Search

検索したいワードを入力してください

バーベキューにおすすめのデザート|差し入れ/冷たい/ゼリー

初回公開日:2018年03月27日

更新日:2020年03月09日

記載されている内容は2018年03月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

バーベキューをより盛り上げるのにおすすめなのはデザートです。バーベキューに誘われた時どんなデザートを用意したら喜ばれるでしょうか。この記事では、差し入れにおすすめのデザートや、手作りデザートレシピなどをご紹介します。次回のバーベキューの参考にしてみてください。

バーベキューにおすすめのデザート|差し入れ/冷たい/ゼリー

バーベキューにおすすめのデザートって?

バーベキューにおすすめのデザート|差し入れ/冷たい/ゼリー
※画像はイメージです

バーベキューといえば肉や野菜がメインと思われがちですが、子どもや女性にはデザートも人気です。バーベキューに持って行くと喜ばれて盛り上がる、おすすめのデザートをご紹介します。

バーベキューの差し入れにおすすめ

バーベキューのお誘いを受けた時に、差し入れをどうしようか迷う方も多いのではないでしょうか。肉や野菜などはたくさん用意されているでしょうから、そんな時はデザートの差し入れがおすすめです。バーベキューでお腹がいっぱいになっても、「デザートは別腹」と、きっと喜ばれることでしょう。

バーベキューならではなのは、焼いてもおいしいお菓子です。じゃがりこは焼くと香ばしさが増しおすすめです。カントリーマアム、キットカットやパイの実などはチョコレートが溶けたり、焼きチョコレートになり違ったおいしさを楽しめます。

網の上に置いてその場で作ることができるポップコーンは、カレー粉や塩、こしょうやココアなど、色々と味を変えて出すと子どもも大人も盛り上がるでしょう。その他、手軽につまめるスナック菓子やプリッツなどの小分けのお菓子があると、子ども達に配ることができますし、余ったら持って帰ってもらえます。

暑い日に嬉しい冷たいデザート

温かい時期に多いバーベキューなので食後に嬉しいのは冷たいデザートですが、簡単に用意できて喜ばれるのはフルーツです。事前にカットフルーツにしておくとすぐつまめます。また、カットする必要のないイチゴやブドウ、ライチやみかんなども手軽にぱくぱくと食べることができますし、大皿に入れておけば見た目にも華やかです。

保冷剤でしっかり冷やしておけば、食事中のお口直しにも、食後にさっぱりしたい時にもおすすめです。スイカを丸ごと持って行ってみんなでスイカ割りをすれば、大人も子どもも盛り上がること間違いなしでしょう。

パイナップルやみかん、桃やナタデココなどの缶詰を凍らして持って行けば、食後にちょうどいい溶け具合になって、ひんやりデザートを楽しめます。

おすすめスイーツ

バーベキューでみんなに配りやすいのは、個別包装になっているスイーツでしょう。一口サイズのチーズケーキやカップケーキ、プチシュークリームなども喜ばれます。あまりボリュームがあるものは食べにくいので、プチサイズがおすすめです。

その他、デザートチーズ系はデザートとしてもおつまみとしても楽しめます。あまり暑い時期でなければ、チョコレートでコーティングされたポテトチップや柿の種なども、大人にはおつまみとして、子どもにはおやつとして、両方に喜ばれるでしょう。

子どもが多いグループにおすすめなのは、ハイチュウやチュッパチャプスなど、味や色を選ぶ楽しみがあり、ある程度の時間楽しんでいられるスイーツです。子ども同士でどれにしようか選び合ったり、味の食べ比べなどをして盛り上がってくれるでしょう。

ふわとろマシュマロ

バーベキューでぜひおすすめなのが、マシュマロです。串にさしてバーベキューの火であぶると、トロッと溶けて今まで味わったことのない食感になります。普段なかなかそのままでは食べないという人も、きっと新しいおいしさに驚くことでしょう。

そのまま食べてもおいしいデザートになりますし、クラッカーにのせたり、クッキーではさんだり、アレンジして楽しむことができます。チョコレートソースを用意しておいてかければ、見た目にもおしゃれなデザートに早変わりします。

串にさして自分好みにあぶるのはバーベキューならではの楽しみ方で、大人も子どもも盛り上がること間違いなしです。肉や野菜を焼くのは危なくて見ているだけ、という子ども達にも、簡単なので自分でやらせてあげられます。

ゼリーのおすすめ

お肉をたっぷり食べた後は、ぷるぷる系のデザートがのどごしも良く食べやすいので喜ばれます。女性が多いグループには見た目に華やかなフルーツたっぷりのゼリー、子どもが多いグループには一口タイプの大袋に入ったゼリーが配りやすくておすすめです。その他、飲むタイプのゼリーもさっぱりとしていて、お口直しになります。

グループに年配の人もいる時には、水ようかんやところてんなどを用意すると、珍しくて喜ばれるでしょう。寒天はどの年代にも食べやすくておすすめです。杏仁豆腐は焼き肉屋さんでも定番のデザートなので、バーベキューの肉とも相性抜群でしょう。

ゼリー系のデザートはしっかり冷えているとより美味しいので、保冷剤をたっぷり用意しておくことをおすすめします。

アイスのおすすめデザート

暑い日のバーベキュー、お肉をたくさん食べた後のアイスクリームは格別でしょう。自宅の庭やお友達の家の庭など、移動距離が短い場合のバーベキューでは、小分けになっているスティック状の物や、一口サイズのアイスクリームが配りやすくておすすめです。かき氷器があれば、その場でかき氷を作って好みのシロップをかけても楽しいでしょう。

ただし、アイスクリームは溶けるので、バーベキューで楽しむデザートとしては少しハードルが高いと感じている方もいるのではないでしょうか。そんな時には思い切ってアイスクリームを作ってみるのもおすすめです。

海外でも人気のボール型アイスクリームメーカーを使えば、アイスクリームの材料をボールの中に入れて、約15分から20分間転がしたり振ったりしているとアイスクリームのできあがりです。ボールで遊んでいる間にできるので、子ども達に任せてみましょう。

バーベキューにおすすめのフルーツを使ったデザートって?

バーベキューにおすすめのデザート|差し入れ/冷たい/ゼリー
※画像はイメージです

バーベキューなので、フルーツも焼いてみましょう。焼いておいしいおすすめのフルーツをご紹介します。

りんご

バーベキューでおすすめのリンゴを使ったデザートといえば、焼きリンゴです。リンゴをアルミホイルで包んで焼き、お好みでシナモンやアイスクリームと一緒に食べると、簡単に本格的なスイーツになります。

丸ごと包めば見た目が豪快なバーベキューならではのデザートに、スライスして包めば子ども食べやすく火もとおりやすくなります。この時にバターと砂糖を入れるのもおすすめです。

バナナ

バナナは皮ごと網の上で焼いてみましょう。皮が真っ黒になったら食べ頃です。トロッと柔らかく甘さがましてとてもおいしくなります。シンプルにそのままでもいいですし、シナモンシュガーを少しかけるだけで、簡単デザートになります。

もう少し手を加えると、見た目にも豪華なスイーツになります。皮をむいたバナナをアルミホイルの上にのせ、バナナに縦に切り込みを入れます。その切り込みの中にお好みでマシュマロやチョコチップ、キャラメルとポップコーンなどを詰めてアルミホイルで包み、炭の近くにおいて焼くだけです。

バーベキューにおすすめの手作りレシピ8選

バーベキューにおすすめのデザート|差し入れ/冷たい/ゼリー
※画像はイメージです

大勢でワイワイ楽しいバーベキューにもってこいの、さまざまな手作りデザートレシピをご紹介します。簡単なものからインスタ映えする見た目の華やかなもの、バーベキューならではの豪快なものを集めてみました。

簡単!ミニトマトのコンポート

湯むきしたミニトマトを、白ワイン、砂糖と水で煮た後にライムの絞り汁を入れて冷蔵庫でキンキンに冷やします。野菜のトマトがさっぱりとしたデザートに変わるお手軽レシピです。バーベキューの合間につまめばお口もスッキリしますし、甘くて食べやすいので子ども達もパクパクと食べてくれるでしょう。

とろっとろマシュマロのクッキーサンド

マシュマロを串に刺して焼くのは、大人も子どもも盛り上がること間違いなしの、バーベキューならではのデザートの一つです。焼いてトロトロのマシュマロを、好きなクッキーではさんで簡単クッキーサンドを作りましょう。クッキーをチョコレートつきや全粒粉、アーモンド入りやココア味など色々と用意すると、何種類も楽しむことができます。

メイソンジャーでおしゃれ!オレオチーズケーキ

見た目にもおしゃれな、メイソンジャーを使った簡単デザートです。レンジでチンしたクリームチーズに、砂糖と生クリームを混ぜたものをオレオと交互にメイソンジャーに入れて、冷蔵庫で冷やすとできあがり上がりです。バーベキューの前日に用意しておくと、クッキーとクリームがしっとりとなじんで、よりおいしくなります。

インスタ映え!キラキラキャンディゼリー

フルーツの缶詰と粉寒天でできる、カラフルでかわいい寒天ゼリーです。寒天は常温で固まるので、屋外で溶ける心配もありません。冷蔵庫で冷やして、保冷剤と一緒にバーベキューに持って行くと冷たいまま楽しむことができます。

前日に用意しなくても、バーベキューの始まりで子どもと一緒に作って固めておけば、食後のデザートとして楽しむこともできます。中に入れるフルーツの種類を増やすと、インスタ映えするカラフルデザートになるでしょう。

タピオカ風もちもち紅茶ゼリーのミルクティー

タピオカが家になくても、紅茶のゼリーで簡単にできるタピオカ風ミルクティーです。タッパーでゼリーを作っておき、アイスティーに混ぜるだけです。

バーベキューというとアルコールやソフトドリンクが多い中、珍しいアイスティーが用意されていたら喜ばれることでしょう。アイスティーは市販のものでもいいですし、甘さを調節したい時には作って持って行くこともできます。

BBQでできちゃう手作りバームクーヘン

バーベキューでお肉を焼いた後に、バームクーヘンも焼いてみましょう。ホットケーキミックスを使うので材料は混ぜるだけです。

炭の上で棒をくるくる回しながら、ミックスした生地を棒にかけて焼くという作業を繰り返すと、手作りバームクーヘンのできあがりです。普段なかなか味わえない焼きたてのバームクーヘンを楽しめるのは、バーベキューでの手作りデザートならではです。

ダッチオーブンとスキレットで本格スーツ

スキレットを使ってりんごたっぷりのフランスの伝統菓子タルトタタンを作り、ダッチオーブンを使ってバナナマフィンを作るという、みんなが喜ぶこと間違いなしの豪快バーベキューデザートレシピです。お肉がメインと思われがちなバーベキューですが、こんなデザートなら主役になれそうです。

さっぱりスイカのフルーツバスケット

スイカをくりぬいて皮をカップとして使い、カットしたフルーツとシロップを入れるだけでできます。爽やかなフルーツがたっぷりで、見た目にも華やかです。大人数でのバーベキューでは、みんなでワイワイつまみながら楽しめるでしょう。

おすすめデザートでバーベキューを盛り上げよう

バーベキューにおすすめのデザート|差し入れ/冷たい/ゼリー
※画像はイメージです

いかがでしたか。バーベキューで楽しめるデザートは、意外とたくさんあることがわかっていただけたのではないでしょうか。バーベキューのメンバーの年齢層や男女の割合に合わせて、おすすめのデザートを参考にしてみてください。

お肉や魚介、野菜だけでなく、デザートも充実しているバーベキューは今まで以上に盛り上がる事でしょう。

Related