Search

検索したいワードを入力してください

2019年03月19日

スエードの靴の手入れ方法・水洗いの洗い方・おすすめ100均グッズTOP5

スエードの靴は、お手入れが大変なイメージはありませんか。雨に濡れただけでシミになったり、毛が倒れて見た目が悪くなったりするので、綺麗なまま履き続けるのには神経を使います。基本的なお手入れ方法のポイントさえ押さえれば難しくありません。

スエードの靴の手入れ方法・水洗いの洗い方・おすすめ100均グッズTOP5

クリーニングついでに洋服を預けてクローゼットすっきり!

KAJITAKU(保管付き宅配クリーニング)

シーズンが終わった服をしまおうとするとクローゼットがパンパンに・・・。
そんな方におすすめなのが「カジタク」

カジタクは保管付きの宅配クリーニングサービスです!
アパレル仕様の倉庫で最長9ヶ月洋服を保管してもらうことができます。

しかも、15点パックならコートもダウンも一律1,000円
預けたい洋服や数によって料金プランが選べます。

PC・スマホから簡単申し込み

スエードとはどんな革?

スエードという革はどんな革なのか、その素材についてまず確認ましょう。このスエードという革にも表と裏があります。それぞれは「銀面」「床面」などと呼ばれます。そしてその使用方法は使いかたなどにより異なってきます。

・一般的な革製品の場合=革の表面の「銀面」を使用します。
・起毛革の場合=革の裏側の「床面」を使用します。

2種類に分けられるのは使用目的に応じてですが、この起毛革がスエードのことです。この裏側に紙ヤスリなどでさらに毛羽立たせることで、あの独特なスエードの質感が生まれてきます。

スエードとヌバックの違い

ではこのスエードに似た質感の皮があります。見た目も触り心地もあまり変わりがないのが「ヌバック」です。その違いは使用する皮が表面か裏面かの違いです。

スエードが裏側(内側)を起毛させた革のことに対して、ヌバックは表面の皮(銀面)を鞣してから、サンドペーパーなどで擦り毛羽立てることで柔らかい手触りへと仕上げた革のことです。そのためこの2つには違いがあります。

スエード:起毛された毛足が長く、手触りが滑らかで光沢はあまり無く革は薄い。
ヌバック:起毛された毛足が短く細かく、より手触りが滑らかで光沢が強く革は厚め。

特に違うのが毛足の長さです。裏側の繊維を使うスエードは毛足が長くなります。「スエード」という名前は、スウェーデンで技法が開発されたからです。

スエードの靴の手入れ方法

実は難しいと思うスエード靴のお手入れは、おもったよりも簡単です。スムースレザー(ツルツルの皮)は磨き上げるという手間がかかり、使う道具もいろいろ必要になります。しかしスエードは使う道具も少なく、スムースレザーより手順が少ないお手入れ方法です。きちんと手入れさえすれば長く愛用できるのがスエード靴の特徴です。それは「3つの基本的なポイント」を実行することです。

・新品のスエード靴は履く前に防水スプレーをしましょう。
・履いてお出かけした日はきちんとブラッシングしましょう。
・スエード靴に着いた汚れはその日のうちに取り除きましょう。

基本的なこの3つのお手入れポイントをいかにきちんと徹底できるかどうかが、長くスエード靴を綺麗に履けるかどうかです。

簡単

スムースレザーの場合はクリームなどを使って「磨き込む」という必要がありますが、スエード靴のお手入れはブラシで汚れを取りあとは毛並みを整え「ブラッシング」するというお手入れです。

つまりスエード靴のお手入れは、ブラッシングが基本です。道具といってもブラッシング用の2種類の「毛ブラシ」と「ゴムブラシ」です。

履いた後にブラッシングをするだけということは、靴クリームを付け磨き上げるというお手入れが要らないだけでも実に簡単です。

毛ブラシ

ブラシにしても「豚毛ブラシ」「馬毛ブラシ」またカラーに合わせてお使いの方もいらっしゃいます。スエードの基本的なお手入れにはブラシの数を揃える必要はありません。(画面左下の小さいのはクリーム用のブラシでスエード用ではありません。)

ホコリを取り去るためのブラシです。外出すれば当然ホコリが足元につきます。ほおっておくとスエードの毛足の中に入り込んでしまうのでできることなら履いた日にはお手入れしましょう。

①スエード毛並みに逆らうようにブラシを使ったお手入れです。=ホコリ取りのためです。
②次に毛並みに沿ってブラシを使いお手入れします。=毛並みを整えるためです。
※注意点は力加減です。スエード靴の毛が抜ける危険がありますので、優しくブラッシングしましょう。

ゴムブラシ

スエード靴の毛の奥の方にホコリなどの汚れが溜まってしまった時のお手入れに使用します。ゴムブラシを使うお手入れで、スエード靴の毛が立ち上がり綺麗になります。その後には毛のブラシをかけるお手入れで毛並みを整えます。

消しゴム

お気に入りのスエード靴が汚れてしまうとショックです。そんな時どうしますか。諦めるという人に一言「諦めるのはまだ早い」。焦らずもう一つの手入れ方法で対処しましょう。

もちろん軽いホコリなどの汚れのお手入れなら、ブラッシングという方法のお手入れだけでもきれいになります。でも、ブラッシングだけで落ちない場合もあります。そのような時には「スエード靴用の消しゴム」を使ったお手入れをしてみましょう。

消しゴムタイプは、スエード靴の汚れに気づいた時、サッとお手入れすれば汚れが落とせるという点がポイントです。鉛筆を消す容量でとても簡単なお手入れです。意外と綺麗になりますから、この消しゴムでのお手入れもためしてください。

ただし「もうちょっと」と無理に擦って落とそうとしてると、スエード靴の革の色が落ちる場合もあります。ある程度やっても綺麗にならない場合は諦めてください。

革専用汚れ落とし消しゴムスエード用

スエードの「靴・鞄・ベルト・ジャケット」などの汚れを、まるで消しゴム感覚で落とせるのがこの汚れ落とし消しゴムです。以前は砂消しゴムタイプの時代もあったそうですが、そんなお手入れ法ではスエードを傷めてしまいます。

スエードやベロアなどの特徴的な起毛皮革の汚れを、やさしくお手入れすることができるように開発されました。この汚れ落としスエード用消しゴムは、繊細な細かさの繊維状の消しゴムを採用しています。水や洗剤を使用しないので、シミの心配もありません。

・サイズ : 35×55×10mm
・材質 : 合成ゴム、発泡メラミン
・携帯用保存ケース付き
・Amazon参考価格:758円

薄い色の靴だと汚れが目立ちますが、これで少し擦ると目立たなくなります。消しゴム感覚で汚れを落とすことができ、消耗も少ないので長持ちするしとても重宝しています。

出典: https://www.amazon.co.jp/C-C-C-%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%B... |

「お手入れ方法」の動画ご紹介

言葉で説明するより実際に目で見た方が分かりやすという人に、動画もご用意いました。その方法には多少の違いがありますがご自分のやりやすい方法でお手入れしてください。

スエード靴のブラッシングについて

スエード靴のお手入れでとても大切なことは「ブラッシング」です。ではどんな道具が必要でしょう。まずはブラシなどについてご紹介します。

天然馬毛ブラシ

天然馬毛を100%使用した、靴磨きに最適なブラシです。ボディにはアメリカケヤキを採用し見た感じも良く耐久性もあります。大きさも手にジャストフィットで握りやすい設計です。

スエードのお手入れにブラッシングする場合以外にも、スエード以外の靴に靴クリームを伸ばす時、使い勝手が抜群でお手入れ用品としておすすめの一品です。

・サイズ:16cm×5.2cm×4.4cm
・毛の長さ:2cm以上
・材質:馬毛、ケヤキ
・Amazon参考価格:999円

馬毛使用で硬さが丁度よいです。革製品の汚れ払いやクリーム塗りに使いました。硬さが程よいので傷つかずクリームの伸びが良いと思います。後形状が手にしっくりきてとても持ちやすいです。この品質でこの値段はとてもコスパ良いと思います。とてもおすすめな品です。

出典: https://www.amazon.co.jp/AngLink-%E9%9D%B4%E7%A3%A8%E3%81... |

スエードブラシ(軟質ゴム)

このスエードのお手入れブラシはドイツの老舗ブランドREDECKER社の製品です。ゴムは柔軟性がある品を貼り付け、とても良く汚れが落とせます。仕上げ用にも汚れ落しにも両方の用途に使用可能です。

・サイズ:約12cm 約4cm / ゴム約1.5cm
・材質:ブナ、軟質ゴム
・Amazon参考価格:1,500円

スエードの砂埃汚れが良くとれます。強くこすっても色落ちしませんし、お手入れに最適です。

出典: https://www.amazon.co.jp/REDECKER-%E3%83%AC%E3%83%87%E3%8... |

[ペダック] クレープブラシ

スウェードやヌバック、べロア専用のブラシです。1955年創業のペダックは、ドイツ最大のフットケアメーカーです。天然ゴム使用で起毛された素材を、お手入れで傷めることなく汚れを簡単に落とします。

・Amazon参考価格:1,512円

自分が普段履いている靴の殆どが起毛性皮革製品なので、常に靴のケアを心がけておりこのクレープブラシが無いとケアが困難であるため今回で二本目の購入になります。ただ使い込んでくると生ゴム部分がベタベタして固まってしまいます約週一回程度で役3年ほど持ちました。今はこれ以上の物は見当たりません。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%83%9A%E3%83%80%E3%83%83%E3%8... |

スエード用ブラシ クアトロブラシ

スエードなどのお手入れ用起毛皮革用の4WAYブラシです。

・ブラックのブラシはスエードやヌバックなどの起毛靴や鞄のお手入れに使用してください。
・中央部分にはワイヤーとナイロン使用のお手入れ用ブラシです。ソフトですが汚れはしっかりブラッシングができ汚れを取ります。
・ナイロンブラシで汚れとほこりを取り除きます。
・側面部分と裏面でつぶれた毛のテカリを取り戻し、頑固な汚れの手入れの場合には吸着させ落としてくれます。
・Amazon参考価格:648円

Timberlandのスエード ヌバック用で購入。
家に帰ってきて、ちょっとした汚れを手軽にササッと手入れできる使い勝手の良さ。横やつま先部分のちょっとした汚れもゴム側の方で落ちる。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%8... |

スエードの靴は水洗いで手入れできるのか・洗い方

ブラッシングでも消しゴムでもどうしても汚れが落ちない場合、そんなときには「スエード靴の丸洗い」という究極のお手入れ法があります。

スエードは雨に濡れるとシミになります。本当に洗っても大丈夫かと心配になりますが、そのためにもぜひ一読して欲しい情報です。

その最終お手入れとしての秘密は、靴の汚れた部分を洗うのではなく全体をしっかり洗うことが秘訣です。この方法でシミもできず綺麗にお手入れができます。

準備するもの

・ブラシ
・雑巾
・シャンプー
・スポンジ
・防水スプレー

《丸洗いのお手入れ手順》
①靴全体をブラッシングして落ちる汚れは落としてください。
②濡れた雑巾で靴全体を湿らせます。
※直ぐに水に浸け内でください。シミができる場合があるので注意してください。
③スポンジを十分濡らします。シャンプーをスポンジに染み込ませ、泡立ててから靴を洗います。
④外側だけでなく内側や靴底も洗います。
⑤スポンジのシャンプーを綺麗に流し、スポンジで靴のシャンプーを吸い取るようにしてシャンプーを取り除いていきます。できるだけ靴に水が染み込まないようにします。
※面倒な手入れですがシャンプーが残ったままだと汚れの原因になりますので、丁寧に繰り返します。
⑥日陰で風通しの良いところで乾かします。
※新聞紙を靴に詰めると乾きが早くなります。ある程度乾いたらシューキーパーで形を整えましょう。
⑦十分乾燥したら、最後のお手入れとしてブラッシングし毛並みを整えます。防水スプレーを付けお手入れ完成です。並みを整え、防水スプレーを吹き付けておきましょう。

「水洗いお手入れ方法」の動画ご紹介

歯ブラシ

「歯ブラシ」これが意外と役に立つ優れ物です。特に細かな場所の汚れには大きなブラシではお手入れがしにくいですが、歯ブラシならそんな細かい場所にも届きますのでとても役に立ちます。お手入れに準備する物の中に歯ブラシも入れておいてください。普段のお手入れの際にも便利な代物です。

状況別のスエードの靴の手入れ方法

靴は外出の際に履きます。するとどうしてもホコリなどで汚れてしまうのは仕方がないことです。だからこそ「履いたら手入れが必要」なことは重々承知です。でもこれがスエード靴となるとお手入れが大変だからお手上げというところです。しかし汚れが付いたままだとせっかくのお洒落でソフトな感触が決め手のスエード靴の特性がなくなってしまいます。

そして「汚れ」だけではなく「カビ」や「色あせ」といった問題もでてきます。そんな問題点別に対処法のご紹介です。

汚れ

とにかく汚れたとおもったら、まずブラッシングしてください。軽いほこりなどの場合はそれだけでも落ちることもあります。特にスエードの靴は手入れを怠って汚れを放置すると、落ちにくくなってしまいます。

カビ

冬に活躍したスエードブーツを出してみたらにカビが生えていたということもあるでしょう。そんな時はまずカビの部分を拭き取り、全体をブラッシングしましょう。

ブラッシングで落とせたらラッキーですが落ちない場合には、おもい切って「スエードシャンプー」を使って、丸洗いしてしまいましょう。

その場合にはカビの発生した部分だけを洗うということでではダメです。必ず全体を洗いましょう。カビの部分だけ洗うと、そのカビの部分だけが色抜けしてしまう可能性もありますのでおすすめできません。

スエードシャンプー

スエードとヌバック専用のシャンプータイプのクリーナーです。汚れや雨ジミなどや長期間履いて全体的にひどい汚れなどが付いてしまった靴をきれいに落としてくれます。素人でも簡単な使い方で起毛皮革靴の履きシワや型崩れも修正可能です。

・内容量:300ml
・Amazon参考価格:1,620円

カビを生やした上に、普通の革用のクリーナーを使用してしまったことから、取り返しの付かない状態になったスエードのブーツ。靴のクリーニングに持って行っても良かったのですが、あきれられること必至なので自分でやってみようと購入。まんべんなく濡らすと、どこがクリーム染みがあるのかわからなくなってしまったので、台所用のスポンジを使い泡立てて全体を丁寧に洗い、泡を拭き取った時はけっこう水が染料で染まり、さらにウエスでポンポンと水を拭き取ったらウエスも染まりました。中に乾いた紙を丸めたものを入れてブーツを立ち上げた状態で陰干しすると、意外に色落ちしておらず、びっくりするほどきれいになりました。
色補正と撥水のスプレーで仕上げするか迷いましたが、グレーのブーツももクリーニングしたくなったので、仕上げは革栄養&撥水のスプレーを選びましたが全然OK。こんなに簡単にしかも美しくクリーニングできるなんて驚きでした! 容器が大きいのでまだまだ使えそうです。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A8%E3%83%A0%E3%83%A2%E3%8... |

色あせ

スエード靴を長く愛用し履いた場合、色が褪せてしまいます。色あせすると見た目もみすぼらしくなります。お気に入りだからこそ残念です。そんな時には「色を入れましょう」その方法にはスプレータイプとリキッドタイプがあります。両方のおすすめ商品をご紹介します。

《カラー選びのポイント》
スエード靴のカラーに合わせて選びますが、ぴったりと合う色がない場合は薄めのカラーを選んでください。重ね塗りでだんだんと色を濃くできます。

スプレータイプも塗り重ねることで色を濃くすることができますが、しっかり色を入れたい時は補色スプレーよりリキッドタイプのほうがおすすめです。

ヌバック・スエード 補色ミスト

色あせしてしまった起毛革のカラーを補うことで鮮やかにカラーが蘇る補色剤です。また、ローズヒップオイルを配合することで「保湿効果」と「保革効果」もあり、お手入れすることで革の柔らかさを保つことができます。拡散しにくいノズル設計ですから必要な部分に噴霧することが可能です。

《使用方法》
①濡れている場合はしっかり乾燥後、ブラッシングで毛並みを整えてます。
②靴から30cmほど離したところから、靴全体にスプレーします。
③なま乾きの状態でブラッシングで毛並みを整えましょう。

・カラー:全10色
・容量:22ml
・Amazon参考価格:1,080 円

コロンブス スエードカラーシューケアスプレー

起毛革(スエード・ヌバック)に最適なスプレータイプの手入れ剤です。合成スエードにも使用できます。しなやかさを保ち耐水性も与え、その上通気性まである補色剤で色彩を鮮明に蘇らせます。ご希望のカラーにするためには、1度で染めるというのではなく何回かの作業で繰り返し行うとムラができません。

・カラー:クロ、コーヒー、キャメル、ベージュ、レッド、ダークブルー、ムショク
・内容量:65ml
・Amazon参考価格:980円

スエード用保革・補色 スエードカラーダイムリキッド

スエードやヌバックなどの起毛皮革用の補色剤です。フランスの老舗ブランドで補色だけでなく栄養剤の役目も果たします。

リキッドタイプで先端にスポンジが付いていますので、塗りたい部分にポイントで着色可能です。スプレータイプの場合は染めたくない箇所へのマスキングが必要ですがその手間も必要ありません。また床などの周りを汚さないので手軽に補色作業ができます

カラー調整は一度に着色しすぎないことです。リキッドタイプで薄付きなので濃く染めたい場合は、2度3度と数度に分けて重ね塗りすることでお望みの濃さに調節してください。

・カラー:グリーン、ブラック、グレイ、キャメル、ダークブラウン、ネイビー、ボルドー
・サイズ:幅4×奥4×高15cm
・容量:75ml
・Amazon参考価格:1,080 円

購入後一年間でかなり退色したニューバランスのMRT580KCに使ってみました。3〜4回の重ね塗りで良い色合いに戻り、大変感激しました。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%9E%E3%8... |

コロニル ヌバック+テキスタイル ボトル

色あせが気になる起毛皮革のカラーを蘇らせる補色剤です。フッ化炭素樹脂を配合することで深くの繊維まで浸透し防水効果も与えてくれます。スプレータイプではなく、スポンジアプリケーター方式ですので、塗りやすい形状です。

《使用方法》
①表面のホコリや汚れを起毛革用ブラシで落としましょう。
②良く容器を振ります。スポンジアプリケーター中央部にある赤いストッパーを押し付けることで解除し、その後塗ります。
③乾く前に起毛専用ブラシでブラッシングしましょう。この作業は毛並みを整えるためです

・内容量:75ml
・成分:フッ化炭素樹脂、プロパノール、染料
・カラー:ブラック、ブラウン、ダークブラウン
・Amazon参考価格:975円

店頭ではなかなか見かけないスウェード用の補色剤なので、迷わず購入。溶液が薄いので複数回塗っていけば、問題なく色が甦ってくる。塗って乾かすということを繰り返すので、色ムラといった失敗が少なくていい。他商品よりも容量も多く満足。

出典: https://www.amazon.co.jp/Collonil-%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%8... |

スエードの靴の手入れをする100均グッズ

こちらがスエード靴に限らない、一般的な靴のお手入れに必要なグッズ道具たちです。ブラシ・クリーム・布などです。もちろん他にもいろいろなカラーのクリームなど必要となります。

もし100円ショップに良いものが有ったとしたらどうでしょう。今回はそんな100円ショツプの靴のお手入れグッズの中から評判の品を探してみました。

スエード・ヌバック用靴ブラシ

100円ショップに「スエード・ヌバック用靴ブラシ」がありました。100円ショップで購入できる専用ブラシですがかなり高性能で、その上1台4役の優れ物です。

長い起毛革用、そして反対側は短い起毛革用、汚れと利用のヘラ(ブラシでは届かないような溝部分に使用)とエッジ用(ヒールやコバの埃用)です。スエードの表面を撫で汚れを落とすと、ブラシの先端は真っ黒になります。しかし洗うことで元に戻り繰り返しの使用も可能です。

靴専用クリーナーシート

100均で一番人気はこの「靴専用クリーナシート」です。ササっと拭くだけで見違えるようにきれいになります。ウェットタイプのシートですから靴の表面だけでなく靴底の汚れも拭きるといいでしょう。手軽な使い捨てなのも人気の秘密です。

靴磨きスポンジ

ただサッと撫でるように拭くだけで簡単にツヤも出るという優れものが「靴磨きスポンジ」です。カバーを外してササっと玄関先でできますので、お手入れするという程でもなくお出かけ前にも重宝です。

靴用ブラシ

これは100均にある靴洗いようのブラシですが、これも硬いものと柔らかいものがあります。スエード靴のホコリ取りには便利なグッズです。

100均のシューズキーパー

このシューズキーパーは100均で見つけたのですが「150円」に値上がりしました。しかし本来のシューズキーパーはかなり高額ですから、何足分も靴のお手入れに欲しい人にはこれはお買い得です。

防水スプレー

防水スプレーまで100均で販売されています。革靴(スエードを含む)にとって防水は必須です。十分な効果がありますが、ご使用前に注意書きを読み目立たない場所で試してください。

100均チェーンのダイソーで販売されている防水スプレーがこちら。青と白のストライプのカラーに「Waterproof Spray」「防水スプレー」の商品名に加え“DAISO”ロゴの入ったオリジナル商品で、100円で購入することができます。

出典: https://mitok.info/?p=52160 |

100均と侮れない優れもの

汚れを落とすのに欠かせない「靴用ブラシ」の種類も豊富で、一般的な毛足の長い物からさまざまなタイプのブラシが揃っています。また「靴用クリーム」も無色、黒、ブラウン、などと缶に入ったタイプと、液体のスポンジタイプがあります。 靴用クロスもあり汚れ落としからツヤ出しまで揃っています。そして靴用の防水スプレーからシューキーパーまでも販売しています。

100均ではと思われるでしょうが、靴のお手入れはまず行うということが重要です。100均でも十分ブラッシング効果はあります。ただし、靴クリームはそんなに使うものではありません。とても長い間使用できますので、靴を購入の際に靴やさんで最適な品を購入されることをおすすめします。

おすすめのスエードの靴の手入れセット

靴のお手入れセットは履くタイプや素材カラーによりいろいろな違いがあります。どのタイプにも必要なのは、ホコリ取りのブラシでしょう。後はスムースレザーなどのように光沢が命の靴の場合には磨く作業が必要です。また艶出しや傷、色落ちには靴クリームが必要です。

それに対して毛足のあるスエードなどにはこの艶出しという作業は必要なく、その分ブラッシングで埃や汚れを取り除く作業が必要で、そのための特殊なブラシを準備します。

おすすめのスエードの靴の手入れをするスプレー

スエード靴には2種類のスプレーが活躍します。その1番目が「防水スプレー」です。他の皮よりスエードは水が付くとシミになりやすいため、購入後履く前にスプレーされることをおすすめします。この防水スプレーをするとしないとでは格段の差が出てきます。まず、汚れが付きにくくなります。もし汚れた場合もブラッシングで簡単に汚れが落とせます。そして、雨の日にはいた場合にもシミになりにくくなります。

2番目が「補色スプレー」です。長い間愛用していると色あせてきます。またシミがでてしまうこともあります。そんな時に使用するのが補色スプレーです。(色あせのコーナーでご紹介しています。)

スコッチガード 防水・防汚スプレー スエード靴専用

スエードの場合シミができやすいというデメリットがあります。撥水効果がこのシミを防ぎます。皮革用(特殊フッ素剤)を使用し革に浸透するので、防水効果と防汚効果が期待できます。通気性を保ちながらスエードの風合いも維持します。

《使用方法》
①靴が乾いた状態でブラッシングし汚れを落としましょう。
②目立たない部分でテストし色落ちなどがしないか確認してください。
③風通しの良い屋外で作業しましょう。噴霧は15cm以上離し全体にムラにならないようにスプレーします。
④8時間以上乾燥してください。

・内容量 :170ml
・成分:フッ素樹脂、アセトン、石油系炭化水素
・サイズ:52x52x180mm
・Amazon参考価格:1296円

[コロニル] 防水スプレー レザープルーフ

起毛皮革製品用(スエード・ヌバック専用)に開発された防水スプレーです。ゴアテックス製品にも使用可能です。その特徴はフッ化炭素樹脂とシリコンオイル配合することで「通気性」と「防水効果」を兼ね備え、ホコリや汚れを防御する効果があります。

・内容量:250ml
・Amazon参考価格:1,944円

お気に入りのスエード靴をいつまでも美しく履きましょう!

スエードは起毛されているため「暖か」なイメージが感じられ、日本では秋冬素材として使われることが多いのですが、海外では「丈夫な素材」として認識され1年中愛用さています。

そんなスエード靴は起毛されているため「お手入れが難しい」と思われますが、意外と簡単で「ブラッシングに始まりブラッシングに終わる」という至ってシンプルなお手入れ法です。カジュアルにも、セミフォーマルにもおしゃれ感覚で履くことができますので季節を問わず履きこなしましょう。

Related