Search

検索したいワードを入力してください

コストコ「ホットドッグ」の食べ方7選|おすすめのトッピング

初回公開日:2018年12月19日

更新日:2018年12月19日

記載されている内容は2018年12月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

コストコのフードコートには、格安でトッピングかけ放題のホットドッグがあることを知っているでしょうか。この記事では、そのホットドッグの魅力やおすすめの食べ方について紹介します。ぜひ、コストコに行く際の参考にしてみてください。

コストコ「ホットドッグ」の食べ方7選|おすすめのトッピング

コストコのホットドッグとは?

コストコ「ホットドッグ」の食べ方7選|おすすめのトッピング
※画像はイメージです

会員制・低価格・大容量で有名な倉庫型販売店「コストコ」では、フードコートで激安のホットドッグが食べられることを知っている人も多いのではないでしょうか。このホットドッグは、コストコ3種の神器と呼ばれる食べ物のひとつでもあります。

これぞアメリカといえる雰囲気の中で食べるコストコのホットドッグは、まさに「安い、うまい、楽しい」といわれています。では、どのような魅力があるのか、特徴を見ていきましょう。

1:値段

コストコのホットドッグは、なんとドリンクバー付きで180円という、驚きの低価格になっています。注文するとドリンクバー用のカップの中に、アルミホイルで包まれたホットドッグが入れられて渡されます。

ホットドッグだけで年会費の元は取れるのではないか、と言われるほどの価格設定です。ぜひ、安さに比例しない美味しさを味わってみてください。

2:サイズ

コストコ「ホットドッグ」の食べ方7選|おすすめのトッピング
※画像はイメージです

ホットドッグ自体のサイズは、なんと値段からは想像もつかない、約20cmの長さがあります。ドリンクバーのコップもなかなかの大きさではありますが、その中に入れて渡されるホットドッグは、それ以上の大きさではみ出しています。

ビッグサイズで、よりアメリカの雰囲気が感じられるのではないでしょうか。

3:食材

ホットドッグに使われている食材は、想像以上に大きくシンプルです。以下の記事で、それぞれの食材の特徴についてみていきましょう。

コストコのホットドッグがいかに、価格以上の価値があるかを知ることになります。

バンズ

コストコ「ホットドッグ」の食べ方7選|おすすめのトッピング
※画像はイメージです

コストコで食べることのできるホットドッグに使用されているバンズは、白ごまがたっぷりとかかっています。また、よく見かけるホットドッグとは違い、バンズの横から切れ目が入っており、後で紹介するトッピングをたくさん入れることができるようになっています。

気になる製造会社ですが、実はフジパン株式会社が作っています。コストコでは、このバンズ自体も販売しており、6本入り180円で買うことができます。

ソーセージ

コストコ「ホットドッグ」の食べ方7選|おすすめのトッピング
※画像はイメージです

コストコのホットドッグに使われているソーセージ、「ポークディナーフランク」は、オーソドックスな細挽きタイプで、味と食感が統一化されています。バンズからはみ出る20cm超の長さがあり、食べ応え抜群です。

こちらもコストコ内で販売されており、食肉加工品コーナーで14本入り1,798円となっています。

コストコ「ホットドッグ」の食べ方7選

コストコ「ホットドッグ」の食べ方7選|おすすめのトッピング
※画像はイメージです

コストコのホットドッグには、専用のトッピングが豊富に用意されています。セルフでホットドッグにかけて食べることができ、そのバリエーションは千差万別です。

以下の記事から、さまざまなトッピングを使った食べ方を7選紹介します。ぜひ、参考にして、コストコのホットドッグを食べる際は試してみてください。オリジナルの食べ方を追究する手がかりにもなるでしょう。

1:そのまま食べる

ソーセージにはしっかりとした味がついているため、なにもかけなくても美味しく食べることができるのが、コストコのホットドッグの強みです。トッピングは多く用意されていますが、まずはそのままの味を楽しんでみてください。

手も汚さずに食べることができるため、気を遣う服装のときや時間がないときにもおすすめの食べ方といえるでしょう。

2:ケチャップのみ

かけ放題のソース「ケチャップ」「マスタード」「レリッシュ」のうち、シンプルにケチャップのみかけて食べるのもいいでしょう。辛味が欲しい人は、マスタードを追加するのも美味しいです。

フードコート内にはフォークやナイフも使うことができ、切り分けて食べることも可能です。お子様と食べる際にも活用できるのではないでしょうか。

3:玉ねぎを多めにする

ハンドルを回すことで出てくる「オニオン」をたっぷり多めにかけて食べるのもいいでしょう。オニオン単体で食べると多少の辛味を感じますが、ソーセージやケチャップ、マスタードなどと一緒に食べれば気にならないので、たくさんかけても大丈夫です。

シャキシャキとした食感がよく、ホットドッグを食べるうえでよいアクセントになるといえるでしょう。多めにかけて、ザクザクシャキシャキとした食感を味わってみてください。

Related