Search

検索したいワードを入力してください

2018年10月04日

ネックレスの修理料金の比較|東京/横浜/新宿/札幌など

ネックレスのお直し情報を紹介します。大事なアクセサリーは直しても長く使いたいと思うものですが、そんな時にどのような修理方法があるのか、日本国内のジュエリー修理専門店からブランド物の修理方法まで、詳しくご紹介していきます。

ネックレスの修理料金の比較|東京/横浜/新宿/札幌など

ネックレスの修理代金比較

ネックレスの修理料金の比較|東京/横浜/新宿/札幌など

毎日のおしゃれに欠かせないアイテムであるネックレスですが、ふとした瞬間に切れてしまったり金具が壊れてしまったりといったハプニングも多々あります。今回は、そのような時に役立つ修理屋さんの料金比較です。

修理と一口に言っても、壊れた個所や素材の種類によって修理費もさまざまです。そこで今回は、修理部分を①留め具部分の丸カン直し、②チェーン切れの二点にしぼり、素材は18金で紹介します。

東京都内の修理価格

東京都内にあるネックレスの修理屋さん、相場はいくらほどなのでしょう。後の見出しに新宿の比較もしているので、今回は別の地域、おしゃれな街、青山にある修理屋さんはどのような価格帯なのかをまとめました。

今回お世話になるのは、南青山の青山ジュエリースミスさんのサイトです。こちらでは、18金の丸カンの交換を2,400円+税で行っています。チェーン交換は、チェーンの種類によってもまた異なってくるのでしょうが、18金のベネチアンチェーンで3,500円+税となっています。おしゃれな街青山のお店でジュエリーを直すと、おしゃれ度がアップするでしょう。

横浜でのネックレスの修理

横浜にもジュエリー修理専門店が多数ありますが、相場はどれくらいなのでしょう。今回検索してみたのは、横浜そごう内にあるジュエリーリメイクby Yoshikiさんです。

18金素材のネックレスの丸カンの交換は3,240円から、切れたチェーンのロー付け溶接修理は2,160円からという価格設定になっています。こちらのお店は、素材ごとにいくらという細かな料金設定がウェブ上には載っていないため、修理代金がトータルでいくらかかるのかは、ネックレスを直接お店に持って行ってしらべてください。

新宿周辺のネックレス修理

新宿周辺のネックレス修理を請け負っているショップの値段はどのようなものでしょう。ウェブを検索してみると、とにかく情報量が少ない事に驚きました。どこのショップも、修理が必要なアクセサリーやネックレス類を見てからの判断になるという注意書きがあるばかりで、お値段はいくらからという情報があまりありません。

そんな中見つけたのがこちらのお店「Juliet」さんです。こちらは、東京近郊に8店舗ほど支店を持っておられ、その他横浜と鳥取にも一店舗ずつお店があります。こちらでの修理価格やチェーン切れのお直し一か所につき1,500円からというかなり良心的なお値段です。

残念ながら、丸カンの交換料金はホームぺージ上には記載がなかったのですが、ネックレスだけでなく時計やその他の宝飾品のお直しの料金も全体的にみて良心的なお店です。

札幌でネックレスのお直し

関東近郊から離れて、地方都市でのネックレスお直し料金に目を向けてみましょう。ジュエリー修理専門店のリッツグランデ札幌店さんの価格を見てみると、18金の丸カンの交換は1,800円から、切れたネックレスのお直しは一か所1,500円からとなっています。

ネックレスのお直しの値段は、18金と記載がされているわけではないですが、おそらくロー付けのお値段でしょう。なんといっても、こちらのホームページには「適正な価格と確かな技術で再び輝きが戻ります」と堂々と記載されており、腕に自信を持った職人さんに安心して修理をお願いできるお店です。

福岡でネックレスの修理をするには

福岡でのネックレス修理はどこのお店に頼むと良いでしょうか。ジュエリーリフォーム&リペアのお店は福岡にも何店舗もありますが、今回参考にしたのは福岡市中央区天神にあるジュエリーリフォーム&リペア ハナブサさんです。

こちらのお店では、18金のネックレス修理は1,500円から対応してくれます。丸カンの取り付け修理のみの場合、500円から対応してくれるますが、これは素材が何なのかによっても値段が変わってきます。

名古屋でネックレス修理

次に、名古屋のジュエリーリペア店を探してみましょう。やはり、地方の大きな都市には安定してリペアのお店が多くみられます。今回は、18金に焦点を置いて修理価格を調べていますが、名古屋でお店を展開している宝石工房ロメオさんの料金体系を見ていきましょう。

こちらの店舗では、修理一ケ所に付き基本料金1,000円からの料金体系になっており、レーザーでのロー付けは基本料金2,000円からとなっています。さらに、丸カンの交換も18金は大きさによって料金設定がされており、小は1,000円、中は1,500円、大は2,500円と、細かく記載されています。

自分の持っているネックレスの部品がどのサイズに当てはまるのかは、調べていった方が良いですが、明瞭会計が期待できそうなお店です。

梅田でネックレス修理

次は、梅田です。阪急梅田に入っているaidectさんをご紹介します。こちらのお店は、基本料金が設定されており、どんな修理を行っても基本料金の4,600円+税を払い、そこにさらに修理料金を追加して行く形になっています。さすが、大阪です。どこの都市のサイトよりも料金体系がきっちりしている感じがします。

切れたネックレスのロー付け修理であれば、基本料金のみで対応してくれます。丸カンの交換は、こちらのサイトでは着脱が楽なものに交換する場合のみの料金表示でしたが、基本料金+1,500円(+税)で対応してくれます。

基本料金には、ネックレスの磨きや修理後6か月の保証がついてくるので、修理後にトラブルがあってもきちんと対応してくれそうなお店です。

ブランド別修理料金比較

ネックレスの修理料金の比較|東京/横浜/新宿/札幌など

たかだか数百円のアクセサリーからブランド物に至るまで、人によって思い入れもこだわりもそれぞれでしょう。しかし、ブランド品を一つでも持っている人なら、それを大事に使い続けたいと思うのではないでしょうか。

今回は、そんな大事なブランドアクセサリーが壊れてしまった時に、それぞれの店舗はどう対応してくれるのか、ブランド別にみていくことにしましょう。

ティファニー

ティファニーのネックレスやアクセサリーが壊れてしまった場合、修理費用はいくらかかるでしょうか。

ティファニーのホームページで修理のQ&Aをみてみると、「Tiffany.comでご購入いただいた商品の修理は、全国のティファニーブティック にて承ります。商品をお持ちの上、最寄りのティファニーブティック へご相談ください。」となっており、詳細については一切かかれていません。

そこで、実際にお直しをされた方のレポートを見てみると、パールのネックレスの紐切れのお直しで2,000円、シルバーのネックレスのチェーン切れのお直しで4,000円ほどが相場です。ただ、実際にお店に持って行って状況を見ての判断になるので、それ以上かかってしまう場合も考えられます。

シャネル

次は、シャネルです。シャネルのアクセサリーもいいお値段です。やはり、良いものは修理しても長く使いたいと思うでしょう。

シャネルのホームページにも、修理の詳細のお値段は一切記載されていませんでした。しかし、ティファニーよりも強気だなと感じたのは以下の文章です。

「ブティックの専門スタッフは、修理期間中いつでもご対応し、ご質問にお答えします。 」「シャネル ファイン ジュエリーの正規リペアショップで行われていないメンテナンスは、ジュエリーを傷つけるおそれがあります。」正規リペアショップでのメンテナンスを大推奨しています。

しかし、ハイブランドだからこそお直しの料金が知りたいです。シャネルのネックレスなどでかなり多くみられるのが、ストーンを使ったアイテムです。このストーンが落ちることはよくあるようで、数人のユーザーの声をゲットできました。ストーン一つにつき1,400円程度でお直しできます。

せっかくのハイブランドアクセサリー、正規店でしっかりメンテナンスもらって使ったほうが安心できるでしょう。ハイブランドだからこそ、アフターケアもしっかりしてくれます。

ライオンハート

次は、ライオンハートというブランドです。主にシルバーのゴツめのアクセサリーを扱っているブランドです。こちらも、ホームページにはお直しの料金記載はなしでした。そして、正規店での修理を利用したユーザーの声もありません。

しかし、こちらはシルバーの製品なので、ロゴやペンダントトップなどの肝心なところが損なわれていなければ、普通の修理店に出してもよいでしょう。シルバー製品でしたら、金やプラチナと比べてもお安く直してくれるお店が多々あるので、正規店に問い合わせてからの判断でも遅くはありませんが、比較して判断されてもいいです。

ルイヴィトン

いわずと知れたハイブランド、ルイヴィトンです。革製品や小物が主だとおもっていましたが、ネックレスやブレスレットのようなアクセサリーもラインナップにあります。

こちらも、正規店でお直しをされた方のコメントが一切見つからないという現実で驚きました。アクセサリーよりも革製品がメインなので、皆さんはそちらを購入されているのでしょう。

リペア専門の一般のお店でお直しをされた方の情報によると、ネックレスではないですが、リングのサイズ直しで15,000円ほどかかります。ハイブランドの製品は、いつか売ることを念頭においてきれいに使われる方も多いでしょうが、修理をした製品に関しては、ご自身で長く大切にお使いになることをお勧めします。

ネックレスのお直しの方法

ネックレスの修理料金の比較|東京/横浜/新宿/札幌など

チェーン

種類にもよりますが、後から出てくるロー付けやチェーン自体の交換など、チェーンの状態よって修理のチョイスもさまざまです。熟練した職人さんが修理をしてくれるでしょうから、元の色と合ったお直しをしてくれること間違いなしです。

ワイヤー

パールやビーズのネックレスの場合、それらのパーツをつなぐために主にワイヤーが使われています。それが切れてしまった場合、そこだけを修復するというよりはワイヤーの全交換が基本になります。複雑に絡み合っているものの場合は切れた部分を修復することも可能ですが、基本的に一本いくら、何連のネックレスかなどでお値段にばらつきが出てきます。

ロー付け

主にチェーンのネックレスが切れてしまった場合、その切れた場所をレーザーで溶接することをロー付けと呼びます。地金の素材と合うように接合するのには、かなりの技術が求められるといえます。

ほつれたネックレス

長年おいておいたり、他のアクセサリーと絡まってしまったネックレスもお店で直してもらうことが可能です。自分で直そうとすると、作業が細か過ぎてイラっとします。そういう時は、お店に頼んでさっと解決してもらいましょう。

ネックレスのお直しは奥が深い

ネックレスの修理料金の比較|東京/横浜/新宿/札幌など

一言にネックレスを直すといっても、素材やネックレスの状態によってさまざまな技法があります。また、各お店でも職人の技法や値段が違うので、よく吟味して選ぶことにしましょう。いずれにしても、直してまでも使いたいと思う大切なアクセサリーですから、満足のいく修理方法で納得していつまでも使っていましょう。

Related