Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月04日

「リモンチェッロ」の美味しい飲み方おすすめ5選!ソーダ割りが良い?

イタリアのお酒はワインだけだと思っていませんか?実は、「リモンチェッロ」もイタリアのお酒です。「リモンチェッロ」はレモンのお酒で、度数が高めで、苦みが強いですが、様々な合わせ方があります。そんな「リモンチェッロ」の美味しい飲み方を紹介していきます。

「リモンチェッロ」の美味しい飲み方おすすめ5選!ソーダ割りが良い?

リモンチェッロとは?原料と特徴と味について

「リモンチェッロ」一体どんなお酒なのでしょうか?そう思う方に、「リモンチェッロ」の原料、特徴、味について紹介していきます。

原料は、「レモンの皮」を使っています。表面の黄色い部分のみを薄くそぎ落として使用しています。

特徴、味は、リキュールの度数が30〜40度で、独特の苦みと風味を持っています。独特なので、好みがわかれそうですが、風味に慣れれば、すいすい飲めてしまいます。

リモンチェッロの種類

実は、「リモンチェッロ」は食後酒なので、食事の後に飲むお酒です。そんなイタリアの食後酒の「リモンチェッロ」ですが、どんな種類があるのでしょうか?

「リモンチェッロ」の種類によって、「レモンの酸味」や「苦み」、「香り」が違います。自分に合った「リモンチェッロ」を選んでいきましょう。

リモンチェロ ディ・カプリ

カンパーニア州カプリ島産のリモンチェッロ。使用されている、ソレント産のフェッミネッロ種レモンは、皮が厚くエッセンスオイルが豊富で酸味も少ないです。また、可能な限り自然な製法で造られているため、安心して飲むことができます。

酸味が少ないので、レモンの酸味が苦手な人でも、苦手意識を持たずに飲める商品です。

ボッテガ リモンチーノ

最高級リモンチェッロボッテガ社のグラッパをベースにして、イタリア・シチリア島の新鮮なレモンを使用した、フレッシュなレモン・リキュールです。カクテルのアクセントにぴったりです。

飲み方としては、冷蔵庫でキンキンに冷やしてストレートで飲むのがいいです。食後にさっぱりとした口当たりにすることができます。また、カクテルとしても幅を持たせることができます。

デッラ コスティ エーラ リモンチェッロ

フレッシュなレモンの香りと、すっきりとした心地のいい苦みと甘みが印象的な「リモンチェッロ」です。冷蔵庫でキンキンに冷やして飲むのがベストです。

黄色い皮の部分だけを1mmくらいの薄さでひとつひとつ職人手によって手作業で剥かれる繊細な作業で、作られた商品です。一切の妥協を許さずに作った手作りの商品なので、安心して買うことができます。

リモンチェロ・ディ・カプリ 32° 700ml

青の洞窟で有名なナポリ沿岸に浮かぶカプリ島。現オーナーの祖母が、経営していたペンションで訪れる常連客を相手に、食後酒として手作りのレモンリキュールを振る舞まったのが始まりでした。

有機レモンで造られたレモンのお酒、リモンチェッロ。ソーダ割りなどに。バリエーションを持たせてカクテルにすることができるのでおすすめです。

リモンチェッロの基本的な飲み方

「リモンチェッロ」の基本の飲み方には、いったいどんな飲み方があるのでしょうか?「リモンチェッロ」は食後酒ではありますが、様々なカクテルにして、飲むことができます。

食後酒として飲むなら、ストレートを飲むのもいいかもしれません。しかし、カクテルとして飲むなら、炭酸で割って飲むのもさっぱりしていいかもしれません。

基本の飲み方について紹介していきます。

リモンチェッロの基本的な飲み方1:ソーダ割り

「ストレートで飲むのはちょっと…」という方におすすめなのが、「ソーダ割り」です。

「ソーダ割り」は定番の飲み方ですよね?シンプルな「リモンチェッロ」の独特な香りや、大人の苦みを残しながら飲むことができます。

「ソーダ割り」にすることで、甘さをすっきり、かつレモンの香り、苦みを残して飲むことができます。最初に試すべき飲み方です。

リモンチェッロの基本的な飲み方2:コーラ割り

先ほどの「ソーダ割り」に続き、手軽に試せる飲み方の2つ目です。「リモンチェッロ」を「コーラ」で割った飲み方です。

リモンチェッロの分量は、コーラの強い風味、味に負けることのないような配分にするのがいいでしょう。コーラはジャンキーな食べ物と合うので、「リモンチェッロ」のコーラ割りは、味の濃い食べ物と合わせると合うはずです。

リモンチェッロの基本的な飲み方3:ジンジャーエール割り

ソフトドリンクとしても人気が高い「ジンジャーエール」ですが、「リモンチェッロ」と合わせることで、ほのかにフレッシュなレモンの香りとジンジャーのさっぱりした香りがまじりあい、さっぱり感が感じられる飲み物になります。夏にはお勧めです。

アルコールっぽさを感じないので、お酒が苦手な方でも飲みやすいです。友達との飲み会で使用すると、いいかもしれません。

リモンチェッロの美味しい飲み方1:グレープフルーツジュースで割るとフルーティになる

「グレープフルーツ」でさっぱりしたいですよね?「グレープフルーツ」は仕事で疲れた体や心いやしてくれます。というのも、「グレープフルーツ」には疲労回復の効果があるといわれています。

そんな「グレープフルーツ」を「リモンチェッロ」に加えて、カクテルにしたらどうなるでしょうか?

答えは、フルーティで、フレッシュな口当たりになります。

フルーティな「リモンチェッロ スプモーニ」

「リモンチェッロ スプモーニ」とは、リモンチェッロに、「グレープフルーツ」と「トニックウォーター」を加えたカクテルです。

「グレープフルーツ」のフルーティなさっぱり感と、「トニックウォーター」のシュワシュワで、さっぱりとした口触りが病みつきになります。

苦みが効いていながら、フルーティですっきりとした味になります。

「リモンチェッロ スプモーニ」の作り方

では、「リモンチェッロ スプモーニ」の作り方は具体的にどうすればいいのでしょうか?

●材料
・リモンチェッロ 1/4
・グレープフルーツ 1/4
・トニックウォーター 2/4

●作り方
・グラスに氷を詰め、リモンチェッロとグレープフルーツジュースを注ぎ、攪拌してよく冷やします。
・その後に、トニックウォーターを注ぎ、軽く攪拌します。

リモンチェッロの美味しい飲み方2:ジンやオレンジで割ると香り高いカクテルになる

「リモンチェッロ」を「ジン」や「オレンジビターズ」で割ると、いったいどんな香りや、味になるのでしょうか?

「ジン」や「オレンジビターズ」で割ると、「オレンジ」と「レモン」のそれぞれの香りや、甘み、苦み、酸味を楽しむことができます。

キリっとした大人なカクテルを楽しみたい方におすすめの飲み方です。

香り高い「レモン&オレンジ」

先ほども述べましたが、「リモンチェッロ」を「ジン」や「オレンジビター」で割ると、大人なカクテルを作ることができます。

「ジンの」キリっとした味、オレンジビターの華やかな香りを加えることによって、シャープなカクテルです。

恋人との、特別な日や、ちょっと大人な気分を味わいたいときにおすすめの飲み方です。

「レモン&オレンジ」の作り方

では、どのように「リモンチェッロ」に「オレンジビター」を加えていけばいいのでしょうか?

●材料
・リモンチェッロ:ジン=1:3
・オレンジビターズ 2dash

●作り方
材料を混ぜて、攪拌し、カクテルグラスに注ぐ

リモンチェッロの美味しい飲み方3:ライムで割るとすっきりとした味わいになる

お酒と「ライム」はとても相性がいいです。ジンジャーにも、炭酸ソーダにも合います。また、「ライム」は酸味が強く、「レモン」の酸味と合わせるとよりさっぱりとした印象になります。

健康面でも、「ライム」は風邪予防や、疲労回復に役立ちます。

そんな、「ライム」で「リモンチェッロ」を割ると、すっきりとした味わいを楽しむことができます。

すっきりとした味わいの「ライムとリモンチェッロのフローズンカクテル」

「リモンチェッロ」に「ライム」や「ミント」をブレンドした、とてもさっぱりとした香り、味のカクテルです。特に、汗をかくような暑い時期にはもってこいのお酒です。夏は、使えれやすく、疲労回復の意味を込めて、飲むのもいいかもしれません。

「ライム」の柑橘のさわやかな香りに加えて、ミントのスーっとするような風味を持つカクテルです。

「ライムとリモンチェッロのフローズンカクテル」の作り方

では、「ライム」と「ミント」を「リモンチェッロ」にどれくらい、どう加えていけばいいでしょうか?

●材料
・リモンチェッロ:シュガーシロップ=1:1
・ライム1個
・ミントの葉数枚

●作り方
・ライムの皮をむく
・材料をミックス
・クラッシュアイスを加える
・ちょうどいい硬さになったら、カクテルグラスに注ぎ、好みでミントを加える。

リモンチェッロの美味しい飲み方4:ブルーキュラソーやグレープフルーツジュースで割ると雰囲気の良いカクテルになる

「リモンチェッロ」をカクテルにするとして、どうせなら、おしゃれなカクテルを楽しみたいですよね?そんな時おすすめなのが、青い色が美しい「青の洞窟風のカクテル」がおすすめです。

「ブルーキュラソー」や「グレープフルーツジュース」を加えたカクテルです。雰囲気を意識したい方、時にはおすすめのカクテルです。

雰囲気のいい「青の洞窟風カクテル」

雰囲気を良くしたいなら、「青の洞窟風のカクテル」が面白い飲み方です。「青の洞窟風のカクテル」は「グレープフルーツジュース」と「ブルーキュラソー」を加えたカクテルです。

「青の洞窟」とはイタリアの観光名所、「青の洞窟」を意味していて、美しい色がそっくりで、気になる人とのデートでは、いい雰囲気を作れることでしょう。

「青の洞窟風カクテル」の作り方

では、そんな「青の洞窟風カクテル」を作るには、「ブルーキュラソー」や「グレープフルーツジュース」をどんな比率で加えればいいでしょうか?

●材料と割合
・リモンチェッロ 、2
・ブルーキュラソー 、2
・グレープフルーツジュース、 6
・炭酸水 好みの量

●作り方
・グラスに氷を詰めて、炭酸水以外を加える
・炭酸水を入れて、攪拌する。

リモンチェッロの美味しい飲み方5:ブラッドオランジーナ割りで割ると飲みやすくなる

単純に飲み物として人気の「ブラッドオランジーナ」ですが、「リモンチェッロ」と合わせると、お酒が苦手な方でもさっくりと飲むことができます。

ブラッドオランジーナには、オレンジ、ブラッドオレンジ、グレープフルーツ、レモンなどの様々な果実が使われていて、リモンチェッロと合うことがわかるかと思います。

飲みやすい「ブラッドオランジーナ風カクテル」

「ブラッドオランジーナ」は豊富な果実を含んでいて、それ自体がフルーティな飲み物です。そんな「ブラッドオランジーナ」を「リモンチェッロ」に加えるとどうでしょうか?

「ブラッドオランジーナ」が飲みやすいので、それを割った「ブラッドオランジーナ風カクテル」も飲みやすくなります。お酒が苦手な方はぜひ試してみてください。

「ブラッドオランジーナ風カクテル」の作り方

では、どうやって「ブラッドオランジーナ風カクテル」を作るのでしょうか?

●材料と比率
・リモンチェッロ:ブラッドオランジーナ=1:4

●作り方
・リモンチェッロとブラッドオランジーナを混ぜて、攪拌する
・カクテルグラスに注ぐ

お酒が苦手な人におすすめの飲みやすい飲み方

これまでは、「リモンチェッロ」のおすすめの飲み方を紹介してきました。しかし、そもそもお酒が苦手な方もいらっしゃるかもしれません。そんな方に「リモンチェッロ」を使ったお見やすいカクテルを紹介していきます。

「リモンチェッロ」そのものは度数が高い飲み物ではありますが、フルーティな香りと、フルーツとの相性が抜群であることから、飲みやすいカクテルを作ることはそこまで難しくありません。確認していきましょう。

お酒が苦手な人におすすめの飲みやすい飲み方1:リモンチェッロ スプモーニ

では、「お酒が苦手な方におすすめの飲み方は何なんでしょうか?」その一つが、「リモンチェッロ スプモーニ」です。

「リモンチェッロ スプモーニ」は、王道の組み合わせをしていて、「リキュール」、「グレープフルーツジュース」、「トニックウォーター」の組み合わせでできています。苦みが効いていながら、すっきりとした味なので、お酒が苦手な方でも飲みやすいです。

お酒が苦手な人におすすめの飲みやすい飲み方2:「青の洞窟」風カクテル

おしゃれな雰囲気を醸し出す「青い洞窟風のカクテル」ですが、香りや味も非常にすっきりしていて、特に飲みやすい印象です。

また、飲むのが得意でなくても、見た目で楽しめるので、インスタグラムにあげたり、飲む以外の楽しみを享受することができます。

是非、お酒が苦手な方は試してみてください。

お酒が苦手な人におすすめの飲みやすい飲み方3:コーラ割り

どんなお酒でも割るものといって、思い出すものの中に「コーラ」があったのではないでしょうか?「コーラ」は、それ自体が強い風味と味を持っているので、どんなお酒でも飲みやすくすることができます。

レモン風味の「コーラ」があることからもわかるように、「リモンチェッロ」であれば、相性が抜群です。「リモンチェッロ」の酸味と「コーラ」の甘みで飲みやすい口触りになります。

リモンチェッロのおすすめのおつまみ

これまで、「リモンチェッロ」のおすすめの飲み方、お酒が苦手な方のおすすめの飲み方について紹介してきました。では、「リモンチェッロ」または、「リモンチェッロのカクテル」と合う「おつまみ」とは一体何があるでしょうか?

「おつまみ」はお酒を美味しくする大切な要素です。ここで、おすすめのおつまみをしっかり押さえておきましょう。

リモンチェッロにおすすめのおつまみ1:レモンのお菓子

「リモンチェッロ」は「レモン」のお酒です。なので、レモンの香りが合う「レモンのお菓子」があるでしょう。

「リモンチェッロ」自体は、レモンの酸味がそこまで強いわけでもなく、レモンの香りがメインに来る印象です。なので、レモンのお菓子のようなレモンの香りと、甘みを持つ食べ物と合わせることができます。

リモンチェッロにおすすめのおつまみ2:生ハム

「リモンチェッロ」はフレッシュなレモンの香りを感じさせるので、カクテルと合わせ方次第では、塩気の強い食べ物でも、合わせることができます。

また、そもそも「リモンチェッロ」はイタリアのお酒なので、基本的にイタリアの料理との相性がいいです。特に、生ハムはその一例です。生ハムの鋭い塩気も、「リモンチェッロ」でさっぱりといただくことができます。

リモンチェッロにおすすめのおつまみ3:チーズ

先ほども述べましたが、「リモンチェッロ」はイタリア産のお酒です。なので、イタリアの食べ物を合わせることを意識して、作られているお酒です。だから、基本的にイタリア料理と合わせることができます。

「チーズ」の濃厚さも「リモンチェッロ」の爽やかさと合わせれば、違う味わいを楽しむことができます。

リモンチェッロにおすすめのおつまみ4:餃子

とにかく、「リモンチェッロ」はさわやかな口当たりが特徴なので、にんにくが含まれていてがっつりした印象の食べ物でも、さっと食べることができます。

「餃子」は、特にニンニクが強くずっと食べていると、しつこい印象ですが、さっと食べることができます。是非、餃子と「リモンチェッロ」を試してみて下さい。

リモンチェッロにおすすめのおつまみ5:酸味の効いたフルーツ

「リモンチェッロ」のほのかなレモンの香りと酸味を生かして、さわやかな酸味と風味を持つフルーツを合わせると、美味しく頂けます。

特に、柑橘系のフルーツとともに食べると、「リモンチェッロ」の酸味と、柑橘系の酸味を合わせることができるので、新しい風味を感じられるかもしれません。

リモンチェッロを飲む際の注意点 リモンチェッロを飲む際の注意点

これまで、「リモンチェッロ」の美味しい飲み方、「リモンチェッロ」と合うおすすめのおつまみを紹介してきました。では、「リモンチェッロ」を飲むときには、どんな注意をすればいいでしょうか?

「リモンチェッロ」を飲むときの注意点を押さえて、美味しい「リモンチェッロ」を飲めるようにしましょう。

リモンチェッロを飲む際の注意点1:割って飲むのが基本

「リモンチェッロ」は食後酒であることから、ストレートで飲むのは、食後の場合がほとんどです。キンキンに冷やした後、もちろんストレートで飲んでもおいしいのですが、「リモンチェッロ」の度数は30度~40度なので、食事をしながら飲むのは少しずつになってしまいます。

なので、食事と合わせて飲んだり、友達と話しながら飲むなら、割って飲むのが基本です。

リモンチェッロを飲む際の注意点2:苦みや風味が独特

「リモンチェッロ」はレモンの皮を使っているだけあって、風味が独特です。なので、好き嫌いはあるかもしれません。少し飲んでみて、自分に合っているか、そうでないかについて考えていきましょう。

しかし、幸い「リモンチェッロ」は多くの割り方があり、いろいろなカクテルにして、飲むことができるので、自分の好みに合わせて飲むようにしましょう。

リモンチェッロを飲む際の注意点3:アルコール度数は高い

先ほども少し述べましたが、「リモンチェッロ」はアルコール度数が少し高いので、お酒が苦手な方は知っておく必要があります。

普通のリキュールだと思って、割る割合を間違えたりしないようにしましょう。お酒が苦手な方は、自分が好きな味や風味にするために、アルコールがどれくらいになるかを確認しておきましょう。

料理に合わせたリモンチェッロの飲み方

先ほどまでは、「リモンチェッロ」の美味しい飲み方や、「リモンチェッロ」に合うおつまみついて紹介してきました。

しかし、「料理のジャンル別的にはどんなリモンチェッロが合うの?」と思う方が多いかと思います。そんな方に、リモンチェッロが合う料理ジャンルごとにどんな飲み方が合うかを紹介していきます。

料理に合わせたリモンチェッロの飲み方1:お菓子

では、「お菓子」では、どんな「リモンチェッロ」が合うのでしょうか?

「お菓子」は甘いので、それと合わせる「リモンチェッロ」は、ちょっとした甘さや、すっきりとした口当たりがあるような飲み方の方がいいでしょう。

例えば、「炭酸水」+「リモンチェッロ」の組み合わせはおすすめです。

料理に合わせたリモンチェッロの飲み方2:フルーツ

フルーツのちょうどいい酸味と、フルーティな香りを最大限に生かすためには、「リモンチェッロ」もフルーティな口当たりと、酸味を生かすのがいいでしょう。

なので、「リモンチェッロ」を柑橘系などで割ったカクテルを飲むのがぴったりでしょう。フルーティな香りが口の中に広がること間違いなしです。

料理に合わせたリモンチェッロの飲み方3:洋食

「リモンチェッロ」は基本的に洋食に合います。「リモンチェッロ」はイタリアのお酒なので、その中でも特にイタリア料理に合います。

また、「リモンチェッロ」はさっぱりとした口当たりなので、味がしっかりした洋食には合います。さっぱりと頂くことができます。

おすすめは、「リモンチェッロ」+「トニックウォーター」です。

料理に合わせたリモンチェッロの飲み方4:和食

では、和食に対して合う「リモンチェッロ」は何でしょうか?一般に、和食は味を足し算ではなく、引き算で決めるといわれています。なので、和食に合わせる「リモンチェッロ」は、さっぱりとしている必要があります。

なので、「リモンチェッロ」と、炭酸水またはトニックウォーターを加えることで、さっぱりと食べることができます。

リモンチェッロのシーン別のおすすめの飲み方

先ほどは、料理のジャンルに対して、どんな「リモンチェッロ」を合わせればいいかを紹介していきました。それでは、シーン別にどんな「リモンチェッロ」の飲み方をすればいいのでしょうか?

そう思う方に、シーン別に「リモンチェッロ」の飲み方を紹介していきます。これをチェックして、「リモンチェッロ」の最適な飲み方を知りましょう。

恋人と飲むときにおすすめの飲み方:恋人が好きな風味を作ろう

「リモンチェッロ」には、多種多様な飲み方があります。また、「リモンチェッロ」自体も特徴のある風味や、味をしています。

なので、人によっては、好きではない風味や味の飲み方があります。なので、恋人と飲みに行くときには、恋人がどんな飲み方が好きなのかを知る必要があります。

もし、嫌いでなければ、「青の洞窟風のカクテル」など、見た目のおしゃれさを確認してみてもいいかもしれません。

友人と盛り上がりたいときにおすすめの飲み方:割り方にバリエーションを持たせよう

先ほどは、恋人と飲むときのおすすめの「リモンチェッロ」の飲み方でしたが、友達と飲むときは、どんな「リモンチェッロ」の飲み方がいいのでしょうか?

友達と飲むときは、様々な「リモンチェッロ」の飲み方を用意するのがベストです。「リモンチェッロ」は割り方にバリエーションを持たせることができるので、いろいろ試しながら、飲んでみるのは楽しいはずです。

一人で飲みたいときにおすすめの飲み方:色々な割り方を試してみる

先ほどは、友達と飲むとき、恋人と飲むときに、どんな「リモンチェッロ」の飲み方をすればいいか?ついて紹介していきました。では、一人で飲むからこそできる飲み方にはどんなものがあるでしょうか?

結論から言うと、「リモンチェッロ」には多くの飲み方があるので、自分なりの飲み方を探してみるのがいいでしょう。誰かと一緒では、なかなか挑戦できないものです。是非、多くの飲み方を試してみてください。

リモンチェッロの太りにくい飲み方

これまで、「リモンチェッロ」の美味しい飲み方、食事別の飲み方、シーン別の飲み方を紹介していきました。しかし、「リモンチェッロ」を飲んだら、太るかどうか気になりますよね?

「リモンチェッロ」を飲む際にどんなところに気を付けたら、太りにくくなるのか、ここで確認してきましょう。

リモンチェッロの太りにくい飲み方1:塩分の高いおつまみは控えよう

どんなお酒でもそうですが、やはり、「塩分の高い、高カロリーなおつまみ」は肥満を招く可能性があります。

特に、割り方次第で「リモンチェッロ」はさっぱりした飲み方ができるので、「塩分の高い、高カロリーなおつまみ」と合わせることができます。だから、ついつい食べてしまいがちですが、気を付けましょう。

リモンチェッロの太りにくい飲み方2:血糖値の上がりにくい食べ物を先に食べよう

これも、食べ合わせの問題にもなりますが、血糖値をあげるような食べ物には注意したほうがいいです。例えば、油ものや、炭水化物がそれにあたります。

脂っこいものも、がっつりしたものもあっさりとした「リモンチェッロ」の飲み方でだと、ついつい食べてしまいますが、注意しましょう。

リモンチェッロに似ているお酒

これまで、「リモンチェッロ」の飲み方や、食事別、シーン別での飲み方、太らない飲み方について紹介してきました。

では、「リモンチェッロ」と似ているお酒にはいったいどんなものがあるでしょうか?「リモンチェッロ」は柑橘系リキュールなので、似ているお酒があるかもしれません。似ているお酒を確認して、新しいお酒を発掘しましょう。

リモンチェッロに似ているお酒1:アマレット

アマレットは、アーモンドに似た香りが特徴のリキュールです。原料はアンズの種を使用しており、独特の香りと強い甘み、ほろ苦さがあります。

イタリアでは、主に食後酒として飲まれており、デザート代わりに飲む人もいます。カクテルにもよく用いられるので、日本でも有名です。  

甘みが特徴的なリキュールです。

リモンチェッロに似ているお酒2:アペロール

アペロールはオレンジがベースのリキュールです。アペロールは、イタリア語で食前酒を意味するアペリティフが由来です。

イタリアでは食前酒として飲まれています。赤みが強めのオレンジ色が特徴で、アルコール度数は11度です。ほとんどは、炭酸水、オレンジジュース、白ワイン、シャンパンなどと混ぜた、カクテルとして提供されます。

リモンチェッロに似ているお酒3:サンブーカ

サンブーカは、アルコール度数が40度とかなり高いリキュールです。ハーブの一種である、エルダーを用いて作られ、イタリアでは食後酒としてよく飲まれています。

イタリアで、サンブーカには、特徴的な飲み方があります。ショットグラスに注いだサンブーカに、焙煎したコーヒー豆を浮かべて火をつけ、しばらく炎を楽しんだあと、火を消してから飲みます。このように飲むサンブーカを、サンブーカ・コン・モスカと呼びます。

リモンチェッロは美味しい飲み方がたくさんある

さて、これまで「リモンチェッロ」についての飲み方について、幅広く紹介してきました。「リモンチェッロ」には幅広い飲み方があり、特徴的な香りや、風味があります。

「リモンチェッロ」の飲み方にはまだまだ発見されていない飲み方がたくさんあるはずです。今回紹介したのも含めて、自分に合った飲み方を見つけていきましょう。

Related