Search

検索したいワードを入力してください

2019年03月19日

餃子を冷凍保存する方法手順3つ|保存期限・解凍方法

餃子を家で作る時は、大量に作る家庭が多いと考えられます。あまった餃子をどのようにしたら後日おいしく食べられるかを考え、冷凍保存の方法を説明します。また、冷凍保存した餃子の調理方法も、忙しい方も忙しくない方も簡単にできるように説明しました。

餃子を冷凍保存する方法手順3つ|保存期限・解凍方法

餃子の保存

餃子の皮は水分が出てきてしまいますので、作った直後に冷凍保存をすることがオススメです。

餃子は冷蔵保存には向いていません。中身の餡に使う野菜が、白菜やキャベツなどの水分を多く含んだ食材を使っていることが多いからです。餃子の皮がぬれてしまうと傷みも早く品質も悪くなるので、冷凍保存がおすすめです。

冷蔵

冷蔵で餃子を保存する場合は、1日が限度だとおぼえておきましょう。

餃子は水が出て腐りやすいので、手作り餃子は特に作った翌日までには消費しましょう。

手作り餃子を冷蔵で保存する場合は、具材の水分は十分に絞り、皮に付ける水も最小限にとどめて菌の発生を予防しましょう。熱したごま油を具に混ぜるのも効果的です。

餃子を茹でてから粗熱を取り冷蔵すると、おいしく食べることができます。

冷凍

餃子を冷凍すると、非常に品質もよく味も落ちない状態で保存できます。

手作り餃子はとてもおいしく、ついつい作り過ぎてしまいます。たくさん作った餃子は冷凍保存をしておけば、いつでもすぐに使えます。

冷凍保存をする際に、片栗粉で餃子の上から打ち粉をしておくと、餃子同士がくっつきません。ラップやジッパー付きポリ袋に小分けするなど、使いやすいように工夫をして保存しましょう。

餃子の冷凍保存方法

餃子を冷凍保存する場合は、金属トレイに載せて急速冷凍がおすすめです。

餃子は水分が出やすく、くっつきやすいので、急速に冷凍する必要があります。金属トレイがなければアルミホイルで代用します。

焼いた餃子を保存する場合も冷凍がおすすめです。粗熱を取ってから小分けにして、ラップに包んでジッパー付きポリ袋に入れ、金属トレーに載せて冷凍します。

餃子

餃子は市販も手作りもどちらも、あまったときの保存方法は冷凍です。

餃子は具材や皮から水が出やすいので、菌の繁殖や焼きを考慮して、冷凍保存で現状のまましっかりと保存します。焼く工程を考え、粉をふって保存し、餃子同士がくっつかないように工夫します。

焼く、茹でる、蒸すなどの調理を一切行わずに冷凍保存をする方が、後日餃子を調理して食べる時に美味しく食べられます。

1:金属トレイの全体に片栗粉をまぶす

金属トレイの上に餃子を並べて冷凍庫に入れる際に、金属トレイ全体に片栗粉をふっておくと、餃子のべたつきを阻止できます。

餃子を金属トレイに載せると熱伝導率が良くなり、冷凍が急速に行われるのを助けてくれます。省エネにもなりますし、餃子同士がくっつくことを防止してくれます。

片栗粉の代わりにクッキングシートを代用してもよいでしょう。

2:隙間をあけながら餃子を並べる

金属トレイがしっかり冷えたら、冷凍庫から取り出し、餃子を一つずつ丁寧に隙間をあけながら並べます。

ここでも必ず、金属トレイの上に餃子がくっつかないように並べます。片栗粉を上から軽く全体にふっておきます。

3:上からラップをして冷凍する

隙間をあけながら金属トレイに並べた餃子に上からラップをして、再び冷凍庫に入れて冷凍します。

餃子の冷凍は、皮がくっつかないようにすることが最大のポイントです。餃子の皮同士がくっつかないように金属トレイに並べた餃子が、完全に固まった状態になるまで、30分から1時間程度かかります。

金属トレイがない場合はアルミホイルをしく

金属トレイがない場合は、お皿・パッド・プラスチック容器などの平たい入れ物の上にアルミホイルを敷いてから餃子を並べます。

アルミホイルは冷気伝導が速いため、食品の鮮度を保つことができるからです。

さまざまな食品の保存にアルミホイルを利用すると、通常よりも鮮度を保つことができます。

餡のみ

餃子を手作りしていると、中の具材である餡のみが余ってしまうことがよくあるので、冷凍保存をしておきましょう。

餃子の餡の解凍は冷蔵庫で行います。餡はもういちど手作り餃子に使用できますが、チャーハンやスープに入れたりナスに挟んで揚げたりと、さまざまな料理に利用できます。

1:ラップで空気が入らないように包む

餃子作りで余った餡は、ラップで空気が入らないように包んでから冷凍しましょう。

余った餡は、使いやすい量に小分けにしてからラップに包みましょう。水分がこぼれ出さないようにきっちりと包んでください。

2:保存袋か保存容器に入れて冷凍する

餃子の餡が余ったら、小分けにしてラップに包み、保存袋か保存容器に入れて冷凍します。

保存袋はジッパー付きのポリ袋が便利です。保存容器はタッパーなどのように、開け閉めがらくで軽い容器が、餃子の餡の冷凍には向いています。

皮のみ

手作り餃子の皮が余ったら、きちんと冷凍保存しておきましょう。

餃子の皮は薄いので1度くっつくとなかなか離れません。1枚1枚丁寧にラップなどを挟んで冷凍保存します。冷凍した餃子の皮を使用する際は、冷蔵庫で自然解凍しましょう。

餃子の皮を冷凍しておくと、たいへん便利で経済的です。冷凍庫で1か月ほど保存ができます。解凍は冷蔵庫で行います。電子レンジは避けてください。1枚1枚手の平で解凍もできます。

1:皮の間にラップかクッキングシートを挟む

餃子の皮はたいへんくっつきやすいので、皮の間にラップかクッキングシートを挟んで冷凍保存する方法がおすすめです。

餃子の皮をそのまま冷凍保存すると、皮同士がくっついてしまいます。皮とラップまたはクッキングシートが、1枚ずつ交互に重なるように丁寧に包んでいきましょう。

2:全体をラップで包む

餃子の皮をラップかクッキングシートと互い違いに挟み終わったら、全体をラップで包みます。

餃子の皮は折れたりねじれたりしないように、まっすぐに伸ばしたまま冷凍保存してください。

餃子の皮は、チーズを挟んで揚げる・ラザニア・ワンタンスープなど、他の料理にもいろいろ使えてたいへん便利な食品です。さまざまな調理に使ってみましょう。

3:保存袋か保存容器に入れて冷凍する

小分けにして、ラップやクッキングシートに1枚1枚挟んだ餃子の皮は、ジッパー付きのポリ袋やタッパーに入れて冷凍します。

餃子の皮は薄くて割れやすいので、取り扱いは丁寧に行なってください。保存袋の中の空気は十分に抜き、霜が付かないように水分にも気を付けます。

手作り餃子が冷凍しやすくなる

「貝印 kai 餃子 パック Cookfile DH-2215」は、簡単にきれいな形の餃子を作ることができるキッチンアイテムです。

こちらの製品で作った手作り餃子は、形や大きさが整っているので、冷凍の際にも容器にきれいに並べることができます。値段も手ごろで、短時間で美しい形の餃子をたくさん作ることができます。

餃子の保存期限

餃子の保存期限は手作りは冷凍で1か月・冷蔵の場合は1日で、市販の餃子は冷凍で3か月もつタイプもありますが、冷蔵は3日が限度です。

餃子の冷凍保存の目安は1か月程度大丈夫ですが、可能であればできる限り早めに料理をして召し上がることがオススメです。ひき肉や魚介類をあまり劣化させず、味や品質を落とさずに美味しく食べるのであれば、2~3週間以内に餃子を食べ切る事をオススメします。

冷蔵:1日

手作り餃子を冷蔵庫で保存するときは1日が限度です。

市販の餃子は冷蔵庫で3日ほどもちますが、このタイプは機械を作って製造されているため、滅菌状態で出荷されているからです。

市販の餃子も、いちど空気が触れてしまったものは冷蔵庫での保管は1日が限度です。きちっとラップで包むか、保存袋に入れて冷蔵庫に保存しましょう。

餃子を作ってすぐに冷蔵保存すると、餃子の餡から水が出て餃子が濡れたり、皮が湿ってしまいます。

冷凍

餃子は水分を多く含んでいて、特に手作り餃子は人の手や空気が触れているため、保存は冷凍が向いています。

餃子を冷凍する際は小分けにして、食べる分量だけ取り出して調理すると経済的でおいしくいただけます。

餃子:約1か月

餃子を冷凍保存した際の保存期間は、約1か月程度と考えましょう。

1か月以上の保存も可能ですが、冷凍による味の劣化や冷凍焼けがひどくなります。冷凍焼けがひどくなると皮がボロボロになり、味も見た目も落ちます。

餡:約1か月

餃子の中身である餡の部分だけでも、冷凍保存した場合は1か月以内に食べ切りましょう。

餡は小分けにして、さまざまな料理にその都度、冷凍庫から取り出して使用しましょう。冷蔵保存は日もちがしませんので、翌日までには使い切りましょう。

餃子の餡はお好み焼や肉団子、マーボ豆腐などに使用できます。

皮:約1か月

餃子の皮が余った場合、冷凍すると約1か月もちます。

市販の餃子の皮は冷蔵保存ができますが、開封後は3日以内に使い切りましょう。保存はジッパー付きポリ袋などに入れて行います。

餃子の皮の保存は、皮同士がくっつかないように工夫して保存します。

冷凍餃子の解凍方法

冷凍餃子の解凍方法は、冷蔵庫での自然解凍や電子レンジでの解凍機能を使う必要はありませんし、オススメできません。

冷凍餃子をわざわざ解凍すると、中から水分が出てきて餃子の皮がべちゃっとした濡れた状態になってしまいます。そのような状態になると食感も味も落ちてしまいますし、見た目も不味そうになってしまいます。

そのまま焼く

焼き餃子にする場合などは特に、冷凍餃子の解凍は一切せずに、凍ったままの状態で調理します。

餃子の皮がぱりっと美味しく食べられるように冷凍保存した意味がなくなってしまいますので、冷凍餃子は解凍せずに調理するのがおススメです。

冷凍保存する際に片栗粉を使用していれば、焼いている間に餃子に付いていた片栗粉が溶けていき、焼き上がりが羽根つき餃子になります。

餃子を美味しい状態で冷凍保存しよう

餃子を美味しい状態で冷凍保存するには、作ってすぐにナマのまま金属トレーに載せて急速冷凍することがおすすめです。

餃子は、作る手間さえ頑張れば、あとは冷凍保存をして忙しい平日の夕食作りの時短食材・お助け食材になります。

餃子を焼いたり、蒸したり、茹でたり、または色々なアレンジを加えて、楽ちんで美味しいおかずとして活用しましょう。

調理済みの料理の冷凍方法

餃子と一緒で、カレーや揚げたてのコロッケなどの調理済みの料理の冷凍方法も、保存袋や保存容器を使用するやり方です

餃子と一緒で、調理済みの料理を冷凍した物も、1か月程度しかもちません。

カレーはジッパー付きポリ袋や耐熱ガラスの容器に小分けにして冷凍保存します。コロッケは1つ1つラップに包み、ジッパー付きポリ袋に入れて冷凍保存します。コロッケは少し温かい状態で保存したほうがおいしく食べられます。

Related