Search

検索したいワードを入力してください

2018年01月25日

防蟻処理にかかる平均費用・処理方法|処理範囲/おすすめの薬剤

一軒家に住んでいる人は何年かに一度防蟻処理をしなければいけません。防蟻処理は一般的には専門の業者にお任せするのですが、最近では自分で行う人もいます。今回は、防蟻処理を業者に発注したときの費用や自己で防蟻する時におすすめの処理方法や薬剤をご紹介します。

防蟻処理にかかる平均費用・処理方法|処理範囲/おすすめの薬剤

防蟻処理とは?

防蟻処理にかかる平均費用・処理方法|処理範囲/おすすめの薬剤

防蟻とは、シロアリを防ぐことを言います。住宅の土台や構造材などにシロアリが発生するのを防ぐ処理のことを言います。一般的な防蟻処理方法は、シロアリを駆除する殺虫剤を使用し駆除する方法とシロアリを寄せ付けない忌避剤を使用する方法があります。

防蟻処理にかかる平均費用

防蟻処理にかかる平均費用・処理方法|処理範囲/おすすめの薬剤

一軒家では必ず必要になってくるのが防蟻処理です。いつまでも長く快適に暮らすには、シロアリを家に近づかせないようにし、シロアリ被害を受けないようにすることです。そして、シロアリを発見した時は、そのまま放置せずに繁殖する前に対処する必要があります。その時に真っ先に思い浮かぶのがシロアリを駆除してくれる専門業者です。

しかし、初めて防蟻処理を頼む時は、どれくらいの費用がかかってしまうのかわからない人は多いです。ここでは、業者の防蟻処理の費用と全体の平均費用をご紹介します。

株式会社 ピコイ

ログハウスの「フリージアハウス」のグループ企業で100万件以上の施工実績があります。長年の研究で生み出された最新技術でシロアリ駆除を行うのが特徴です。その優れた技術を信頼し、官公庁や文化財などからも依頼があります。価格は、5年間の保証があり1坪あたり5,000円(税込)~になっています。

株式会社 サンキョークリーン

サンキョークリーンでは、認定資格を保有したスタッフが多数在籍しています。そして、防蟻処理には認定資格を取得したスタッフが駆除に当たります。

必要以上の薬剤を使用せずにシロアリから家を守ってくれます。シロアリを駆除することだけではなく、その家庭に住む人の健康も配慮してくれるシロアリ業者になります。

価格は、施工終了後より、1年目、3年目、5年目と無料定期点検が付いて1坪あたり7,260円(税込)~になっています。

防蟻処理の平均費用

価格

上記の2社以外の業者を調べた結果、防蟻処理の平均費用は約7,000円くらいでした。多くの業者が5,000~10,000円の間の価格でした。

これは、1坪の価格なので、12坪する場合なら80,000~110,000円くらいの価格がかかると頭に入れておくと選ぶ時に参考になります。また、決めるときには保障期間を確認し費用と比較しながら選ぶと良いでしょう。

防蟻処理の方法

防蟻処理にかかる平均費用・処理方法|処理範囲/おすすめの薬剤

防蟻処理の方法は数種類あるので、代表的な防蟻処理の方法をご紹介します。

土壌処理とは

シロアリは、一般的には地中を通り建物内に侵入し柱などを食い荒らします。シロアリの侵入を防止する方法が土壌処理になります。やり方は、土壌表面に薬剤を散布し防蟻層を形成し、処理する方法です。

木部処理とは

木材表面に薬剤を散布または塗布する処理方法になります。新築を建てる時には通常行う処理方法です。中古住宅でもシロアリ予防として行う場合もあります。

ベイト工法とは

ベイト工法とは、(社)日本しろあり対策協会が名付けた名称で、家庭でも簡単に行うことができるおすすめの処理方法です。シロアリに駆除剤入りのエサを侵食させてシロアリ集団を死滅させる処理方法です。

主にホウ酸使われている

最近で主に防蟻処理で使用されている薬剤が自然素材「ホウ酸」です。シロアリにホウ酸は効果があるのですが、人間やペットには安全な薬剤です。また、効果の持続もあることからホウ酸系の薬剤が多く使われるようになっています。

防蟻処理の建築基準法

日本の建築基準法で木造建築の場合は、地面から1mの柱や土台などの構造耐力上主要の部分にはシロアリ対策をしなければいけないと定められています。

その防蟻処理の薬剤は従来だと神経毒性を持っている農薬系の有機薬剤が使用されていましたが、建築基準法の改正で現在では30年以上効果があるとされているクロルデンや5年以上効果があるクロルピリホスなど効果が長期間持続する農薬は禁止されています。

防蟻処理が必要な範囲

シロアリは暖かく湿度の高い場所を好みます。そして、一度居心地がいいとわかると繁殖し家を食い荒らしてしまいます。室内では、狭い床下や換気が不十分で風通しが悪い部屋や洗面所・結露が溜まりやすい場所にシロアリは発生します。

また、古い建物が立ち並んでいる住宅エリアではシロアリも多く生息しているので、自身が新築を建設する場合はシロアリ対策をする必要があります。

新築では1m?

上記で防蟻処理の建物基準法をご紹介していますが、新築する場合には建物基準法に基づいて建設しなければいけません。地面から1mの構造耐久力上主要部には、シロアリを防止する対策をしなければいけません。

近年では、ハウスメーカーで独自に開発した防蟻処理をしている所が多いのですが、念のために新築を建てるときは、「防蟻対策をどうようにしているのか?」「何年の保証があるのか?」などの確認をしておくようにしましょう。

DIYで出来る防蟻処理のおすすめのやり方

防蟻処理にかかる平均費用・処理方法|処理範囲/おすすめの薬剤

シロアリが発生してしまうと家の土台や柱などを食い荒らし家の寿命を短くしてしまいます。シロアリを見つけた時は業者に頼むのが一般的でしたが、最近ではホームセンターなどで防蟻処理できる処理剤や薬剤が販売されているので、自分でdiyで防蟻処理を行う人も増えてきています。

春~夏にかけて大量の羽蟻を見たり、床がギシギシと軋むなどの症状が起こった場合は、シロアリが生息している可能性があります。diyで防蟻処理をする場合は、まずは確実にシロアリがいるのか確認するのが先決です。

やり方としては、シロアリの巣を探すためにお風呂場や洗面所・キッチンなどの水廻りの床下に潜り周辺を点検することです。シロアリの巣は、土中や壁の中などにあるので蟻の通り道がないか確認するようにしましょう。

シロアリの巣の確認ができたら、防蟻処理を行います。下記でおすすめの処理剤や薬剤をご紹介するので参考にしてください。

防蟻処理におすすめの処理剤・薬剤

防蟻処理にかかる平均費用・処理方法|処理範囲/おすすめの薬剤

防蟻処理の処理剤や薬剤は、数種類あります。その中からdiyにおすすめの処理剤とやり方・効果などを説明します。

ベイト工法のやり方と効果

ベイト工法は上記の防蟻処理法でご紹介していますが、diyで防蟻処理を行うにはこの方法が誰でも簡単にできるのでおすすめの方法になります。

やり方は、ステーションと呼ばれる容器を埋設してシロアリが生息しているのか監視するシステムなので、ステーションを家の床下などに埋めるだけで行えます。ステーション内には、シロアリが好む木材を入れてあるので、食害した場合は毒餌をセットすることで駆除できる簡単な方法です。

おすすめの処理剤・薬剤

「シロハリハンター」シロアリハンターは、本剤1個でヤマトシロアリの巣を壊滅することができます。有効成分が神経系の殺虫剤ではないので人や犬・猫などに危険がなく安全なので使いやすいです。そして、使い方もシロアリが出没しやすい場所に穴を掘って埋めるだけなので簡単に使用することができます。

木部処理のやり方と効果

木部処理のやり方は、家屋の床下の土台や根太などの木材部分に薬剤を塗布したり散布する方法です。最近では、扱いやすい処理剤や薬剤が販売されています。塗布や散布することでシロアリ被害を予防したり駆除することができます。

おすすめの処理剤・薬剤

「水性アリシス」水性アリシスは薄めずにそのまま使用できます。空気環境対応型なので室内空気濃度指針値に示される物質は使用していないので、環境に優しく使いやすいです。やり方は、塗る面のゴミなどを取り除いてハケなどで1㎡当たりに300ml程度塗布してください。

家を長持ちさせるには、防蟻処理は必要!

防蟻処理にかかる平均費用・処理方法|処理範囲/おすすめの薬剤

シロアリは私達の大切な家に被害を与える害虫です。自分の家でシロアリを発見した場合は、なるべく早く対処することが大切です。

最近では、自分で行える防蟻処理剤や薬剤も販売されています。自分で行える人は自分で行い、自分では無理だと考える人は専門の業者に連絡してください。

シロアリは放置すればするほど、家を侵食してしまうので大切な家を守るためにも早めに対策をするようにしましょう。

Related