Search

検索したいワードを入力してください

ダニ退治にバルサン・効果はあるのか|赤ちゃん/布団

初回公開日:2018年01月25日

更新日:2020年08月28日

記載されている内容は2018年01月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

バルサンの種類は3つありますが、皆さんは使用したことがあるでしょうか。バルサンはむやみに吸い込んだり皮膚に付着するとアレルギー症状が出る可能性もあります。一方でダニの繁殖も非常に危険が伴います。今回はバルサンを使った安全なダニの処理方法を解説します。

ダニ退治にバルサン・効果はあるのか|赤ちゃん/布団

ダニ退治にバルサン

ダニにさされると赤いプツプツができて、蚊に刺されたよりもかゆくなります。下手にひっかいてしまうと最悪、 跡になって残ってしまう場合もあります。しかし、人が生活するうえで切っても切れない中にあるのがダニだと言っても過言ではないでしょう。そんな時、ダニを退治するためにも商品がバルサンやアースレッドといった殺虫剤です。

バルサンやアースレッドとは薫煙・切りタイプの殺虫剤のことで、いくらダニ退治とはいっても体に悪そうですし、使い方がイマイチ良く分からなくて不安という方も多いのではないでしょうか。一気にダニ退治するのにも役立ちそうな薫煙剤ですが、果たして寝具類のある部屋で使用することは可能なのでしょうか。

今回は、バルサン使用の注意点も含めて布団や寝室、車のダニ掃除を効率的に行う方法について解説していきます。

バルサン

こちらはCMでもおなじみのバルサンです。バルサンはダニやノミだけでなくゴキブリの駆除にも良いとされ、古いアパートや一軒家などでは特に活躍します。バルサンはこのように隅々までよく効くのを売りにしているだけでなく、害虫やダニに対して広範囲に使用することが可能です。煙タイプと霧タイプの二種類があります。

アースレッド

アースレッドもバルサンと同じく害虫駆除の売れ筋商品です。少ない煙で部屋全体の駆除を行います。こちらのアースレッドは上記のバルサン同様に、ゴキブリ、ダニ、ノミと広範囲に対処することが可能です。煙と霧タイプがあります。アースレッドがバルサンと異なるのは、特定した害虫などの駆除に特化した商品があるということです。以下でご紹介します。

ダニアースレッド

こちらはダニアースレッドです。ダニとノミに特化した商品で、特にペットを飼っているとノミやダニはつきものです。バルサンと唯一異なるのはアースレッドにはこのように「特定の害虫に特化した商品がある」ということです。広範囲にカバーではなく、ダニやノミだけ退治したい、という方にはうってつけの商品だと言えるでしょう。

バルサンのメリット・デメリット

バルサンのメリットは部屋中まるごと効果を発揮

人の目に見えないダニだから、日常生活を送る中でも見えない不安は募るばかりです。毎日掃除機をかけていても本当にダニを駆除できているのかは正直わかりません。そんな時にバルサンは室内ごと空間処理剤による全面退治をしてくれるので、効率的かつ効果的といえるでしょう。さらに強力な殺虫成分はダニのみならず、ノミやトコジラミなどどの害虫も一気に駆除することができます。

また、梅雨など湿気が高くジメジメした時期は、ダニの繁殖活動が最も盛んになる時期です。カビなどが発生する時期を狙ってそれらを餌とする人を刺すツメダニなども発生します。そんな繁殖しやすい時期をあえて見定めて一気に駆除できるのも大きなメリット一つでしょう。

バルサンのデメリットとは?

バルサンのデメリットは、薬剤を使用してダニなどを駆除することで起こる被害についてでしょう。特に子供や赤ちゃん、ペットなどがいる家では健康被害を視野に入れた上で使用しないといけません。結論から言うと、そうした心配は実際にありえます。バルサンなどの燻煙材は駆除も一見楽そうに感じますが、子供や赤ちゃんが触れるものを避難させるある一定時間以上の換気や、器や食材なども対策が必要としています。

このように、準備しなければならないことも多く、逆に手間がかかるように思えますが、その分健康への安全基準も明確になっています。他にもデメリットとして挙げられることを箇条書きで紹介しましょう。

Related