Search

検索したいワードを入力してください

2019年03月19日

革靴・スニーカー・スエード靴の手入れ方法とおすすめ手入れ用品

大切な靴は長く使いたいものですが、靴のお手入れは面倒だと思ってしまえば続きません。そこで短時間でできる簡単な方法や、お手入れアイテムをご紹介。お肌のお手入れをするように、楽しんで続けられるケア方法を見つけて、毎日気持ち良い靴でお出かけしましょう。

革靴・スニーカー・スエード靴の手入れ方法とおすすめ手入れ用品

革靴の簡単なお手入れ方法

お気に入りの革靴はずっと履き続けたい。しかし靴は履けば傷んでいくものです。大切な靴を長持ちさせる方法があれば実践したいけれど、革靴のケアと言えば、専用の高価な道具が必要だったり、やり方が分からず面倒な事と思い込みがちです。

確かに革靴のお手入れ道具はこだわりのある物が多いです。しかし「こうしなければならない」などと難しく考えなくても大丈夫。基本的なケア方法は意外に簡単で、誰にでもできるのです。

ここでは、革靴のお手入れに最低限必要な道具と、基本的なお手入れ方法をご紹介します。無理なく気軽にできるので、ぜひ実践してみて下さい。

革靴のお手入れ頻度

革靴は動物の皮でできているので人間のお肌と同様に、乾燥させずに栄養を与えてあげるのが長持ちさせるコツです。お手入れの頻度は、5~6回履いて1回お手入れというのが推奨されていますが、毎日ブラッシングだけ簡単にして、月に1度ケアをするという方法でも大丈夫です。

無理なく続けられるよう、ご自分のライフスタイルに合った方法でトライして下さい。

天然革靴のお手入れ方法

1.ウェットティッシュなどで泥汚れを取る
2.靴全体に馬毛のブラシでブラッシングをかけ、ほこりを取る
3.乾いた布にクリーナー含ませて優しく靴を拭き、古いクリームを取り除く
※汚れがひどくなければ、この工程は必要ありません。
4.クリームを靴全体に塗り込み、余分な油分を拭きとる
5.仕上げ磨きをする

基本は革靴も人の肌と同じ。まずクレンジングをして栄養を与える。それだけです。慣れてくると、5~10分程度しかかかりません。洗顔後、パックをして美容液・化粧水・乳液を塗ってという、女子の肌ケアに比べるとずっと簡単で短時間にできるのです。

お手入れ不要!Sanders(サンダース)の革靴

sanders(サンダース)は英国にて1873年に設立されたシューメーカーで、かかとに紋章が入った、高級感のある靴を多くリリースしています 。こちらのお手入れ方法は、固くしぼった布でサッと拭くだけという超簡単なもの。ほとんど何もしなくてもOKな、画期的な革靴なのです。

革靴なのになぜお手入れ不要なのかというと、皮革(ひかく)表面に樹脂を薄く塗り、丁寧に磨き上げることで薄い樹脂膜が作られ、汚れを寄せ付けない構造になっているからです。また、馬の臀部から少量しか採取出来ない貴重な皮革(ひかく)を使用して強度を最高に高めています。

雨の日に履いても平気な、一生使える丈夫な革靴として人気です。

■SANDERS(サンダース) ミリタリーダービーシューズ

フェイクスエードのお手入れ方法

フェイクスエードは、合成繊維の生地を加工し、表面を起毛したものです。薄くて軽く、耐久性があり、お手入れもしやすいのが特徴です。

お手入れ方法は簡単で、ブラシでホコリなどの汚れを取るだけ。ブラシで取れない頑固な汚れは、その部分だけを歯ブラシなどで濡らし、中性洗剤などで洗って落とします。(ただし、色落ちしやすい製品の場合は取扱い説明書に従ってください。)

最近のフェイクスエードは見た目も本物と変わらず、上品な質感のものが多く出ています。お手入れ不要な日常使いの靴としておすすめです。

革靴におすすめのお手入れセット

使い方を熟知した人なら、こだわりの道具で靴はさらに美しくなりますが、最初から本格的なお手入れアイテムを揃える必要はありません。それよりも、気軽にずっと続けていくことの方が大切です。

初心者はまず、簡単なお手入れセットから。あえてブランドなどにはこだわらず、見た目がオシャレなど、靴のお手入れが楽しくなるような気に入ったものを選びましょう。本格的なお手入れアイテムは、靴のお手入れが習慣になった頃に揃えても遅くないのです。

M.MOWBRAY(モウブレイ)セントアンドリューセット初心者向け

必要なブラシやクロス、それに靴用汚れ落しステインリムーバーと革用栄養クリームが入っています。靴のお手入れが楽しくなる、ミニサイズのとてもかわいいシューケアセットです。

おしゃれな缶の中には、クリームの使い方やお手入れ手順などが書かれた説明書が入っていますので初心者でもスムーズにお手入れができます。ファーストお手入れセットとしておすすめします。

M.MOWBRAY+銀座大賀靴工房オリジナルシューケアセット

こちらも初心者におすすめのスターターセット。靴クリームの色をニュートラル(無色)・ブラックの2色から選べます。クリームの色は、初心者ならニュートラルを選択するのがベターです。無色のクリームはどんな色の靴にも使えるので最初はそれを使い、補色が必要な靴があれば色のついたクリームを買い足していくようにしましょう。

写真付きの分かりやすい手順書が付いていて、その通りに磨けば、初めての人でも新品同様ピカピカに磨けるようになっています。

Colloneil(コロネル)アロマティックシダーシュートゥリー

靴のお手入れをする時も、普段仕舞っておく際にもあった方がいいシューズキーパー。靴を履いていると、履き癖などでシワができてしまい、そこに汚れがたまっていきます。そのシワを伸ばして靴をきれいに保ってくれるのがシューズキーパーです。

コロネルはドイツの会社で、世界中で愛されているシューケアアイテムのトップブランドです。こちらのシューズキーパーは天然の木でできており、余分な湿気を吸収し、嫌な臭いを軽減してくれる、女子には嬉しい機能付き。

靴に入った姿もおしゃれで、お気に入りの靴をかわいく収納できるのも嬉しいです。

シューズフィッター 2ヶ組



こちらは靴のシワを伸ばすより、ストレッチャーとしての役割が大きく、つま先・足の甲部・かかとなど、痛い部分を伸ばして足に合ったサイズに微調整してくれる商品です。ストレッチャーですが、靴のシワ伸ばしとしても使えるので、左右で足のサイズが違う人などにおすすめです。

columbus (コロンブス) アメダス防水スプレー

防水スプレーは革靴を水や汚れから守ってくれる反面、革が呼吸できなくなるのでかえって傷めるとされてきましたが、最近は技術が進歩し、必ずしもそうではないようです。新品の靴や、お手入れの後にスプレーしておくと、キレイが長持ちするのでお手入れも楽になります。

アメダスは天然革靴に最適なフッ素系の撥水スプレーです。大切な靴を水分・ホコリ・ゴミ・油分等の汚れから守りながら、皮革(ひかく)の柔軟性や通気性を損ないません。また、靴以外にも、バックやお財布などの革製品にも使えますので、1本持っておくと便利です。

スエード・ヌパック靴のお手入れ方法

1.乾いたブラシで毛足の中の、土やホコリをかき出す
※靴クリームなどが付いたブラシを使うと逆に汚れが定着してしまいます。
2.ミストなどを塗布し、栄養補給する
3.完全に乾いた後、ブラッシングで毛並みを整える

ヌパックもスエードも、クロムなめしした革を起毛させたもので、その毛足の中に入り込んだ汚れを上手にかき出すのが、お手入れのコツとなります。もっとしっかりお手入れしたい方は、1の後に固形クリーナーで更にきれいにしたり、2の後に抜けた色を補色すると、綺麗な状態を保てます。

スエード・ヌパック靴におすすめのお手入れセット

ブラッシング用馬毛ブラシ、スエード用クレープブラシ、クリーム塗り込み用ハンドルブラシの3本セットです。前述した通り、スエードやヌパックは靴クリームなどが付いたブラシでこすると逆に汚れが付いてしまいます。うっかりミスを防ぐために、革靴用のブラシとは別に保管しておく方が良いでしょう。

COLUMBUS(コロンブス)のスエードラブラブクリーナー。ブラシでは取り切れない、頑固な汚れを落とす時に使います。固形クリーナーでこすると、汚れを吸着しながら落としてくれます。

COLUMBUS(コロンブス) レザーキュアヌバック・スエード栄養ミスト。ブラシでホコリをかき出した後に使います。こちらは無色タイプになっていますが、色抜けしてしまった箇所に補色したい場合は色付きミストを選びましょう。コロンブスの栄養ミストは全10色となっていて、何色の靴でもほぼカバーできます。

普通の革靴と同じく、新品の靴やお手入れ後の靴にスプレーします。スエードやヌパックは起毛している分、汚れが付きやすく、放置しているとすぐに風合いを損ないます。マメにお手入れをする時間のない方は、お出かけ前にスプレーする習慣をつけることで、靴をきれいに保てます。

革靴を水洗いでお手入れする方法

布製の靴ならともかく、革靴も水洗いできるのをご存じでしょうか。天然革靴は元々動物の皮でできています。ならば水で洗えて当然なのです。水につけるとアウトと思っていた革靴が、自宅で丸洗いOKだなんて驚かれるでしょうが、意外にもスッキリと仕上がります。特にお手入れをおこたって、いったん古びれてしまった靴には、この丸洗いが有効です。

ただし、カビの生えやすいスエード靴などは徹底した乾燥がカギとなるため、湿気の多い日本の家庭では失敗するリスクも高いです。それでも丸洗いすると、靴の中まできれいになるのでとても気持ちが良く、トライする価値はありそうです。

革靴の水洗いで用意するもの

ボディーソープ・霧吹き・台所用スポンジ・使い古しの歯ブラシ・たらいなど。たったこれだけで、革靴を自宅で丸洗いすることができます。どれも100均で揃うものばかりで、拍子抜けするかもしれませんが、家庭での水洗いならこれで十分きれいになります。

なぜボディーソープなのかというと、人間の肌にも優しいので革靴を傷める心配がないからです。人間も動物なので、同じ石鹸で洗っても問題ありません。どうしてもボディーソープを信用できない方には、サドルソープという革製品専用の洗剤があります。ボディーソープより値段が高い分、保湿や除菌成分が配合されているのでお試し下さい。

■M.MOWBRAY(モウブレィ) サドルソープ

黒色以外の革靴の水洗い手順

1.歯ブラシで表面と靴の中にたまったホコリなどをかき出す(特につま先部分)
2.たらいなどに水を張り、ボディーソープの希釈液を作る(ボディーソープの目安は5%)
3.希釈液を霧吹きでまんべんなく吹き付ける
4.スポンジでこすり洗いする
5.流水で泡を洗い流す
6.タオルドライし、しっかり乾燥させる

靴が完全に乾いたら、クリームなどで通常のお手入れをして完了です。

霧吹きを使わずスポンジで靴を濡らしてから洗剤で洗う方法もありますが、色むらやシミを防ぐために、初めての方にはこの方法をおすすめします。

黒革靴の水洗い方法

黒革靴は色むらが出にくいので水洗い初心者に向いています。

手順は黒色以外の水洗い手順2までいったら、思い切って靴を丸ごと希釈液の中につけてしまいましょう。後はそのままジャブジャブ水の中でスポンジでこすり、洗い流せばOKです。

サドルソープの使い方

スニーカー靴の手入れ方法

スニーカーにはスエードやエナメルなど、様々な素材のものがありますが、素材に革が使用されている場合は革靴と同様のお手入れ方法が有効です。ここでは、これまでに出てきていない、キャンバス生地のスニーカーのお手入れ方法をご紹介します。

ソール(ゴム)部分の軽い汚れを落とす方法

この部分は白いゴムが使われている場合が多く、汚れるとかなり目立ちます。ここだけの汚れを取りたい場合は以下の方法が有効です。

1.消しゴムでこする
2.使い古しの歯ブラシに歯磨き粉をつけて磨く

消しゴムを使う場合は汚れの付いていない、きれいな消しゴムを使いましょう。ギザギザになっているソール部分をきれいにするなら、歯ブラシの方が向いています。

ソール(ゴム)部分の激しい汚れを落とす方法

1.重曹を水で溶き、布や歯ブラシでこする
2.アルコールスプレーやエタノールを布に付けて拭く

上記の2つを試す際は、一度ソールの目立たない所で変色しないか確認してから掃除して下さい。エタノールやアルコールを使う場合は、手荒れするので手袋をはめましょう。

ソール(ゴム)部分の黄ばみを落とす方法

1.メラミンスポンジを水で濡らしてこする
2.布や歯ブラシに、少し水を加えたキッチンクレンザーを付けてこする

ソール部分の黄ばみはゴムの劣化や酸化によって起こります。上記の2つを試しても、すっきりとした白に戻すのは難しいです。

もしもキャンバス地も白のスニーカーなら、思い切って漂白してみて下さい。素材によってどうなるか分からないので賭けですが、黄ばんだスニーカーは残念です。それならいっそ、きれいな白を取り戻せる方に賭けて、やってみましょう。

■カネヨ石鹸マルチクリーナー重曹ちゃん(粉末1kg)計量スプーン付

■無水エタノールP(500ml)

スニーカーの汚れをしっかり落とすつけ置き洗い

【用意するもの】
・靴が入る容器
・約40℃のお湯
・中性洗剤(またはスニーカーケアシャンプー)
・重曹(臭いも取りたい場合は少し混ぜます。)

【手順】
靴が入る容器に約40℃のお湯を入れ、中性洗剤・重曹を入れ良く溶かし、スニーカーと外した紐を入れます。

つけ置き時間は15~30分、白色の場合は丸1日、汚れが酷い場合は最高8時間が目安となります。その時間が終わったら、さらにブラシなどで汚れを落とし、洗剤を洗い流します。

■COLUMBUS(コロンブス) スニーカーケアシャンプー Fabrics&Canvas

スニーカーに汚れを付けない日頃のお手入れ

自分の足の一部のようになった足に馴染んだスニーカーは、いつまでもきれいなまま履き続けたいものです。そこでスニーカーを汚さないために、普段からできる簡単なお手入れと言えば、スニーカーも革靴と同様、防水スプレーの使用が有効なのです。

まずは汚れを寄せ付けない事。そして付いてしまった汚れはすぐに落とす。これでスニーカーの寿命は格段に長くなります。ぜひ実践して、お気に入りの一足を大切に使ってください。

■columbus(コロンブス)スニーカーケア・プロテクション(防水スプレー)

■columbus(コロンブス)シューケア・スニーカーパーフェクトキット

靴のおすすめ手入れ用品

面倒だと思って今までやってこなかった靴のお手入れも、一度始めるとお手入れしないと気持ち悪いというぐらいハマってしまう人が多いです。靴の手入れに目覚めると、段々と良いお手入れ道具や使いやすいケアアイテムが欲しくなるもの。

そこで、お手入れアイテムの使い方やおすすめのお手入れ用品を少し紹介しておきます。ぜひ使いこなして、きれいな靴で気持ちよさを味わってください。

お手入れの要!靴全体の汚れをとるブラシ

お手入れの基本は土やホコリなどの汚れをブラッシングでしっかり落とすこと。これだけでも続けていると、カビの予防にもなりますし、随分違ってきます。また、いくら高価なクリームを塗り込んでも、汚れが取れていなければクリームが均一に浸透しませんし、傷がつく場合もあります。

お手入れの一番最初に行うブラッシングには、馬毛ブラシを使用します。選び方の基準は、馬毛が柔らかくて繊細な物かどうかです。靴を傷つけず、細かいところまで毛が入り込んで汚れを落としてくれるものがベストです。

columbus(コロンブス)ジャーマンブラシ2 。ドイツの職人が作った高級馬毛ブラシで、手触りが良く、柔らかいのに適度な腰があり、使いやすいと評判のブラシです。

Honelの100%天然馬毛ブラシ。お値段がなんと¥291とリーズナブルで、馬毛も柔らかく使いやすいと評判のいいブラシです。ブラッシングの頻度が高く、良く買い替えるという方には適しているお手入れアイテムです。

靴クリームを馴染ませるためのブラシ

クリームを塗り終わったら塗ムラがないように馴染ませるため、もう一度ブラッシングを行います。最初に行うブラッシングは、力を入れ過ぎず払うように「シャッシャッ」とかけますが、このブラッシングは均一にすばやくかけるのがポイントです。

この時に使われるのは豚毛や化繊毛ブラシ。馬毛より、固くて鋭利になっているのが特徴です。このブラシを使うと表面だけでなく、皮革(ひかく)の奥深くまで成分が浸透し、より長く革の品質を保持してくれます。

これに適したブラシがペネトレイトブラシで、ステッチなどの細かい部分もきれいに塗り込めます。また、細かい部分に固まった古いクリームをかき出すこともできます。クリームの色に合わせて、数本を使い分けることをおすすめします。

FOOTSTEPSペネトレイトブラシ収納袋付。手持ちの靴が全て同じ色という方は珍しいので、4本セットをおすすめします。収納袋が付いているので、靴の色が増えるごとに1本づつ買い足しても、まとめて収納できて便利です。

仕上げ磨き用アイテム

クリームを革に浸透させた後、柔らかい布やストッキングなどで仕上げ磨きをすると、さらにきめ細やかなツヤがでます。とてもきれいになるのでやる価値はありますし、せっかくお手入れするのなら、最後までやった方がスッキリします。

columbus(コロンブス)グローブシャイン。手にはめて作業ができるので、靴を磨く時にツメで靴を傷つける心配もなく、安心して作業ができます。使い古しのパンストでもできますが、とても使いやすく、作業が早く進むのでおすすめです。

汚れを落とすクリーナー

ブラッシングだけでは落とせない汚れや、古いクリーム残りなどを落とす時に使います。お手入れ方法は、布を指に巻いてクリーナーを付け、円を描くように磨いていきます。

頻度としては、靴のお手入れ3回に対して1回程度行うのが良いとされていますが、靴の汚れの状態によって判断して下さい。

M.MOWBRAY(モウブレイ)ステインリムーバー。とてもポピュラーな商品で、靴のお手入れの定番として広く使われています。靴の表面に付いたワックス・汗・油などを、革を傷つけずに落としてくれる、液体状のお手入れアイテムです。使用の際は、良く振ってからお使い下さい。

Columbus(コロンブス)500。こちらは同じクリーナーでもチューブタイプで、微粒子ナイロンパウダーが靴のすみずみまで入り込んで汚れを落とします。皮革(ひかく)の柔軟性を保つコラーゲンや、カビの発生を抑える成分が配合されています。

革に栄養を与えるクリーム

クリームは、ブラッシングやクリーナーで汚れを落とした後に使用し、栄養補給をする役割があります。水・油・蝋で作られたクリームは「靴の美容液」とも言われ、革靴にとっての保湿クリームのようなものです。表面に塗り込むと保湿して栄養を与え、ツヤや発色を良くしてくれます。

クリーナーと同じように布を指に巻き付け、少量のクリームを付けて塗布していきます。

ミンクオイルは、動物のミンクから採取した動物性のオイルです。特徴は、皮革(ひかく)への浸透が良く、革を柔らかくしてくれます。革製品全般のお手入れに使えますが、特にヌメ革と相性が良いとされています。

クリームタイプの他にもリキッドタイプやスプレータイプのものもあります。色々試して使いやすい物を選んでください。

成分が蝋・油脂・有機溶剤で構成された乳化性クリーム。伸びが良く、美しいツヤが出ると評判のクリームです。色が18色もあるので、お手持ちの靴に合うお手入れクリームが見つかります。

大切な靴には休息を

革靴・スニーカー・スエード靴の手入れ方法とおすすめ手入れ用品

お気に入りの靴や履きやすい靴は、どうしてもヘビロテしてしまいます。しかし、靴を長持ちさせるには、履きシワを定着させないためにも毎日履くより1日~2日休ませながら履く方が良いのです。特に大切な人にプレゼントしてもらった靴などは、型崩れしないようシューツリーを入れて保管しましょう。

Related