Search

検索したいワードを入力してください

2018年10月11日

ウォーターサーバーで氷を作らない方がいい訳|作りたい時の対処法

いつでも美味しい水が飲めて便利だからウォーターサーバーをご家庭に置いているという方は、最近増えました。しかし、ウォーターサーバーの水では氷を作らない方が良いのです。ここでは、その理由と、どうしても氷を作りたい場合の作り方をまとめましたのでご参照ください。

 ウォーターサーバーで氷を作らない方がいい訳|作りたい時の対処法

ウォーターサーバーの水で氷を作ったらだめ?

水道水の水を飲みたくないという人が増えて水も買う時代となり、最近、ウォーターサーバーをご家庭に置いているという方が増えます。いつでも、お水や暖かいお湯が飲めて便利ですし、天然水だったりしてとても美味しいです。

しかし、このウォーターサーバーの水で氷を作ることは危険かもしれません。特に夏場は、製氷機でかき氷などを作って楽しむご家庭もあるかもしれませんが、ウォーターサーバーの水でかき氷を作ると、やがて変な臭いがするようになったという報告がされています。

せっかく作った氷が臭い。どうしてこんなことに。ウォーターサーバーの水で氷を作った方の中には、そう思った方は、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

その原因の一つとして考えられるのは、給水タンクの水を浄化させるための活性炭フィルターの経年劣化があります。何年も使いっぱなしにして交換していないと劣化して、浄化したつもりなのにかえって臭うようになってしまうことがあります。その場合は、交換用の活性炭フィルターを購入してすぐに交換しましょう。

ウォーターサーバーで氷を作らない方がいい理由

 ウォーターサーバーで氷を作らない方がいい訳|作りたい時の対処法

ウォーターサーバーの水で氷を作らない方が良い理由として、天然水で氷を作るとやがて雑菌などから臭いが発生するということがあげられます。この天然水とは、市販のミネラルウォーターや井戸水も含まれます。また、浄水器の水も臭います。

では、なぜ天然水やミネラルウォーターや浄水器の水ではダメなのでしょうか。それは、天然水は自然環境から汲み取った水をそのまま詰めているためです。浄水器の水は、独自の活性炭フィルターで水を浄化していることが原因です。

水道水がカルキ臭いのは、天然水を安全に飲めるように塩素が入っているためです。塩素を入れることで、天然水に含まれる雑菌を除去します。塩素濃度は、私たちが使う蛇口に届くまでには、人体に影響のない数値まで薄まっていますので、特に心配するレベルではありません。この塩素には、消毒効果があり、自然界のカビ菌が繁殖するのを抑えてくれる効果があります。

しかし、独特のカルキ臭があるために、美味しさを阻害します。そのため、浄水器でこの塩素を取り除いて美味しいお水にして飲んだりしています。また、天然水もカルキ臭がないために美味しいのです。

一方で、天然水や浄水器の水は、いわば無防備状態です。自然界にあるカビ菌や雑菌が水には入っています。そのまま飲む分には、カビ菌や雑菌はそれほどの量ではないために、体の中で退治してくれるので問題ありません。しかし、製氷機はカビ菌がついたら繁殖してしまうため、製氷機で氷を作ることはNGです。

製氷機の水は、何の水が良いのか?

では、製氷機に使う水は、何を使えば良いのでしょうか。殺菌効果があって、消毒ができるもの。

そうです、塩素の入った水道水です。飲むのに抵抗を感じる水道水も、製氷機には向いている水です。カルキ臭さも氷になれば気にならなくなるので、問題ありません。

ウォーターサーバーで氷を作りたい場合はどうしたらいいのか?

上記の内容を知っても、でもウォーターサーバーの水で氷を作りたいという方もいらっしゃるかもしれません。そんな方は、製氷皿で氷を作りましょう。

製氷機は、タンクにポンプにホースに水が通過するところが多いですよね。だから、どこかにカビ菌がついてしまいます。しかし、製氷皿ならダイレクトに氷を作りますので、そんな心配がありません。今は、かわいい製氷皿も多くありますし、100円ショップなどでも売っています。かき氷用の専用カップもあります。工夫次第で天然水で氷を作ることは可能です。

・ウォーターサーバーの水で氷を作る場合は、製氷皿で作る。

また、どうしても製氷機でウォーターサーバーのお水を使いたい場合は、RO水を選べばよいでしょう。RO水は特殊なフィルターでろ過し、あらゆる不純物を除いた純水ですので菌もありません。それでも水道水とは違いますが、菌の繁殖力はほとんど無いでしょう。

・製氷機に使う場合は、RO水を使う。

ウォーターサーバーの衛生面は大丈夫?

 ウォーターサーバーで氷を作らない方がいい訳|作りたい時の対処法

ウォーターサーバーの衛生面は大丈夫なのでしょうか。ウォーターサーバーの水は、きちんと殺菌ろ過されて、水質検査を経て出荷されていますので良いですが、ご家庭でボトルをウォーターサーバーにセットする際に、水に空気が触れますので、雑菌が繁殖する恐れがあります。これは、可能性であって、必ず菌が増えるというものではありません。

しかし、殺菌のために塩素カルキが含まれる水道水も、ご家庭の蛇口からコップやヤカンに注いだ後は、カルキもある程度飛んでしまいますので衛生面では同程度です。

ウォーターサーバーも装置内部は菌の発生や繁殖を抑えることができるように徹底管理されており、衛生面は対策済です。更に、年間に何度か業者のメンテナンスやクリーニングが入るため、安心です。また装置フィルターの定期交換も行うため、衛生的な水の環境を保つことができます。

ご自身で衛生面での対策をするとすれば、開封後はボトルの水をなるべく早めに飲むということです。また、ウォーターサーバーの電源は常につけておきましょう。さらに、定期的なメンテナンスやクリーニングを行いましょう。これらに気をつけていれば、ウォーターサーバー本体、タンク、ガロンボトルは衛生的で、特に問題ないでしょう。

<ウォーターサーバーの衛生面対策>
・開封後は、ボトルの水をなるべく早く飲む。
・定期的なメンテナンス、クリーニングを実施する。
・ウォーターサーバーの電源は常につけておく。

製氷機にカビがついてしまっていたら?

 ウォーターサーバーで氷を作らない方がいい訳|作りたい時の対処法

もう既にウォーターサーバーの水や浄水器の水で氷を作ってるし、氷が臭いという方はどうすればいいのでしょうか。

今は、そんな場合を想定して、自動製氷機クリーナーが販売されています。タンクに水と洗浄剤を入れて製氷します。その後、何度かそれを繰り返して、色がでなくなったら完了です。すすぎはタンクに水道水を半分程入れて製氷するだけで良いです。

ほとんどがクエン酸や植物系洗剤なので安心です。もし、それをやってもなおカビがついているようであれば、メーカーに説明をして部品交換をお願いしてみることをオススメします。ひどくなる前に、定期的に洗浄するようにしましょう。

ウォーターサーバーの水-RO水

RO水というのは、RO膜(ReverseOsmosisMembrane)即ち、逆浸透膜のことで、この膜によってろ過したお水のことです。

この超微細なフィルターは、NASA(アメリカ航空宇宙局)でも採用されている技術で、通常のフィルターよりも網膜が細かいため、RO膜でろ過したお水は、不純物、雑菌、最近、ウィルス等あらゆる成分が取り除かれた純粋なお水ということになります。

あらゆる成分がなくなるということは、不純物排除の観点から最高レベルの安全な水であると言えますが、それとは裏腹に、ミネラル類など人間の体に有効で、味覚上美味しいと感じる各成分までも排除してしまいます。そのため、味がないという欠点があるため、わざとミネラル成分を加えた後に出荷するタイプも少なくないのが現状です。

RO水のことをピュアウォーター、RO水にミネラルを人工的に含有させたものをデザインウォーター(デザイン水)、天然水は、ナチュラルウォーターですので、ミネラルを含有しているデザインウォーターや天然水がミネラルウォーターです。

ウォーターサーバーの水はどれが良いのか?

では、ウォーターサーバーに使うには、どの水が良いのでしょうか。安全面では、天然水やウォーターサーバーの水も、人が飲んで問題ないように、赤ちゃんでも飲めるように、しっかりとした基準のもとに処理、検査確認して製造、出荷されていますので大丈夫です。

それを踏まえた上で、更に安全なお水が欲しいという方は、RO水を選んでみると良いでしょう。味には期待できないため、ミネラルを加えたデザイン水の方が口には合うかもしれません。一方、味にこだわりたいという方は、やはり天然水でしょう。様々な種類がありますので、テイスティングしてみて、自分の好みに合う水を選んでみてください。

ウォーターサーバーの水に浮遊物があるのはゴミ?

ウォーターサーバーの水の中に浮遊物を見つけたなんて方いらっしゃいますか。

宅配された水ボトルの中に白いふわふわとした浮遊物を見れば、ゴミが浮いている!と業者へクレームを入れる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、これは、水に含有されたミネラル成分が結晶化したものです。だから白いのです。

確かに大きさや見た目からすると、ホコリのように見えてしまうのは否定できません。例えば、海外の水は硬水で、ミネラル分が多く含まれているため、こういったことは、しばしば起こる現象で海外の方は見慣れています。しかし、日本の水はほぼ全て軟水で、ミネラルは少なめなので滅多に起きません。つまり、ほとんど見かけません。

一方、ウォーターサーバーの水は、天然水として豊富なミネラルを含み、軟水の中でもミネラルが多めです。更に冷たくなったり、温めたり、と水温変化があると余計に結晶化しやすいです。ウォーターサーバーの水の中の浮遊物は、もともと水の中に溶け込んでいる成分ですから、安心してお飲みください。もし、それでも不安だという方は、購入した業者のサポートセンターへお問い合わせください。メーカーによっては、水を交換してもらったり、確認のために見に来てくれることもあります。

製氷機ではウォーターサーバーの水は使わないほうが良い

いかがでしたか。製氷機の場合は、天然水やデザインウォーターなどのミネラルウォーターで氷を作らない方が良いということがわかっていただけたでしょうか。

定期的にクリーニングを行うのであれば、ミネラルウォーターで氷を作ることを否定していないメーカーもありますが、クリーニングを忘れてしまいそうと思う方は、製氷機では、水道水を用いた方が無難です。

どうしても天然水で氷を作りたい方は、製氷機で作りましょう。

これからの暑い季節には氷は欠かせません。美味しい氷を作って、暑い夏を乗り切りましょう。

Related