Search

検索したいワードを入力してください

固定電話の必要性|小学校/一人暮らし/インターネット回線/会社

初回公開日:2017年11月19日

更新日:2020年08月28日

記載されている内容は2017年11月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「固定電話」の必要性についてどう思いますか?最近では、携帯電話やスマートフォンの普及で1人1台所持する時代になりました。手軽な連絡方法で、どこに居ても用をたせてしまう。そういった生活の中で「固定電話」は不必要なのか、何故必要になるのか考えてみましょう。

固定電話の必要性|小学校/一人暮らし/インターネット回線/会社

小学校での「固定電話」の必要性

固定電話の必要性|小学校/一人暮らし/インターネット回線/会社
※画像はイメージです

少し前までは、小学校に入ると連絡網が配られ、学校側からの急な連絡や、雨が降りそうな場合の遠足や運動会などの中止の有無の連絡は、連絡網を使って固定電話から連絡するというのが当たり前でした。そのため、この時代の固定電話の必要性はかなり高く、家に電話がなければかなり不自由なことが多くありました。

しかし、個人情報保護法が制定されてからは、各家庭の固定電話の番号も個人情報に当たるのではないかということで、連絡網を廃止する学校が増えてきました。小学生の親でも上に兄弟がいる家庭では、お兄ちゃんやお姉ちゃんの小学生時代や、親自身が小学生の頃は、連絡網を使い、固定電話で連絡するのが当たり前の時代だったので、連絡網の必要性を感じている親御さんも少なくありません。

しかし連絡網による電話連絡は、連絡がまわる可能性がある日は、外出を控え、ひたすら固定電話の前で連絡を待つわずらわしさは、固定電話による連絡のデメリットでもありました。最近は、スマートフォンの普及により、学校連絡は学校指定のシステムなどを利用し、メールで連絡する学校も増えています。

1人暮らしでの「固定電話」の必要性

固定電話の必要性|小学校/一人暮らし/インターネット回線/会社
※画像はイメージです

1人暮らしを始める人は、固定電話の必要性を感じているのでしょうか。

少し前であれば、何かを契約するときには、固定電話の番号を書くことが当たり前でした。固定電話の番号=ちゃんと住所が存在している証明のような意味合いがあったのでしょう。何かを契約するために、固定電話の必要性を感じている人も多くいたでしょう。

しかし、現在ではスマートフォンを持つ人が増え、固定電話の必要性が低いと感じる人も増えています。何か契約をする際の連絡先も、携帯電話の番号を書く欄ができ、連絡先の電話番号も、固定電話ではなく携帯でも可という文字が増えています。

1人暮らしの場合は、常にスマートフォンなど携帯電話を携帯している場合が多く、いつでも連絡が取れるため、固定電話の必要性はないと考えている人も増えてきています

インターネット回線のための「固定電話」の必要性

パソコンを使用する際には、インターネットに接続しなければなりません。その方法として一般的なのは、電話回線による接続方法です。

電話回線によるインターネット接続方法は、アナログ回線→ISDN回線→ADSL回線と変化をしてきました。以前はこれらの回線を契約するためには固定電話が必要だったため、インターネットの契約のために固定電話の必要性を感じている人が多くいました。

光回線とADSL回線

光ファイバーが整備され、ほとんどの地域で光回線によるインターネット接続が可能になったため、固定電話の必要性がないと感じる人も増えています。現在では、ほとんどの地域で光回線によるインターネットの契約が可能になってきていますが、一部地域では、光回線によるサービスが行えない場所もあります。そういった地域では現在でもADSL回線が使われています。

他にも光回線による契約は、ADSL回線の契約に比べ、月額使用料が高いことから、ADSL回線が良いと考える人もいます。固定電話があると、工事費などが安く済みますが、固定電話なしでもADSL回線の申し込みができる場合があります。そのため、ADSL回線にするために必ずしも固定電話が必要という訳ではありません。(場合によっては断られることもあるようなので、希望する場合は確認が必要です)

インターネット接続のために固定電話が必要であるかどうかは、住んでいる地域やインターネットの環境などにより、固定電話があった方が良い場合もあります。固定電話の必要性の有無は、人によって違うということが言えるでしょう。

会社での「固定電話」の必要性

ビジネスとして使う連絡手段としてメールでの連絡が急速に普及してきています。最近では、IT企業を中心に、固定電話を置かない企業も増え始めています。会社のホームページなどを見ても、問い合わせはメールや問い合わせフォームのみで電話番号が記載されていないこともあります。

スマートフォンの急激な普及により、社員同士の電話連絡は、インターネット回線を利用したskypeやチャットワークといったもので連絡することが増えています。また、顧客の連絡先の電話番号も、会社支給の携帯電話の番号を使われている場合もあります。

固定電話の有無と会社の信頼性の関係とは?

企業の場合、固定電話の必要性を感じていない会社が増えているのでしょうか。実際に固定電話を持たない会社もありますが、固定電話を設置していない企業の数は少ないでしょう。というのも、会社の固定電話の番号は会社の信頼につながることがあるからです。

固定電話であれば、固定電話がある=会社、事務所が存在するという証にもなりますが、携帯電話の場合、建物がなくても電話は持つことができます。会社とは名ばかりで形が存在していない可能性も考えられます。

新規で取引を行う場合は、固定電話の電話番号があるかないかということは、大切なチェックポイントにしている場合もあるでしょう。

ITの普及により連絡手段は、メールや携帯電話などを使うことは増えていますが、会社の信頼を得るという意味では、会社の固定電話はまだまだ必要性があると言っても良いでしょう。

「固定電話」加入権の必要性

固定電話を設置する場合、電話加入権を購入する必要性はあるのでしょうか。

電話加入権とは、NTTの地域会社に、施設設置負担金を支払い、加入電話を自宅(オフィス)に引くことができる権利です。少し前までは、電話加入権を購入し、電話を引くのが当たり前でした。しかし、月額の基本料金は割高になりますが、電話加入権は購入しなくても固定電話を設置することはできます。
最近では電話加入権が「ゼロ」円になるのではないかと言われています。もし本当に電話加入権が無料になった場合、今の段階で電話加入権を購入して固定電話を設置すると、損をしてしまう可能性があります。

固定電話の設置の必要性を感じ、新規で固定電話の設置を検討している場合は、電話加入権についてはよく検討し、電話を設置することをします。

新婚さんの「固定電話」の必要性

携帯電話とは違い、個人ではなく家庭への連絡手段となるのが固定電話です。結婚をして家庭を持った場合、固定電話の設置の必要性はあるのでしょうか。

通信販売での買い物も、携帯電話の番号だけでは支払い方法も特定されてしまうこともあります。固定電話がある=住所が存在する証明となるため、固定電話があった方が良い場合があります。例えば、固定電話の必要性を感じるのは以下のようなケースです。

・「社会的信用を必要とするとき」
家を購入するときや、必要とされるローンを組むときなどは必要となるでしょう。

・「災害時の連絡方法として繋がりやすい」
災害時はどこも緊急を要します。しかし、災害時は一斉に携帯電話が使われ、回線がパンクしてしまい、電話が繋がりづらくなることがあります。その場合、固定電話なら繋がりやすい可能性もあります。

・「地域・子供関係の連絡網への登録」
固定電話や携帯電話の番号のどちらを記載するかは個人の考えではありますが、固定電話がない場合、プライベートな携帯の電話番号を学校や地域の人に知らせなくてはいけなくなります。

このようなことも踏まえ、固定電話の必要性を検討し、家庭に固定電話を引くかどうか考えてみると良いでしょう。

店舗での「固定電話」の必要性

会社やお店などの電話には、固定電話の必要性は高いです。なぜなら、一般的な認識では会社やお店などの電話番号が携帯電話のみの場合、警戒心を抱く人が多いためです。配達専門のお店などの場合でも、固定電話の必要性はあるでしょう。配達中なので、電話に出られない場合も、固定電話から携帯電話に転送するなどの対応をした方が、お客様からの信頼度が高くなります。

固定電話には信頼性がある

携帯電話がこれだけ普及していても、会社やお店における固定電話の信頼性は高く、必要性が高いと言えます。例えば、新規店舗のチラシを作りポスティングなどで宣伝をするときに、固定電話の番号が記載されている場合と、携帯電話の番号が記載されている場合では、圧倒的に固定電話の番号が記載されている方が信頼されやすいという現状があります。

個人で使用する場合は、携帯電話の方が便利な場合が多いのですが、会社やお店の電話番号としては、固定電話の方が信頼性が高いとの認識が強く、固定電話の必要性を強く感じる人が多いでしょう。

携帯電話の連絡の取りやすさも利用しよう

お店の形態によっては、常時お店に人がいないという場合もあります。その場合、固定電話の場合は、電話に出ることができないため、いつかけても誰も出なければ逆にお店の信頼を落とすことになります。お店の電話として必要性を感じ、固定電話を設置してもこんな状況になってしまいますと逆効果になることがあります。

その場合は、電話の転送機能を利用すると良いでしょう。固定電話に出られない時間は、携帯電話に転送し、対応することでこのような場合の対処をすることができます。

固定電話のメリット、デメリット

Related