Search

検索したいワードを入力してください

【メーカー別】プラズマテレビの寿命・寿命が来た時の症状

初回公開日:2018年01月10日

更新日:2020年02月07日

記載されている内容は2018年01月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

大画面で楽しんで頂けるプラズマテレビの平均寿命の伸ばし方を紹介しています。家族みんなで、リビングに集まる為には、プラズマテレビは必須アイテムです。寿命を伸ばす簡単な注意点をぜひ、お友達やお知り合いの方にも教えて挙げましょう。

【メーカー別】プラズマテレビの寿命・寿命が来た時の症状

メーカー別プラズマテレビの寿命の時間・何年か

プラズマテレビの寿命は、平均寿命としては約10年といわれています。プラズマテレビは液晶テレビのようにバックライトの交換ができません。故障の箇所によっては、寿命が短くなってしまう可能性もあります。

プラズマテレビを平均寿命より少しでも長くするためには、寿命を短くする原因を知る事にあります。ご使用いただく上での注意点を知ることによって、身近な解決方法で大切なプラズマテレビをより楽しんでいただけることでしょう。ぜひ、参考にしてみて下さい。

各メーカーの部品保有期間は8年

部品の保有期間というものがあって、部品を造り始めた時から生産終了までをいいます。つまり、製品の販売開始から工場での生産終了までをいいます。不具合が起きて部品を交換したくても8年を過ぎてしまうと部品がなくなり修理できない可能性があるということです。

プラズマテレビと液晶テレビの価格

プラズマテレビと液晶テレビでは、価格にかなり差があります。液晶テレビは、若干プラズマテレビに比べて価格が高いです。それに対してプラズマは安心な安さです。液晶テレビに比べるとかなり安くなるので、その分大型サイズのものが液晶のものと同価格で購入する事ができるでしょう。

日立

日立のプラズマテレビの設置に関するご案内です。長時間使用した時などに、上部やパネル表面が熱くなる事があります。手で触れると熱く感じたりしますが、故障ではありません。基本的に動作保証温度は5~35℃とのことです。 通気を妨げないように、上部30cm以上、左右10cm以上の十分な距離を取り、設置して欲しいと案内があります。

パナソニック

プラズマパネルを生産しているのは、日本国内では、パナソニックだけです。日立もパナソニック製のパネルを使用しています。プラズマテレビの修理も自社生産製の安心感があります。

プラズマテレビをご利用いただくにあたり、お客様へのサポート情報を提供するサイトもあります。

購入して約7ヶ月がたち当初気になったギザギザ感はだいぶ軽減されました
焼きつきも無く良い感じです。
これがエージング効果?なんでしょうかねぇー
BS4のトラベリックスという番組を毎週見ていますが、町並みの遠景を
カメラがゆっくり(左右)移動するときなど画面全体のザラツキが当初は
気になりましたが、今は目が慣れたせいもあるかもですがうまく表現出来ている
様に感じます。
発熱は省エネ設定1にしている為か、直接触れる距離にならない限りは気に
なりません。
ファンは上部に4つありますが夜間音を消音にした場合にのみやや聞こえる
程度です(ジー音はまったく認識出来ずー・・年の所為か?)

画面・画質設定もやや暗めにしていますが、自宅での視聴ではそれでも
明るく感じるくらいです(映画を見るときも照明は点灯しています)
※ブレードランナーとダークナイトのときは消灯しています(^^;

出典: http://kakaku.com/item/20423014680/spec/ |

wooo

プラズマテレビを購入した方が設定方法をネットに挙げているので、メーカーさんに相談だけでなく手軽に知識が得られるところが安心です。日立のおすすめプラズマテレビが woooシリーズです。 液晶テレビも woooシリーズがあります。

壁掛けのプラズマテレビもあり、壁掛け金具もあります。リビングまたは寝室など、環境によってお選びください。

203SHは、無線LAN環境があれば、プリインストールのSmartFamilinkで視聴できると思います。ただし、TS、TSE録画は不可で、TSXは視聴可能だと思います。iPhoneは、TwonkyBeamアプリを使えば、TSXは視聴可能かもしれません。TS、TSEは不可です。(iOSは詳しくないので、もっと良いアプリ(方法)があるかもしれません。)

Winダブレットは、DiXiM Digital TV plus等のソフトを使えば、視聴可能だと思います。
こちらはTS、TSE、TSX視聴可能です。書込番号:17613940

出典: http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000096710/ |

プラズマテレビの寿命が来た時の症状

プラズマテレビの寿命が来た時の一番の症状は画面に不具合が起きる事です。画面が暗くなったり、色が出なくなったり、音声が変になったり、筋が入ったりします。テレビの明るさ(輝度)が50%以下になったら、寿命といわれています。プラズマテレビは、バックライトを使用していないので、画面が暗くなってくると交換できず、寿命と考えた方が良いでしょう。

納得いくためにも試していただきたいのですが、電源が入っているのに画面が真っ暗な場合は、一度コンセントを抜き時間を置いてから差し込んでみてください。改善が無ければ、寿命または、故障となります。また、電源が入らない、電源コードやプラグが異常に熱い、煙が出る、焦げ臭いといった症状が出たら、一概に寿命と判断せず各メーカーに連絡し相談しましょう。

プラズマテレビの寿命を延ばす注意点は!

プラズマテレビは、パネルの内部で放電を起こし映像を表示しているため、パネルの表面温度が高くなる場合があります。液晶テレビは、内蔵している蛍光ランプを点灯させることで映像を表示しているため、液晶テレビの表面温度が高くなる場合があります。いずれも故障ではありません。

テレビの寿命は、使用時間が長いほど内部部品に負担がかかり短くなります。液晶に比べプラズマテレビは、発熱に多少差があります。

内部部品は精密機器ですので、熱に弱く、長時間の使用を避けて使用すれば寿命も長くなるでしょう。こまめに電源を切り、熱の負担のかかりにくい使い方を続けると寿命は変わってくるでしょう。上手に使用すればプラズマテレビも液晶と変わりなく長くご使用いただけます。

寿命を短くする原因

寿命が縮む原因の一番は、長時間使用です。また、画面の明るさ設定が高すぎたり、直射日光があたるのも良くありません。お子様の居るご家庭では、ゲームに使用していませんか。プラズマテレビの掃除はどのくらいしていますか、どうすればよいか知っていますか。

プラズマテレビの連続運転は、内部に負担をかけるので、何度もお話ししていますが、長時間の使用は避けましょう。明るさ設定は、内部負担だけでなく、目にも負担をかけてしまいます。原因をちょっと改善するだけで、寿命が延びたら嬉しいです。プラズマテレビの寿命を短くする5点をチェックしてみてください。

具体的な対処法

何度も取り上げておりますが長時間使用をやめるのは、ダラダラ使用せずこまめに電源を切るように心開けることが大切です。画面の明るさ設定は、標準または、標準以下が良いでしょう。

また、置き場所によっては、どうしても直射日光があたる場合があります。直射日光の熱が内部部品の劣化につながってしまいますので、カーテンや何か他の物で、遮るようにしましょう。

テレビゲームは光の強さといった輝度が高く、焼き付きといった画面が切り替わっても画像が残っている状態になり、テレビの負担になります。ゲーム専用の画面を使用しましょう。

掃除ですが、内部にホコリがたまり不具合を起こす可能性があります。日常的にテレビの表面のホコリを摂ったり、通風口を月1回掃除機をかけるなどして、少しでも内部部品の劣化や不具合を防ぎましょう。

プラズマテレビの寿命は短いのか?液晶テレビとの違いは?

プラズマテレビ

プラズマテレビは、激しい動きにも対応できるので、動きの早いスポーツなどの映像も、滑らかに再現します。視野角が広く、立体的な映像再現に優れているのが特徴です。超大型画面でも映像再現に優れています。自宅のリビングでホームシアターの雰囲気を楽しみたい人に超おすすめです。

しかし、室内の蛍光灯や照明が画面に映り込んだり、ちらつきがあり、目が疲れやすいと言われています。寿命については、ブラウン管テレビと同程度で約20,000時間、1日7時間程度視聴したとして、約8年と言われています。

ただ、プラズマテレビは、液晶テレビよりも画面強度が高く、パネル割れを起こしにくく長持ちします。小さなお子様のいるお宅など使用環境によっては、プラズマテレビがおすすめです。

液晶テレビ

液晶テレビは、画面に近寄って見ても映像がくっきり鮮明で、とてもきれいです。照明の映り込みが少なく、目が疲れにくいと言われています。しかし、早い動きでは残像ができてしまいます。激しい動きのスポーツを見る人にはおすすめできません。また、立体的な表現が苦手で、暗いシーンに難があります。

また、画面を照らすバックライトの寿命が60,000時間ですので、1日7時間程度視聴したとして約24年の寿命です。画面が暗くなってきても、バックライトの交換修理が可能なので、他にどこか不具合がなければ、さらに寿命は伸びます。ただ、パネル強度が低く、衝撃によってパネル割れを起こしやすいという欠点があります。

プラズマテレビで家族団らんを楽しもう

テレビは、日常生活に必ず必要ではないけれど、情報源として心のオアシスとして、なくてはならないものになりました。娯楽としてドラマや映画をみたり、家族みんなで笑いながら視聴する事で、絆が深まっていきます。生活家電として必要とされてはいませんが、毎日の生活で心を和ませてくれる大切な必需品です。

お安いお買い物ではないので、プラズマテレビを楽しんで頂けるよう注意点など参考にしていただきご使用ください。少しでも長くプラズマテレビが家族の一員になれたら嬉しいです。

Related