Search

検索したいワードを入力してください

冷蔵庫の開けっ放し防止におすすめのグッズ・温度|食材/熱い

初回公開日:2018年02月17日

更新日:2020年03月10日

記載されている内容は2018年02月17日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

冷蔵庫を開けっ放しにしていると、ほとんど良い事が無いため、充分に気を付けるようにしましょう。実際に冷蔵庫の開けっ放しを防ぐ方法やグッズはあり、できる限り積極的に行動を取っていくと適切です。そうすれば、冷蔵庫の開けっ放しを未然に防ぐ事ができます。

冷蔵庫の開けっ放し防止におすすめのグッズ・温度|食材/熱い

冷蔵庫のドアを開けっ放しにすると冷えなくなってしまうのか?

冷蔵庫のドアを開けっ放しにすると、冷えなくなってしまう事があるため、充分に気を付けましょう。冷蔵庫の中は、一定の温度に保たれている状態になっていますが、もし、ドアを開けっぱなしにしてしまうと外部の気温が入り、冷蔵庫の中の温度に変化を与えます。特に冷蔵庫は繊細なので壊れる可能性があり、食材を冷やす事ができなくなります。

冷蔵庫を壊したくなく、食材をしっかりと冷やしたい方は、冷蔵庫のドアを開けっ放しにしないように心掛けると良いです。少しでも意識していれば、冷蔵庫のドアを開けっ放しにする事は無く、食材を守る事が可能です。そのため、普段から冷蔵庫のドアの開けっ放しを防ぐためにも心掛けをしておきましょう。

熱い

冷蔵庫のドアを開けっ放しにした時には、外部の気温が入る事により、冷蔵庫内の熱くなる事があるので、食材を腐らせないようにする事が大切です。特に夏のような気温がとても高い季節だと、少しの時間冷蔵庫のドアを開けっ放しにしているだけでも、冷蔵庫内の温度が上がるため、注意しなければなりません。

冷蔵庫には、自動で一定の温度に下げるような機能は無いため、実際に冷蔵庫を使っている人が、ドアを開けっ放しにしないようにする事が大切です。冷蔵庫や周りの人に任せているだけでは駄目で、自分自身で意識して行いましょう。そうすれば、冷蔵庫のドアを開けっ放しにする事は無くなります。

冷蔵庫の開けっ放し防止におすすめのグッズは?

最近では、冷蔵庫の開けっ放しを防止するためのおすすめのグッズがたくさん売れているため、積極的に活用していくと良いです。グッズを利用すれば、冷蔵庫を開けっ放しにしている事を忘れたとしても、教えてくれます。そのため、少しでも冷蔵庫を開けっ放しにする事に対して不安がある人は、積極的にグッズを活用していくと良いでしょう。

冷蔵庫の開けっ放しを防止するために、自分自身で意識しておく事も良いのですが、中々続かないとされています。その一方で、グッズならば冷蔵庫を開けっ放しにしている時に簡単に教えてくれるので、冷蔵庫が故障する心配が無くなります。冷蔵庫を開けっ放しをできる限り防ぎたい人がいれば、グッズの力を使うと良いでしょう。

音・アラーム

冷蔵庫の開けっ放し防止におすすめのグッズの1つ目は、音・アラームが鳴る物です。冷蔵庫を開けっ放しにしている状態は、普段から気にしていなければ、中々気づく事ができないため、音やアラームが鳴る物を活用して、聴覚から気づくようにすれば良いです。実際に音やアラームが鳴っていれば、異変が起きている事がわかり、冷蔵庫の開けっ放しを防げます。

音・アラームが鳴るグッズは、バリエーションがかなり増えていて、選び甲斐があります。実際買う時に、自分が気づきやすい音やアラームが鳴る物で、どれが良いかを入念に調べておきましょう。もし、冷蔵庫が開けっ放しの状態になっていたとしても、すぐに対処する事ができます。

センサー

冷蔵庫の開けっ放し防止におすすめのグッズの2つ目は、センサーです。センサーは一定時間、冷蔵庫の開けっ放しにしていると、音で教えてくれるため、外部の気温が冷蔵庫内に入る事を最小限に防げます。冷蔵庫を長時間開けっ放しにしている事は、冷蔵庫にとって大きな負担になってくるので、充分に気を付けるようにしましょう。

特にセンサーを活用すれば、一定の時間が過ぎれば音が鳴る仕組みになっているので、冷蔵庫を長時間開けっ放しにする事は未然に避けられます。そこで、本当に冷蔵庫を壊したくなければ、センサーを付けてみると良いでしょう。そうすると、実際にセンサーが上手く稼働してくれて、冷蔵庫を長時間開けっ放しにする事はほとんど無くなります。

旅行などで冷蔵庫を開けっ放しにした場合食材は大丈夫か?

旅行などで冷蔵庫を開けっ放しにした場合は、食材に関しては傷んでいる可能性があるので、気を付けましょう。特に食材は常温で保存をするのではなく、冷やしていなければいけない物もたくさんあり、冷蔵庫を開けっ放しにした状態で放置していると、危ないです。そのため、冷蔵庫は閉め忘れることがないようにしましょう。

もし旅行に行くならば、冷蔵庫が本当に閉まっているかを確認する事が大事になってきます。全く冷蔵庫を確認せずに旅行に行き、実際に冷蔵庫が開けっ放しであった事で食材が傷んでいたら勿体無いため、意識して確認するようにしましょう。

肉は常温で保存すると傷んでしまうため、冷やす事が鉄則になっています。もし旅行などで冷蔵庫を開けっ放しにした場合は、肉が傷んでいる事は避けられないため、気を付けましょう。旅行などに行く前に、冷蔵庫が閉まっているかどうかを少し意識するだけでも、肉を傷めなくても済むようになります。

期間別ドアの開けっ放しによる温度の変化について

冷蔵庫のドアの開けっ放しによる温度の変化は、実際にどれぐらい開けているかで変わってきます。温度の変化については知らない人が多いため、この機会に理解しておくと良いでしょう。温度がどれほど変化しているかを確認できれば、冷蔵庫のドアの開けっ放しをしないようにする意識が高まってきて、冷蔵庫に負担をかける事も少なくなります。

自分の目で見なければ、ドアの開けっ放しが冷蔵庫に与えている影響を理解できず、なるべく開けっ放しをしないように意識する事も難しいです。そのため、普段から開けっ放しにしてしまう人がいれば、温度の変化を見てみると良いでしょう。

温度

冷蔵庫は外部の気温に影響を受けやすく、少しでも中に入ってきてしまうと、冷蔵庫内の温度が上がっていきます。本来ならば、温度が低い空間を保っていなければいけないですが、温度が少しでも上がれば、食材にも悪影響を与えてしまいます。充分に傷む可能性があるので、開けっ放しを極力控えるようにしましょう。

冷蔵庫のドアを開けっ放しにしない事を頭の片隅に入れているだけでも、それなりの効果を期待できるので、積極的に取り組んでいくと良いでしょう。実際に冷蔵庫を開けっ放しにすることで、冷蔵庫を壊したり、食材を傷める事になるので、開けっ放しを防ぐ事はかなり大事になってきます。

1日

一日冷蔵庫のドアを開けっぱ放しにしていると、温度は10度~20度ぐらい上がります。冷蔵庫の中は、とても低く温度が設定されていますが、外部の気温が実際にたくさん入ってくると、その気温に押し負けて、冷蔵庫内の気温は上昇していきます。実際に一日開けっ放しをしただけでも気温はとても上がるため、充分に注意しましょう。

1週間

一週間冷蔵庫のドアを開けっ放しにしていると、温度は外部の気温とほとんど同じになります。特に夏の時期の30度を超えるような時には、冷蔵庫内の温度も30度に到達する事があります。一週間開けっ放しは、冷蔵庫内の温度を大幅に変える事になり、故障に繋がってきます。

冷蔵庫の開けっ放しをしないようにするために何をするか?

冷蔵庫の開けっ放しをしないようにするためには、毎回冷蔵庫が本当に閉まっているかどうかを、しっかりと確認しながら閉める事です。実際に開けっ放しにしている時には無意識に開けてる事が多いため、意識して閉める事が大切になっています。開けっ放しにしていると、食材に悪影響をもたらし、冷蔵庫が故障する原因を作ってしまうため、気を付けましょう。

毎回冷蔵庫が閉まっているかどうかを確認する事は面倒な部分が多いのですが、冷蔵庫を長く使いつづけることにもなりますので、意識的に続けていきましょう。冷蔵庫は普段から活用する物で、できる限り大切に扱っていけるように、自分自身で工夫する事が大事です。そうすれば、冷蔵庫を壊す心配も無くなり、食材も長く保存することができます。

冷蔵庫の開けっ放しをする事と電気代について

冷蔵庫を開けっ放ししていると、とても電気代がかかってしまうため、できる限り開けっ放しをしないようにする事が大事です。実際に外部から気温が冷蔵庫内に入ると、冷蔵庫は冷たくしようとより電力を使うため、自然に電気代はかさみます。少しでも電気代を節約したいならば、冷蔵庫の扉をちゃんと閉めましょう。

開けっ放しをしていると音を鳴らす冷蔵庫って?

現在では、冷蔵庫の扉を開けっ放しをしていると、冷蔵庫自体が音を鳴らして教えてくれる物があり、とても便利です。自分が気づかなかったとしても大丈夫で、長時間の開けっ放しを未然に防ぐ事ができます。そのため、音を鳴らす冷蔵庫を活用する事も非常に良く、実際に食材を傷めずに済み、電気代も節約する事が可能です。

冷蔵庫の開けっ放しを防止する事

冷蔵庫を開けっ放しにしてしまうと、食材が全く冷えなくなり状態が悪くなってしまうため、気を付けましょう。特に食材を傷めたり、電気代が高くなる事や冷蔵庫自体の故障に繋がってくるので、できる限り意識して扉の開け閉めを行うようにしましょう。

その際に活用すると良いグッズは、音・アラームが鳴る物やセンサー付タイプなどを積極的に利用していきましょう。冷蔵庫の開けっ放しが続くと良い事はあまり無いため、グッズの力を上手く活用し、少しでも開けっ放しを防ぐ事が大事です。自分から積極的に行動を起こしていけば、実際に冷蔵庫を守れます。

その他にも、開けっ放しによる温度の変化も見ておき、開けっ放しがどれだけ悪影響を及ぼしているのかを理解すると良いです。そこから開けっ放しに関する知識を身に付け、普段から冷蔵庫の開け閉めに、細心の注意を払うようにしましょう。

Related