Search

検索したいワードを入力してください

オイルポットの代用におすすめのアイテム|急須/ビン/100均

初回公開日:2017年12月29日

更新日:2020年03月04日

記載されている内容は2017年12月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

家にオイルポットがない、気に入ったオイルポットが見つからないと困っていませんか?オイルポットは別のもので代用することができます。代用品を使うことによるメリットもいろいろとあります。ここでは、オイルポットの代用におすすめの商品などを紹介していきます。

オイルポットの代用におすすめのアイテム|急須/ビン/100均

オイルポットの代用におすすめのもの

揚げ物料理などで使った油を再利用するために皆さんはどのように油を保管していますか。オイルポットを持っていればいいですが、なかった場合はどのようなもので代用すればいいのでしょうか。

また「気に入ったオイルポットが見つからない」「そもそも揚げ物をあまりしない」という方にもおすすめのオイルポットの代用品を紹介します。

急須で代用

お茶を煎れるために使う急須は、揚げ物の後の揚げカスを茶こしがしっかりと受け止めてくれるためオイルポットの代用にぴったりです。さらに注ぎ口がついているので再利用する際にフライパンや鍋に油を注ぎやすくなっています。液漏れしにくい作りになっているので、注いだ後に容器や作業台がオイルでべとつく心配もありません。

また、気に入ったオイルポットがないという時も急須で代用すれば、かわいいものからオシャレなものまで色々なデザインがそろっているので気に入ったものを見つけられるのではないでしょうか。

しかし、急須はサイズが小さいものが多いのが欠点です。また密閉性も高くないので油を長期間入れておくには適しません。あまり揚げ物はしない、デザインにこだわりたいという方にはおすすめのアイテムです。

ビンで代用

ビンをオイルポットの代用に使う人もいます。ホームセンターや100均で好みのデザイン、好みのサイズのビンを買うことができます。ジャムやはちみつの空き瓶を再利用するのも経済的でおすすめです。

揚げ物で使った油は、茶こしやキッチンペーパーをひいたザル、コーヒーフィルターなどを使って揚げカスをこしましょう。揚げカスをきちんとこすことによって、油の劣化を遅らせることができます。

ビンはしっかりと蓋をすることができるので油の酸化のスピードが遅くなります。しかし、光を通してしまうのが欠点でもあります。油は光に当たると劣化が早まってしまいます。なるべく日のあたらない場所に保管して、できるだけ早く使い切るようにしましょう。

ペットボトルで代用

揚げ物で使った油をペットボトルで保管することもできます。ペットボトルはよく洗って、完全に乾いたものを使うようにしましょう。

ペットボトルは熱に弱いので油を移し替えする際は、しっかりと冷ましてから移すようにしましょう。ペットボトルに漏斗を差し込み、漏斗の中にキッチンペーパーをひいてから油を注ぐと揚げカスをこしながら油を移し替えることができます。

またペットボトルに入れた油を使いきれなかった場合は、そのまま自治体やスーパーで回収してもらうこともできます。そのまま捨てられるので便利です。

牛乳パックで代用

牛乳パックもオイルポットの代用にするのに適しています。牛乳パックの良いところは、たくさんの量が入るところです。またふたを閉めるのも簡単なので、使う時にフライパンに油を注ぎやすく便利です。牛乳パックに揚げ油を保存する際も、揚げカスは茶こしやキッチンペーパー、コーヒーフィルターなどでしっかりとこしましょう。

また牛乳パックもペットボトルと同様、油を捨てるときにそのまま捨てられるのがいいところです。牛乳パックの場合は、新聞紙やキッチンペーパーをつめ、油をしっかりと吸わせてから水を加え、牛乳パックの口を粘着テープでしっかりとめれば可燃ゴミとして出すことができます。

100均で買えるオイルポットの代用アイテム

100均でもオイルポットの代用として使えるアイテムがたくさん売っています。どんなものがあるのか一部紹介します。

ビン

上で紹介したビンも100均ではいろいろな種類のものが売っています。サイズも種類が豊富で、デザインもオシャレなものがそろっています。自分好みのデザインを選びましょう。

形もいろいろな形があるのでオイルポットの代用として使う場面をシュミレーションしてみましょう。自分にとってより使いやすい形のものを選ぶと良いです。

急須

急須も100均で買うことができますが、200円や300円の商品として急須が売っていることもあります。急須のサイズは小さめなので、あまり揚げ物はしないという方にはオイルポットの代用にぴったりです。

デザインもいろいろあり、ダイソーやセリアなど店舗によって品ぞろえも変わってきます。自分好みの急須を探して何店舗か見て回るのもおすすめです。

ハニーディスペンサー

100均で買えるハニーディスペンサーもオイルポットの代用に使えます。ハニーディスペンサーとは、はちみつを入れる容器のことです。とろりとしたはちみつを注ぐ時にすっぱりときれるように注ぎ口に特徴があります。

ビンでできているので油を入れるのにも最適です。また使う時に注ぎやすいのもいいところです。油でべとつきがちなオイルポットの代用にとてもおすすめです。

オイルポットを代用品にするメリット

ここまでオイルポットの代用品をいろいろと紹介してきました。それではオイルポットを持たないメリットは何でしょうか。オイルポットを別のもので代用する人たちは、オイルポットを持たないメリットを実感しています。オイルポットを持たないメリットを紹介します。

油を使う量が減る

オイルポットを持っていない、または別のもので代用していると保存できる油の量も少なくなります。そうすると必然的に油を使う量が減ってきます。少ない油で揚げ物をするように気をつけたり、揚げ物の回数が減ったりします。それにより、健康的で経済的な生活を送ることができるようになります。

油がいつも新鮮

オイルポットを持っていると、ついたっぷりの油で揚げ物をしてしまい、油がどんどん古くなってしまいます。古くなった油は風味が落ちるため美味しくありません。

オイルポットを持たずに別のもので代用していると保存できる量が少なく、そのまま捨てやすくなります。そのため古い油をいつまでも使うことなく、使い切ったり、捨ててしまうことができます。そのため、いつでも新鮮な油で美味しい料理を食べることができます。

オイルポットを洗う手間がなくなる

オイルポットは洗う手間がかかります。油でベトベトになったり、フィルターが揚げカスで目詰まりしたり、オイルポットを洗うことがストレスになっている人も多いでしょう。オイルポットを他のもので代用することにより、小さく洗いやすくなったり、そのまま捨てることができるのでストレスがなくなるでしょう。

少ない油で揚げ物をしてみよう

オイルポットを別のもので代用するようになると揚げ物の回数が減ったり、少ない油で揚げ物をするようになります。では、少ない油でどのように揚げ物をしたらいいのでしょうか。

揚げ焼き

少ない油で揚げ物をすることを「揚げ焼き」と言います。揚げると焼くの間になるためこのように呼ばれています。揚げ物というと油の中で材料がぷかぷかと泳ぐほどの油を使いますが、揚げ焼きはとても少ない油で揚げ物をします。

油の量は材料の厚みの半分くらいにしましょう。あまり少なすぎると焦げてしまいます。まずは、下半分をしっかりと固まるまでじっくりと揚げ焼きします。固まってきたらひっくり返してもう半分を揚げ焼きしましょう。

オリジナルのオイルポットで楽しく料理を

揚げ物をするなら必須アイテムだと感じていたオイルポットは、代用品を使うことにより、なくても大丈夫だということがわかっていただけましたか。揚げ物をした時だけ一時的に家にあるものや代用品で油を保存することもできます。

オイルポットを使わなくなると油を使う量が減るので健康的になり、また経済的になるためメリットは大きいです。コツをつかんで慣れてしまえば、少ない油での揚げ焼きも簡単です。ぜひ挑戦してみください。

オイルポットは家にあるものや100均アイテムで上手に代用していきましょう。自分好みのデザインや可愛いビンがキッチンにあるだけで楽しく料理もできるでしょう。

Related