Search

検索したいワードを入力してください

2019年03月19日

革製品の手入れ方法|革財布/革底/スニーカー/革小物

お気に入りの革製品を長く大切に使っていくためには正しい手入れの仕方を知っておくことが必要です。ここでは、革製品別の手入れの仕方、革手入れ用のオススメの道具などを紹介します。手入れすればするほど愛着が持てる革製品。大切にケアしましょう。

革製品の手入れ方法|革財布/革底/スニーカー/革小物

クリーニングついでに洋服を預けてクローゼットすっきり!

KAJITAKU(保管付き宅配クリーニング)

シーズンが終わった服をしまおうとするとクローゼットがパンパンに・・・。
そんな方におすすめなのが「カジタク」

カジタクは保管付きの宅配クリーニングサービスです!
アパレル仕様の倉庫で最長9ヶ月洋服を保管してもらうことができます。

しかも、15点パックならコートもダウンも一律1,000円
預けたい洋服や数によって料金プランが選べます。

PC・スマホから簡単申し込み

革製品と長く付き合うために?

気に入った革製品に出会ったなら、長く付き合っていきたいでしょう。特に革製品がだんだんと手に馴染んでくる感覚や色が変わって行く感覚は本当に楽しく、革製品を大切に使い込みながら育てて行くことができます。

年月をかけて革製品がだんだんと馴染んでくるためには手入れは欠かせません。正しく手入れをしてあげることで、更に革製品の良さを引き立てて行くことができます。では、正しい手入れ法は一体どのような手入れ法なのでしょうか。

分かっているようで分かっていなかった基本的な手入れ法を始め、革の種類ごとの手入れ法や革製品ごとの手入れ法などについてご紹介していきます。

初心さんでも大丈夫な基本的な革の手入れ方法って?

「革の手入れって大変なの、面倒臭そう」と心配になる方もいらっしゃるでしょう。初心者さんでも大丈夫な簡単な革の手入れ法についてご紹介していきます。

毎日できる簡単な手入れ法

毎日でもできる簡単な手入れ法は、革製品を使用後優しく埃を落としてあげることです。ブラシを使って埃を落とします。

この時に特に気をつけたいのが、縫い目の部分です。縫い目は埃やゴミが溜まりやすいので、しっかりと汚れを落としてあげましょう。この時絶対にこすり付けるようなことはしないようにしましょう。あくまで優しく、なでるように汚れを落とします。

オイルを塗ろう!

時々は、オイルを塗って革の潤いを取り戻してある必要があります。オイルを塗ることの目的は、革に潤いを与え革製品が傷つかないようにプロテクトすること、そして革のひび割れを防ぐことです。

手入れの目安は、革製品を手で触ってざらつきを感じるようになった時です。ざらつきを感じたなら、手入れのタイミングだと思いしっかりとオイルケアをします。

オイルケアの方法

やり方は簡単です。まず、手入れに必要な道具を揃えます。道具は、ブラシ、革専用のオイル、布巾が2つです。まず、ブラシを使って汚れを落とします。その後、オイルを一円玉の大きさ程とります。そして、布巾を使って革製品にオイルを馴染ませていきます。

コツは素早くすることです。あまりゆっくりとしているとその部分がダマになり、シミになってしまうことがあります。あくまでもササッと素早く終わらせましょう。オイルを全体に行き渡らせたら、1時間ほど馴染ませます。

この時の注意点は、陽の当たらない場所に革製品を置くことです。簡単ですぐに終わる手入れ法です。この手入れを行うか行わないかによって、革製品がどれだけ長持ちするか、ちゃんと馴染んでくるのかが決まってきます。せっかく気に入って買った革製品を大切に手入れし、育てていきましょう。

革製品の手入れ法って違うの?

基本的な革の手入れ法を紹介しましたが、財布、カバン、靴など革製品によって、使われる頻度や痛み具合は違ってきます。ここでは、革製品ごとの簡単な手入れ法をご紹介していきます。

財布

財布は毎日使うものです。お札、小銭、カードがしっかり入り使いやすい、自分のお気に入りの大きさ、デザインのものを見つけた時は本当に嬉しいです。そして、お気に入りの革財布は大切に長く付き合っていきたいでしょう。

毎日使い多くの人からも見られる機会が多い財布です。綺麗に手入れされている革財布を持っていると、買い物をする時自信を持てます。では、どのようにして手入れすることができるのでしょうか。

革財布を長持ちさせるためにできることは?

革財布を長持ちさせるためにはまず、一気に色々なものを詰め込みすぎないようにすることです。特に買ったばかりでまだ馴染んでいない財布は、まだ革が硬く馴染んでいないことが多いです。

そのような状態の時に、カードや小銭をたくさん入れすぎてしまいパンパンな状態にすることは避けましょう。少しずつ慣らしていき様子を見ていきましょう。そのうちに馴染み、カードも小銭もよく入るようになっていきます。

汚れがついた時には?

毎日使う財布は、汚れもつきやすいものです。革は、汚れがつくとシミになりやすいという性質があります。汚れに気付いた時にはすぐに汚れを取るようにしましょう。汚れを取るのに一番効果的なのは、革専用のクリーナーです。クリーナーを使用し、汚れの部分を優しく拭き取ってあげましょう。

家にクリーナーがなく、なおかつ汚れの状態がひどくない場合、硬く絞った状態の濡れた布で優しく拭き取ってあげることもできます。この時、革についた水気が早く乾くようにしっかりと乾かしてあげましょう。

水で濡れた場合は?

雨でカバンが濡れてしまい、中に入っていた財布も濡れてしまった、テーブルに置いていたコップがひっくり返って財布にかかってしまった、間違えて洗濯してしまったなど、ごく稀であるとはいえ財布が水浸しになってしまうこともあります。この時どのように手入れしたらいいのでしょうか。

革にとって水は大敵です。濡れた時にはすぐに乾かすことが大切です。この時、やってはいけないことはドライヤーで乾かすことです。ドライヤーで乾かすと、一気に乾くので水分だけでなく、革に含まれている油分も一緒に奪われてしまうからです。

同じ理由で天日干しもやめましょう。日陰でゆっくりしっかりと乾かすことが大切です。焦らずじっくりと乾かすことによって革の油分が奪われることがなく、水によるダメージを最低限に抑えることができます。しっかりと乾いたのを確認しオイルを塗って使いましょう。

時にはオイルで手入れを

毎日使う財布なので、オイルを塗るタイミングを見計らうのが難しいでしょうが、時にはしっかりとオイルて手入れしてあげましょう。縫い目の汚れを取り、オイルをしっかりと塗ってあげることで財布がますます馴染み、いい色になっていきます。毎日使う財布だからこそしっかりと手入れしてあげましょう。

革底

最近は、なかなか見かけなくなってきました。革底ですが、いい靴を長く使いたいという愛用者にとって、まだまだ革底は根強い人気を誇ります。革底は通気性が良く、自然なしなりがあるので、足に馴染みやすく革底の靴を使う人をホッとさせます。

このような理由から、革底の人気はまだまだ根強いのです。しかし、革底の手入れ法を知らない人も多くいるのも事実です。丁寧に手入れしてあげることで、いい靴を長く履くことができます。

基本的な手入れ法

革底を手入れしないままにしていると毛羽立ってきます。そうすると、滑りやすくなる、革底のヘリが早くなるなどの障害が出てきます。長くいい状態を保つためには、定期的な手入れが必要です。

手入れに役立つのがメラニンスポンジです。今や、100円均一ショップにまで売られているメラニンスポンジですが、水に濡らして汚れを優しくこすると、シンクやお風呂場の汚れが除去できるという優れものです。そんなメラニンスポンジを使って革底の汚れをとるなら、汚れと共に小石も取りやすくなります。

その後、ミンクオイルを使って革底にオイルをたっぷりと染み込ませてあげます。この手入れ法により、革底の潤いを取り戻し革底がひび割れやすくなるのを防ぐ効果があります。

雨の日には?

革にとって水は大敵です。雨の日に革靴が濡れてしまったらまず拭き取りましょう。外出先でもティッシュなどを使って水を拭き取ってあげましょう。そして自宅に帰り、靴を手入れすることができる環境になったなら、早速手入れを開始します。

雨の日に革底の靴で歩いていると、小石が革底に入り込むことがあります。革底を傷つけずに小石や汚れを除去するためには雑巾だけでは難しいというのが事実です。小石を取り除くために役に立つのは、やはりメラニンスポンジです。スポンジを使って雨が染み込んでしまった革底の汚れを丁寧に拭き取りましょう。

乾燥が大切!

汚れを拭き取った後は靴を乾燥させます。型崩れを起こさずに綺麗に乾燥させるためにシューキーパーを入れましょう。新聞紙を入れるといいという意見もありますが、新聞紙を入れるより、シューキーパーを入れた方が乾きやすく型崩れも起きません。

この時、空気が靴の中にちゃんと入るように斜めに立てかけて、直射日光が当たらない風通しのいい日陰に靴を置きます。

靴が含んでしまった水分が完全に乾燥するのにかかる目安は1週間です。時間はかかりますが、しっかりと乾燥させることでカビや匂いを防ぐことができ、長く使うことができるのです。(それで、最低7足の靴を持っていた方がいい、という考え方もあります)靴が乾いた後は、しっかりとオイルを塗って失われてしまった油を補給してあげましょう。

スニーカー

革のスニーカーのお手入れは、ついついサボりがちになってしまいます。しかし、革のスニーカーも定期的な手入れが必要なのです。革のスニーカーのお手入れは比較的簡単です。日頃から定期的に手入れを行うことによって、大きな問題が起きることなく、長くいい状態を保つことができるからです。

スニーカーの手入れをする前に、スニーカーの紐を外しましょう。こうすることによって、細かい場所もちゃんと手入れすることができます。その後、柔らかい布を使って汚れを優しく拭き取ります。縫い目の部分は、埃や土がたまりやすいので念入りに拭きましょう。

汚れが気になる場所は、消しゴムかメラニンスポンジを使って汚れを拭き取ります。ただ、メラニンスポンジの種類によっては、色を一緒に取ってしまうタイプのものもあります。説明書を読んで注意して選びましょう。

メラニンスポンジでも落ちない汚れは、専用のクリーナーを使います。柔らかい布に専用のクリーナーをつけます。そして、汚れがきになる部分を優しく撫でるようにして拭き取っていきます。この時、くれぐれも力一杯こすらないようにしましょう。

綺麗に汚れが落ちたら、日陰で乾かします。天日干しをすると革の油分がとんでしまい、ひび割れの原因になります。くれぐれも風通しのいい日陰でゆっくりと乾かしましょう。

その後、専用のクリームを塗り、シューキーパーで形を整えながらまた乾かします。クリームを塗る時に防水効果のあるものを選ぶのもオススメです。特に靴は濡れやすく汚れやすいので、しっかりと靴をプロテクトすることができます。

革小物

キーケース、キーホルダー、ペンケース、メガネケースなど、ちょっとした革小物はデザインも可愛らしくリーズナブルなものも多いので、革初心者の方も簡単に購入しやすいグッズです。小さな小物でも日に日に馴染んでいく様子を見ていくのは嬉しいものです。そんな革小物も、やはり定期的に手入れするならグンと見栄えが良くなります。

革小物の手入れ法は、財布の手入れ法と似ています。時々、ブラシ等で汚れを落としオイルで潤いを与えます。その後、風通しの良い日陰でゆっくりと乾かします。ちょっとした革小物でも手入れの状態がいいと一段と見違えます。そして、持ち主にとってもますます愛着のあるものになり、もっと大切にしたいと思えるようになります。

道具別革手入れ法とは?

今は、たくさんの革の手入れ専門のグッツがあります。オイルだけでもたくさんの種類があるので、どれを使ったらいいか迷う方も多いのではないでしょうか。いつも私たちがスキンケアに使っている日常的なクリームから、革専門のオイルまで、革の手入れぴったりの道具をご紹介します。

使ってはいけないオイルってあるの?

まずは、革の手入れに使ってはいけないオイルをご紹介します。革の失われた油分を取り戻す目的でオイルを塗るのですが、オイルならなんでもいいというわけではありません。

例えば、オリーブオイルはお勧めできないオイルです。オリーブオイルを塗ると、革はオイルをぐんぐんと浸透していきます。その結果、確かに革は柔らかくなるのですが、革の劣化を促進し、シミの原因にもなります。お気に入りの革製品を手入れした結果、シミができてしまった時のショックは計り知れません。くれぐれもオリーブオイルを使わないようにしましょう

ニベア

リーズナブルな値段で購入でき、肌の保湿がしっかりとできることで人気のニベアクリームは、なんと革製品の手入れにもぴったりなクリームです。

ニベアの主要成分はワセリンやホホバオイルです。それで、革製品の手入れに代用が可能というわけです。ニベアクリームはマーガリンのような硬さのクリームなので、伸ばしやすいという利点があります。

ただし、ニベアで革製品の手入れをする場合、あくまで革に失われたオイルを補給してあげるということが目的です。ニベアで手入れをしたからと言って、革製品がピカピカに光り輝くということはありません。反対に、ピカピカ光る革製品のものでない場合、代用可能ということになります。

ワセリン

ドラックストアで簡単に手に入るワセリンも、革製品の手入れに使うことができる製品です。ワセリンの主要成分は石油からできています。もちろん、石油の中に含まれる有害物質を取り除いて作られているので、肌にも安心して使用することができる優れものです。

油が主要成分なので、革のオイルを補うために使用することが可能なのです。使用用途はミンク油の代用品です。例えば、革底の手入れにミンク油を使うといいと言われていますが、ミンク油がない場合、ワセリンで代用することができます。もちろん、目立たない場所で使用し、変色しないかどうかを確認して行うことが大切です。

ミンクオイル

ミンクオイルは、革製品の手入れに最も最適なオイルだと言われています。名前の通り、ミンクの油を使って作られているオイルです。動物の革には動物のオイルです。動物同士とても相性がいいのです。

ミンクオイルは保湿効果が抜群ですし、革を柔らかくし発色を良くするという効果もあります。特にヌメ革との相性が抜群です。ミンクオイルを使った後、乾いた布で拭き取りましょう。手入れの頻度は2ヶ月に一度が目安になります。

大切な革製品をピカピカな状態にしたいと張り切って磨きたいのはやまやまでも、我慢してください。いくら相性がいいオイルといっても、あまりにも頻繁に手入れをし過ぎてしまうとシミの原因になります。

また、ミンクオイルはスエードなど毛があるタイプの革には使用できません。間違って使わないようにしましょう。

ラナパー

ドイツ生まれのラナパーは、多くの人に人気の革手入れ用オイルです。ミツロウやホホバオイルが主成分になって作られています。そのため、ラナパーを使用すると革製品にツヤが出てきます。

カビを防ぐ効果や防菌効果もあるので、ラナパーで手入れすることによって革製品を良い状態に保ちやすくなります。

マスタングペースト

マスタングペーストは、馬油から作られたオイルです。なんと馬油100%使用という素晴らしいオイルです。

動物の油と動物の革なので相性が良く、革ジャンからブーツまで色々な革製品の手入れに使うことができるオイルとして人気を誇っています。「うっかり間違って食べてしまっても大丈夫なほどに体に安心なオイル」というのも嬉しいポイントです。

革の種類別の手入れ方法ってあるの?

牛革が一般的ですが、柔らかいラム、スエード、蛇など革にも色々な種類があり、多くの人に愛されています。では、革の種類によって手入れの仕方は異なるのでしょうか。ここでは、革の種類別の手入れの仕方についてご紹介します。

ラム・山羊

ラムや山羊の革の特徴は、柔らかさです。そして、とても軽く薄いのですがとても丈夫です。この様な特徴を生かして、ラムや山羊の革を使ったジャケットやパンツ、手袋など体に身につけるものに使用されることが多いです。ラムや山羊の革は、体によくフィットして着心地がいいので、衣類に使用するのに向いています。

衣類はよく使用する分、しっかりと手入れする必要があります。そうすることで、長く使用できます。自宅で手入れができる様になると、比較的安い値段でいい状態を保つことができます。

ブラシとクリームの保湿が基本!

ラムや山羊の衣類で日頃からできるケアは、柔らかい馬のブラシや布類で埃を取ってあげることです。そして、汚れに気付いた時や革の乾燥が気になった時には、クリームを使って保湿してあげます。ミンク系のオイルが向いています。

また、革のジャケットで一番多いトラブルは雨によるシミです。雨などの水による被害を最小限に抑えるためには、防水スプレーなどを使い防水をしっかりとすることも大切です。買ったばかりの新しい革製品は、数回、スプレーを繰り返します。だんだんと馴染んでくると1ヶ月に一度くらいの防水スプレーの頻度で良くなります。

バックも基本的にお手入れ方法は同じです。防水スプレーで防水、オイルで保湿をすることが大切です。日頃の手入れは、ブラシや布で行います。

蛇革は、靴や財布や手帳などに使用されます。美しい模様が特徴ですが、丈夫なこと、日が経つうちにだんだんと馴染んできて、ますます綺麗な色に変化していくことなどが人気の理由です。蛇革も他の革と同様しっかりと手入れすることで、長く綺麗な状態を保つことができます。

クリームで保湿を!

手入れの方法は基本的に同じです。日頃から布を使って汚れを拭きとるようにします。そして、たまにクリームを塗り、革の潤いを保つ様に心がけます。この時クリームは、優しく撫でる様に塗りくれぐれも力一杯にこすらない様にしましょう。クリームを塗った後は、日陰の風通りのいい場所に置いて乾かします。

スエード

スエードの衣類や靴は丈夫でどのコーディネートにも合わせやすいので、人気のアイテムです。スエードのスカートも人気となりました。一方で、スエードのお手入れを難しいと思って警戒している人も多いのも事実です。しかし、実は簡単にお手入れができます。

ブラシと防水スプレーを!

基本的なお手入れはブラシングです。馬毛か豚毛のブラシを使いスエードを優しく撫でるようにブラシングしていきます。頻度は2〜3週間が目安ですが「よく使用したな」と思った時にブラシングするのが理想です。その後、スエードのバックや靴などは仕上げに防水スプレーをかけるのがオススメです。

役に立つアイテムは消しゴム!

スエードで一番よくあるトラブルは、擦れた様な汚れがつくことです。擦れた様な汚れは目立ってしまうので気になるトラブルです。この汚れを落とすのに消しゴムを使うことができます。

まず、ブラシングをしてスエードの毛並みを整えます。その後、気になる箇所を消しゴムで優しくこすっていきます。この時、周りが白くなった様に感じ焦ってしまうことがありますが心配いりません。

消しゴムでこすったあともう一度ブラシングを行うと、白くなったように感じた場所は消えて無くなります。消しゴムでできる簡単な手入れ法ですが、知っておくと便利です。

スエードって洗えるの?

スエードの衣服を着ていると、気になるのが洗濯です。衣服として使用している以上、いつかは洗濯をしなければなりません。もちろん、クリーニングに持って行ってプロに洗ってもらうのが一番安心です。

しかし、毎回クリーニングに持っていくのもクリーニング代が気になるところです。家で洗う方法を知っていれば、もっと気軽にスエードの服や靴のコーディネートを楽しむことができます。スエードや革専用のエッセンスや洗剤がありますので、それらを使用して手洗いすることが可能です。

スエードは色落ちが激しい素材ですので、他のものとは別にし、水につけておく時間を短くする様にしましょう。また、茶色と白などツートーンのものは絶対に自分では洗わないようにしましょう。色落ちした際に色移りする危険が高くなるからです。

水で洗った後は、タオルなどで水気をよくとり、風通しのいい日陰で乾かす様にしましょう。スエードをアイロンすることはできませんので、しっかりとシワを伸ばして乾かすようにしましょう。スエードの衣類には、洗濯禁止と書いてあるものが殆どです。自分で洗濯する際は自己責任で行ってください。

同じように靴も専用のシャンプーがあります。そのシャンプーとブラシを使い、優しく洗うことができます。スエードの靴は、洗うことで見違える様に綺麗になります。服より簡単に洗うことができるので、服を自分で洗うのはちょっと怖いと思う人でも比較的安心して行うことができます。

ムートン

ムートンのブーツ、ムートンのコートなど、冬になるとお世話になる機会が多いムートンです。冬が終わり、来年まで良い状態で保管するためにはどうしたらいいのでしょうか。

日頃からできるケアは、優しくブラッシングしてあげることです。ブラッシングしてあげることで、毛並みを整え、汚れを落とす効果があります。コートなどは、クリーニングで手入れしてもらうのもいいですが、ブーツなどは簡単に洗うことも可能です。

ムートンのブーツを洗う

ムートンブーツを洗う時には、大手の専門店が専用のシャンプーを出していますので、そのシャンプーを使って洗うことも可能です。また、家庭にあるデリケート洗いの用洗剤(中性タイプ)を使うこともできます。この時に注意したいのが、中性洗剤を選ぶということです。アルカリ性洗剤、酸性洗剤を選ばない様に注意しましょう。

まずは、バケツに水を入れ、そこに中性洗剤を溶かしていきます。洗剤水の中にブーツなど洗いたいものを入れ水をしっかりと浸透させます。その後、ブラシで優しくこすりながら洗っていきます。汚れが気になる部分は、特に重点的にブラシをしていきますが、この時に力を入れすぎない様に注意しましょう。力が入りすぎてしまうと、ムートンを痛めてしまいます。

洗い終わったらしっかりとすすぎます。この時、バケツの水をなんども入れ替え、泡が出なくなるまですすぎましょう。そして、タオルなどを使ってしっかりと水を拭き取ります。タオルで抑える様にして水を拭き取っていくのですが、この時ムートンの色がタオルに移ってしまうことがあります。家庭で入らなくなったタオルを使うようにしましょう。

その後、風通しのいい日陰でしっかりと乾かします。この時、靴の形を崩さないようにシューキーパーを入れることをお勧めします。しっかりと乾いた後は、スエード専用のクリームで保湿し防水スプレーなどをしましょう。この時に注意したいのが、スエード専用のクリームであることです。

革専用のクリームの中には、スエードは対応していないものがあります。間違って使ってしまうとシミの原因になり、せっかく頑張ったお手入れが台無しになります。このように、丁寧に手入れしてあげることによって、ムートンのブーツを長く綺麗な状態に保つことができます。

オススメ革手入れ用キットってあるの?

せっかくお気に入りの革製品に出会い手入れ法も分かって来たのですから、お気に入りの革手入れ用キットも欲しいところです。革手入れ用のキットがあると、革の手入れをより一層楽しく行うことができます。ここでは、オススメの革手入れ用キットをご紹介します。

ラナパー 革のお手入れキット

革製品専用オイルでも人気のラナパーのお手入れキットです。レザートリートメントとクリーム、専用のスポンジがセットになっています。サイズが小さいので、ラナパーの商品をお試しで使ってみたいという人にもピッタリです。

クリーナーは、ホホバオイルと蜜蝋からできています。革製品だけでなく、合皮やビニール、ゴムそしてなんと木製家具のつや出しにまで使えるという優れものです。汚れを落とす効果と、製品のつや出し防水効果もあります。

トリートメントはミルク、ココナツ、サトウキビという天然のものからできています。革商品にはもちろんのこと、革製品を手入れする私たちの手にも優しい成分なのが嬉しいポイントです。クリーナーと一緒に使用することによって、汚れを落とす効果をさらに高めることができます。

スポンジは、マイクロファイバーです。ラナパーを塗り、時間をおいて染み込ませた後で、スポンジを使って拭き取ります。そうすると、余分なラナパーを拭き取ることができ、綺麗な仕上がりになります。

Collonil コロニル x 銀座大賀靴工房 スターターセット

革製品初心者の方にオススメのセットです。ブラシやクリーム、やクロスがセットになっています。ブラシも何種類かありますので、持っている革製品によって使い分けることも可能です。色々と揃っているので、頑張って革製品を綺麗にしたいというやる気になるセットです。「形から入る」タイプの人にはぴったりな商品です。

コロニルの本社はドイツです。昔から良質の革製品を製造し、それとともに革のお手入れ商品にも力を入れています。オイルを塗ると、革に染み込んでいく感覚を味わうことができます。シトラス系の爽やかな香りであることも人気の理由になっています。オイルや、汚れ落としのクリームなどがついたセットを使って楽しく革製品の手入れができます。

コロニル(Collonil)スタート表革バッグ用ケアセット

大げさなセットは必要ないと思う人のために、簡単なケア用品セットもあります。コロニルのオイルに防水スプレーとクロスがついているという必要最低限のセットです。オイルを塗った後で、専用のスプレーをかけると仕上がりも抜群ですし安心して使用することができます。

革製品をしっかりと手入れして大切に使おう!

革製品は、年月をかけて大切に使っていく毎に年々いい味を出してくれ、自分だけのシワや色具合になっていきます。変化を楽しみながら使っていくことができるという点では、とても興味深いものです。

財布1つを取っても自分にぴったりのお気に入りの財布との出会いを果たすのは、なかなか難しいです。その出会いを果たしたなら、今度は愛情をかけて大切に使っていきましょう。

そのためには、しっかりと革の手入れをすることが大切なのです。ちょっとした手間をかけるだけで、数年後の財布は見違える様に変わっていきます。

Related