Search

検索したいワードを入力してください

フラットタイプの電子レンジの特徴と機能・メリットとデメリット

初回公開日:2018年03月30日

更新日:2019年03月19日

記載されている内容は2018年03月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

電子レンジの購入を検討している方で、色々迷ってしまって決まらないという方も多いのではないでしょうか。今回はフラットタイプの電子レンジの機能や特徴、ターンテーブルタイプとの違い、また特徴別におすすめのフラットタイプの電子レンジをご紹介します。

フラットタイプの電子レンジの特徴と機能・メリットとデメリット

フラットタイプの電子レンジの特徴と機能は?

最近の電子レンジは、温め機能だけのシンプルなものから、料理の幅が拡がるオーブン機能などが付いたものまで、さまざまなタイプのものがあります。家電量販店などで購入を検討される場合、フラットタイプの電子レンジとターンテーブルのタイプの電子レンジで、迷われる方も多いでしょう。

今回は、フラットタイプの電子レンジの特徴や、さまざまなフラットタイプの電子レンジをご紹介します。まずはフラットタイプの電子レンジの特徴と機能について、みていきましょう。

ターンテーブル付きレンジとの違い

電子レンジで大きく区別されるのが、フラットタイプの電子レンジとターンテーブルタイプの電子レンジです。この2種類のタイプの電子レンジの違いは、電子レンジの扉を開けた中の構造に違いがあります。

ターンテーブルタイプの電子レンジは、中にターンテーブルがあり、そこへ食品をのせて温めます。ターンテーブルタイプの電子レンジは一定の部分からしか電波が出ないので、ターンテーブルを回すことで、食品全体が温まる構造です。

一方、フラットタイプの電子レンジは、ターンテーブルタイプの電子レンジのようなテーブルがなく、電波を庫内に拡散させることで、食品全体が温まる構造になっています。

こんな機能も付いてます!

フラットタイプの電子レンジは、ターンテーブルタイプの電子レンジと比べて、温め機能以外にもさまざまな機能が付いていることが多く、1台あるだけで色々な料理が作れるものがたくさんあります。

オーブン機能

多機能で高価格のフラットタイプの電子レンジには、オーブン機能が付いているものがほとんどです。オーブン機能が付いていることで、肉や魚のグリル料理やクッキーなどのオーブン料理、また油を使わずに揚げ物などを調理することができます。フラットタイプの電子レンジを選ぶ方に人気の機能です。

スチーム機能

スチーム調理機能は、オーブンが付いているフラットタイプの電子レンジにあります。過熱する際に水蒸気を発生させることで、食材の水分を損なうことなく温めることができ、蒸し料理などにおすすめの機能です。こちらもフラットタイプの電子レンジを選ぶ方に人気の機能になります。

2段調理など

フラットタイプの電子レンジはターンテーブルがないため、オーブン機能などを使用する際に、別々の料理を2段に分けて同時に調理することが可能です。ホームパーティーの時など、料理の品数をたくさん用意する時に、2種類の料理を同時に調理することが可能になるので、時短になります。

フラットタイプの電子レンジのメリットとデメリット

機能がたくさん付いていて魅力的なフラットタイプの電子レンジですが、実際にはターンテーブルタイプの電子レンジも根強い人気がありますので、機能だけでは選べないという方もいらっしゃるでしょう。ここからは、フラットタイプの電子レンジのメリットとデメリットについてご紹介します。

価格の差

フラットタイプの電子レンジは多機能なものが多いので、ターンテーブルタイプの電子レンジに比べると、価格は高価なものが多いでしょう。ただし、フラットタイプの電子レンジにも単機能のものもあり、機能がシンプルなものや小型のものであれば、お手頃な価格の電子レンジもあります。

手入れ方法

フラットタイプの電子レンジで1番のメリットとも言えるのが、お手入れのしやすさです。
ターンテーブルタイプの電子レンジは、ターンテーブルの下や庫内の奥など、掃除がしにくい箇所があります。しかし、フラットタイプの電子レンジでは、庫内がフラットですっきりとしているため、油や食品などで汚れても、さっと拭き取ることができるのが特徴です。

温めにムラがある?

ターンテーブルタイプの電子レンジとフラットタイプの電子レンジでは、温め方は違うものの、どちらの電子レンジも食品全体が温まる構造になっています。

しかし、ターンテーブルタイプの電子レンジは、大きなサイズのものなど、回転中に庫内にぶつかり温めにムラが出たりする可能性があり、フラットタイプの電子レンジも、庫内の中心に食品が置かれていないと温めにムラができる原因になりますので、食品を置く位置には気をつけましょう。

フラットタイプの電子レンジが発売された頃は、温めにムラができるという話もありましたが、最近の電子レンジは、温度を検知するセンサーや電波を拡散させる性能が格段によくなっており、フラットタイプの電子レンジでも全体が均一に温まるようになっています。

フラットタイプの電子レンジの価格相場は?

フラットタイプの電子レンジは、機能の数や性能によって価格にも幅があり、単機能や小型のフラットタイプの電子レンジは、安いものであれば1万円前後で販売されています。また、最新の多機能のフラットタイプの電子レンジでは、10万円前後の価格です。

平均すると2万円から5万円前後のフラットタイプの電子レンジが人気で、売れ筋となっていますが、求める機能や予算、生活スタイルなどを考慮し、購入するフラットタイプの電子レンジを選びましょう。

フラットタイプの電子レンジのおすすめメーカー

フラットタイプの電子レンジは、メーカーによっても機能や性能が異なります。ここではフラットタイプの電子レンジでおすすめのメーカーをみていきましょう。

パナソニック

インターネットサイトなどでも、フラットタイプの電子レンジを検索すると必ず上位に入るメーカーの1つがパナソニックです。

中でもパナソニックの3つ星ビストロシリーズは、過去の製品も含めて人気のシリーズとなっています。3つ星シリーズは多機能、高性能で、その分価格も高価にはなりますが、価格以上の働きをしてくれる1台でしょう。

また、パナソニックのフラットタイプの電子レンジでエレックというものもあります。エレックは3つ星ビストロシリーズに比べてお手頃な価格のものが多く、人気のシリーズです。

ハイアール

最近、フラットタイプの電子レンジで注目を集めているのが、ハイアールです。ハイアールは中国のメーカーになりますが、世界各国に拠点があり、もちろん日本にもありますので、アフターサービスやカスタマーサポートもしっかり対応してくれます。

ハイアールのフラットタイプの電子レンジは、シンプルで価格が非常に安いのが魅力です。一人暮らしの方や、多機能なものは必要ないという方にはおすすめの電子レンジでしょう。

その他東芝・シャープなど

パナソニックやハイアール以外にも、フラットタイプの電子レンジで人気のメーカーはまだまだあります。

東芝のフラットタイプの電子レンジは、パナソニックに次いで人気があり、機能や性能はさることながら価格が安く、コストパフォーマンスの高い商品が豊富にあります。また、シャープや日立なども、価格がお手頃なものが多く人気です。

特徴別おすすめのフラットタイプの電子レンジ

ここからはそれぞれの特徴別におすすめのフラットタイプの電子レンジをご紹介します。
ここに載せられなかった商品で魅力的なものがまだまだありますので、こちらを参考に他の商品も検討してみてください。

扉が縦開きのタイプ

フラットタイプの電子レンジの扉は横に開くものと、縦に開くものがあります。
最近は、縦開きのものが主流です。

シャープ 過熱水蒸気オーブンレンジ

こちらはシャープの過熱水蒸気オーブンレンジです。サイズは、外形(mm) 幅500×奥行380×高さ345、庫内(mm)幅320×奥行290×高さ225で、容量は23Lです。

付属品に角皿、スチームカップ、クックブックが付いており、自動メニューで53種類の料理を作ることが可能です。また、冷凍食品あたためのボタンがあり、ワット数や時間の調整の手間いらずで、冷凍食品を食べごろまで温めてくれます。

温めもボタンひとつでその食材に適温にしてくれます。
前のレンジでは、2皿同時に温めるとムラができていたり、冷たかったりしたのですが、これはそれもなく本当に使いやすい!
コスパ最高です。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%8... |

赤外線センサー付

最近のフラットタイプの電子レンジは、赤外線センサーの性能がより上がっています。
その中でもおすすめの電子レンジをみていきましょう。

パナソニック エレック オーブンレンジ

パナソニックのエレックオーブンレンジは、スイングサーチ赤外線センサーで食品全体を温めます。スイングサーチ赤外線センサーは、センサーをスイングさせて温度を測定するので、食品の温めにムラができにくく、何度も加熱し直さなければいけないことが非常に少ないです。

サイズは33.5×52.9×40.0センチ、容量は26Lあるので、大きなお弁当も温めることが可能です。付属品には角皿が付いており、この角皿にお湯をはって、スチーム機能を使うことで、茶わん蒸しなども作ることができます。

実は電子レンジがなんとなく苦手でこちらのレンジが自分にとっての初レンジだったりします。
最近菓子を作るのに凝っていて、レンジが欲しくなりこの商品を買いました。
初めての自分にもとても分かり易く、何でも出来ちゃうのでとても気に入っています。
家族や他の人から見てもこの商品はなかなか優秀らしいです。
とても良い買い物をしたと一家で喜んでおります。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%83%91%E3%83%8A%E3%82%BD%E3%8... |

小型・コンパクト

次にご紹介するのは、一人暮らしの方やそれほど電子レンジの使用しない方におすすめの小型のフラットタイプの電子レンジです。

山善(YAMAZEN) オーブンレンジ フラット

小型のフラットタイプの電子レンジでおすすめなのが、山善のオーブンレンジです。庫内寸法は幅26.3×奥行31.6×高さ17.6センチ、容量が16Lとかなりコンパクトなサイズで、限られたスペースでもコンパクトに置くことができます。

付属品には角皿と焼き網が付き、また飲み物や冷凍ご飯、コンビニ弁当などのワンタッチメニュー機能も付いていますので、小型ではありますが一人暮らしの方にとてもおすすめの電子レンジです。

回転テーブルではなくフラット式を選んで正解!庫内が広く使えて満足です。またオーブンレンジでは珍しいレッド色も鮮やかで格好良いです。良い買い物でした。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E5%B1%B1%E5%96%84-YAMAZEN-%E3%8... |

シンプル

フラットタイプの電子レンジでシンプルなものをお探しの方には、こちらがおすすめです。

TWINBIRD ミラーガラスフラット電子レンジ

フラットタイプの電子レンジで、シンプルなものや見た目にこだわりたいという方におすすめなのが、ツインバードのミラーガラスフラット電子レンジです。サイズはW46×D35×H27.5センチで、大きなお弁当も入ります。

ミラーガラスになっていますが、調理中は庫内灯が点灯しますので、中の食品を確認することができます。使用しない時は、ミラーガラスが反射するので庫内が見えることはなく、ボタンなどもシンプルなデザインになっていて見た目もすっきりとしているのが特徴です。

25年使用していた、電子レンジは、使えましたが、どうしようもなく汚れてしまい、内部に、錆が出来ていましたので、購入を考えました。最初は、この下の機種をかんがえておりましたが、レビューを見ると、壊れやすいとの事で、これに決めました。
商品が届いて、設置したところ、やはり、ミラーガラスが、カッコ良い。以前は、タイマー式で、あったので、少々不安を感じましたが、操作は簡単でした。
コンビニの弁当も、楽々入りました。庫内も拭き易く、大変良かったです。

出典: https://www.amazon.co.jp/TWINBIRD-%E3%83%9F%E3%83%A9%E3%8... |

価格がとにかく安いフラットタイプの電子レンジ

機能の多さや性能よりも、とにかく安い電子レンジがいいという方におすすめのフラットタイプの電子レンジをご紹介します。

ハイアール 電子レンジ JM-FH18D(K)

電子レンジはあまり使わないという方や、機能などよりも価格の安さ重視という方にはこちらのハイアールのフラットタイプの電子レンジをおすすめします。サイズは、外形寸法(mm)幅470×奥行き390(取っ手含)×高さ285で、容量は18Lです。

約30センチのワイドな庫内で大きなコンビニ弁当のあたためも可能です。よく使うワット数や時間を記憶する「セルフメモリ」機能が搭載されており、毎回使用する時にワット数や時間を調整する必要がなく、操作もシンプルで使いやすくなっています。

また待機消費電力がゼロなので、無駄な電気代を抑えることができ、コストパフォーマンスが非常に良い商品と言えるでしょう。

品物を乗せられるので、私には、手前開きが使い勝手がいいです。

2台目だから、2~3年で駄目になっちゃうのかな~?
それでも、コスパの良さには勝てません。

壊れたら、また買います(笑い)

出典: https://www.amazon.co.jp/Haier-%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%82%A... |

単機能のフラットタイプの電子レンジ

複雑な操作は苦手という方には、単機能のフラットタイプの電子レンジをおすすめします。

ユアサプライムス 単機能フラット電子レンジ

フラットタイプの電子レンジは色々な機能が付いているものが多く便利ですが、機械や複雑な操作が苦手という方もいらっしゃるでしょう。そんな方におすすめのフラットタイプの電子レンジが、ユアサプライムスの単機能フラット電子レンジです。

サイズは458×286×354mmで、容量は18Lです。単機能なので、基本的には温め機能のみになりますが、ワンタッチあたため機能、チャイルドロック機能、15分タイマーが付いており、電子レンジの機能としては十分と言えるでしょう。

また、待機消費電力がゼロで無駄な電気代を抑えられますし、複雑な操作などもないので、機械操作が苦手な方におすすめです。

オーブン機能付きタイプ

最後に1番人気のオーブン機能付きのフラットタイプの電子レンジをご紹介します。

パナソニック3つ星ビストロスチームオーブンレンジ

フラットタイプの電子レンジでインターネットサイトなどでも常に上位で人気なのが、パナソニックの3つ星ビストロスチームオーブンレンジです。サイズは39.0×49.4×43.5センチで、容量は30Lになります。

大きなサイズになりますが、コンビニの大きなお弁当の温めはもちろん、熱風循環オーブンで2段調理が可能です。付属品にはグリル皿1枚、角皿2枚、ミトン2枚、レシピ集が付いています。レシピ集に掲載されているメニュー数は414種類もあり、自動メニューも367種類ありますので、料理の幅も広がるでしょう。

スピードスチーム機能は、新開発された高効率なボイラーによってスチーム調理のスピードがアップし、蒸し物などの時短調理ができるようになっています。さらにパナソニックのスマートアプリと連動でき、レシピ検索やレンジの設定、電気代の記録などもできて、とても便利です。

初期型のヘルシオからの買い替えですが、非常に使いやすいです。
比べる対象が7、8年前の型なので、当たり前かもしれませんが、メンテナンスもしやすく満足しています。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%83%91%E3%83%8A%E3%82%BD%E3%8... |

フラットタイプ電子レンジは生活スタイルで選ぼう!

特徴別におすすめのフラットタイプの電子レンジをご紹介しましたが、お気に入りの電子レンジは見つかりましたか。フラットタイプの電子レンジは、単機能のものから多機能のものまであり、また大きさも、大小さまざまな種類のものがあります。

フラットタイプの電子レンジは、ターンテーブルタイプの電子レンジに比べて、高価なものが多いですが、その分手入れもしやすく、使い勝手の良い商品も多いので、コストパフォーマンスが高い商品も多いのが魅力です。

これから新生活を始められる方や、買い替えを検討している方、それぞれ電子レンジの購入を検討されるタイミングがありますが、おすすめの商品などを参考に、ぜひ生活スタイルに合った電子レンジを探してみてください。

Related