Search

検索したいワードを入力してください

2017年08月31日

プリンの冷凍保存方法・保存期間・解凍レシピ3選

賞味期限を待つだけになっているプリン、冷蔵庫に眠っていませんか?そんな時は賞味期限が来てしまう前に冷凍庫に保存してしまいましょう。プリンの種類を把握しておくことで美味しいプリンレシピを楽しめます。今回はプリンの冷凍保存をテーマにレシピと合わせて紹介します。

プリンの冷凍保存方法・保存期間・解凍レシピ3選

プリンはそのまま冷凍保存できる?

プリンの冷凍保存方法・保存期間・解凍レシピ3選

美味しいと評判のプリンだからとついつい買いすぎてしまったり、頂き物がいつまでも冷蔵庫に残ってしまったり・・・デザートであり生もの扱いのプリンの保存方法は一体どうしたらいいのでしょうか。

冷蔵保存、常温保存、冷凍保存、それぞれについて詳しく解説していきます。

プリンの常温保存について

まずプリンの常温保存について、これは絶対にやめましょう。冷蔵で販売されているプリンは基本的に冷蔵が当たり前です。ついうっかり室内に置いてしまった!という場合は季節にもよりますが、およそ2日くらいまでなら大丈夫と考えてよいでしょう。しかし、これが真夏だと話は違います。真夏に室内に冷蔵物を放置してしまうと一気に菌が繁殖しやすい状態へとなってしまうのです。食中毒を防ぐためにも常温に置くことのないよう気を付けましょう。

しかし例外もあります。冷蔵で販売されていないプリンも中にはあるでしょう。常温で販売されているプリンは防腐剤などしっかりと入っていることもあり、1~2ヵ月ほど賞味期限があります。どちらにしても購入する際は必ず賞味期限を確認しましょう。

プリンの冷蔵保存について

プリンの冷蔵保存は当たり前ですが可能です。むしろ冷蔵保存をしなければなりません。プリンの冷蔵保存は手作りだと賞味期限はもって1週間くらいと考えましょう。しかし衛生面を考えたら2~3日以内には食べきってしまうことをお勧めします。

また、食べかけのものは密封したうえで冷蔵保存をしましょう。これは市販、手作り関係なくにおい移りを防ぐために欠かせない対策です。ただ、一度手を付けてしまったものは一気に雑菌の繁殖が広がります。できれば1回で、冷蔵したとしても当日、または翌日までには食べきるように心がけましょう。

プリンの冷凍保存について

今回のテーマとなっている『プリンの冷凍保存について』ですが、プリンは冷凍保存が可能です。しかし注意しなければならない点もいくつかあります。次の項目で詳しくご紹介させて頂きたいと思います。

プリンは冷凍保存できる!

プリンの冷凍保存方法・保存期間・解凍レシピ3選

先述していますがプリンは『冷凍保存が可能』です。ゼラチンで固めたようなプリンは冷凍保存をしてもそのまま美味しく食べることができます。しかし、冷凍に向かないプリンというのがあるので予め注意しましょう。

それは『蒸しプリン』や『焼きプリン』というものです。この蒸しプリン、焼きプリンというのは水分量が多いため一度冷凍して解凍すると水分がにじみ出てきてしまいます。その結果、冷凍前とは比べ物にならないくらいべちゃべちゃとしてしまい、スポンジのような食感となってしまうのです。そうなってしまったら冷凍前の味を知っているが故にお世辞にも美味しいとは言えないでしょう。

プリンを冷凍しても美味しい?

プリンを冷凍保存して『美味しい』『美味しくない』というのは種類によって変わってくるでしょう。ゼラチンで固めたようなプリンは先述した通り冷凍保存をしていても美味しく食べることが可能です。

しかし『蒸しプリン』や『焼きプリン』は冷凍することによりプリンに含まれていた水分がでて来るので注意が必要です。水分を含んだプリンというのはスカスカで美味しくありません。もしも冷凍するのであれば、冷凍された状態でアイスのように食べるか、または半解凍のままシャーベット風に食べることをおすすめします。

凍らせると美味しい食べ物にプリンが浮上!

美味しい、美味しくないがはっきり分かれてしまうプリンですが、なんと、凍らせると美味しい食べ物にプリンはランクインしているのです。プリンを凍らせることで、先述したようにシャーベット風に食べることが可能です。そんな半解凍したシャーベット風プリンは口にふくむと、しばらくしたらねっとりと濃厚な味わいが口いっぱいに広がります。

ここで豆知識!アイスのようにして食べたい場合は予めプリンに棒を刺してから冷凍しましょう。そうすることで解凍する際に取り出しやすく食べやすくなるのです。

プリンの冷凍保存方法

プリンの冷凍保存方法・保存期間・解凍レシピ3選

プリンは冷凍保存が可能ということが分かりました。種類によって冷凍後の状態が変わってくるので予め注意が必要だと言えるでしょう。それでは早速ですがプリンの冷凍保存方法をご紹介させて頂きます。

プリンを冷凍保存してみよう

ついつい買いすぎてしまったプリン・・・捨てるのは勿体ないし、でも食べきれない、そんな時はプリンを冷凍保存してみましょう。保存方法はいたって簡単です。プリンは他の食材のにおいを吸収しやすいのでタッパーやフリーザーパックなど密封できる容器に入れるようにしましょう。ここでポイントが1点あります。フリーザーパックにプリンを入れる際は、しっかりと空気を抜いた上で封をすることをおすすめします。少しでも良い状態で保存できるようにしましょう。

また、封をしたプリンは冷蔵庫の奥にしまってにおいがあるものからは離しておきましょう。いくらフリーザーパックに入れているとはいえ隣同士に置いていたらにおいも移りやすくなってしまいます。ポイントを押さえることでより良い状態で冷凍保存できるはずです。

プリンの冷凍保存期間・保存した際の賞味期限

プリンの冷凍保存方法・保存期間・解凍レシピ3選

冷凍保存したプリンですが保存期間はどのくらいあるのかも重要となってきます。通常冷蔵の場合は1週間程度が目安となりますが、冷凍した場合の賞味期限は1ヵ月程度だと考えておきましょう。賞味期限が1ヵ月程度ということは保存期間も1ヵ月ということになります。

1ヵ月以上経過してしまうとプリンに霜が大量に増えてしまいます。そうなるとプリンの味がかなり落ちてしまい、美味しくないどころか食べられない状態になりかねません。せっかく冷凍保存しても捨てる羽目になってしまっては元も子もないので、冷凍保存したとしてもなるべく早く食べきれるよう心がけましょう。

プリンの解凍方法

プリンの冷凍保存方法・保存期間・解凍レシピ3選

冷凍したプリンは自然解凍していただきましょう。解凍時間10分ほどで溶けだしてくるので好みに合わせて解凍時間を伸ばすと良いです。固めのシャーベット状で頂きたい場合は10分ほどを目安に解凍し、しゃりしゃりぷるんとした食感を楽しみたいなら60分程度の解凍時間を目安にしましょう。

自分の好みに合わせてのんびりと解凍時間を待つのも冷凍プリンの醍醐味といえるのではないでしょうか。

冷凍プリンのクックパットレシピ3選

プリンの冷凍保存方法・保存期間・解凍レシピ3選

冷凍プリンはそのまま食べるのが美味!という声が多数ある中、冷凍プリンを使ったレシピもしっかりと健在しております。一体どのようなお菓子に変身を遂げるのでしょうか。気になるレシピ3選をご紹介させて頂きます。

とろ~り美味!冷凍プリンのカップケーキ!

プリンの冷凍保存方法・保存期間・解凍レシピ3選

冷凍プリンを使ったカップケーキレシピのご紹介です。材料は至ってシンプルで家庭にあるもので簡単に作れてしまいます。まず『市販のプリン冷凍もの』ケーキの土台となる『ホットケーキミックス』『たまご』そして『バターに砂糖』という材料はたったの5つです。

まずは市販のプリンを容器から出して切り分けましょう。溶かしバターに砂糖と卵、そしてホットケーキミックスをいれて混ぜましょう。できあがったタネを1/3程度型に流し込み一度焼いて取り出します。そこにプリンをぐりぐりとねじ込み・・・再度オーブンで焼いたら出来上がりです!

とろりととろけるプリンにアツアツのケーキで昼下がりのティータイムなんていかがでしょうか。

意外な組み合わせ!?煎餅×冷凍プリン

プリンの冷凍保存方法・保存期間・解凍レシピ3選

こちらも簡単レシピなので子供のおやつにもおすすめです。材料は凍らせた市販のプリンと煎餅のみという異色の組み合わせです。ここではチーズ煎餅を推薦していますが、お好きな煎餅でいろんな味を試しても良いでしょう。

作り方はとっても簡単で、煎餅にプリンの1/4を乗せてもう1枚の煎餅で挟むだけというシンプルイズベストと言えるでしょう。このレシピは薄焼き煎餅で挟むのがポイントです。パリッとした煎餅と冷たいプリンの食感にあなたもきっとハマってしまうでしょう。

冷凍プリンで夏にピッタリ♪スムージー

プリンの冷凍保存方法・保存期間・解凍レシピ3選

何もお菓子だけではありません。冷凍プリンを使ったスムージーレシピもあります。暑い夏におすすめなレシピなので必見です。材料も『市販のプリン』『アイスコーヒー』『牛乳』の3つのみというお手軽さも嬉しいです。

作り方は冷凍プリンを包丁で4等分にします。そして材料をすべてミキサーやブレンダーで混ぜましょう。一気にガーっとやってしまうのがポイントです。『ちょっと大人なほろ苦キャラメルマキアート』の完成です。簡単なのでぜひ試してみましょう。

冷凍プリンでカフェ風を楽しもう♪

プリンの冷凍保存方法・保存期間・解凍レシピ3選

プルンとしてそのままの食感を楽しみたいならやはり冷蔵保存が最適だと言えるでしょう。しかしどうしても期限が過ぎてしまう、食べきらない・・そんな場合は冷凍保存も可能なのでぜひ傷む前に冷凍庫へINしてあげましょう。

しかし冷凍プリンでのレシピや、冷凍したシャリプルン食感を好む人も多数いることから、特に夏はあえて冷凍プリンにしてカフェ風レシピを楽しんでみても良いでしょう。カラメルも入ったプリンはほろ苦く、少し大人な味わいを演出してくれます。様々なアレンジで自分だけのレシピを見つけてみましょう。

Related