Search

検索したいワードを入力してください

2017年09月29日

新築で後悔したこと紹介|間取り/床の色/無垢材/オール電化/屋上/3階建て

新築住宅は幸せの象徴ともいえます。ですが、実際には間取り、設備、ローン額など後悔する事も多いです。高額な物のため、後悔しても取り戻すことは難しいです。新築住宅で後悔しないためには、悪い例を含めてしっかりとリサーチすることです。詳しく確認してみましょう。

新築で後悔したこと紹介|間取り/床の色/無垢材/オール電化/屋上/3階建て

新築で後悔したこととは?

マイホームは家族の幸せの象徴ともいえる存在です。特に新築の住宅というと、憧れだという方も多いです。人生で一番高い買い物と言われていますし、絶対に後悔する事にはなりたくないものです。

ですが、生活してから気付く使い辛い間取りや、太陽光発電などの高額なオプションなど購入する際には気付かなかった事が沢山あります。後悔しないために、確認しておいた方が良い事柄を確認してみましょう。

間取り

生活してみないと解らないのが、間取りの使い辛さです。特に賃貸アパートやマンションの平面から、階段のある立体的な戸建への住み替えでは住むまで気付かなかった点が多く出てきます。失敗となるポイントが出来ない様、特に間取りには気を遣いたいものです。新築住宅の間取りでよくある失敗例は以下の通りです。

・玄関からリビングの中が丸見え
玄関ドアとリビングドアの配置に気を遣わなかった為に起こる失敗です。暖簾を付けていないと、中が丸見えになってしまう、玄関ドア、リビングドア共にガラススリット入りだと、光の漏れで不在が解ってしまうなど様々な後悔ポイントがあります。

・トイレの位置
リビングから近すぎて音や匂いが気になる、キッチン裏の場合、来客がキッチン内を見てしまう、浴室から遠く、子供がお風呂前に漏らしそうでハラハラする、など生活に隣接した悩みは後悔ポイントに繋がる方も多いです。

床の色

毎日目にしますし、範囲が広い為後悔する方が多いです。明るい色の場合、髪の毛が目立つ、傷が目立つなど様々な後悔ポイントがあります。暗い色の場合は部屋全体が暗くなる、などを後悔する方も多いです。

また、1階は明るくナチュラル色、2階はシックにダーク色と使い分ける人も最近は多いですが、階段の下、もしくは上に色の切り替え部分が来てしまいます。その切り替え部分が気になって後悔している方も多いです。

新築住宅の特徴の一つは、ピカピカの壁と床です。ですが、生活をするうちに傷もつきますし、色が気になる事も多いです。色決めは慎重に行うことをおすすめします。

無垢材

自然な木の匂いや、肌触りの良さなど無垢材はとても魅力のあります。新築の新しい家が、木の匂いが漂う、なんてとても素敵です。無垢材を得意としたハウスメーカーも少なくありません。

ですが、汚れがつきやすく、子供が落としたカレーが沈着してしまったという話もあります。無垢材は扱いもデリケートで、洗剤やワックスが使えません。カレーなどの色の濃い汚れは生活でもつきやすいため、失敗だと感じる方が多いです。

また無垢材は木材自体が柔らかく、傷もつきやすいです。子供が落とした積木、ファンヒーター、椅子を引きずる、など特別な動きをしていなくても傷になってしまう事が多いです。そして、無垢材は合板フローリングの様にシート状になっていない事が多いため、隙間に小さなゴミが入り掃除に手間がかかる事もあります。つまようじなどで細かく掃除する手間もかかります。

一番の重要ポイントは無垢材に詳しい職人は少ないという点です。施主がこだわって方向などを決めても施工に間違いがあるトラブルも多々あります。新築住宅のフローリングは、工事中に修正となると一度剥がしてやり直す形になります。無垢材を使いたいのであれば、専門で扱っている業者を選定することが一番の後悔回避策となります。

オール電化

オール電化の場合、災害時のライフラインが一本化しているという危険があります。実際大きい災害時に後悔した方も多いです。新築住宅ではオール電化にするか、ガス併用住宅にするか、という選択はとても大事なものになります。エコキュートやIHコンロが高額なため、初期導入費用はガス併用よりもかかります。

・騒音苦情が来た
給湯の為のエコキュートは、電気代の安い夜間に運転して温水を作っています。そのため近隣から騒音苦情が来ている例もあります。エコキュートによる騒音被害の訴訟も多く、中には近隣住民の健康被害に関与しているとした判決が出された例もあります。

・お湯が足りない
夜間に沸かしたお湯を利用するため、お風呂の時にお湯が足りなくなるという不便さを感じる事もあります。その場で沸かして温水を作るガス給湯との大きな違いです。家族の人数に合った容量のエコキュートを設置することが大事ですが、来客の多さ、子供の成長と共に変化があるため長い見通しを立てる事が必要です。

・水圧が弱い
あらかじめお湯を沸かし、貯めておいたものをポンプで流すというシステム上、水圧もガス給湯より弱くストレスを感じる事も多いです。シャワーの時などに強く感じる方が多いです。

・夜間の騒音
夜間電力をフル利用するため、洗濯機、ルンバなどの自動掃除機、食器洗浄機も夜間という家庭が多いです。音の出る家電を夜間に一気に使うため、近隣への配慮が必要です。防音性の低い家の場合は、近隣とのトラブルも考えられ後悔ポイントとなる事があります。

・IHコンロの調理操作性が不満
IHコンロは、鍋ふり時にエラーが出てしまったり、火力の調整もガスに比べて難しいと慣れる迄に時間がかかります。買い替えの際も、ガスコンロの方が安価です。掃除しやすい、火事を起こさない、などメリットも多い為、比較検討をしっかりすることが後悔しないポイントです。

屋上

狭小住宅の場合庭代わりになりますし、星空観賞などプライベート空間として利用もできます。メリットが多いため、屋上に憧れている方も多いです。新築住宅を見ても、屋上を取り入れている家も多いです。

ですが実際には、屋上を活用しきれていない人が多いです。そもそも、ゆったり星空観賞、庭代わりに芝を敷く、バーベキューなどの時間が取れないという家庭もあります。住宅密集地ではバーベキュー自体出来ない事もありますし、屋上での話声も近隣に筒抜けです。

小さい子供にプール遊びをさせたい、という希望も子供が大きくなってしまえば関係なくなります。子供が家でプール遊びをする時期って、実はとても短いのです。「今」だけを見ている場合、後悔することは多いです。上階に行くほど風も強くなるため、洗濯物が飛んでしまうという声も。洗濯物も、わざわざ屋上に持って上がるのも一苦労です。

そして何より建てた後もメンテナンスコストがかかります。経年劣化による雨漏りの心配や、防水補修工事に数百万単位のメンテナンス費がかかる事もあります。新築時は満足していても、メンテナンス時の後悔は早ければ10年で訪れます。

3階建て

敷地に限界があり、3階建てがやむを得ない場合でも後悔する事があります。ベッドやラックなどの大型家具の搬入は追加料金がかかる場合が多く、自力でやるにしても労力を使います。無理して自力で運び、新築の壁を傷つけたという話もよく聞きます。

そして階段が多い為、日々の掃除も大変です。新築時は若い働き盛りでも、老齢になった頃には介護なども必要になってきます。老齢になった際の生活全般も段差が多い為、通常の2階建てより後悔することが多いです。

また3フロアあるため、トイレの数も多い場合が殆どです。そのためメンテナンスのコストもかかります。

和室

和室は、作らなかった後悔、作った後の後悔と2パターンあります。小さい子供がいる場合や、老齢になった時には「作れば良かった」と後悔する事も多いです。新築時はイグサの良い匂いに満足しますが、畳は経年劣化も早くメンテナンスコストもかかります。日当たりの良い建築条件の場合、畳に日焼けが出来る事も多いです。

また和室は、通常廊下を隔てた一室にした独立部屋と、リビングと続く形にした続き間部屋と2通りに別れます。最近の新築住宅は、続き間スタイルを多く取り入れています。来客時や介護生活になった時のことを考えて独立性にしてしまうと、活用し辛いため後悔する事になってしまいます。

段差を設けた小上がり和室という選択肢もあります。空間の間仕切りになる、ベンチ代わりに使える、などメリットも多いです。ですが、老齢になった時に段差に躓く、段差にゴミが溜まる、などの後悔もあります。

吹き抜け

新築設計の際、狭小住宅や、接道が北方向で暗い場合吹き抜けで開放的に、明るく、という提案を受ける事があります。吹き抜けは、窓を設置した場合掃除に困るという難点があります。実際、鳥の糞がついても日常的に掃除出来ない為、雨で洗い流されるのを待っているという声もあります。

カーテンの開閉もチェーン式であったりすると手間にもなります。折角の新築住宅で、鳥の糞は避けたいです。吹き抜けは、設置した場所の上部に空間があるため暖房冷房が効きにくいというデメリットもあります。そのため高気密性に拘る必要があり、そうでない家の場合後悔ポイントとなり得ます。

吹き抜けは解放感もあり、部屋が明るくなります。リビングに吹き抜けを付け、2階部分に大きい窓。オシャレな家のCMで見る光景です。ですが、実際には道を隔てた所に近隣住民が住んでいるのです。透明ガラスでカーテンも閉めず、開けっ放しで生活は不可能です。思っている様には生活出来なかった、という後悔も多いです。

また2階部分と繋がりのある吹き抜けの場合は、話し声などの音、匂いも2階に広がりやすいです。焼き肉などの煙や匂いが出る食べ物には注意が必要です。新築住宅に焼き肉の匂いは、出来れば避けたいという方が多いです。

リビング階段

土地に限りのある日本の場合、廊下を作らないリビング階段は効率的でもあります。廊下を通らず、リビングを通るため毎日子供と顔を合わすという引きこもり対策にもなり、子供の友達が親に会う事無く部屋に溜まる、なども避ける事が出来ます。

ですが、プライベート感が低いというデメリットがあります。2階に子供の友達がいると、うっかり昼寝も出来ない。部屋着でウロウロ出来ない、などが不便で後悔しているという方もいます。

また吹き抜け同様エアコンが効きにくいというデメリットがあります。リビング階段の前に1枚扉を付ける事で改善される為、新築時の設計を後悔する人も多いです。カーテンで対応する方が多いですが、見た目は不格好です。

2階リビング

狭小住宅に多く取り入れられている間取りの代表ともいえるのが、2階リビングです。面した通りを歩く人の目線が気にならない、プライベート感がある、などメリットもあります。ですが、デメリットも多く後悔している方も少なくありません。

・2階リビングなので1階の防犯がおざなりになりがち。
・1階に水回りを持ってくる場合が多く、湿気が溜まる。
・ゴミ捨ての際に1階まで持っていくのが大変。
・毎日の買い物荷物を2階に運ぶのが大変。
・老後に介護が必要になった際にバリアフリー化が出来にくい。
・来客の際にわざわざ1階におりなくてはいけない。

メリットを取るか、デメリットを取るか、よく考えて結論を出さないと後悔ポイントに繋がってしまいます。2階リビングは中古住宅では数が限られているため、新築住宅であれば建てる時に選ぶことが出来るというメリットもあります。よく考えて決断することをおすすめします。

新築の失敗・後悔に関するブログの紹介

一条工務店で新築建築したなーなさんのブログです。図面図と照らし合わせた失敗ポイントなどが詳しく記載されています。

こだわりの新築住宅の失敗ポイントが、写真付きで詳しく記載されています。

新築購入時に後悔したこと

家は3回建てないと満足いくものは建たないと言います。ということは、それだけ後悔している人が多いということです。軽微な、ここがこうだったら使いやすかったのに、という後悔から、こんな新築住宅なら買わなきゃよかった、という大きな後悔まで。大きな買い物なだけに、取返しは容易ではありません。
具体的にはどういう例があるのか、確認してみましょう。

戸建

新築戸建と聞くと、素敵、とか憧れだとかプラスのイメージを抱く方が多いです。ですが、戸建を選んだという事に後悔している人もいます。

・マンション以上に近隣住民との付き合いが大変
・面した通りを歩く人の気配が気になる
・庭の管理が大変
・欠陥住宅だった
・虫が家に入って来る

マンションや賃貸住宅の方が良かったという結論で、早々に売却してしまう方もいます。ライフスタイルによってマンションの方が良いのか、戸建の方が良いのかは異なります。大きな買い物ですから、後悔しない様しっかり考えてから決断することをおすすめします。

ローン

一般的に住宅ローンは年収の5倍以内という言葉がありますが、本当に5倍のローンを組んだとしたら生活はキツキツになる事が多いです。夫婦合算を見込んでいたのに、妻が何らかの理由で働けなくなる事もあります。こんなはずじゃなかった、という事態を考慮してくれないのが、ローンです。せっかく新築マイホームを手に入れても、生活が苦しくなっては元も子もありません。

変動金利、固定金利の選択を後悔している方も多いです。変動金利を選び、見直し期間に思わぬ金利上昇があることも有り得ます。誰も次の見直し時も金利はお得です、なんて事は教えてくれません。賭けにも近いです。

新築購入は大きなお金が動きます。お金にまつわる後悔は大きいですし、人生を狂わせます。しっかりと先まで見据えた金銭計画が必要です。

新築で後悔しないための対処法

何よりも情報を収集することは基本です。沢山の物件を見て参考にする、失敗したポイントなどをまとめたブログなどを読む、ローン破産した人の経緯を検索して読むなど、良い事ばかりでは無く、悪い事も知っておく事で「こんなはずじゃなかった」が防げます。

また身の丈にあった物を選ぶ事が大事です。普段土いじりや星空観賞をしないのに、広い庭園や屋上を欲しがり、結果もてあますということは避けたいポイントです。借りられるだけのローンを組み、年収相場以上の無謀なローンを組む。そういうことをせず、今の生活に合う物件を選ぶ、選択することで後悔するリスクは減るでしょう。

新築住宅は建てるまでは夢ですが、建てた後は現実なのだという事を忘れない様にしましょう。

幸せな生活のために出来ること

新築マイホームの購入は人生の転機です。幸せの象徴とも言えますが、後悔する事も多く、人によっては破滅への第一歩にもなっています。信じられないほどの大金が動く為、後悔しても手遅れになる事も多いです。新築マイホームは、家族が幸せに生活するために得るものです。後悔しないために、しっかり下調べをし、納得いく選択をしてください。

Related