Search

検索したいワードを入力してください

2017年11月04日

ゆで卵の冷凍保存方法・保存期間・解凍レシピ3選

ゆで卵をたくさん作ったときや卵が特売していたとき、長期保存を考えゆで卵にしてから冷凍保存を試みる方は多いと思いますが、実際には解凍後に白身の水分が抜けて食感が変わってしまうのでおすすめではありません。ゆで卵を冷凍保存するにはコツがあるのでチェックしましょう。

ゆで卵の冷凍保存方法・保存期間・解凍レシピ3選

毎日の献立で悩む方に朗報です!



栄養バランスを考えながら毎日の献立を考えるのは難しい・・・。
おかずを何品も作るのは地味に時間がかかります。

そんな毎日の献立で悩む方におすすめなのが「 わんまいる 」!
1食平均400kcal以下、塩分3.5g以下 の健康的なお惣菜セットが勢揃い!
冷凍状態で届いて、食べるときは解凍するだけ。

今ならお得なお試しセットもあります★

初回限定価格で販売中

ゆで卵の冷凍保存方法

賞味期限間近の卵を一気にゆで卵にしてしまう、そんな経験はないでしょうか。ゆで卵は作ったものの一日に食べる個数にも制限はありますし、早々に食べきることは難しいものです。そこで活躍してくれるのが「卵の冷凍保存」です。

今回は上手に茹で卵を冷凍保存する方法をゆで卵を作る段階から順にわかりやすくご紹介します。売り出しセールになる事の多い卵を使った保存食です。まずは美味しいゆで卵の作り方から説明していきましょう。

ゆで卵の作り方のコツと冷凍保存

卵は若いものほど殻にしっかりと卵膜が殻に張り付いている為、殻が剥きにくくなります。ゆで卵を作る前、ピン等で殻に小さな穴を空けることで殻を剥きやすくなるので予め下処理をすると良いでしょう。また、殻表面には菌がいるので、冷凍保存の際に余計な殻を入れないことは衛生面においても大切なこととされています。

ゆで卵を作る際のコツは、熱湯を沸かしゆっくりと生卵を入れ10分程度茹でます。ゆでている最中は黄身の片寄りを防ぐためになるべく鍋をかき混ぜるように注意しましょう。半熟に作りたいときには5分から7分程度を好みで調整します。

出来上がったゆで卵は殻を剥いたら流水で流すことが大切です。細かな殻の付着を取り除き、冷凍保存するときには汚れ等を綺麗に落とし、衛生に注意することで菌の繁殖を抑えることが可能です。

実際に冷凍するときは加工と固ゆでがおすすめ

ゆで卵は、そのまま冷凍するよりも加工したものを冷凍する方がおすすめです。一度冷凍した卵は解凍した際に白身から一気に水分が抜けてしまいます。その為、ゆで卵はそのまま冷凍はせずに、加工した後に冷凍がおすすめとされています。

例えばタルタルソースや、サンドイッチに挟むような卵ペーストにしてしまえば、解凍後使用しやすい上、味をさほど損なうことなく食べることが可能です。ゆで卵の冷凍では、解凍したときに食材から抜け出てしまう水分をあらかじめ把握しておくと良いでしょう。

ゆで卵の冷凍保存期間・保存した際の賞味期限

ゆで卵の冷凍保存期間は1か月程度です。冷凍保存したゆで卵を食べるときには自然解凍しますが、その際の賞味期限は一般的な惣菜と同じ位とされています。解凍後のゆで卵は当日中に食べきる様にしましょう。

賞味期限は酸化や雑菌の繁殖による食中毒を防ぐ為ないがしろにしないようにしましょう。冷凍保存する前後の取り扱いにも雑菌が増えにくいような状態を作り、衛生管理に心がけましょう。冷凍前に雑菌の数をどの程度減らせるかで保存期間に影響が出てきます。

肉目では見えにくい雑菌でも、空気中や冷凍庫、まな板など台所のあちらこちらに存在しているとされています。冷凍保存の際にも空気に触れさせず密閉し雑菌が移り住む事も防ぎましょう。

ゆで卵はそのまま冷凍保存できる?

例えば、ゆで卵をそのまま冷凍したときにはゆで卵の中に含まれている水分がそのまま水分として固まってしまうために解凍したときにゆで卵から水分が抜けた状態で解凍されてしまいます。その為ゆで卵は、そのまま冷凍することは不向きだと言えるでしょう。そのままではなく加工した後に冷凍することがおすすめとされています。

もし食べきれないゆで卵に困ったら、塩分を利用した加工での冷蔵保存がおすすめです。味付け卵のレシピも醤油・塩麹・味噌などたくさんあるので活用して廃棄や食材の無駄を無くしましょう。

ゆで卵の解凍方法

冷凍ゆで卵は自然解凍をしよう!

ゆで卵の加工を解凍する際は、自然解凍がおすすめです。一気に電子レンジで解凍すると逆に熱してしまうかもしれないので、そうならないようにするには、冷凍前に小分け保存にして置きましょう。前もって食べきれる量を短時間で自然解凍ができるようにしておけば、解凍による食材の痛みも気になりません。

おすすめの冷凍保存方法は、密封袋に入れて薄く平らに保存することです。薄くすることで短時間で常温に馴染めるため自然解凍されやすくなります。

塊で冷凍してしまったゆで卵の解凍方法は?

もしも塊で冷凍してしまった場合には、解凍にはとても時間が掛かってしまいます。解凍に時間が掛かる原因は、塊の中心まで解凍が速やかに届かず、表面と中心で解凍の時間差が生まれてしまうからだと言えます。

解凍に時間差が生まれてしまうと、先に解凍されたゆで卵は中心のゆで卵より空気に触れている時間が長くなり、腐敗や劣化を誘引してしまいます。誤った解凍方法で食材を傷めないようにしましょう。

これは、ゆで卵に限らず、ほとんどの冷凍食品を解凍する場合に当てはめることが出来るでしょう。

ゆで卵を冷凍しても美味しい?

先述したように、ゆで卵をそのまま冷凍しては美味しくありません。解凍したゆで卵が美味しくないのは白身の水分が一気に抜けてゴムの様なスカスカの触感に激変してしまうためです。このスカスカを防ぐことが出来れば美味しく食べることもあり得ると言えます。しかし実際に味を損なわずゆで卵を冷凍するのは難しいことに違いありません。

強い水分が一気に抜けないように冷凍する方法で可能性があるとしたら、水分をなるべく食材から流れ出さない様にたっぷりの砂糖水を入れたまま冷凍し、そのまま解凍する方法です。そうすることでゆで卵をそのまま冷凍するよりは、自然解凍後のスカスカを防ぐことが可能なのです。

冷凍ゆで卵のクックパットレシピ3選

ゆで卵の冷凍保存方法・保存期間・解凍レシピ3選

ゆで卵は加工してから冷凍することで解凍後も美味しくいただくことが出来ます。ここではそんな冷凍ゆで卵を解凍して作れるアレンジレシピをご紹介しましょう。どれも簡単に作れるものばかりなので、ゆで卵を作り過ぎたら用途に応じて加工することをオススメします。

冷凍ゆで卵のマヨ和えサンド

ゆで卵をマヨネーズで和えたサンドはサンドイッチの定番です。少し白身が変性するようですが美味しく食べられたそうです。卵サンドを作りたい時に解凍したものを挟むだけなので、とても時短になり忙しい時には大助かりです。一緒に野菜を挟むことで変性した白身の触感をごまかすとより良いでしょう。

シーチキンとゆで卵の具沢山トースト

こちらのレシピはゆで卵を冷凍する前の加工調理に最適です。味付けがしっかりあることと食感の違う具材が入ることで解凍後の白身の変性をわかりにくくできるのでおすすめだと言えるでしょう。

シーチキンの油分をそのまま使い切ることでゆで卵に油分のコーティングが施されます。色とりどりの野菜を入れると見た目も鮮やかです。

アボカドとゆで卵のワサマヨ和え

こちらのレシピはトルティーヤやタコスなどスパイスの効いた調理ができる内容です。実際に調理後冷凍する場合には、白身を細かくすると解凍後の触感に影響が少なくて済むと考えられます。この場合のエビは冷凍する前のものを使用すると良いでしょう。

保水が上手くできたら冷凍もできる

砂糖は保水効果があると言われている事を利用して、ゆで卵を丸ごと入れたゼリーにしてからそのまま冷凍する、という方法があります。通常のレシピにおいて前代未聞であっても、理屈から考えるとアリな方法だと言えるでしょう。

ちょっと変わった冷凍保存のやり方ですが一気に水分が抜け出ないと言われているので冷凍庫に保存のスペースを確保して試してみてはいかがでしょうか。理屈だけで考えるとペースト状に加工したりタルタルソースにする過程も結局のところ油分や砂糖で卵を覆っていることがわかるからです。

卵料理にせず、卵液のまま冷凍したら解凍後のアレンジにも幅が出るでしょう。

生卵のまま冷凍することも一つの手段

生卵の冷凍保存は可能と言われています。生卵の殻にヒビが入ってしまいますが、冷凍した生卵を半分に切ってフライパンで焼くと小さな目玉焼きになります。もしも、卵をゆでる前に冷凍を考えた際には、生のまま冷凍するのも一つの手段だと言えるでしょう。

ゆで卵にしてからの冷凍では、ゆで卵の白身を細かくほぐしてから調理の上で冷凍する様にしましょう。どうしてもゆで卵を冷凍したい場合に限って冷凍した方が無難とも言われています。ゆで卵を冷凍する際には、保水に重点を置いた保存の方法を用いて、冷凍保存を成功させましょう。

Related