Search

検索したいワードを入力してください

【色別】水垢の落とし方・車・風呂の鏡・椅子の水垢の落とし方

初回公開日:2018年03月01日

更新日:2020年08月28日

記載されている内容は2018年03月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

洗面台やお風呂でよく目にする水垢。あなたは正しい水垢の落とし方をご存知ですか。この記事では、家庭内の水垢や車の水垢をちゃんと落とす方法をご紹介しています。気になる、あの場所のお手入れ方法が知り方は、是非読んでみてください。

【色別】水垢の落とし方・車・風呂の鏡・椅子の水垢の落とし方

水垢の色によって落とし方は変わる!?

【色別】水垢の落とし方・車・風呂の鏡・椅子の水垢の落とし方
※画像はイメージです

生活をしていると、必ず目にする水垢。気になる方にとっては各場所のお手入れが大変ですし、放置すると落としにくい状態になったりと厄介な汚れの一つです。手に負えなくなる前に、定期的な水垢ケアを行うことをします。

今回は家庭の水垢を始め、車についた水垢の落とし方をご紹介します。近年、注目を集める重曹やクエン酸を利用した落とし方を中心に、多様な水垢の落とし方をご紹介します。

洗面台や水場でよく見る黒い水垢

【色別】水垢の落とし方・車・風呂の鏡・椅子の水垢の落とし方
※画像はイメージです

洗面台の蛇口付近で、黒い水垢がよく見ます。蛇口周り含め、水場で見る水垢の正体は石鹸カスや、水道のカルキ、手垢で汚れの場合が多いです。ただ、少し擦っても落ちない場合は水垢ではなくカビが発生しています。この場合は、カビキラーを始めとした塩素系カビ取り剤を使う方が多いでしょう。

しかし洗面台では歯磨きをしたり、顔を洗ったりするので強い洗剤を使うのは心配が残ります。そんな時は重曹とクエン酸での落とし方が良いでしょう。手順は、重曹を付けた歯ブラシに水を含ませ、汚れが目立つ場所を擦って掃除しましょう。落とせる汚れが落ちたら、次はクエン酸を粉のまま上から振ります。すると発泡し、汚れが浮いてくれます。

使い終わった歯ブラシは掃除用にまわそう!

【色別】水垢の落とし方・車・風呂の鏡・椅子の水垢の落とし方
※画像はイメージです

水場を始め、細かい凹凸が多い場所では歯ブラシが大活躍します。歯ブラシは元々凹凸の多い歯を洗うものですから、蛇口と洗面台の隙間についた水垢や、タイル状の隙間掃除といった凹凸が多い箇所の汚れの落とし方に向いています。

洗剤の中には、液状以外にもペースト状のものもあります。特に、しつこい汚れを落とす研磨剤入りのものはペースト状のものが多く見られます。こういった洗剤は、歯ブラシを利用した落とし方が掃除しやすいという利点もありますので、捨てずに取り置きしておきましょう。

うろこ状の白い水垢の落とし方

蛇口や鏡でよく見る、うろこ状の白い水垢。この正体は蒸発できずに残った水道のカルキやミネラル類です。この白い水垢はアルカリ成分なので、酸性のお酢やクエン酸を使った落とし方がベターです。白い水垢がついた場所に適した洗剤を利用するのも良いですが、場所によっては洗剤を使いづらい場所もあります。

お酢は料理で使うことが多いですし、クエン酸は食材に含まれる場合もあります。粉末状のものを買っておけば多くの場面で活躍してくれます。

日用雑貨で節約したい方、なるべく日用品をシンプルにしたい方は、お酢やクエン酸を使用した水垢の落とし方をマスターしていくと掃除も楽になります。

くもりが気になる食器はクエン酸で浸け置き!

コップやガラス製の食器に付着した水垢は、クエン酸を使用した落とし方が安全かつ便利です。分量は、水200ccに対してクエン酸は小さじ1が基本になります。浸け置きする食器に合わせて、調整してください。クエン酸水が準備できたら、あとは1時間浸け置きするだけです。これでピカピカのコップに蘇ります。

食器洗浄機、食器乾燥機にも白い水垢がよく見られます。ここで便利なのが、クエン酸水をスプレーボトルで作って振りかける水垢の落とし方です。ただしスプレーボトルを利用する場合、使う分だけ準備しましょう。クエン酸水は時間が経つと腐ってしまうので注意しましょう。分量は、水100ccにクエン酸小さじ1/2が基本。その後、足りなければ作り直すようにしてください。

車についた水垢の落とし方

雨の後に気になるのが車の水垢。黒や白の車は特に目立つので、毎日気になる方も多いのではないでしょうか。ここまでは、家庭でよく見られる水垢の正体や落とし方をご紹介しましたが、車に付いた水垢は、原因が家庭のものとは違ってきます。

まずは正体と、適切な落とし方を知りましょう。また、フロントガラスとボディでは落とし方も変わってきます。ボディに特殊コーティングをしている場合は対応方法に気を使う必要が出てきます。適切なお手入れ方法を知って、愛車を綺麗に保ちましょう。

車についた水垢の正体をまずは知る

【色別】水垢の落とし方・車・風呂の鏡・椅子の水垢の落とし方
※画像はイメージです

車に付着する水垢は、雨や大気中に含まれる油分が主な原因です。ワックスやコーティング剤を使用している場合は、これらが流れ落ちることで水垢になることもあります。車の水垢が目立つのは、雨が降った次の日が多いので雨だけが原因だと思う方も多いでしょう。

しかし安いワックスを使用していたり、強力でない場合は、保護用に使っているワックスが水垢の原因になる場合もあります。正し、全てのワックス剤やコーティング剤が悪いわけではありません。専門店でアドバイスを聞いて、品質の良いものを使用すれば、雨による水垢を軽減することもできます。使用する商品の吟味も、水垢予防の一助となります。

フロントガラスの水垢落とし

【色別】水垢の落とし方・車・風呂の鏡・椅子の水垢の落とし方
※画像はイメージです

フロントガラスは、運転のし易さにも直結するので特に気にされるでしょう。各席の窓やリアガラスにも、うろこ状の水垢が目立ちやすいです。中でもフロントガラスは、走行中に埃や空気中の汚れを受けやすいので、汚れやすいパーツと言えます。車のガラスの水垢の落とし方は、専用のうろこ状水垢を落とす洗浄剤を利用した落とし方がベストです。

重曹やクエン酸、お酢はボディを劣化させる可能性があるので使用は避けましょう。クリーナーを使っても落ちない汚れには、ガラス部分のみメラミンスポンジを使っても大丈夫です。メラミンスポンジは研磨作用があるので、ボディには絶対に使用しないでください。塗装が剥がれてしまいます。

洗車後はワックスで撥水加工を忘れず!

先ほど、車の汚れの原因にワックスが剥離してつく場合があるとご紹介しました。これは安いものや品質の悪いものを利用した場合です。洗車後はワックスで撥水加工をして、日々の汚れを予防することが大切になります。多くの種類が売られていますので、何を買えばいいかわからない場合は、カー用品店へ行って店員さんに相談してみてください。

ワックスを散布する時は、全体に満遍なく塗ることが大切です。スポンジにもワックスをたくさん取るのではなく、少量ずつとり、足りなくなったら追加するようにしましょう。そして塗り残しを防ぐため、全体を縦塗り・横塗り・縦塗りすると綺麗に仕上がります。

ポリマー及びガラスコーティング車

車がピカピカと美しく輝き、ワックスよりもより汚れを防ぐために施されるのがコーティング剤です。しかしコーティング剤も、汚れを全く寄せ付けないわけではなく、定期的なお手入れが必要となります。特殊なコーティングをした車だと、水垢がついた場合の落とし方も変わりますので注意しましょう。

まずは全体を水で洗浄しましょう。そして次に、車用シャンプーで洗います。この時に注意したいのが、研磨剤やシリコンオイルが含まれていないシャンプーを選ぶことです。水垢落としといった効能がないものを選ぶようにしましょう。細かい部分まで洗浄できたら、最後はマイクロファイバークロスで拭き上げして完了です。

Related