Search

検索したいワードを入力してください

2019年03月19日

菓子パンの冷凍保存方法・保存期間|おすすめの解凍レシピ3選

菓子パンはおやつや食事として用いられています。市販のものは割引されることもしばしばで、買いだめする方もいるのではないでしょうか。その時、冷凍保存することで長持ちすることはご存知ですか?ここでは菓子パンの冷凍保存についてご紹介していますので、参考にして下さい。

菓子パンの冷凍保存方法・保存期間|おすすめの解凍レシピ3選

菓子パンはそのまま冷凍できる?

菓子パンは、そのまま冷凍をすることが可能です。菓子パンの種類によって保存した時に多少の変化がみられるかもしれませんが、ほぼ全ての菓子パンを冷凍で保存することができます。

美味しく食べるためには冷凍方法もさることながら、解凍方法が重要なポイントになります。チョコレート系は温めると風味が変わるといったように、菓子パンの種類で解凍方法を考えなければいけません。

菓子パンを冷凍する方法

基本の保存方法は、ラップに包んでから食品保存用ジッパー付き袋に入れて保存です。

種類や保存期間によってはラップだけでも問題ないこともありますし、食品保存用ジッパー付き袋だけでも問題ないこともあります。場合によっては、パン屋さんがパンを個別で入れてくれる袋のまま冷凍庫に入れて保存することもできます。

冷凍時の注意点

菓子パンを冷凍する時は、種類が違うパンと一緒にしないことをおすすめします。例として挙げますが、あんぱんとクロワッサンを同じ袋の中に入れてしまうと、あんぱんがクロワッサンの油を吸収してしまうおそれがあります。一緒の袋に入れても問題ないパンも存在しますが、クロワッサンのように油分が豊富に含まれているパンはその種類だけで保存した方が良いでしょう。

冷凍しても美味しさは大丈夫?

基本的には、冷凍したからといって味が落ちることはありません。ただ、保存期間が長くなると冷凍のニオイが菓子パンについてしまうことがあります。

菓子パンを冷凍しても味が変化しないとは言い切れませんが、冷凍をしても基本的に大きな変化はみられない食品です。冷凍保存方法に加え、保存期間や解凍方法に気を付けましょう。

冷凍した方が美味しい菓子パン

チョコレート系パン

チョコレート系はアイスでチョコレート味の商品が多いことからイメージしやすいと思いますが、チョコクリームが中に入っているタイプからチョコを練り込んだタイプまで、どれも冷凍に適します。夏場はチョコレートがあまり好まれませんが、冷凍することで好まれる菓子パンになることでしょう。

クリームパン

クリームパンも冷凍して美味しいイメージしやすい菓子パンですが、中に入っているカスタードクリームがアイスのようになって常温状態とは別の美味しさが生まれます。プリンアイスというものがありますが、そのような感じになるイメージです。

チーズ蒸しパン

チーズ蒸しパンは、意外かもしれませんが、実は、冷凍することでチーズケーキアイスのようになる菓子パンです。ただ、冷やしすぎることには向きません。3時間ほど冷凍庫で冷やした後に食べるとチーズケーキアイスのようで、解凍も不要なのでチーズ味のアイスを食べたい時に試してみると良いでしょう。

アップルパイ

アップルパイもあまり冷凍のイメージがない菓子パンですが、チーズ蒸しパンと同じように冷凍して解凍せずに食べると食感が丁度よくアイスのように食べることができます。パイ生地の部分はサクサクと軽い食感になりますがアップル部分の重さと生地の油分感は残っており、それでも冷たい食感から無理なく食べることができる冷凍アップルパイになります。

冷凍保存に適さない菓子パン

クロワッサン

クロワッサンなど、油分の多い菓子パンは比較的に冷凍に不向きだと言われています。理由としては酸化するからで、酸化が進むと油の味が変化して風味が変わります。

手作りクリームパン

手作りのクリームを使用しているクリームパンも危険です。手作りでは添加物が含まれておらず、賞味期限がもともと長くありません。数日であれば問題ありませんが、長期的に保存することには不向きと言えます。

冷凍した際の保存期間と賞味期限

菓子パンを冷凍した際の保存期間目安は、1ヵ月です。市販の菓子パンには賞味期限が記載されていますが、賞味期限と消費期限が違うことはご存知だと思います。

賞味期限は味が落ち始める頃で、消費期限は味ではなく食べる上で使い切る必要がある期限のことを言います。すなわち、賞味期限が過ぎた状態は食べられないというより、味が違ってきているかもしれないということです。

冷凍保存するメリット

冷凍することのメリットは、品質を保つことができるということです。記載されている賞味期限は常温保存した際のものなので、冷凍保存で品質の落ちを遅らせることで記載賞味期限より食品としての状態が長持ちするということになります。

菓子パンを解凍する方法

冷凍した菓子パンの解凍方法は、菓子パンの種類で違ってきます。クリームパンやチョコレート系といったクリームやコーティングが使用されている菓子パンは電子レンジで温めると早く解凍されますが、温めると味が変わってしまいます。

クロワッサンなどの油分が多いパンは、滲み出る油で汚れないように下にクッキングシートを敷いて電子レンジで解凍することはできますが、食感や風味は多少変化するでしょう。

いずれの菓子パンも解凍は自然解凍で行い、温めたい時は自然解凍後に温める方が味落ちを防ぐことができます。ただ、自然解凍には2時間~3時間といった時間がかかるため、食べる時間から逆算して自然解凍を行いましょう。

冷凍菓子パンのクックパッドレシピ3選

単純明快な菓子パンの冷凍方法です。

菓子パンを冷凍し、レンジで温めるというレシピが記されています。

冷凍したパンをパンプディングにするレシピです。パンは何でも良いそうですが、あんぱんなど中身が入っているパンの場合は中身を入れない方が良い種類もあるようです。クリームパンなら問題ありませんが、あんぱんやジャムパンはどうなるのか試してみてはいかがでしょうか。

菓子パンを冷凍保存して美味しく食べよう!

冷凍するという発想は無かったという方もいるかもしれませんが、冷凍保存しておくことで1ヵ月は持つため、割引されていた菓子パンの買いだめを冷凍で保存しておくと節約に繋がります。また、常温では心配な時期に冷凍保存することでアイスのように食べることができる菓子パンもあるため、菓子パンの冷凍保存は利用のし甲斐があります。

もっと詳しく知りたい方はこちらをオススメ!

色々な食材の冷凍保存方法や解凍術を紹介している一冊です。オススメ

Related