Search

検索したいワードを入力してください

2019年03月19日

ウインナーの冷凍・解凍の仕方|人気ウインナーベスト5

朝食やお弁当に便利なのがウインナーです。買い置きすることも多いので、開封したまま冷蔵庫に入れて、忘れてしまい、食べられなくなってしまった経験が多くの方にあると思います。そんなときでも無駄なく、便利に使えるのが、ウインナーの冷凍保存なのです。

ウインナーの冷凍・解凍の仕方|人気ウインナーベスト5

ウインナーの冷凍の仕方

ウインナーの冷凍・解凍の仕方|人気ウインナーベスト5

色々な料理に使える便利なウインナーですが、つい賞味期限が切れていたりすることはないでしょうか。ウインナーは冷凍保存できる食材です。しかも、そのままの状態であったり、カットしていたり、キャラ弁用にカットして、加熱したりとさまざまな状態で冷凍保存できる便利な食材です。

ウインナーはどのくらいもつのか

ウインナーそのものの賞味期限は、1週間から2週間程度のものがほとんどです。ウインナー自体、お弁当や朝食に便利な食材ですが、意外と高価です。それなのに、食べきれずに処分しなければならなくなったり、開封したことを忘れて冷蔵庫に入れたままにして、食べられなくなってしまった経験のある方は多いでしょう。

ウインナーの冷凍・解凍の仕方

ウインナーの冷凍・解凍の仕方|人気ウインナーベスト5

ウインナーの冷凍にコツはあるのでしょうか。実はウインナーは冷凍保存も簡単で、解凍しても水っぽくならず、味の変化もほとんどありません。ウインナーは冷凍しても美味しく食べられる便利な食材なのです。

ウインナーは冷凍出来るのか

野菜や肉類などの食材を冷凍すると、解凍したときに水っぽくなってしまい、おいしくないと感じることがあります。しかし、ウインナーにはそんなことはありません。もともとウインナーは、加工品であり、含んでいる水分量自体が少ないからです。冷凍する際は、保存方法にあまりこだわらなくても冷凍保存ができます。

ウインナーを冷凍するとどのくらいもつのか

一般的に冷蔵保存のウインナーの賞味期限は1週間程度ですが、冷凍保存すると1か月程度の保存が可能となります。ただし、冷凍庫での保存状態には注意が必要です。入り口付近など冷凍庫内の温度変化があると、ウインナー自体に霜がつきやすい状態になり、品質も味も落ちてしまいます。ウインナーに霜がついてしまった場合は、1か月以内であっても、早めに食べて下さい。

ウインナーの冷凍の仕方

セールのときにたくさん購入した時など、入っている袋のまま冷凍庫に入れて保存することもあるでしょう。もし、ウインナーどうしがくっついてしまっても、水分が少ないので、手で簡単に1本ずつ取り分けることができます。しかし、よりおいしさを長持ちさせるためにはコツがあります。ウインナーの保存の仕方を、小分け・ラップ・密閉容器の3つに分けてご紹介します。

小分けにする

入っている袋のまま冷凍庫に入れると、使うたびに酸素に触れてしまい、酸化しやすくなってしまいます。ウインナーは小分けにした方が酸化しにくく、品質も保ちやすいです。小さめの保存袋などに、1回に使う量を小分けして冷凍しておくとサッと使えて便利です。

ラップでくるむ

小分けにするのと同じくラップでくるむのも、ウインナー自体が酸化しにくくなるので、よい保存方法です。また、ラップでくるんでから保存袋に入れて冷凍したほうが、さらに空気を遮断でき、酸化をより防ぐことができます。1回に使う分をラップでくるんで、できるだけ空気に触れないようにしてから、保存袋に入れて冷凍するとベストでしょう。

密閉容器に入れる

ジッパー付きのフリーザーバッグや密閉容器に入れて保存するのもよいでしょう。ラップでくるむよりも手軽に保存できます。この方法でもやはり、ウインナーが酸化しないように、なるべく空気を抜いて密閉することが大切です。

ウインナーの解凍の仕方

冷凍した食材は、冷蔵庫やレンジで解凍してから調理する場合がほとんどですが、ウインナーの解凍方法は、調理方法によって工夫できます。ただし、どの場合でも一度解凍したものは、その日のうちに使い切って、再冷凍はやめて下さい。品質も食感も悪くなってしまいます。

冷蔵庫で自然解凍

ほかの食品のように、レンジで解凍してから調理してもよいですが、冷蔵庫で自然解凍をすると、品質を落とすことなく解凍することができます。レンジでは解凍しすぎることがありますが、冷蔵庫であればその心配はありません。しかし少し時間がかかりますので、早めに献立の予定を立てて解凍しておくとよいでしょう。

凍ったまま料理する

時間がない場合、レシピによっては凍ったまま料理に利用できます。スープなどに入れる場合は、冷凍のままスープに投入し、加熱しながら解凍できます。炒め物に入れる場合も、そのまま投入してもよいです。ただし、グリルする場合などは、凍っていると火の通りが悪くなりやすいため、小さくカットするか自然解凍したものを使うとよいでしょう。

それだけでも十分おいしいウインナーは、幅広い料理に使える、とても便利な食材です。お買い得な業務用のウインナーを冷凍庫に常備しておけば、使いたい分だけ使えて重宝するでしょう。たっぷり容量がありますので、一回分ずつ解凍して、たくさんの料理を作ってみてください。

皮が厚めで、粗挽き肉で、自分好みの粗挽きソーセージでした。
大変満足しました。
また、購入させて頂きます。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%8... |

人気のウインナーベスト5

ウインナーのおすすめベスト5をご紹介していきます。ボイルでお手軽に食べるのはもちろん、焼いても、炒めても、煮てもウインナーはおいしく食べられます。いざという時のためにウインナーを冷凍保存しているととても便利です。色々なタイプからお好みのウインナー探しの参考にしてみてください。

第5位:粗挽きポークソーセージ

粗挽きタイプのポークソーセージで、ほどよいスモークの香りが食欲をそそります。1パック48本前後入っている業務用なので、手軽にプロの味が楽しめます。上手に保存して、毎日のお弁当作りや普段の食事にも活用しましょう。

価格の割りにポーク100%だけあってジューシーで肉の旨味を感じます
普段購入してる鶏モモ肉2キロがここのメーカーなので購入してみました
SEARAはブラジルの大手メーカーなので品にも安心できる
鶏モモ肉2キロは業務スーパーなので売ってるけど
このソーセージは売ってるのを見た事がない^_^;
送料を考えると地元の肉屋で国産ソーセージを買っちゃうかな~

出典: https://www.amazon.co.jp/SEARA-%E7%B2%97%E6%8C%BD%E3%81%8... |

第4位:訳あり あらびき ポーク ウィンナー

オールポークウインナーでグレードも高く、真空パックされているので酸化しにくくなっています。25本入りのほどよい容量なので、余って冷凍保存する際も収納しやすく、一人暮らしや家族が少なくても使いやすいでしょう。

毎日ご飯のたびに焼いてます! アマゾンで買ったガラムマサラを入れると、まあ大げさかもだけど10倍うまい!!
まあ中国製とかは外食にいくと殆どそうだと思うしアマゾンさんだと間違い無いと信用しています。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%81%82%E3%82%89%E3%81%B3%E3%8... |

第3位:伊藤ハム お徳用 ポーク&チキンウインナー

1キロ入りのお徳用で、ポーク&チキンの使いやすいウインナーです。定番の味わいはお子様からご年配の方まで幅広く楽しめます。毎日の献立やお弁当にとても便利な一品です。

昼の弁当用に使わせて頂いてます
状態もよく、手軽に料理に使えて便利です

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%80%8A%E5%86%B7%E8%94%B5%E3%8... |

第2位:業務用プロ仕様ポークソーセージ

1キロ50本入りでプロ仕様の業務用がご家庭で手軽に食べられます。製造から冷凍で18ヶ月保存できるので、冷凍庫に常備しておけば、夏はバーベキュー、冬はポトフなど工夫次第で年間を通して使えます。

焼いても食べて肉質が良く美味しい、肉汁も普通の業務用より溢れてびっくりする。
油が重いのは嫌だと言うならボイルしても中の肉汁は外に出ず美味しく食べれる。
また購入したい商品です

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%A8%E3%8... |

第1位:純国産100%オールポーク ウインナーソーセージ

鹿児島発の国産豚肉100%を贅沢に粗挽きした、パリッとジューシーなウインナーです。かじった瞬間にうまみを含んだ肉汁があふれます。焼いてもいいですが、ボイルするだけでもウインナーのおいしさを堪能できるでしょう。

以前外国産の安いウインナーを買って激不味だったから今回は国産のを買って大当たりでした。
味を見るためにお湯で茹でて何も付けないで食べました。何も付けなくてもジューシーで皮もパリッとして美味しいです。
ビールが飲みたくなる味でした。
勿論ポトフやお弁当なんかにも最適だと思います。
また、買いたいと思います。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E7%B4%94%E5%9B%BD%E7%94%A3100%E... |

ウインナー使った人気レシピ3つ

ウインナーの冷凍・解凍の仕方|人気ウインナーベスト5

ウインナーを使ったおすすめのレシピを3品ご紹介します。保存のしやすさだけではなく、単品でもうまみの強いウインナーは、和洋中のさまざまな料理に不思議とマッチします。レシピの懐の深さもウインナーの魅力です。

ウインナーの包揚げ

適当な大きさにカットしたウインナーを、餃子や春巻きの皮で包んで揚げると、サクッとおいしい包揚げができます。ウインナーは冷凍のままでも使用できますが、揚げ時間を少し長めにして下さい。ひと工夫して一緒にチーズや大葉、海苔などを包んでもおいしいので、いろいろなアレンジを楽しめます。

ウインナーの親子丼風

鶏肉の代わりにウインナーを使って、玉ねぎとお好みの味付けのだし汁で煮て卵でとじれば、親子丼風のどんぶりができます。ウインナーはレンジで解凍してカットしてもいいですが、一口サイズにカットしたものを冷凍しておくと大変便利です。材料はウインナー、玉ねぎ、卵の3つですが、冷蔵庫にある残り野菜でいろいろとアレンジできます。

エビフライ風ウインナー

ウインナーをエビに見立てて小麦粉・溶き卵・パン粉に付けて揚げれば、エビフライ風にアレンジできます。ウインナーのカットを工夫して、しっぽまでつくることもできます。お子様でも食べやすくなるので、お弁当のおかずにもおすすめです。

ウインナーを上手に冷凍保存しよう

ウインナーは、炒めもの、スープ、付け合わせなどさまざまな調理場面に役立つ、便利な食材です。しかし、ウインナーは意外と高価で、保存期間も長くはありません。ウインナーを無駄にせず、うまく保存するためには、冷凍保存をうまく活用しましょう。まだ、ウインナーの冷凍保存を試したことのない方はぜひ一度試してみて下さい。

その多加工肉の冷凍の仕方

Related