Search

検索したいワードを入力してください

茹で鶏おすすめアレンジレシピ10選|茹で鶏レシピ本3選

初回公開日:2018年12月13日

更新日:2020年06月03日

記載されている内容は2018年12月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ヘルシーなおいしさで人気の茹で鶏を、いろんなアレンジ方法で楽しんでみませんか。安価な鶏むね肉を使った茹で鶏は、注目度抜群の食材でアレンジ方法も想像以上に豊かです。茹で鶏初心者から、茹で鶏の愛好家にもおすすめできるアレンジレシピやレシピ本を紹介します。

茹で鶏おすすめアレンジレシピ10選|茹で鶏レシピ本3選

茹で鶏とは?

茹で鶏は、鶏の胸肉・水・塩・砂糖を小鍋に入れて弱火で加熱し、煮汁に浸けたまま冷ましてやわらかく仕上げたものだとされています。しっとりとして淡白な味なのでいろんな料理にアレンジすることができます。

鶏むね肉はタンパク質が豊富なうえ低カロリーな食材として知られています。

パサパサにならないために

茹で鶏をパサパサにしないためには、沸騰したら弱火で加熱する・ゆで汁に浸けたまま余熱で熱を通す、というポイントがあります。沸騰するまで中火〜強火で加熱し、沸騰したら弱火に調節しましょう。

ある程度火が通ったら火を止め、鍋のふたを閉じて余熱を通しながらそのまま冷まします。竹串で刺した時に濁った汁が出ていなければ加熱できています。終始強火で加熱したり、加熱した肉をすぐ取り出さないようにしましょう。

ブライン液でしっとりする

ブライン液は、水・塩・砂糖を混ぜ合わせたもので、ブライン液に鶏むね肉を漬け込んでおくことで肉に水分が浸透するため、茹で鶏がしっとりと仕上がるとされています。

ブライン液を使って肉を漬け込む方法をブライニングといいます。ブライン液の作り方は、水100㎖・塩5g・砂糖5gの割合で混ぜ、肉と共に密閉袋に入れ、肉の大きさに合わせて1時間以上漬け込みます。漬け込み過ぎると肉が固くなるので気をつけましょう。

冷凍保存は可能?

茹で鶏は冷凍保存が可能な食材です。冷凍保存のやり方は、茹で鶏を使いやすい大きさに切ったり食べやすく割いたものを、小分けにしてラップで包み、フリーザーバッグに入れて冷凍庫へ入れます。

夕食に使いたいときは、朝のうちに冷蔵庫へ移動させておくとよいでしょう。ちなみに、ゆで汁も冷凍しておくことができるので、フリーザーバッグに注いで空気を抜き、密閉して冷凍庫で保存しましょう。

茹で鶏おすすめアレンジレシピ10選

茹で鶏は安価な鶏むね肉を使って簡単に作れるところが魅力です。鶏むね肉・水・塩・砂糖さえあればいつでも作ることができるので、特売の鶏むね肉で多めに作っておき、冷凍保存しておけば食事作りも楽になるでしょう。

以下に、茹で鶏のおすすめレシピをご紹介します。

1:茹で鶏と香味野菜のナッツサラダ

香味野菜やナッツと一緒に食べる、茹で鶏のナッツサラダをご紹介します。マスタードのきいたドレッシングをかけてたっぷりといただきましょう。

作り方は、ちぎった春菊・千切りの青シソ・茹で鶏を盛り付け、砕いたナッツをトッピングし、ドレッシングをかけたら完成です。

★材料(2人分)
鶏ムネ肉 1枚
春菊 50g
青しそ 5枚
★クルミ 20g
★白ごま 5g
★かぼちゃの種 5g
◎麺つゆ 大さじ3
◎粒マスタード 小さじ1
◎砂糖 小さじ1
◎ゴマ油 小さじ1
◎酢 大さじ2

★作り方(5~15分)
1.鶏ムネ肉は沸騰したお湯に入れて、再び沸騰したら火を止めてフタをして冷めるまで、そのまま入れておいてから、薄くスライスする

2.春菊は手でちぎり、青しそは細くカットする
クルミは大きいようなら手で割る

3.◎の材料を混ぜて、ドレッシングを作る

4.皿に春菊・青しそ・鶏肉を盛り付け、ナッツをトッピングしてドレッシングかけたら出来上がり

★ワンポイントアドバイス
★のナッツはお好みで変更オッケーです!

出典: http://s.recipe-blog.jp/profile/134590/recipe/1185182 |

2:塩ナムルそうめん

茹で鶏ときゅうりのナムルをのせたそうめんをご紹介します。食欲のない時や、手軽にスタミナをつけたいときにもおすすめのアレンジレシピです。

作り方は、ごま油に塩を混ぜ合わせ、割いた茹で鶏・水気をきったきゅうりの塩もみと和えてゆでたそうめんの上に盛り付け、めんつゆをかけてキムチ・白ごまをトッピングしたら完成です。

★材料(4人分)
鶏胸肉 1枚
生姜 2〜3枚
きゅうり 1本
塩 小1/2
ごま油 大1
そうめん 2束
めんつゆ(2倍濃縮) 150cc
水 50cc
酢 大1
白ゴマ 適量
キムチ 適量

★作り方(15~30分)
1.鶏肉がかぶるくらいの水とスライスした生姜を鍋に入れて火をつける。沸騰したら弱火にしてアクを取り15〜20分茹でてから粗熱がとれるまで置いておく。めんつゆ、水、酢を合わせる

2.きゅうりは薄くスライスして塩をふり(分量外)揉んでから水気をキュッと絞る

3.ボウルにごま油と塩を合わせる。1の鶏肉を手で細かく割ききゅうりと一緒にボウルに入れて和える

4.そうめんを茹でて冷水にさらし水気を切ったらお皿に盛り付け3を上に乗せてめんつゆを注ぎ入れる

5.キムチと白ゴマをふりかけて出来上がり

★ワンポイントアドバイス
冷やして食べるとさらに美味しいです♪

出典: http://s.recipe-blog.jp/profile/35529/recipe/791134 |

3:しっとり茹で鶏と春菊のキムチ風味

香り高い春菊と茹で鶏をキムチの風味に仕上げた和え物をご紹介します。前菜やおつまみとして、活躍してくれること間違いなしのアレンジレシピです。

作り方は、もやしと春菊を茹でてしっかり水気をきり、食べやすく割いた茹で鶏・キムチのタレ・醤油・ポン酢・ごま油を加えて全体をしっかり混ぜ合わせたら完成です。時間をおくと味がなじんでおいしくなるとされています。

★材料(4人分)
鶏胸肉 1枚
春菊 1パック
もやし 1パック
ゴマ 適量
キムチのタレ 小さじ2
醤油 小さじ1
ポン酢 大さじ1
ゴマ油 小さじ1

★作り方(15~30分)
1.しっとり茹で鶏を作ります。
鶏肉1枚がちょうど入るくらいの鍋を用意して、お湯を沸かします。
沸騰したら、塩と酒を入れて、更にグツグツ煮たたせます。
(塩はパスタを茹でる時くらいの塩を入れてください。酒は大さじ1くらいです。)
グツグツ煮立ったところに鶏肉を入れて、蓋をして火を止めます。
20分経ったら、煮汁ごとボウルに移して冷まします。
冷めたら皮を除いて、手で裂いておきます。

2.もやしは1分ほど茹でて、ザルにあげてよく水気を切ります。春菊も茹でて、4cm幅に切り、水気を絞ります。

3.ボウルに全ての材料と調味料を入れて混ぜ合わせたら、出来上がり。1日経つと、さらに味がしみて美味しくなります。

★ワンポイントアドバイス
キムチのタレの量はお好みで加減してください。

出典: http://s.recipe-blog.jp/profile/6159/recipe/193333 |

4:茹で鶏のチキンライス

Related