Search

検索したいワードを入力してください

2018年10月04日

模様替えのコツ|広く見せる/家具の配置/配色・部屋のテイスト

部屋の模様替えは自らの気分を変えてくれるものですが悩みも多いです。家具の配置・部屋の配色などは、自らがテーマを決めておかなければ上手くいきません。この記事では部屋を広く見せるコツや部屋のテイストについてもご紹介していますので、よければ読んでみて下さい

模様替えのコツ|広く見せる/家具の配置/配色・部屋のテイスト

生活に色どりを与える部屋の「模様替え」

家は個人にとって最も身近な居場所であり生活を営んでいく上で欠かすことのできない存在です。その中で部屋の模様替えは気分転換になったり自らの理想を叶えるための手段であると言えます。誰しもが「こんな部屋にしたい」という理想を持っているといっても過言ではありません。

今回はそんな模様替えをする際の部屋のテイストや、レイアウトのコツをご紹介しますので部屋の模様替えを考えている人は参考にしてみて下さい。

部屋のテイストとは?

模様替えのコツ|広く見せる/家具の配置/配色・部屋のテイスト

部屋のテイストとは簡単に言うと「部屋のテーマ」となります。冒頭でも伝えましたが部屋の理想はそれぞれ違うもので誰しもが考える事です。例えば「和」を部屋のテイストにすると配置する家具やレイアウトも「和」のテイストに合うものを選ぶ必要があります。

また、模様替えを納得のいくものにするためのコツとしても部屋のテイストを決めておくことが大切になります。ここでは主に部屋のテイストとして選ばれるものをご紹介しますので、自らが求める部屋のテイストとは何か考えてみてください。

模様替えテイスト1 「モダン」

「モダン」はテレビでも「モダン風」や「モダン的」といった、ワードを聞くことがあり模様替えにもテイストとして選ぶ人が多いです。モダンとは現代的・当世風といった意味があり、部屋でいうと「センスを感じられる・シンプル・スタイリッシュ」な部屋を指します。

モダンにも色々な種類がありますが基本となる色は「白」であり、モノトーンチックに部屋をコーディネートする人もいます。特徴的なのは金属やガラスなどの素材が使われたものを家具に選ぶことです。生活感が薄いスタイリッシュな部屋を演出するために、あえて温かみのある木などの素材より無機的なものを選びます。

また、どこまでの「モダン」を求めるかによって程度は違いますが、ナチュラルな部屋でもデザイン的なインテリアや家具の配置などのコツを取り入れることで「モダン」を演出することが可能です。

模様替えテイスト2 ポップ

ポップな部屋は、まるで夢の世界のようなカラフルさを演出するテイストです。その部屋にいるだけで楽しくなるような部屋を求めている人が好むテイストです。模様替えには部屋のバランスを考える必要があるためコツが大切になります。

ポップな部屋を演出する場合には赤やオレンジなどの強い色を置くイメージがありますが、バランスが重要です。机などの作業をする場所は色を少し抑えめにしたりなどの「コツ」を取り入れると良いでしょう。他にも家具にファンシーさを取り入れると「まさにポップ」な部屋になります。

また、多色ながら「薄い色」でまとめた「落ち着いたポップさ」が売りの「レトロポップ」なるものがあり、こちらは純粋な「ポップ」な部屋よりも万人に受け入れられやすい部屋になります。

模様替えテイスト3 和

和テイストはご年配の方はもちろん根強い人気のあるテイストです。模様替えで和テイストを求める場合には、落ち着いた雰囲気が漂う中で所々にオシャレさを演出するのがいいでしょう。

単純に考えると畳や障子などを使用した内装に温かみのある家具の配置が「和テイスト」に最も近いですが、あえて色鮮やかなソファやテーブルを合わせる「和風コーディネート」も人気です。

模様替えテイスト4 アメカジ

アメカジは、趣味を全面的に押し出したような部屋で「居心地の良い部屋」を求めている人や男性に人気です。例えば、部屋の中に自転車やサーフボードなどの趣味に使うアイテムを部屋に置いてしまう事で、自らが好きなものと近い場所で生活することができます。

アメカジテイストの模様替えをする際のコツは部屋の統一感を出すことです。アメカジテイストに相性の良いデニム色を所々に演出することで、ラフさを演出することができます。また「アメリカンテイスト」というくらいですから、ワンポイントに星条旗をモチーフにしたものや、星形のモチーフを取り入れるとアメカジ風の模様替えに一役買ってくれます。

模様替えテイスト5 カントリー

部屋のテイストで「カントリー」といえば木などの自然素材を基調として淡い色合いをコーディネートしていく模様替えになります。「カントリー」な部屋は物語の中に出てくるような温かみのあるものが多く、家具にも「カントリー家具」と呼ばれるものが存在しています。

カントリー調の部屋に模様替えする際にはメインのカラーを「白色・薄い茶色」でイメージしましょう。配色のコツは柄物は控え色を薄めに選ぶようにしましょう。家具を選ぶ際のコツは大きめなものよりも小さめなものを選ぶことです。これは部屋に圧迫感を与えないようにするためのコツとも言えます。

他にもカントリー調な部屋にする際にはコツとして、木目などの模様を部屋の温かさを演出するために活用します。ラグなどの敷物をする際には「薄茶色・クリーム色」などの薄い色で無地のものを選び、部屋の雰囲気を壊さないように配慮しましょう。

部屋を広く見せるためのコツとは?

ここからは「部屋を広く見せるためのコツ」をご紹介します。部屋を広く見せるためのコツといっても色々なものがあり、どのようなテイストの部屋に模様替えするにしても役に立つので参考にしてみて下さい。

コツ1 色の統一感で広く見せる

まずは「色」に関するコツです。家具や家電などの色がバラバラな部屋を想像してみて下さい。視界に入ってくる情報が多くて部屋が狭まって見えるのではないでしょうか。それに比べて色が統一されている部屋は、スッキリとした印象を与え部屋を広く見せることができます。ただし、色の統一感がコツでも「一色にしろ」という訳ではありません。

模様替えをする場合などには基調となる色を選び、それに合う色や主張しすぎない色を多くても五色ほどに抑えると良いということです。

コツ2 機能付き家具で部屋を広く見せる

機能付き家具を利用した部屋を広く見せるコツは誰でも簡単に実践できるコツです。例えば機能付きベッドには収納機能が付いているため、部屋に置かなければいけない収納スペースをなくすことができます。

模様替えの際には家具の買い替えも視野に入れて考えてみましょう。

開放感のあるオープンスペースとは?

ダイニングとキッチンがまとまっている「ダイニングキッチン LDK」が最も一般的なオープンスペースとして有名です。また、昨今では子供部屋をオープンスペースにして目が届くようにする家もあります。

家具配置のコツとは?

ここからは、模様替えする際にも気になる家具配置のコツについてご紹介します。

まず、家具の置き場所を決める際のコツですが大型の家具から順に決めていきましょう。大型の家具のレイアウトを決めておくことで、スムーズに配置できます。また模様替えする際には、必要な家具だけ配置することを心がけましょう。

また、生活配線については模様替えのレイアウトを決める段階で電源部分の場所を把握しておき、コンセントがあまり露出しない家電の配置を考えましょう。

部屋の配色のコツとは?

模様替えのコツ|広く見せる/家具の配置/配色・部屋のテイスト

ここからは部屋の配色についてのコツをご紹介します。模様替えする場合などは「カントリー・アメカジ・モダン」などのテーマがあるので必ずしも当てはまるわけではないですが、基本となる部屋の配色のコツとして確認してみて下さい。

壁の色

壁は部屋を囲う枠です。この壁の色によって部屋の雰囲気は大幅に変わってしまいます。模様替えで壁の色を塗り替える場合などは壁の色をよく考えなければいけません。

基本的には暗い色より明るい色の方が部屋を広く見せるとされています。家具などでも効果はありますが部屋の壁の方がその恩恵は高いです。なので部屋の壁には明るい色を選びましょう。一番シンプルで無難なのは「白色」です。

家具と壁の色

家具と壁の色は同系統の色にするようにしましょう。壁と家具の色が馴染んでいると広く見えたり部屋としての統一感が生まれます。

カーテンの色と高さ

カーテンを選ぶ際には性能なども考えて選ぶ必要がありますが「色」で悩むことも多いのではないでしょうか。カーテンの色は部屋の雰囲気を演出する協調色の役割を持っています。

基本的には部屋のベースとなる色に合わせるか観葉植物などのポイント色に合わせたりが多いですが、自らの好みと部屋のバランスによって変わります。

他にもカーテンを選ぶ際には部屋に合う「高さ」を正確に把握していかなければいけません。カーテンがあまって床についていては締りがありません。

コツを活用して上手に模様替えしよう

模様替えのコツ|広く見せる/家具の配置/配色・部屋のテイスト

模様替えをする場合には、テーマを元にして部屋を広く見せたり家具の配色や配置に気を配る必要があります。おそらく今回紹介したコツが全ての模様替えに当てはまるわけではありません。

部屋のテイストによって違う基調となる色や自らの好みがあるからです。しかし、1つ共通して言えることは、いかなる部屋に置いても「バランスが重要である」ということです。模様替えを行う際には部屋のバランスについてよく考えてみて下さい。

Related