Search

検索したいワードを入力してください

2019年01月11日

【部分別】エアコンのカビ掃除の方法・掃除業者の選び方

エアコンは長期間使用するにもかかわらず、定期的な掃除を行っていない方もいます。エアコンの掃除を怠ると、健康的にも経済的にも大きな損失があります。エアコンの仕組みや特性を理解して、効率よく掃除をし、思わぬ健康被害から身を守りましょう。

【部分別】エアコンのカビ掃除の方法・掃除業者の選び方

エアコンのカビ掃除をする理由は…?

エアコンは吸い込んだ部屋の空気を温めたり冷やしたりして部屋に戻すため、当然空気中に漂っている埃やゴミ、カビの胞子も一緒に吸いこんでしまいます。

吸い込んだ埃やゴミやカビはエアコン内にあるフィルターで留まりますが、フィルターに埃やゴミやカビが溜まったまま放置をしていると、空気の流れが悪くなり、空気をたくさん取り込もうとフル稼働し、消費電力が上がります。

また、夏場は暑い空気を取り込み、それを熱交換機で冷やして排出する際に結露し、溜まっている埃やゴミと一緒に溜まっていたカビが増えます。エアコン内で発生したカビは、空気に紛れて部屋に撒き散らされます。夏季にエアコンから排出されたカビが、咳や鼻水の原因になることがあります。また、カビが喘息を引き起こすこともあります。

よって、エアコンを掃除するということは、健康的にも経済的にも大きなメリットがあります。

準備するもの

掃除機、ハブラシ、雑巾、水(もしくはぬるま湯)などを準備しましょう。

また、汚れた洗浄液が垂れてくる場合を想定し、大きなビニルの敷物やビニル袋、それを止めるマスキングテープなどもあると良いです。

エアコンを掃除してみよう!

エアコンの掃除の手順は以下の通りです。

①掃除前に必ずコンセントを抜きます。
②エアコン上部の埃やゴミやカビを、水で濡らして固く絞った雑巾で拭き取ります。
③前面のパネルを外し、パネルとフィルターの汚れを取ります。
④吹き出し口やルーバーの汚れを拭き取ります。
⑤電源を入れて送風運転を行います。

前面パネル

エアコンの前面パネルを外す前に、まずはエアコンの外側やパネル部分に掃除機をかけます。これで埃やゴミやカビが舞い散るのを防ぐことができます。

次に固く絞った雑巾で拭き上げ、乾拭きします。雑巾を固く絞らないと、滴った水滴がエアコンの内部に入り込み、不具合を起こすことがあるので注意が必要です。

フィルター

フィルターを丁寧にそっと取り外し、フィルターに溜まった埃やゴミやカビを掃除機で吸います。この時、必ず外側から掛けましょう。内側からかけると目詰まりしてしまいます。

次に、掃除機で吸えなかった埃やゴミやカビをハブラシで軽く擦って取ります。また、内側からシャワーを掛けても良いでしょう。シャワーを当てるのは、掃除機とは逆で、内側から当てます。外側から当てると、やはり目詰まりしてしまいます。

シャワーを使用した場合は、必ずきちんと乾燥させます。

吹き出し口とルーバー

まず、ルーバーの角度を下げ、中が見えるようにします。そして、固く絞った雑巾を指に巻き付けて中に指を入れるようにして汚れを取ります。汚れがひどいときは、中性洗剤を薄めたものを使います。その場合は、水拭きをして必ず洗剤が残らないように注意しましょう。

内部の掃除に注意!

エアコンの掃除を行うための洗浄スプレーが市販されていますが、使用には注意が必要です。スプレー液がエアコン内部の電装部などに付着して気づかないと、腐食を起こして突然エアコンが作動しなくなることがあります。スプレーを使用する際は、専用のシートなどで必ず養生してエアコン内部の電装部にスプレー液が触れないようにする必要があります。

また、埃やゴミやカビが多量に溜まっている場合、スプレーを吹きかけることでホースの中で汚れが固まってしまい、結露水の水漏れや逆流の恐れなども考えられます。

したがって、洗浄スプレーの使用はエアコンの構造の知識をある程度持っている方が使用するのが望ましいです。まったくの素人が安易に使用するのはお勧めできません。内部の汚れが気になるが知識のない方は、カビ掃除業者に依頼しましょう。

失敗しないエアコンのカビ清掃業者の選び方

エアコン掃除業者の作業方法や出来上がりのレベルは、会社によって大きな差があります。また、メーカーや機種、経過年数や使用状況によって掃除の方法も異なり、必然的に値段もまちまちです。業者は専門知識と技術、そして十分な経験のあるプロに依頼するのが望ましいでしょう。

購入した販売店やメーカーに問い合わせて業者を紹介してもらうか、経験済みの友人や知人から紹介してもらうのも良いでしょう。

カビ清掃業者選びのチェックポイント

カビ清掃業者を自力で探す方は、次のチェックポイントを参考に探してみましょう。

・ホームページに運営者の情報がある
・価格を明示している
・エアコンのカビ掃除についての説明が明確にできる
・フィルター自動掃除機能付きエアコンの洗浄ができる
・有料のオプションサービスが少ない

エアコンのカビ清掃の相場は?

エアコンのカビ清掃の相場は、壁掛けタイプ:10,000円〜15,000円、天井埋込タイプ:15,000円〜20,000円になります。

どんな洗浄剤を使用するの?

それでも業者には頼みたくない、お金をかけたくないので自分で何とかしたい、という方には、以下のような洗浄剤が市販されているので、参考にしてください。

・アース エアコン洗浄スプレー 防カビプラス
スプレーするだけでエアコンを洗える防カビ洗浄剤で、自動掃除機能付エアコンにも使用可能です。緑茶ポリフェノールと除菌剤を配合し、エアコンのフィンに発生したカビの増殖を抑えます。三種類の香りが選べます。

・ショーワ くうきれい エアコンファン洗浄剤
吹きかけるとムース状になって汚れを浮かし、送風ファンのカビを洗浄できて、ニオイもとれる洗浄剤です。通常は別途用意が必要な養生シートもセットになっているため、購入したらすぐに使用できます。

・超電水エアコン内部クリーナーシュ!シュ!
電解アルカリ水・ケイ酸塩が主成分で、界面活性剤や酸、香料、石油溶剤などの有害物質が入っていないエアコンクリーナーです。汚れの度合いによっては2、3本使用することになります。

便利なエアコン洗浄スプレーは吹き付けるだけで、その後洗い流さなくていいという手軽さが売りですが、洗浄成分がエアコン内に入り込み、そこからカビが発生してしまうこともあります。

また、エアコン内部の電装部が濡れてしまうと、故障や漏電の原因にもなりかねません。掃除の時には、薬剤が垂れたり飛び散ったりすることを想定して、ビニールなどで養生する必要があります。洗浄スプレーは手軽でコストがかからないとはいえ、素人がやるには、大がかりな掃除になることは覚悟しておく必要があるでしょう。

さらには、掃除の時に流れ落ちた汚れがドレンホースに詰まり、水漏れを起こすこともあります。洗浄スプレーは洗い流さなくて良いとはなっていますが、水で洗い流した方が詰まりを解消するためにも良いでしょう。

カーエアコンのカビ掃除の仕方

【部分別】エアコンのカビ掃除の方法・掃除業者の選び方

カーエアコンを始動すると不快な臭いが発生がすることがあります。これは埃などによるエアコンフィルターの目詰まりやエバポレーターに繁殖しているカビや雑菌によるものです。

家のエアコンは洗浄剤などで掃除をしますが、カーエアコンについてはクリーニングの方法が一般的でないため何もしていない方が多いです。エアコンの掃除はディーラーに頼むのが一番簡単で確実ですが、自分で掃除をすることも可能です。

カーエアコンの構造って?

エアコンのエバポレーターというのは、ダッシュボードの奥に設置されているため普段は見ることができません。エバポレーター内には冷媒、つまりエアコンガスが循環しています。そこを外部から取り込んだ風が通過することによって、エアコン吹き出し口から冷たい風が噴き出す仕組みになっています。

カーエアコンのカビや雑菌の繁殖の原因は?

カーエアコンを始動するとエンジンルーム下部から水が漏れだします。これはエバポレーターが冷えて水滴が発生するからです。その水分をエンジンルーム下部から放出していますが、エバポレーターには細かいフィンがあり、この内部に溜まった水滴は完全に除去することは不可能です。

その残った水の湿度によりカビや雑菌が繁殖していきます。そのカビや雑菌を除去すれば、不快なカビ臭も無くなるはずです。

エバポレーターの場所は?

エバポレーターは、大抵の車はグローブボックスの裏側にあります。また、カーエアコンにはフィルターがあるものと無いものがありまずが、両者の施工方法はほぼ変わりはありません。

家庭用のエアコン洗浄剤でクリーニングする方もいますが、カーエアコンはカーエアコン用の洗浄剤を使った方が望ましいです。内容成分の違いや、長いノズルが付属しているカーエアコン専用洗浄剤は、少し奥まった場所にあるエバポレーターの奥に届くという利点もあります。

カーエアコンの掃除をしてみよう!

まず、助手席のグローブボックスを外します。すると、フィルター設置部分が見えます。このフィルターを外し、洗浄剤を吹きかけます(洗浄剤の説明書に手順が書いてあります)。所要時間は約10分間。グローブボックスの取り外しに手間取っても、30分間見ておけば良いでしょう。

なお、どうしても自信がなかったり、洗浄剤が手に入らなかった場合は、ディーラーに依頼しましょう。定期点検の際などに頼めば、5千円ほどで掃除をしてくれます。

カーエアコンは家庭用のエアコンと違い、エアコン自身の内部を乾燥してカビの繁殖を防ぐ機能がありません。そのためカビが生えやすく、ドライブの間常にカビの胞子が放出され続けるという状況にもなりかねません。カーエアコンも定期的にカビ掃除することをお勧めします。

賃貸物件のエアコンはどうする?

賃貸物件に居住している人が、エアコンを洗浄したい場合はどうでしょうか。賃貸物件には入居時に設置済みのエアコンと、入居者が持っているエアコンを入居時に設置する場合があります。

前者の場合、エアコンの所有権は大家さんまたは不動産屋です。賃貸契約書を確認する必要がありますが、原状回復を目的とするエアコンの内部洗浄は大家さんまたは不動産屋さんが行う義務があります。大家さんまたは不動産屋さんに相談しましょう。

一方、後者の場合は、エアコンの所有権は入居者にあるため、自分の判断でカビ掃除を行うことが可能です。しかし、部屋を汚してはいけないので、必ず養生を行い、慎重に行いましょう。

早速エアコンの掃除をしよう!

エアコンの掃除の仕方をご紹介してきました。

エアコンのカビ掃除をすると節電効果があり、しかもカビによる不快感の心配もなく、部屋の空気が澄んでいるような気さえします。今回の記事を読んで、ぜひエアコンやカーエアコンの掃除をしてみてください。そして、綺麗な空気で新しい季節を迎えてください。

Related