Search

検索したいワードを入力してください

一人暮らしのダブルベッドの選び方|ダブルベッドを置く何畳が目安?

初回公開日:2017年03月30日

更新日:2020年03月02日

記載されている内容は2017年03月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

一人暮らしをする際ベッド選びは重要になってきます。シングルベッドでは小さいと思う人もいるはず。そこで広々としたダブルベッドで寝たいと言う人も多いはず。しかし一人暮らしでダブルベッドを置くには部屋の広さが肝心。ではどのくらいの広さの部屋が良いのでしょうか。

一人暮らしのダブルベッドの選び方|ダブルベッドを置く何畳が目安?

一人暮らしにダブルベッドは必要?

ダブルベッドの大きさ

ベッドの大きさには大きく3種類に分けられます。

・シングルベッド
・セミダブルベッド
・ダブルベッド

上記のようにベッドには3種類のサイズがあり、一人暮らしならば基本的にシングルベッドで寝る人がとても多いでしょう。しかし、シングルベッドは小さくて窮屈だと言う人もいるでしょうし、恋人がいる人はたまに恋人が泊まりに来るからダブルベッドが良いと言う人もいると思います。それでもダブルベッドはそれなりにサイズが大きいので、部屋もそれなりに広くなければなりません。

ダブルベッドはシングルの2倍の大きさではない

ダブルベッドと聞くと多くの人がシングルベッド2台分だと思うかもしれません。しかしそうではありません。シングルベッドの横幅は97cmに対してダブルベッドは140cmになります。そのためダブルベッドはシングルベッドの2倍と思っている方は注意しましょう。

しかし逆に考えるとダブルベッドはシングルベッド2台分よりも小さいため、一人暮らしでもダブルベッドを置きたいと考えている人にとっては思ったよりも小さく感じられるかもしれませんね!

部屋の大きさやバランス

一人暮らしの部屋と言うと6畳間の部屋と言う人が多いのではないでしょうか。しかし家具や家電など物の量によってはダブルベッドは置けない場合もありますし、もしダブルベッドが置けるとしても部屋の広さと不釣り合いでダブルベッドの印象が強すぎて、部屋とのバランスが悪くなってしまうかもしれません。
しかし1Kの部屋であれば冷蔵庫などのキッチン家電はリビングには置かないので6畳間の部屋でも、部屋のレイアウト次第ではダブルベッドを上手く置く方法があるかもしれません。

一人暮らしでダブルベッドの選び方

ダブルベッドは色やデザインで部屋の雰囲気に合わせる

部屋の広さによってはダブルベッドを置くと部屋に圧迫感を与えてしまう場合が多々ありますが、しかしダブルベッドの色やデザインによっては部屋にマッチして圧迫感を感じさせないように配置することが出来ます。

ベッドの色には明るく木目が特徴のナチュラルカラーやブラウンカラー、ブラックやカラフルなものなどがあり、それぞれの色で印象は大きく変わります。さらにベッドの下に収納があるかないかでも印象が変わり、収納付きベッドの場合、ベッドの下に隙間が出来ないので圧迫感を感じさせてしまいます。しかし収納付きはやはり別に収納ボックスを減らせられる効果があるので便利な側面もあります。

一人暮らしでダブルベッドは何畳の部屋が必要?

一人暮らしでダブルベッドを置くとなると肝心なのは部屋が何畳あるかだと思います。1Kの場合であればやはり様々な家具や家電などの物を部屋に置かなければならないので6畳だとやはり部屋はどうしても狭くなり、圧迫感も出てしまうでしょう。しかし8畳以上の部屋であれば色々な家具や家電があってもダブルベッドは部屋に圧迫感を与えずに置くことが出来ます。

さらに6畳の部屋でも、部屋のレイアウト次第ではあまり窮屈に感じることなく生活することが出来ます。工夫次第にはなりますが、ダブルベッドを一人暮らしで使用するならば少しでも大きな家具を減らし、小さな家具でどうにか一人暮らしの部屋を広々とした快適な空間を演出することが出来るのではないでしょうか。

部屋の広さ=家賃の高さ

一人暮らしでダブルベッドを置く場合、やはり少しでも広い部屋に住むことが重要になってきます。しかし広い部屋を借りるとなると、その分家賃も上がってきますよね。収入が多ければ問題はありませんが、収入が少ないとなると家賃で収入の多くの割合を取られるので極力安くて広い部屋を見つけることが大切です。

一般的に家賃は収入の1/3と言いますが、広い部屋を探すとなると都会での一人暮らしは難しくなってくるでしょう。そのため都心部よりも郊外に住むことで家賃を少しでも抑えることが出来るので、便利な都会よりも少しでも家賃が安い郊外に住むことをオススメします。

さらに一人暮らしをするとなると家賃や光熱費や食費以外にも貯金をしたり、趣味にお金をかけたいと言う人はとても多いかと思います。そのため一人暮らしをするとなると家賃は極力1/3以下に抑えたいところです。さらに貯金や趣味にお金をかけたいのであれば極力外食や無駄な買い物を控えることで充実した一人暮らしを送れるはずなので、節約生活をすることが大切です。

一人暮らしをゆったり満喫

8畳以上の広い部屋でゆったりと

これから初めて一人暮らしを始めると言う方は特に部屋の広さを重視するか家賃の安さを重視するか、または会社や学校との距離を重視するか色々と悩むことがあるかと思います。さらにどうしても寝るときはゆったりとダブルベッドで眠りたいと言う人も多いかと思います。

それぞれの条件を満たすにはまずはお金の面を考えることが重要かもしれません。高収入を得られている人であればそこは気にすることではありませんが、しかし誰もが高収入を得られている訳ではないので、まずは家賃を考慮した上で安い家賃で広い部屋を見つけることが重要になってきます。

8畳以上の部屋であればダブルベッドを置いても圧迫感を感じさせずに色々な家具や家電を揃えることも出来るでしょう。1Kで8畳以上の部屋を探すのは苦労するかもしれませんが、一人暮らしをゆったりと快適に過ごしたいのであれば部屋探しは妥協せずに頑張りましょう。

6畳の部屋でゆったりと一人暮らしをするなら

やはり6畳の部屋で一人暮らしをするとなると、ダブルベッドは圧迫感を与えてしまう場合があるので、せめてセミダブルベッドかシングルベッドが相応しいかもしれません。その理由はテーブルやソファ、他にもテレビ台や本棚と言った家具を部屋に詰め込むとかなり狭く感じてしまうからです。ただし、どうしてもダブルベッドが良いという方は折り畳み収納が可能なエアーベッドがおすすめです。

6畳の部屋でゆったりと快適に一人暮らしを満喫するならばベッドの大きさはなるべく小さくして部屋をより広く見せることが大切です。しかし先ほども書きましたが極力家具を減らして超シンプルな部屋にすればダブルベッドは6畳の部屋でも多少はゆったりした印象を与えることが出来るかもしれません。

しかしもし趣味で何かをコレクションしていて、どうしても棚が必要であったり、テーブル以外にもデスクが欲しいと言った場合はやはりダブルベッドは部屋を狭くさせてしまいます。なので趣味やインテリアなどに拘っている人は、6畳部屋とのバランスを考える必要があります。

普段使いもできる最新エアーベッドはコチラ

一人暮らしで快適な部屋作り

家具は背の低いアイテムをチョイス

ゆったりと快適な一人暮らしの空間を演出するならば極力背の低い家具を選ぶことが大切です。そうすることによって空間的に部屋が広く感じられるので、友達や恋人を部屋に招き入れる際に「広くて気持ち良い部屋」と言う印象を与えてくれるでしょう。さらにテーブルやデスクも極力横長の物を使用することで部屋はさらに奥行きやスッキリ感が出てくるかと思います。特に一人暮らし用のテーブルは正方形や丸型の物が多いので横長のテーブルをチョイスしておきましょう。

様々な家具を使用しながら広く見せるには

せっかく広い部屋で一人暮らしをするならばインテリアにも拘りたいですよね。例えばソファーやシェルフ、テーブルやデスクなどアイテムが多ければ多いほど部屋を狭くしていきます。しかし先ほども書いたようにテーブルやデスクなどは極力横長の物を使用することで部屋に奥行き感を出すことが出来るので、そう言った工夫によりソファやシェルフなどを使用しながらダブルベッドを置いても圧迫感や狭さを感じさせることなく空間演出をすることが出来るでしょう。

インテリアに拘るならば

一人暮らしをより楽しむにはやっぱりインテリアに拘ることではないでしょうか?インテリアに拘ることで、より部屋に統一感を与えたりオシャレに見せたりすることが出来ます。もちろんベッドも部屋のインテリアに合わせたデザイン性のある物を選ぶことでより統一感を出せるでしょう。

しかし家具屋さんへ行ってもなかなか良いアイテムが見つからないと言うときはインターネットを利用して様々なネットショップを利用すると良いでしょう。最初に書いたようにダブルベッドのサイズはほとんど決まっており、ダブルベッドの横幅のサイズは140cmなのでいろんなネットショップでより部屋にピッタリなベッドを探すことをオススメします。

ベッドが決まればあとは仕事や学校から帰って、少しベッドでのんびりしたいと言うときは部屋の雰囲気が良ければとても心地良い空間に浸ることが出来てストレスや疲労を解消することが出来るでしょう。そして快適な一人暮らしの生活を送ることが出来て、むしろ早く家に帰りたいと思える部屋作りを目指しましょう!

部屋に合わせるか、ベッドに合わせるか

一人暮らしを始めるにあたりダブルベッドは本当に必要なのかをまず考えましょう。1人で広々としたベッドで寝たいと言う方や恋人がよく泊まりに来るからダブルベッドは必要と言う人も恐らく多いかもしれません。
そこでダブルベッドを部屋に置くにはまず部屋の広さが8畳以上がオススメです。しかし8畳以上の部屋は家賃が高くて6〜7畳の部屋しか見つからないと言う方は極力家具は最低限に減らす必要があります。そしてテーブルやデスクなどは横長のタイプで奥行きが長くないタイプを選ぶことで、部屋の奥行きを演出することが出来ます。

より快適な一人暮らしをするには

快適な空間を作る工夫

部屋に快適な空間を作るならば、アンティーク調の家具を揃えることで落ち着いた大人っぽい部屋にすることが出来ます。テーブル、デスク、シェルフ、棚、ベッドなど色々なアイテムでアンティーク調の物があるのでインテリアショップで色々と物色して部屋をより快適で心地の良い部屋を目指しましょう。

しかし快適な空間のある部屋の特徴には好みがあるため、あくまでもアンティーク調は1例であり、ポップな部屋だったりカフェっぽい部屋にしてみたり…みなさんの好みの部屋にしてみましょう。ベッドも様々なデザインがあるのでご自身の部屋にピッタリなベッドを妥協せずに見つけることがとても大切です。

もちろんベッドにはどんな部屋にでも合うデザインの物もあるので、ベッド選びに迷いが出たらどんな部屋にでも合う木製のナチュラルカラーのベッドやブラウンカラーのベッドがオススメです。

インテリアに拘った部屋作り

しかしインテリアなどに拘って家具を揃えたいと言う方はやはり8畳以上の部屋を借りることが大切です。そして空間をより広く見せる工夫として背の低い家具がオススメです。さらに部屋に統一性を持たせるにはベッドも周りの家具に似合うデザインの物を選びましょう。そうすることによって、より快適な一人暮らしを実現することが出来て「帰りたくなる部屋」にすることが出来るはず!

趣味を重視した部屋にも

一人暮らしをするのに部屋をご自身の趣味のカラーに染めると言うのもとても素敵なことだと思います。そうすることによって、暇な時間を趣味を楽しむ時間に変えることも可能です。しかし趣味と言っても様々ですよね。読書、写真、コレクション、コラージュ、楽器演奏などなど…人によって趣味はことなってきます。

しかしそれぞれの趣味を活かした部屋にすることで、一人暮らしが楽しくなり同じ趣味の友達を呼んで一緒に遊んだりすることが出来て楽しくなります。しかし一人暮らしをする上で”音”には注意しましょう。そのため楽器演奏が趣味と言う人は隣の住人に気を遣いましょう。

部屋はいつも綺麗に保つことが大切

当たり前のことですが、部屋は定期的に掃除をしましょう。食器洗いや掃除機や洗濯物などは極力こまめに行い部屋を綺麗に保つことで、いつ誰が来ても大丈夫な状態にしておくことがとても重要です。さらに部屋が汚いとせっかく揃えた家具や趣味のコレクションなどが台無しになってしまいます。それに部屋が綺麗だとモチベーションも自然と上がり、部屋をずっと綺麗に保ち続けたいと言う思いや、仕事や勉強を頑張ろうと言う気持ちにもつながります。意外と部屋の掃除や片付けは気持ちの切り替えやモチベーションにつながるので小まめに行いましょう。

将来を見据えた部屋の借り方

いつかは同棲するかもしれない

特に恋人がいる人はいつかは同棲することになるかもしれません。そのため広い部屋にダブルベッドで最初はゆったりと一人で寝るのも良いですが、いつか恋人と同棲する際に一緒に眠れると言う安心感もあります。さすがにシングルベッドで二人で寝るのはちょっと厳しい部分がありますし、部屋が狭いとストレスの原因にもなります。そのため将来を見据えて広い部屋に住んでダブルベッドを置くことも大いにオススメします。

もちろん今恋人がいない人でも、いつかは恋人が出来て部屋に招き入れることになったり同棲することになることも考えられます。そう言った将来のことを考えると広い部屋に住むと言うことはとてもメリットがあります。将来恋人が出来て一緒にベッドで眠りたいと言うときはやっぱりダブルベッドはとても快適ですし、狭い部屋に住んでいる場合は引っ越さなければならないかもしれません。そう言った面倒事などを見据えて初めから広い部屋に住むと言う選択は色々な意味でメリットがあるのではないでしょうか。

是非、部屋選びやベッド選びをする際には将来のことも考えておくと良いかもしれませんね!

Related