Search

検索したいワードを入力してください

2017年09月08日

都市ガスとプロパンガスの違いと料金比較(主要都市別と世帯人数別)

ガスには都市ガスとプロパンガスといった2種類のガスがあります。どちらにも違いがあって生活スタイルによって選ぶガスは変わってきます。ここでは、都市ガスやプロパンガスの違いを紹介し変更したい方や契約を考えている方の参考にしてみてはどうでしょうか。

都市ガスとプロパンガスの違いと料金比較(主要都市別と世帯人数別)

都市ガスとプロパンガスの違い

都市ガスとプロパンガスの違いと料金比較(主要都市別と世帯人数別)

ガスには都市ガスとプロパンガスの2種類があります。生活するうえでどちらを使っていてもどちらが都市ガスかプロパンガスか見極めるのは難しいでしょう。では、都市ガスとプロパンガスにはどのような違いがあるのでしょうか。種類別に特徴を紹介していきます。

料金

都市ガスとプロパンガスの料金差は大きく違います。都市ガスは、プロパンガスに比べると料金は、半分以下や3分の2くらいでかなり安いです。プロパンガスは、毎月の費用は都市ガスよりも高い設定になっているので都市ガスと比べると使うたびに高くなってしまいます。ですが、初期費用の面を比較すると都市ガスのほうが初期費用は高く、プロパンガスは安くなっています。

そして、料金区分は都市ガスが公共料金でプロパンガスは自由料金という区分になっています。都市ガスでは、公共料金なので自由に価格設定できませんが、プロパンガスでは業者で決めることが出来るので都市ガスのほうが料金体制はわかりやすいです。

火力

都市ガスとプロパンガスの火力を比較すると、都市ガスよりプロパンガスのほうが火力が大きくなっています。ですが、一般家庭で利用する場合には、都市ガスの火力でも十分になっています。強い火力を必要とする飲食店では、必要になってくるでしょう。

熱量

熱量でもプロパンガスは都市ガスの2倍以上になっていてその分、火力も強くなります。熱量と火力が高いので、飲食店などの火力を必要とする場ではプロパンガスは重宝されています。家庭では、熱量も都市ガスの熱量があれば十分ですので、強い火力を必要とする場合に都市ガスよりプロパンガスは必要になってくるでしょう。

重さ

都市ガスとプロパンガスの原料は違っていて、都市ガスの性質はメタンを主成分とした天然ガスでプロパンガスはプロパン、ブタンを主成分の液化石油ガスになっています。そのため重さにも違いがあり都市ガスは空気より軽く、プロパンガスは空気より重くなっているのが特徴です。

この重さの違いからガス漏れがあった都市ガスは場合換気されやすいですが、プロパンガスだと低い位置にガスが溜まりやすく換気されにくいので事故になる危険が高いと言われています。

器具

都市ガスとプロパンガスでは熱量が違っているため、使うガス器具は違うものでなくてはなりません。都市ガス用のガス器具はコンロのガス穴がプロパンガスの器具より大きくなっているので実際に家庭で都市ガスとプロパンガスの火力の違いが感じにくくなっているのが特徴です。

都市ガスからプロパンガスに変更、またはその逆の場合でもガス器具を変えなくてはならないので気をつけましょう。

工事

都市ガスとプロパンガスでは工事費用も違ってきます。都市ガスを利用するためには引き込み工事が必要になり、工事費用は数10万円を超えてしまう場合が多くそのため都市ガスの初期費用は高めになっています。

プロパンガスでは、ほとんどの会社で工事費が無料になっております。これは、リースのような形で契約期間がある貸与となっているので減価償却をしていく形になっています。初期費用がかからないのですが、実際は毎月の料金に上乗せされているので負担していることになります。

ホース

ホースにも違いがあり都市ガスとプロパンガスのホースはどちらにも使うことができません。都市ガスとプロパンガスのホースは使用することはできますが、成分や熱量や圧力が違うので使ううちに劣化をしていき危険な状態になるので専用のホースを使うことが必要になってきます。

主要地域別料金比較

都市ガスとプロパンガスの違いと料金比較(主要都市別と世帯人数別)

地域によって都市ガスとプロパンガスの利用率は変わってきます。都市ガスは交通の便が発達した都市部での利用率が高めでプロパンガスは都市部以外での利用率が高くなっています。そして、地域によって料金も都市ガスとプロパンガスで大きく差が出てきています。ここでは、基本料金を元に地域別の料金を比較していきます。

北海道

北海道のプロパンガスの料金の平均価格は基本料金が2000円超えをしていて全国的にみても最も高い場所になっています。都市ガスの料金は、基本料金で約860円ほどでプロパンガスに比べると随分安くなっています。

東京

東京のプロパンガスの平均価格は1700円で他の都道府県と比べてみても安めの設定になっています。都市ガスの普及率が第一位の東京なのでプロパンガスの利用者は少ないですが人口が多いので全世帯でみると10%前後の割合で普及されています。

そのため平均価格も低めの設定になっています。都市ガスの利用料金は約700円ほどに設定されていてプロパンガスと比べても安いです。

愛知

愛知も都市ガスを利用している世帯は全国をみても高めです。ですが、他と比べると都市ガスの料金は平均して1400円ほどで高めになっています。プロパンガスの平均価格は1700円台で全国的にみても安くなっていて、愛知の都市ガス平均価格と変わらない価格になっています。

大阪

大阪の都市ガスは基本料金の平均価格は700円台で東京と変わらない料金設定です。都市ガスを利用している世帯も多く全国的にみて高いです。プロパンガスの基本料金の平均価格は1800円台全国的にもても平均並みの金額になっています。ですが、プロパンガスの利用数も大阪は高めです。

広島

広島の都市ガス基本料金の平均価格は800円台で平均並でプロパンガスと比べると安くはなっています。都市ガスを利用している世帯も全国で見ると他の地域より高い方です。そして、プロパンガスの基本料金の平均価格は1800円台でこちらも平均並の価格になっています。

福岡

福岡の都市ガスの基本料金の平均は900円台になっており、平均並の価格です。利用している世帯も全国で見ると高めで利用している人は多いでしょう。プロパンガスの基本料金の平均価格は1900円台で少し高めの価格設定になっています。

一人暮らしとファミリーでお得なのは?

都市ガスとプロパンガスの違いと料金比較(主要都市別と世帯人数別)

では、都市ガスとプロパンガスは一人暮らしの人と家族で住んでいる人ではどちらがお得になってくるのでしょうか。都市ガスは工事の際の初期費用が高いですが、毎月の料金はプロパンガスよりお得になっています。プロパンガスは初期費用がかからない分、基本料金は高いですが火力は都市ガスの倍あるので効率が良いのです。

なので、一人暮らしの方は賃貸になる場合も多いので都市ガスを使っているのなら都市ガスがおすすめです。ほとんど使わない場合だと毎月の料金もかなり安くなってくるので都市ガスがおすすめです。

家族で住んでいる世帯には、都市ガスもおすすめですが、火力が強くお風呂も早く沸かしやすく料理でも十分な火力で調理できるのでおすすめです。家族が多いと十分な火力があった方が過ごしやすい暮らしになります。

都市ガスとプロパンガスのメリット

都市ガスとプロパンガスの違いと料金比較(主要都市別と世帯人数別)

都市ガスのメリットは、毎月の料金が安く、地下に配管があるため邪魔になりません。他にも空気より軽いので換気されやすいため安全性の面でもメリットがあります。火力はプロパンガスほどではありませんが、家庭で使う場合には十分な火力になっています。

プロパンガスのメリットは、毎月の料金は高いですが、初期費用がかからず火力も強いので火力を必要とする料理などには便利です。そして、災害時に都市ガスだとなかなか復旧できませんが、プロパンガスだとすぐに復旧できるメリットがあります。

都市ガスとプロパンガスを理解しよう

都市ガスとプロパンガスの違いと料金比較(主要都市別と世帯人数別)

都市ガスとプロパンガスはさまざまな違いがありましたが、どちらにもメリットとデメリットがありました。地域によっては、普及があまりされてなかったり、利用するのが難しかったりする場合もあります。

そんな、二つのメリットやデメリットを理解して自分の生活に合ったガスを選ぶことが必要になってきます。ここで紹介した情報を元に自分にあったガス選びやガスの変更をしてみてはいかがでしょうか。

Related