Search

検索したいワードを入力してください

懐妊とは・懐妊の意味と使い方・例文5コ・懐妊の類語

初回公開日:2018年08月20日

更新日:2020年02月25日

記載されている内容は2018年08月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

懐妊の意味を知っていますでしょうか。皇族の方のニュースで聞いた事もある人もいますが、皇族のかただけではなく目上の方にも使う言葉です。懐妊の正しい意味と使い方を紹介しています。懐妊祝いの例文も紹介していますので参考にしてください。

懐妊とは・懐妊の意味と使い方・例文5コ・懐妊の類語

懐妊とは

懐妊とは・懐妊の意味と使い方・例文5コ・懐妊の類語
※画像はイメージです

ニュースで皇族の方が妊娠された際に、○○様がご懐妊されましたというニュースを聞いた事があるでしょう。ご懐妊という言葉は皇族の方のみに使われるわけではありません。一般的なマナーとして、ご懐妊についての正しい意味と使い方を知りましょう。

妊娠祝いの例文も合わせて紹介しています。心のこもった懐妊祝いは嬉しいです。例文を参考にして、あなたなりの言葉でアレンジして気持ちを伝えましょう。

懐妊の意味と読み

懐妊は「かいにん」と読みます。普段はニュースで見るだけで、一般の人には使われないと思いがちですが、皇族の方だけではなく目上の人や年上の人に対しての丁寧語としても使用されます。

単に「妊娠」というと医学的な意味合いもありますが、ご懐妊には妊娠した事を喜び、おめでたいという気持ちを伝えるのに用います。

懐妊を使う場面

ご懐妊とはどのような場面で使われるでしょうか。ご懐妊は妊娠した事がわかった時に使われます。ご懐妊されました。とは言いますが、ご懐妊4ヶ月目ですといった言い回しはしません。

目下の人や親しい人にはかしこまりすぎるので、妊娠祝いで良いでしょう。目上の人が妊娠したのがわかった時に、お祝いの言葉を述べる際の丁寧語として覚えておきましょう。

懐妊を使った例文

職場の人や目上の方の妊娠がわかった時はお祝いの言葉を述べます。お祝いの気持ちを素直に述べましょう。ご懐妊されたときのお祝いの例文とご懐妊についての例文を紹介します。

妊娠祝いを贈る時期は安定期に入った5ヶ月目から8ヶ月目に送る事がベストです。その前に妊娠がわかっていたとしても、不安定な時期なため、あくまで安定期に入ってからという事を心がけましょう。

例文1:ご懐妊おめでとうございます

職場の上司が妊娠したときのお祝い例文です。

○○様 ご懐妊おめでとうございます。ご懐妊されたと聞き、皆自分のことのように嬉しく感じています。いつも私たちの事を気遣いフォローしていただき、ありがとうございます。今度は私たちがフォローする番です。お体を大切にしてご自愛なさってください。

例文2:ご懐妊の二ユース

妊娠のニュースを聞いたときのお祝い例文です。

○○様 ご懐妊おめでとうございます。ご懐妊のお話を聞いて、私も幸せな気持ちになりました。元気なお子様の誕生をお祈り申し上げております。

例文3:ご懐妊が発表された

妊娠についてはセンシティブな問題です。妊娠に気づいていても相手から話があるまでこちらから話はせずに見守りましょう。ご懐妊が発表された時のお祝い例文です。

○○様 ご懐妊おめでとうございます。新しい命を授かりさらに忙しくなられますが、お体は大切になさってください。○○様の笑顔にいつも元気づけられています。○○様似の笑顔の素敵なお子様の誕生をお祈りしております。

例文4:ご懐妊の兆し

あくまで兆しですのでお祝いは控えめに、身体を気遣ったお祝いをしましょう。ご懐妊の兆しがあると知ったときのお祝い例文です。

○○様 ご懐妊おめでとうございます。新しい命の芽生えがあったとの事で、私も嬉しい気持ちになりました。新しい命が健やかに育ちますようにお祈り申し上げております。お体を大切にお過ごし下さい。

例文5:ご懐妊だそうです

ご懐妊を聞いたときのお祝い例文です。

○○様 この度ご懐妊されたと聞き、おめでとうございます。公私共に忙しくされている○○様ですが、新しい家族の誕生でさらに忙しくなられると感じますが、持ち前の明るさで明るい家庭を作ってください。生まれてくるお子様の健康をお祈りしております。

妊娠祝いにおすすめのアイテムはこちら

妊娠の話を聞いたときはお祝い文と共に妊娠祝いを届けましょう。安産祈願のテディベアは、赤ちゃんが生まれてからも使う事ができます。母親のお腹の中にいたときから赤ちゃんの成長を一緒に見守っていたテディベアは、赤ちゃんが生まれてからもずっと傍に寄り添ってくれるでしょう。

妊娠祝いを送る際は性別がどちらでも使えるものを送る事がベターです。テディベアは赤ちゃんの性別を問わず贈れる妊娠祝いです。

Related