Search

検索したいワードを入力してください

伊織という名前の意味や由来など7つ|伊織の名前の魅力4つ

初回公開日:2018年11月14日

更新日:2020年02月06日

記載されている内容は2018年11月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「伊織」という名前は、現代では女性にも男性にも使われる、一風変わった名前です。ここでは「伊織」という名前がいかなる由来を持ち、現代ではどのような意味合いで使われるか。また現代において「伊織」という名前が与えるイメージなどについて解説します。

伊織という名前の意味や由来など7つ|伊織の名前の魅力4つ

「伊織」という名前のイメージは

「伊織」という名前を文字だけで見ると「沙織」「佳織」「詩織」などの女性名の一種に思えます。しかしその一方で、他の「~織」という名前にはない、どこか古風で気品のあるイメージも感じられます。

というのも、歴史や時代劇に詳しい人にはよく知られていますが、戦国時代や江戸時代の武士にも「伊織」という名前が使われた例が多々あります。実は「伊織」とは、数百年前から日本に存在する非常に深い歴史のある名前です。

「伊織」という名前の男の子も増えている

漢字や響きの印象から女性的なイメージが感じられる「伊織」という名前ですが、最近では男の子に「伊織」という名前をつけるケースも多くなっています。

これに対し、女の子向けの名前を男の子につけるのはおかしいという人もいます。しかし実際には、1948年生まれで乱歩賞や直木賞を受賞した作家の藤原伊織さん(故人)や、1971年生まれの元プロ野球選手、関口伊織さんなど「伊織」という名前の男性は昔から存在します。

伊織について

ここでは「伊織」という名前について、基本的な読み方から言葉の意味、その由来から印象、さらにはどのような意味をこめて名付けるか、名前としての利点から魅力までを徹底解説します。

「伊織」という名前が、他の「佳織」「詩織」などの一見似た名前と、どこが違うかが明確になります。

1:読み方

「伊織」という名前は、通常「伊」の「い」と「織」の「おり」で「いおり」と読みます。漢字の「伊」にはほかに「かれ」「これ」という読みがあります。また「織」は「組織」の「しき」という読みの他に「しょく」とも読みます。

人名としての「伊織」の読みは、まず例外なく「いおり」になります。あえて異なる読み方で名付けない限り、他の読み方をする例はほとんどありません。

2:意味

「伊織」という名前は「伊」と「織」の二つの漢字から成り立っています。

漢字の「伊」は古来、聖職者を表す象形文字でしたが、徐々にその意味は薄れ「い」と読む言葉の当て字として使われるようになりました。「織」は「織物」という言葉のとおり、模様を目印にして布を織る様子から成立した漢字です。

この二つの漢字を合わせた「伊織」という名前に、各漢字と関連する特別な意味はなく、古くから人名として使われています。

3:由来

「伊織」という名前は戦国時代の「東百官」に由来します。

鎌倉時代、朝廷は金銭で武士に官職を与え、武士は拝領した「織部」「帯刀」などの官職を通称として名乗りました。これに対し、朝廷から遠い関東の武士は「主水」「左内」「左門」「平内」「右京」など、官職風の名前を自称するようになりました。

これを「東百官」といい、そのひとつが「伊織」です。本来「伊織」とは武士の名前であり、男性が名乗るものでした。

4:名前の印象

元来「伊織」とは武士の名前でした。実在人物では二刀流の剣豪として有名な宮本武蔵の養子、宮本伊織がいます。由来を知る人にとって「伊織」とは、侍のイメージが強い名前になります。

時代劇や小説などでは「伊織」は字面や響きのよさから、美男子の若侍によく使われる名前になります。1978年のテレビ時代劇「必殺商売人」では、当時30代の二枚目俳優、中条きよしさんが、松原伊織という色男の悪役武士を演じています。

5:読みやすい

「伊織」という名前は、由来を知らない人が見ても非常に読みやすいものになります。

「伊」という漢字は「伊太利亜(イタリア)」などで「い」として読むことがほとんどです。「織」も名前の場合は「佳織」「沙織」などの名前で「おり」という読みがよく知られています。

「伊織」という名前は「いおり」として、まず誤読されることのない名前だといえます。名前として語呂がいいことも、読みやすさの一助になっています。

6:漢字が書きやすい

「伊織」という名前の漢字は「伊」「織」ともに、特に難しい文字ではありません。

「伊」は「伊藤」「井伊」などの苗字や「紀伊」の地名などでよく見かけ、画数も少ない漢字です。「織」はやや画数が多いものの「織物」「布を織る」の意味や「紗織」「詩織」などの女性名でよく知られており、意味、文字とも特に難しい漢字ではありません。

一般的な日本語能力さえあれば、「伊織」は誰もが書くことのできる名前でしょう。

7:女の子にも付ける

「伊織」とは本来「東百官」に由来する武士の名前であり、男性の名前でした。現代では語感の美しさから、女性名としてもよく使われています。

実在する「伊織」名の女性には、アニメ「名探偵コナン」の挿入歌を歌った歌手の伊織さんや女優の野水伊織さんなどがいます。また桂正和さんの漫画「I"s」のヒロイン葦月伊織、ゲーム「アイドルマスター」の水瀬伊織など、漫画やアニメの女性キャラクター名としてもよく使われます。

転職を考える貴女のための無料転職支援サイト

マイナビエージェントでは、現在の仕事から転職を考えている貴女のために、多彩な求人を取り揃え、専任のキャリアアドバイザーがさまざまなサポートを行います。

貴女のキャリアを考慮した転職活動を総合的にサポートして、ご希望に沿った転職を実現させる無料転職支援サイト、それがマイナビエージェントです。

伊織という名前の持つ魅力とは

「伊織」とは本来は古くからある武士の名前でありながら、文字の印象からして、現代では女性の名前としてもよく用いられています。現代的に見れば、古風でいて新鮮でもある、いろいろな視点からの魅力がある名前だと言えます。

ここでは現代における「伊織」という名前の魅力を、さまざまな角度から分析します。

1:日本的で古風でカッコかわいい

「伊織」という名前は、その由来を知っている人なら、やはり由緒ある武士というイメージが強くなります。それでいて字面の美しさから、女性の名前としても違和感がありません。女性が名乗る場合も、古風なイメージから高貴で品がある印象を与えます。

歴史の裏打ちをもつ和風の名前でありながら、漢字には美しく可愛らしい雰囲気もある、まさに古くて新しい、カッコかわいい名前であるのが「伊織」の魅力といえます。

2:誰でも知っている古風な名前

「伊織」とは歴史上に実在した武士の名前として知られています。

一般的には先ほど亡くなられた名優、加藤剛さんが主演を務めたテレビ時代劇「大岡越前」の登場人物で、竹脇無我さんが演じた医師「榊原伊織」で有名です。劇中の榊原伊織は親友として越前を助け、ときに現代で言う鑑識や監察医の役割も果たしました。

この榊原伊織によって「伊織」という名前に、上品で知的な二枚目の武士というイメージが定着したとも言えます。

3:ありふれた名前ではない

「伊織」には、武士の名前としての古い歴史と伝統があります。しかし現代人の名前としては、さほど使われるものではありません。特に本来は武士の名前であったため、女性に名づけられるようになったのはごく最近です。それだけに現代で「伊織」という名前には特別な印象が残ります。

古風で伝統的、品位あるイメージを与え、さらに字面からは優美で知的な印象も感じさせる、独特の魅力ある名前、それが「伊織」だと言えます。

4:読みやすいし書きやすい

古風で典雅ながら、漢字、読みともに特に難解でなく、読みやすく書きやすい点も「伊織」という名前の魅力です。

「伊」の「い」に「織」の「おり」とも、漢字の一番わかりやすい読み方であり「伊織」の由来を知らない人が見ても、まず読み間違えることがない名前です。

また「伊織」は個々の漢字も一般でよく使われるため非常に書きやすく、画数の少ない「伊」に、やや画数の多い「織」で字面のバランスも非常に取れています。

古風でカッコかわいいのが魅力

「伊織」という名前の魅力は、本来は武士の名前である古風な格好良さと、現代の感覚では女の子の名前にも思える可愛らしさとのギャップにあるといっていいでしょう。

そのため男の子の名前としては誇り高い侍のイメージで、女の子の名前としても、可愛らしい中にも男装の麗人のような凛々しさが漂います。

由来を知る人と知らない人でもガラリと印象が変わる、不思議で古風でカッコかわいい魅力をもつ名前、それが「伊織」です。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

世の中には「伊織」の他にも、風変わりな名前がたくさんあります。特に近年は、いわゆるキラキラネームと呼ばれる、強引な当て字などを用いた、一般的な人名の概念を超えた個性的すぎる名前も多くなっています。

以下のページにそういった名前を集めましたので、興味がおありの方はぜひご覧になってください。

Related