Search

検索したいワードを入力してください

2018年04月04日

【男女別】理想の部屋・レイアウト・間取り|一人暮らし/中学生

理想の部屋を作るには、同じ間取りの部屋でもその部屋の間取りをどう考えるかによって左右されます。どんなインテリアをどうレイアウトするかによって、雰囲気や使い勝手などに差が生じ、広く感じる事もできます。理想の部屋の実現のためには、いろいろな実例を参考にしてください

【男女別】理想の部屋・レイアウト・間取り|一人暮らし/中学生

男女別理想の部屋

自分にとって理想の部屋のイメージはありますか。例えばカッコイイイメージが理想の部屋の人もいれば、かわいいイメージが理想の部屋の人もいますし、ハード系が理想の部屋の人もいればナチュラル系が理想の部屋という人もいます。しかし、イメージが明確であればインテリア選びも迷いません。

イメージが全体像なら、次は機能性を考えてみましょう。自分が部屋の中でどういう行動パターンをするかを「動線」と言いますが、「動線」を邪魔するレイアウトにすると動きにくさや、使いにくさを感じてしまいます。

自分の動線に基づいてインテリアを配置しましょう。イメージと機能性の決める順番はどちらが先でも構いませんが、次に生活パターンが夜型なのか、昼型なのかでも快適性を追及すると太陽光を取り入れるのか、遮断するのかでも理想の部屋づくりは変わってきます。

簡単にお洒落なイメージにするには

お洒落なイメージが理想の部屋の人はズバリ、物をゴチャゴチャと置かないことです。必要最低限の家具のみでシンプルに構成された清潔な部屋は、和風洋風どんなパターンでもお洒落に見えます。物を置くとどうしても整理整頓が行き届いてないと散らかった印象になります。

色も視覚的に主張するものなので、目にうるさい感じになりがちです。それをまとめるセンスがあればいいですが、さまざまな物や色に全体的な統一感を持たせるのは、なかなかハイセンスな技術でも難しいです。

よほどの執着的な物マニアコレクターでなければ、最低限に家具や物を減らすだけで簡単にまとまり感がでます。

女性の理想部屋

お家デートが若い世代を中心に当たり前になってきました。そうなると当然、男女とも異性を家にあげることも前提になります。男性から見た女性の理想の部屋といった場合、女性の趣味趣向はあまり気になりません。むしろ趣味はあった方がいいぐらいです。

統一感のセンスや高価なインテリア、そんなハイクオリティさも、大半の男性は理想の部屋として求めないでしょう。では理想の部屋とは何か、というと清潔感狩り整理整頓されていることが一番の理想の部屋です。お洒落な収納アイデアなどを、うまく使って日用品などがきれいに整頓されているだけで好感がもてます。

もっとも、男性が好感を持っている女性の部屋を訪ねた時は、その時点でかなり他の女性より特別な目で見ているので、通常レベルに整理されていればそんなに神経質になる必要もないでしょう。

男性の理想部屋

男性も女性も、ゴミが床に散乱した汚部屋などは問題外ですが、あまりにも潔癖症な家主感が出過ぎている男性部屋だと、逆に落ち着かないという女性もいます。男は、かるく生活感があるぐらいが理想の部屋として丁度いいのでしょう。

狭い部屋であればなおのこと男性の場合、家具や物は少ない方がいいでしょう。ごちゃごちゃしたものが見えない状態、または必要以上に持たない、置かないのがベストです。シンプルな生活ぶりで、仕事関係のものしかないぐらいだと女性は好感を持ちます。

殺風景すぎず控え目な植物や小さな絵などもいいでしょう。部屋の芳香剤などもくどいよりは、あっさりとしてた方が落ち着くでしょう。

目の錯覚を利用して広く見せる

空間には広く見せる、または見えるという人間の錯覚を利用した方法があります。理想の部屋作りには取り入れたい方法です。狭い部屋に絶対NGと言えるのが、座った目線より高い家具です。

目線の下の世界をつくる

理想の部屋作りに最適なラックは、低く横長であまり奥行きが深くないタイプです。背板もない方がスッキリします。ただでさえ狭い部屋がさらに狭く見えるのは床部分が隠れることによって圧迫感があるからです。色彩も圧迫感への錯覚に関係があります。明るい元気のいい原色は、目に飛び込んでくる色なので使いすぎると、目にうるさく狭い印象を感じます。

ではどういう色がいいのかというと、理想的に言えば壁紙は白で、家具も白で統一し壁際の家具の存在は引っ込ませるとかなりスッキリした印象になります。その中に原色は例えば小さな額縁フレームなどアクセントで使うといいでしょう。

中学生の理想の部屋

中学生の部屋の特徴といえば、子供部屋からの延長なので物が多く、スッキリ収納しきれずごちゃごちゃと収拾つかない状態になっているので、理想の部屋からは程遠いのが現実でしょう。

全部出して仕分けをする

初めに子供時代の物と、現在使っているものを明確に分ける作業をしましょう。捨てて良いと判断したものは捨てて、物を減らしましょう。次に自分が部屋でくつろぐ時に目に入る物をできるだけ減らすイメージで使わない物から順にクローゼットお奥に段ボールなどでしまいましょう。

収納が部屋になくても重ねた段ボールを100円ショップの「すのこ」で囲うだけでも雰囲気がスッキリし理想の部屋に近くなります。部活の物と教科書と参考書ぐらいが見える物になれば、部屋もだいぶ爽やかな印象になるでしょう。

ここまで整理してから、自分の色にすればイメージ通りの理想の部屋に近くづくでしょう。受験勉強をするこの時期には、勉強机とベッドがセットの家具もお勧めです。

一人暮らしの理想の部屋

一人暮らしの生活スタイルにもいろいろありますが、落ち着く空間であってほしいものでしょう。出かける事が多く、あまり家にいないという人でもホッとする場所であった方が、ちょっとでも息抜きができ理想の部屋と言えます。

買うのは簡単

しかし、注意すべき点はホッとする空間づくりにと、ついつい物を買い過ぎないことです。物が増えれば掃除の手間が増えます。一人暮らしの掃除は自分でやるしかないので断然、楽な方が清潔さは保ちやすいです。

あくまで清潔さを優先させた一例ですが、一人暮らし部屋は狭いので、シンプルさを大事にし空間をわざと残すレイアウトを心がけましょう。飾り物なども最小限に抑え、もう一つ何かインテリアが欲しいな、ぐらいで止めておくのが実は丁度いいバランスです。

特徴別理想の部屋のレイアウト

個人差はありますが、自分の理想の部屋とは不思議なもので重ねた経験、つまり年齢とも呼吸し合い、趣味もちょっとづつ変化していくような感じに似ているところもあります。いろんなパターンを見ておくことにより、いいヒントが自分の中で混ざり合いより理想の部屋に近づくでしょう。

シンプル

シンプルがテーマの理想の部屋としては、必要最低限の家具に抑えることは必至です。色もまとまった印象によりシンプルさを感じる錯覚効果もあるので、基調にする色選びから部屋のコンセプトを決めていきましょう。ちなみに白は万人にシンプルな印象を与えます。

必要最低限の家具の配置としては、ベッド、ベッド下の収納ボックス、食卓を兼ねた化粧机、カーテン、ぐらいです。ちょっと贅沢を言えばTVと、服が多い人はハンガーラックぐらいでしょう。生活用品の台所周り風呂、洗濯機周りの備品や、下駄箱周りは完全に切り離した空間にし整理整頓しましょう。

スッキリした印象を与えるには、机の下には何も置かないのが理想なので、化粧道具一式などはベッド下収納ボックスの一角を使うと、机の上も常に散らからず整理整頓が保てます。

風水など

風水は古来中国から伝わるすべての環境を使って開運していく環境学です。運気を上げたいのであれば試しに取り入れてみるのもいいのではないでしょうか。

風水学では、太陽や風という方角的な観念があります。玄関は気が行き来する大事な場所とされており、玄関マットを置くことは埃や汚れを落とす以外に、外からの気を落とすので家内の福が下がらないとされています。

それ以外にも鏡を置くのであれば玄関から入って右側が吉、太陽光が当たる場所ならなお良し、遮光カーテンはしないほうがいいです。朝日は部屋の気を入れ替えるので窓を開け、空気の入れ替えや天窓は吉とされています。部屋に緑を置くのも運気が上がるとされていますが、玄関にサボテンを置くのは来る気と喧嘩するので避けましょう。

部屋の間取り別別理想の部屋

【男女別】理想の部屋・レイアウト・間取り|一人暮らし/中学生

古いアパートから平屋の借家、新しいタイプのアパートまでさまざまな物件がありますが、どんな使い方が理想の部屋となるのでしょうか。

6畳

6畳和室というタイプも古いアパートや、平屋の借家だと多いですが畳のままでも洋風にアレンジすることもできます。むしろセンスによっては、そのほうが逆にお洒落な理想の部屋になる場合もあります。

背の低い家具とその中でも、背板などのない向こうの壁が見えるタイプを選ぶといいでしょう。これも目の錯覚を利用した部屋を広く見せる技です。灯りをを間接照明にするのも効果的で、風水的にも吉です。

1K

1Kタイプの場合、ロフトがある場合が多いのでベッドを置く必要がなくその分、フロアーを広く使えます。しかし、そこで物や家具を買いすぎてしまうと、意外とあっという間に家具に囲まれた倉庫のような部屋になってしまうので注意しましょう。

やはり理想の部屋作りの第一歩は、頭に描くイメージが大事です。欲しい家具から選んでいくと、フラットスペースがなくなりあとあと後悔する確率が高いです。廊下が玄関と台所になっているので100均などで「つっぱり棒」や「メッシュ網棚」などをうまく使い、空中スペースや、壁の有効利用がスッキリ整理するコツです。

ワンルーム

台所も一体となったワンルームでは、かなりスペース作りを工夫しないと理想の部屋にはなりにくいです。台所周りの物は流しの下棚を、やはり100均などのアイテムで棚分けしスッキリ収納しましょう。

食器棚などを大きな家具を買ってしまうと、それだけスペースはなくなります。台所が見えるのが嫌だという時には、ブラインドやカーテンをつけるのも一つの手です。食器棚を目隠し代わりに置くのであれば、背の低い物を選び上に緑を並べたりすると圧迫感はなくなります。

理想の部屋の間取り

【男女別】理想の部屋・レイアウト・間取り|一人暮らし/中学生

理想の部屋の間取りは、千差万別と言えます。なぜなら、生活スタイルがそれぞれ違うからです。料理をする人、しない人でも違いますし、家には寝に帰るだけという人もいれば、家が大好きという人もいます。

ワンルームタイプは、あまり料理をたくさんやる人よりは、やらない人の方が向いています。料理をたくさんする人は、台所スペースが広く収納や使い勝手がいい方がいいので、せめて1K以上が理想です。

もう一つ重要なのは洗濯機や冷蔵庫、下駄箱などを置くスペースや配置を考えて賃貸物件を借りないと、理想の部屋からは程遠いイメージになってしまいます。せっかく1DKを借りても、食卓テーブルセットなんかを買ってしまえば、あっという間に台所スペースはなくなってしまいます。

理想の部屋の温度

【男女別】理想の部屋・レイアウト・間取り|一人暮らし/中学生

「理想の部屋の温度ってあるの。」と思う人もいますが、実は健康にも影響するので湿度と共に非常に重要なポイントです。夏は25℃~28℃が適温温度で、湿度が55%~65%とされています。風がとおるのか、エアコンがあるのかは重要です。

冬は18℃~22℃で湿度が45%~60%です。冬の湿度は乾燥により風邪の原因もつくりだしやすく非常に重要です。部屋の暖や涼しさは、建物構造に直結しますが賃貸物件の下見の段階ではわかりずらいです。

なので、せめて夏なら窓を開けさせてもらい、風とおしを確認したり、冬のアパートであれば周りの室温により、角部屋よりも二階の真ん中の部屋が一番暖かいこと憶えておきましょう。

理想の部屋づくりの仕方

【男女別】理想の部屋・レイアウト・間取り|一人暮らし/中学生

まずは、何もない部屋は真っ白いキャンバスだと思いましょう。あなたは今からそこに自由に絵を描ける画家です。そこに何が欲しいかをイメージしましょう。朝日の感じ、昼光のさし方、夕日が部屋に入る感じまで計算してイメージしましょう。

夜になれば、どんな灯りを灯したいか照明のイメージも重要です。夜はどうやったら自分が寛げる空間になるかを考えます。そういうイメージを明確に持つと、配色も自分の理想で自然に決まるはずですし、いくら魅力的な家具に出逢っても簡単には買えなくなります。

あなたのイメージがもっとも重要であり、いくら安くても可愛くても理想のテーマにブレる家具や物は一切置かないと決めれば、理想の部屋はどんなタイプでも一本とおった統一感がありお洒落な感じがします。

理想の部屋とは物とのバランス

いろんな理想の部屋が、それぞれにあるでしょう。色にしても真っ黒が大好きな人もいますし柄が好きな人もいますし、一概にこれが理想の部屋という定義は、どんな有名デザイナーですらできません。

ただひとつ言えるのは、その人自身のイメージどおりで本人が納得しているのかが最も重要です。もう少し踏み込むと、それは視覚的にうるさい部屋にしろ静かな部屋にしろ、物とのバランスが最終的に重要と言えるでしょう。

物の増えすぎには、収納しきれないのであればリサイクル屋にもっていくか、捨てるしかありません。思い切って捨てるということもかなり重要です。新しい家具にしろ高価だからいいわけではありません。自分が気にいれば何でもかわいい家具です。

Related