使用する

おしゃれ着用の中性洗剤というのは、なんといっても『ダメージの少なさ』が魅力的です。このおしゃれ着用の中性洗剤を使用することで革ジャンをの手入れとして洗濯することが可能なのです。必要なのは桶と洗剤とバスタオルです。早速手順を紹介しましょう。

①桶に水と洗剤を入れる。この時水の量に対し洗剤の量は適量を入れる。
②革ジャンを押し洗いする。揉み洗いは傷む原因になります。
③すすぎは2~3回ほど行う。
④革ジャンをバスタオルで包み洗濯機にて脱水を行う。(脱水時間は30秒~1分程度)

風通しの良い日陰に干して乾かしていきましょう。半乾きになったら一度袖を通してシワを伸ばしてあげましょう。また、半乾きの状態でオイルを塗ることで革の乾燥を防ぎます。縮防止にもなるのでこの作業は必ず行いましょう。

革ジャンの保管方法とは?

さて、革ジャンの手入れ方法はだいぶ理解が深まったのではないでしょうか。最後にシーズンオフの際長期保存する場合の保管方法をご紹介します。大事な革ジャンを限りなく綺麗な状態で保管できるようにポイントを抑えておきましょう。

保管の際は太めのハンガーを用意しよう

革ジャンは重量があるため仲間で風が通るよう太めのハンガーにかけるようにしましょう。太めのハンガーを使用することで干した時に内側が立体的になり通気性UP効果があります。太めのハンガーがない場合は細めのハンガーにタオルを巻きつけて自前で作ってしまいましょう。

正しい手入れ方法を行って味のある革ジャンを楽しもう

革製品は使えば使うほど味が出ると言って好まれるアイテムです。今回様々な手入れ方法をご紹介しましたがそれもまた一部です。様々な手入れ方法があるので自分流にやりやすい方法を見つけて自分だけの革ジャンを作ってみるのも良いでしょう。

革ジャンはとても頑丈できちんと手入れを行えば長い間着用することができます。面倒くさいと手入れを怠らずに日ごろからブラッシングや保湿を行うことでより良い状態を保つことができ、風合いや味もでてくるでしょう。

手入れを行って長い間着用できるということはそれだけ愛着も沸くということです。あなたも自分にとって愛着の沸く一枚を手に入れてみてはいかがでしょうか。

Related