Search

検索したいワードを入力してください

2019年03月20日

洋菓子の種類と特徴・名前|ケーキ/焼き菓子/フィナンシェ

ケーキやクッキー、チョコレートなど、洋菓子には数え切れないほどの種類があります。そんな洋菓子は、水分含有量によって3つに分けることができるのをご存知でしょうか。今回は、洋菓子の種類やおすすめランキングなどをたっぷりとご紹介します。ぜひ参考にしてください。

洋菓子の種類と特徴・名前|ケーキ/焼き菓子/フィナンシェ

洋菓子とは?

洋菓子の種類と特徴・名前|ケーキ/焼き菓子/フィナンシェ

お菓子には数え切れないほどの種類がありますが、まず大きく分けると洋菓子と和菓子に分かれます。その違いは発祥で、洋菓子とは西洋を起源とするお菓子のことです。それに対し、日本伝統の製法で作られたお菓子が和菓子と呼ばれています。

どちらも私達にとってとても馴染み深く、人気のお菓子がたくさんありますが、今回は特に洋菓子にスポットを当て、その種類などについて詳しくご紹介していきます。

洋菓子の種類別特徴

先ほど洋菓子と和菓子のお話をしましたが、そのうちの洋菓子だけをとっても、ケーキやパイ、ビスケットなどさまざまな種類のものがあります。それを保存の目安の観点から、「生菓子」「半生菓子」「干菓子」に分けることができます。

まず生菓子は、水分を30%以上含んでいるのが特徴で、スポンジケーキやプディング、シュークリームなどのたくさんの種類が挙げられます。それに対し干菓子とは、水分が10%以下のお菓子を指します。チョコレートやガム、ビスケットなどが干菓子にあたります。その中間の種類が半生菓子とされ、一部のケーキ類やタルト、砂糖漬けなどがあります。

種類別洋菓子の名前

ケーキ

ケーキは洋菓子の代表とも言えるお菓子で、小麦粉や砂糖、卵、バター、牛乳などを混ぜ合わせて焼いたものを指します。1543年にポルトガル船が種子島に漂着し、そのときにカステラが伝わったことが日本におけるケーキの始まりと言われています。

そして、日本人向けに改良されたケーキが、1922年に不二家の創設者「藤井林右衛門」により初めて販売されました。これが、今で言うショートケーキになります。

誕生日ケーキやウェディングケーキなどのように、クリームやフルーツでデコレーションされたもののほか、パウンドケーキやチーズケーキなどクリームが乗っていないようなものもあり、ケーキだけでもその種類はたくさんあります。

焼き菓子

焼き菓子とは、その名のとおり焼いて作ったお菓子のことです。洋菓子で言うと、クッキーやマドレーヌ、ゴーフルなどが挙げられます。ケーキに比べて日持ちするのが特徴で、手土産などにも広く利用されています。

フィナンシェ

フィナンシェは、フランスを起源とする焼き菓子の一種です。フィナンシェという名前の由来は、フランス語でお金持ちを意味することから、「形が金塊に似ているため」や「パリ証券取引所周辺の金融街から広まったから」などの説があります。

よく似たお菓子にマドレーヌがありますが、その違いは材料です。フィナンシェにはアーモンドプードルと焦がしバターが使われるため、焦がしバターの強い香りとサクサクした食感が特徴です。かたやマドレーヌは甘くしっとりとした味わいです。

クッキー

クッキーはアメリカ生まれのお菓子で、主原料が小麦粉の小さな焼き菓子の総称です。面白いことに、国や言語圏によって呼び方や定義はまちまちで、ヨーロッパではビスケットと呼ばれるのが一般的です。

ここ日本では、「手作り風の外観で、糖分と油脂の合計を40%以上含み、風味良く焼き上げたもの」がクッキーとされています。

人気の洋菓子の種類おすすめランキング

洋菓子には数えきれないほどの種類がありますが、特に人気が高いのは一体どれなのでしょうか。ここでは、ランキング形式で人気の種類をご紹介していきます。おすすめの商品もご紹介しますので、気になったらぜひ食べてみてください。

3位:バームクーヘン

木の年輪のような形をしたバウムクーヘンは、濃厚でしっとりとした味わいが大人気の洋菓子です。お取り寄せやお土産としても最適で、今回は数ある中からキハチ ブライダルバームクーヘンSをご紹介します。

一つ一つの素材を厳選し、丁寧に作られたバームクーヘンは、きめが細かくふわふわでおいしいと評判です。パッケージが可愛いので見た目でも楽しめ、贈り物にも最適です。

ほどよい甘さで、ふわふわでとても美味しかったです!あまりにも美味しすぎるので、ハマってしまいました~(*‘∀‘)
ショップの対応も早く、すぐ届いたので満足です!
購入して本当に良かったです。
次はチョコ味を購入してみようと思います(*^^*)

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%83%91%E3%83%86%E3%82%A3%E3%8... |

2位:チーズケーキ

チーズケーキとはその名のとおりチーズを使ったケーキですが、その作り方からレア、ベイクド、スフレの3種類に分かれます。オーブンで焼き色が付くまで焼いたものがベークドチーズケーキで、どっしりとした食べごたえです。レアは、焼かないのでババロアのようなぷるぷるした食感、スフレは湯煎焼きならではのふんわりとした味わいが楽しめます。

好みの別れるチーズケーキですが、今回はお取り寄せでも人気の、Bon'n'Bon(ボナボン)、大阪の人気スイーツ、口解けまろやか・濃厚ふわとろチーズケーキ・ギフトボックス入り4号(270g)をご紹介します。こちらは、試行錯誤を重ねた製法によって実現されたふわとろ食感が、口コミでも大好評を得ています。メディアでも絶賛されているその味をぜひ確かめてみてください。

あっという間に食べてしまいました!
口に入れると、す~っとなくなり濃厚な味が全身を突き抜けていきます!
何度も購入してる最高の一品です!

出典: https://www.amazon.co.jp/BonnBon-%E3%83%9C%E3%83%8A%E3%83... |

1位:チョコレート

そして、洋菓子の種類で人気のおすすめランキング第1位はチョコレートです。いうまでもなく、カカオマスに砂糖やココアバターなどを練り混ぜ、固めた洋菓子です。

毎年バレンタインの時期には、自分へのご褒美として高級チョコレートを買い求める行列ができ、その人気はとどまるところを知りません。また普段のおやつとしても大人気であることから、チョコレートを第1位にさせていただきました。

そしてご紹介したいのが、リンツ・リンドールチョコレート50assorted piecesです。たっぷり50粒入っており、ミルク・ホワイト・ダーク・エキストラダーク・キャラメルの5種類のフレーバーが楽しめるのも嬉しい特徴です。

たっぷりのお気に入りのチョクレートが毎日楽しめて、気分転換や、ちょっと一服の時間が豊かに過ごせています。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%84-%E3%... |

洋菓子に使われる生地の種類

洋菓子の種類と特徴・名前|ケーキ/焼き菓子/フィナンシェ

お話ししているように、洋菓子には数えきれないほどの種類があります。その種類ごとに、生地にもたくさんの種類があります。例えばスポンジ生地は、鶏卵の起泡性を利用して焼き上げた生地で、ふんわり軽い口当たりが特徴です。シュー生地は、バター・水・小麦粉・卵のみを使い、膨張剤の代わりに水蒸気で含まらせることが特徴です。

このほかにも、パイ生地やタルト生地、ワッフル生地、ビスケット生地などさまざまな種類があります。

チョコで作る洋菓子の種類

洋菓子の種類と特徴・名前|ケーキ/焼き菓子/フィナンシェ

先ほどのランキングでも1位に輝き、そのままでも美味しいチョコレートですが、洋菓子の材料として使うこともできます。まず、チョコレートケーキだけでもガトーショコラやオペラ、ザッハトルテなど10種類以上が挙げられます。

それ以外にも、チョコチップクッキーや、チョコパイ、トリュフやエクレアなど、ご紹介しきれないほどの洋菓子にチョコレートが使われています。

洋酒が入っている洋菓子の種類

洋菓子の種類と特徴・名前|ケーキ/焼き菓子/フィナンシェ

洋菓子には、洋酒が使われたものが多くあります。パウンドケーキにはラムやキュラソーがよく使われますし、ベリーやチェリーのタルトなどにはキルシュが適しています。そして、ドライフルーツの漬け込みにはラムやブランデーという具合に、洋菓子の種類によって洋酒も相性の良い種類が使われます。

フランスで有名な洋菓子の種類

洋菓子の種類と特徴・名前|ケーキ/焼き菓子/フィナンシェ

洋菓子とは、ヨーロッパを起源とするお菓子の総称ですが、その中でもフランスは、パティシエの多くが修行する国に選ぶなど「お菓子の国」としても知られています。一体なぜなのでしょう。

それは、フランス料理では砂糖をほとんど使わないため、食後のデザートを食べるのが習慣となっているのが原因の1つだと言われています。フランス菓子の代表なものとして、可愛い見た目が目にも楽しいマカロンやエクレア、クレームブリュレやヌガー、フィナンシェ、クレープなどたくさんの種類が挙げられます。

特徴を活かし洋菓子を取り入れよう!

いかがでしたか。今回は、洋菓子の種類や特徴、おすすめのランキングなどについて詳しくご紹介しました。数え切れないほどの種類がある洋菓子ですが、水分含有量によって3つに分けることができることがお分かりいただけたのではないでしょうか。その他にも、チョコレートや洋酒を使った洋菓子の種類がたくさんあることもご紹介しました。

洋菓子は甘くて美味しいのはもちろんですが、見た目がオシャレでカラフルなものも多く、目でも楽しむことができます。生菓子なら手土産などに、多少日持ちのする半生菓子や干菓子は贈り物に最適です。それぞれの特徴を活かし、洋菓子を楽しんでください。

Related