Search

検索したいワードを入力してください

2018年10月03日

革靴のクリームの塗り方|鏡面仕上げ/重ね塗り・注意点や対処法

革靴は主にクリームを使って行う手入れを必要とします。革靴は定期的な手入れをすることで革の寿命が格段に延びますし、何よりも愛着ある1足となるでしょう。今回はクリームを使った革靴の手入れ法や、注意点などを詳しくご紹介しています。ぜひ、ご活用ください!

革靴のクリームの塗り方|鏡面仕上げ/重ね塗り・注意点や対処法

革靴にはどうやってクリームを塗ればいいの?

革靴を良い状態のままで履き続けるには手入れが大切です。それには、専用のクリームを使うことが肝要です。

革靴は経年で内部の油分が失われていきます。特に風雨や日光を浴びますので、随時適切な手入れが大切です。

まずはじめに、ブラシで全体の埃や土などの汚れを払っておきましょう。その後、専用のクリーナーで汚れを綺麗に落とします。そして、柔らかい布で乾拭きをしてから、指先や布にクリームを付け、全体に均一に塗り込んでいきます。

この際に、表面的に塗るのではなく、革の内部へ押し込むように塗っていくことが大切です。クリームを塗る目的は、革の内部へ油分や栄養を与えることが最大の目的です。

全体に塗り終えたら、余計なクリームを拭き取り、そのまま数日間陰干しをして乾燥させます。その後、仕上げ用のブラシや柔らかい布で磨きます。これで、革靴に油分と栄養が与えられます。

鏡面仕上げってどうやるの?

革靴の表面の磨き方によって「鏡面仕上げ」という、とても艶やかな仕上げ方があります。艶やかな靴は誰が見ても心地良く、履いて出掛けることも楽しくなります。それこそ鏡のようなピカピカな表面になりますので、その方法をご紹介いたしましょう。

専用のクリームを塗った後によく乾燥させて、その後、革靴専用のワックスを塗ることで鏡面仕上げが可能です。ワックスもいわばクリーム状の物ですので、同じように薄く塗っていきます。

ですが、ワックスは革靴の表面に厚い膜を張ることになります。つまり、革靴を履いている際の足蒸れの度合が高まります。そのため、全体に塗るのではなく、鏡面仕上げにしたい箇所や、縫い目のみに塗布することがおすすめです。

重ね塗りをすればさらに保湿できる!

クリームを1度塗っただけでは、保湿効果が十分に得られないケースがあります。それは、履き込んで、ひび割れ寸前の状態であったり、油分が抜けてかさつき感が多い場合です。

こういった状態の革靴は、1度だけクリームを塗布しても状況が改善しないことがあります。その時は、何度か重ね塗りすることがおすすめです。

まず1度、しっかりとクリームを塗り込み乾燥させます。時間をおいて、乾燥している状態で再度クリームを塗ります。これにより、1度目で塗り切れていない箇所へのカバーもできますし、劣化した革の状態も向上します。

やはり、薄く塗り込むことが大きなポイントですので、塗る量は少な目にして、2度、3度と塗り込むことで、革本来の柔らかさが蘇ります。

革靴のクリームを使う時に気を付けることとは?

革靴は形状によってもクリームが隙間や縫い目に溜まってしまい、綺麗に塗れないケースがあります。1足を丁寧に手入れすると、物によって1~3時間が掛かります。

やはり、大事な靴は手入れをする時間をしっかりと掛けることで、良い結果が出せます。スプレーで済ませるケアアイテムもありますが、おすすめは塗り込んでいく方法です。

ただ、その中で「塗り過ぎ」・「色違い」・「塗るタイミング」があります。また、余分なクリームは汚れの蓄積を招きますので、そうならないような注意点や対処法がありますので、随時ご紹介いたしましょう。

塗りすぎたらどうすればいいの?

クリームはたくさん塗ればいいということではありません。革靴の手入れは、塗り過ぎて良い結果は生まれません。塗り過ぎてしまった場合の対処法ががありますので、ご紹介いたします。

柔らかく乾いた布を用意します。これで、革靴の表面に残っているクリームを拭き取ってください。指で触ってベタベタしない程度になれば、後は陰干しで乾燥させれば完了です。

クリームの塗り過ぎは弊害が生じます。
・長時間乾燥しない
・埃や泥を吸着してしまう

以上のように、クリームの塗り過ぎではメリットがありません。やはり、薄く塗り込むことが最大のポイントです。塗る範囲を決めて、少しずつ丁寧に塗ることがおすすめです。

指先で浸透させるような塗り方が良いでしょう。押し込む様な感覚で塗布していけば、塗り過ぎてしまうこともありません。

塗る色を間違ったらどうすればいいの?

革靴のカラーはたくさんあります。ビジネスシューズですと、おおむね黒色か茶色が多いでしょう。黒色であれば、クリーム選びは容易ですが、色の付いた革靴の場合ではクリーム選びに注意が必要です。

たとえば、茶色とひとくちに言っても、数種類の茶色があります。靴専門店に行けば、各色共に数種類ずつ取り揃えていますが、小さなお店ですと1色のみしか在庫していないケースがあります。

こういった場合、「茶色だから大丈夫だろう」と思い、革靴に塗っていくと、途中で色の違いに気が付きます。茶色でも「薄目」・「濃い目」といった色合いがあります。

不安な場合は、まず「目立たない箇所の小さな範囲で試し塗り」をしてみることが肝要です。色のトーンが異なっているまま塗り続けると、油性のクリームですので綺麗には落とせません。

もしくは、専門店へ革靴を持ち込んで、スタッフの方に色の合ったクリームを選んでもらいましょう。

塗るタイミングはいつがいいの?

革靴は経年で必ず劣化します。劣化とは、「油分の低下とかさつき」が主な症状です。そのまま放ってしまうと革が硬化して、いずれひび割れを起こします。

革が一度硬化してしまうと、再び柔らかさを取り戻すのには難儀します。やはり、適切なタイミングを見計らって手入れしていくことが大事なことです。

それでは、手入れをする最適なタイミングをお教えいたしましょう。
・季節の変り目
・雨の日に履いた後
・日光により革がかさつき始めた頃
・ぶつけて傷を付けてしまった時

こういったタイミングで手入れをしていけば、永年愛用できる1足となるでしょう。やはり、定期的な手入れは必須です。革は自然由来の素材ですので、放っておくだけでは良い状態をキープできません。

おすすめの革靴用クリームをご紹介!

革靴の手入れには色々なメーカーが販売しているケア用品があります。100円ショップなどの廉価なアイテムですと良質な油分が使われていません。大切な靴へは、「良質なアイテム」を使うことが最善です。

もしくは、とても高価なアイテムもありますが、高ければ良いとも言えません。日頃から用いやすい物で、なおかつ十分な結果が出せる物がベストです。それでは、初めて手入れする方も安心して使えるおすすめのアイテムをご紹介いたします。

補修する時のおすすめ品をご紹介!

革靴は使用することで革の表面の色が抜けたり、どこかにぶつけてしまい、傷が付くことがあります。こういった場合、補修できるアイテムがありますのでご紹介いたします。

「コロンブス」社製の製品がおすすめです。色も各種取り揃えていますし、チューブタイプで使いやすい物もあります。

靴に特化したアイテムを製造するメーカーですので品質も良く、永年愛されているメーカーです。値段も高すぎず、手頃な金額で購入できることもおすすめできるポイントです。

ホームセンターなどでも売っているアイテムですので、専門店へ行かなくても比較的入手しやすいでしょう。オールマイティーに使える物ばかりですので、1つあればとても便利なアイテムです。

保湿する時のおすすめ品をご紹介!

革靴に一番大切な要素は「油分」です。革製品は油分が失われることで劣化がはじまります。そのため、定期的な保湿ケアということが何よりも大事なことです。

おすすめの保湿クリームは、「ミスターミニット」の製品が良いでしょう。ミスターミニットと言えば、駅の中などで靴の修理や手入れをする専門店です。革靴のメンテナンスを専門としているメーカーが販売していますので、安心・安定した手入れができます。

通勤・帰宅の合間に購入できることも大きなメリットです。また、専門家にも相談しながらアイテムを選んで購入できるので、とても安心です。靴の修理を依頼する際にも利用しやすい店舗ですので、おすすめできます。

革の色を変えた後にツヤも出せる!

永年履いていると飽きてしまい、革靴の色を変えたくなるケースがあるでしょう。その場合、専門店に依頼しなくても自宅で簡単に革靴のイメージチェンジが可能です。

「コロンブス・カラーチェンジキット」という製品がおすすめです。1度では染めにくい場合も2度、3度塗り重ねることで思いどおりのカラーへとイメージチェンジすることが可能です。

また、仕上げに「コロンブス」社製の、ツヤ出しレザークリスタルを使うことで綺麗なツヤが出せますのでおすすめです。

<革靴の内側はどうすればいいのか>
革靴の内側は主に「スウェード」という革でできています。スウェードにはクリームを塗ることはおすすめできません。スウェード・ケア用のスプレーを使うことが良いでしょう。

また、革製の中敷きは同じようにクリームを塗布することが可能ですので、適宜手入れすることが最善です。

身近なところに革靴クリームの代用品がある!

油分不足の場合は専用のケア用品で手入れしますが、ご家庭にある代用品でも手入れすることができます。サラダ油でも使えますし、ハンドクリームや顔用のクリームでも代用ができます。

ごく少量を柔らかい布に取り、薄く均一に塗った後、しばらく置いてから「乾いた柔らかい布で塗った物を全部拭き取るような感覚」で丁寧に乾拭きしてください。

多めに塗ってしまうとシミの原因となりますので、注意深く使用しましょう。この方法でも定期的な手入れをすれば、革の良い状態をキープすることができます。

革製品は手入れをすることで愛着が湧く!

革製品は手入れをすることで良い状態をキープできる素晴らしい素材です。また、使い込むことによって、徐々に自分の足の形に馴染み、益々履きやすい靴へとなっていきます。

そして、定期的な手入れをしていれば愛着も湧き、履いて出掛けることが楽しくなります。今回ご紹介した手入れ方法を活用して、さらに自分流の手入れ方法を見付けることも楽しみとなるでしょう。

また、仮に手入れ方法に迷った時には専門店へ相談しましょう。履き込んで汗で傷んだ靴もリフレッシュしできますし、手入れの方法をさらに詳しく学べることでしょう。

どの工程も1度体験すれば、難しい手入れ内容ではありません。ぜひ、これを機会にまずできる手入れから始めてみてください。きっと最高の状態をキープできる1足となるでしょう。

Related