Search

検索したいワードを入力してください

2018年10月11日

一人暮らしのテレビの一般的なサイズ・テレビなしの人も多い?

一人暮らしサイズの部屋では、大きすぎても小さすぎても使い勝手の悪いテレビ。店頭ではなかなか実際に部屋に入れた際のサイズ感がイメージしにくく、入居や引越しの際の悩みの種になってしまいます。今回は一人暮らしに最適なテレビのサイズを検証してみました。

一人暮らしのテレビの一般的なサイズ・テレビなしの人も多い?

一人暮らしのテレビサイズ選び方

一人暮らしを始める際に必要な事前準備の中でも、家具や家電を選ぶのはとても楽しいパートのひとつですよね。これから自分でデコレーションしていく部屋を想像してデザインや色にこだわったり、ほしい家具を求めてインテリアショップを見て回るのは、これから始まる新生活への期待を膨らませてくれます。
しかし、一人暮らし初心者には家具や家電を選ぶ際に、店頭では実際に部屋に置いた際のサイズ感がイメージしにくいものです。特にテレビは、大きすぎても小さすぎても使い勝手が悪く、一人暮らし用の最適なサイズを選ぶのに苦労するアイテムのひとつです。
どのような基準でテレビのサイズを選ぶのが良いのでしょうか。

一人暮らし向けの一般的なテレビのサイズ

一人暮らしを始める時、引越しをして家具を入れ替えたい時、皆さんはテレビのサイズはどんな基準で選んでいますか?映画を大迫力で見たい、スポーツゲームの観戦が楽しみ、テレビゲームをたくさんしたい、などの目的別にあわせて選ぶという方も多いかもしれません。自分の好みだけに合わせて家具家電を選べるのは、一人暮らしの醍醐味のひとつです。
映画、スポーツ、ゲームなど、画面に迫力を求めるタイプの目的でテレビを選ぶのであれば、できれば大きいサイズを買いたいものです。けれど、そのテレビの大きさは部屋のサイズにあっているでしょうか。一人暮らしサイズの部屋ではテレビとの間に取れる距離に限界があるため、大きすぎたり逆に小さすぎても画面が見づらくなってしまうのが難しい所です。

一人暮らしに「ちょうどいい」テレビのサイズと視聴距離とは

テレビを快適に視聴するために、テレビとそれを視聴している人との最適な距離が定められています。この距離は「視聴距離」と呼ばれ、フルハイビジョンテレビの場合、画面の縦サイズ(高さ)を3倍した距離、4Kテレビの場合は1.5倍した距離が目安と言われています。
一人暮らしサイズの物件でも、適切な視聴距離を保てる、57インチ以下のテレビのサイズとその視聴距離をまとめました。

一人暮らしにお勧めのテレビサイズ&視聴距離の一覧

【サイズ】  【画面の高さ】 【視聴距離】
~26インチ    ~32.4cm   ~97.2cm
32インチ     39.9cm      119.7cm
37インチ     46.1cm      138.3cm
40インチ     49.8cm      149.4cm
42インチ     52.3cm      156.9cm
46インチ     57.3cm      171.9cm
52インチ     64.8cm      194.4cm
57インチ~   71cm~       213cm~

テレビのサイズ&視聴距離にみる最適なテレビのサイズ

購入予定のテレビのサイズは、入居予定の部屋のサイズに対して適切でしたか。
主な使用目的によっても必要なテレビのサイズは大きく変わりますが、不動産コラムサイト「いえらぶコラム」が2015年に実施したアンケートによると、一人暮らし世帯の約50%が26インチ未満のテレビを使用しています。26インチ未満に続いては、32~37インチが約30%、40~42インチが13%、46~52インチが1%。やはり、一人暮らし世帯では、コンパクトなサイズのテレビが好まれているようです。
とはいえテレビは、そのサイズが大きすぎても、小さすぎても使い勝手が悪いものです。一人暮らし用の物件としてポピュラーな部屋のサイズから、それぞれの部屋に適正なテレビのサイズを検証してみましょう。

4畳半(約7.5㎡)の場合

4畳半(約7.5㎡)の場合なら、確保できる最大視聴距離は約2.5mほどですが、テレビ以外の家具や家電を考慮すると、実際に取れる視聴距離は1m程度になるでしょう。確保できる視聴距離が1m以下の場合は、テレビの適正な画面サイズは26インチ以下となります。
26インチ以下のコンパクトサイズのテレビを購入する際は、機能重視がお勧めです。レコーダーがなくてもテレビだけで簡単に録画ができる「内蔵録画機能」付きであれば、設置スペースを小さくすることができます。一人暮らしサイズのコンパクトな部屋には便利な機能です。

6畳間(約11㎡)の場合

6畳間(約11㎡)の場合は、確保できる最大視聴距離は約3mです。テレビ以外の家具や家電を考慮すると、実際に取れる視聴距離は1.5m程度でしょう。視聴距離が1.5m程度取れる部屋での適正な画面サイズは、40インチ以下です。
40インチ前後の中型テレビを購入する際には、スポーツ観戦の際に便利な倍速液晶付きがお勧めです。40インチ前後のサイズがあれば、大画面とまではいかなくともスポーツやゲームなどをかなりの臨場感で楽しむことができます。倍速液晶搭載のテレビであれば、液晶画面の欠点である動きの早い映像の残像感を軽減し、ゲームの観戦を楽しめます。一人暮らしでも、友人を招いてのスポーツ観戦もにぎやかに楽しめるでしょう。

8畳間(約14.5㎡)の場合

8畳間(約14.5㎡)の場合は、確保できる最大視聴距離は約3.5m。テレビ以外の家具や家電を考慮すると、実際に取れる視聴距離は2m程度確保できるでしょう。視聴距離が2m程度取れる場合の適正な画面サイズは、52インチ以下です。
52インチ前後の大型テレビを購入する際は、高画質のものを選ぶのがお勧めです。大画面で映画やドラマなどの映像作品はきれいな画像でその迫力を楽しみたいと思うのであれば、4Kのテレビならフルハイビジョン映像の約4倍の解像度で映像を楽しむ事が出来ます。休日はお友達を誘って、ムービーナイトを開催するのも盛り上がるでしょう。気軽に人を呼べるのも一人暮らしが楽しいポイントの一つです。

一人暮らしでもテレビ台は必要?

テレビを設置するとなると、それにあわせてテレビ台も準備しなくては、と思う方も多いと思います。テレビのサイズよりも少し大きめの物を選ぶことになるため、多少のスペースが必要になりますが、何かと家具家電にスペースが取られがちな一人暮らしの部屋では、テレビ台ひとつであってもスペースを空けるのはひと苦労でしょう。
テレビ台は専用のものでなくても低めのチェストやローテーブルなどの家具で代用することも可能です。別の家具でテレビ台を代用する場合は、実際にテレビを見る位置から、目線とテレビの高さがあっているかよく確認しましょう。目線よりも高い位置にテレビがあると、肩こりやそれよる頭痛の原因になってしまいます。
また、薄型のテレビは、壁に掛けて使用することができるものも多くテレビ購入時に専門の業者を紹介してもれえることも多いため、スペースに余裕がない場合は、購入の際に確認をして見ましょう。賃貸物件であっても、専用のスタンドなどを家電量販店などで簡単に購入できます。
一人暮らし用のコンパクトな物件では、テレビも上手に配置をしてデッドスペースを増やさないよう、いかに上手にスペースを使えるかがポイントになります。

一人暮らし用テレビの値段目安

4畳、6畳、8畳間と、一人暮らしに多い部屋のサイズから割り出した、お勧めのテレビのサイズですが、それぞれ、大体どのくらいの金額で購入できるものでしょうか。
同じサイズであっても、機能や画素数などによって金額に差が出るのがテレビですが、価格比較サイトである「価格.com」を参考に、各部屋のサイズごとにマッチするテレビのサイズの価格帯をご紹介します。
テレビを家電量販店で購入する場合は、購入の金額に合わせて店舗で割引などを受けられるポイントがつく場合もあります。店舗で購入をする際は複数の店舗でポイント還元を考慮して、金額比較をしてみてください。

4畳半(約7.5㎡)に最適な26インチ場合

6畳間(約11㎡)に最適な52インチ以下場合

8畳間(約14.5㎡)に最適な57インチ以下場合

一人暮らしで「テレビなし」も選択肢のひとつ?

皆さんはどのくらいの頻度でテレビをご覧になりますか?
最近は「若者のテレビ離れ」が騒がれているようですが、実際に「ベルメゾン生活スタイル研究所ウーマンスマイルアンケート」が2016年8月に実施したアンケートによると、6割以上が「最近テレビを見る時間が減った」と回答しているようです。
年代別で見ると30代が67.6%(「あてはまる」33.6%、「わりとあてはまる」34.0%の合計)と最も高く、次いで20代の64.0%(「あてはまる」33.6%、「わりとあてはまる」34.0%の合計)が続くなど、実際に若い年代のテレビ離れが進んでいると言えそうです。
全体の8割以上が「テレビを見ることがすき」と回答するなど、テレビの視聴自体から遠ざかっているのではないようですが、パソコンや、スマートフォンやタブレットといったスマートデバイスの多機能化の進む中、専用のアプリやソフトを通じて、テレビ以外のデバイスからテレビ番組を視聴できるようになったことから、自宅にテレビを置かない、という選択をする人も近年増えてきているようです。

意外に多い…?一人暮らしでも「テレビ不要」派

では実際には、どのくらいの若者が一人暮らしでもテレビのない生活をしているのでしょうか?
大学生向けの情報サイトである「マイナビ学生の窓口」が2015年に読者698人(平均29.8歳)にとったアンケートによると、約4割が「テレビは必要ない」と回答したほか、東京工科大学が2016年に行った、新入生1,695名を対象に実施したアンケート調査の結果では、一人暮らしでテレビを持っていない学生が全体の約3割となりました。東京工科大学では2014年から3年連続で同調査をおこなっており、2016年は2014年に比べ、テレビを持っていない一人暮らしの生徒は2%ほど増加しています。

一人暮らしにテレビは必要?

では本当に、一人暮らしにテレビは必要ないのでしょうか。
生活習慣や趣味などによっても、その利用時間や用途が変化するテレビですが、テレビをもっていないと困ることはないのかは、なかなか興味深いポイントですよね。
新しく一人暮らしを予定している人であれば、テレビのない生活をしばらくしてみて必要性を感じたところで購入をする、ということもできますが、家電量販店ではまとめて家電を買う事で受けられる割引が用意されているなど、できれば準備や購入は一度に済ませてしまいたいもの。
テレビも持つことと、持たないこと、それぞれのメリットをチェックし、自分にあった選択をしてみましょう。

テレビを【置く】メリット

●ニュースなどに限らず、生活情報や流行など、受動的に幅広い情報を得ることができる
●災害時、緊急時などに、オンタイムで情報収集がしやすい
●番組の録画やその管理などがスムーズに行える
●画素数や画面サイズのクオリティがスマートフォンやパソコンより高い

テレビを付けていれば、災害時や緊急時などに画面に速報が入るため、重要なニュースを見逃すことはなく、オンタイムでの情報収集が簡単であることが一番のメリットといえるでしょう。また、ソフトやアプリを立ち上げないと番組の視聴ができないその他のデバイスに比べて、視聴、録画などの操作が簡単だという点があげられます。現在テレビ番組を頻繁に視聴、録画しているのであれば、パソコンなどで代用するのは手間かもしれません。

テレビを【置かない】メリット

●テレビ本体やテレビ台分のスペースを空けられる
●情報収集、番組の閲覧はパソコンやスマートフォントで代用が可能
●インターネットでニュースや情報を確認した方が、情報量が多いことが多い
●目的のない視聴時間が減り、作業の効率が上がる

聴覚だけで楽しめる音楽やラジオと違い、視覚・聴覚ともに引き付けられるテレビは、視聴をしながらの「ながら作業」では集中が途切れがちになりますが、テレビを置かないことによって、この「ながら作業」がなくなることから、作業の効率化を図れるなどの利点が挙げられます。
また、テレビを置かない事でその分のスペースに余裕ができ、近年注目を集めているミニマリスト化を図ることも可能です。
しかし、災害時や緊急時の情報収集の点を考えると、テレビを置かないという場合でも、パソコンやスマートフォンなどからインターネットやラジオへ接続ができるような環境を整えておく必要があります。

テレビ以外で番組、ドラマ、映画を閲覧できるサービス

近年では、インターネット経由で閲覧できる番組や、映像ストリーミングサービスが爆発的に増えており、テレビ以外のパソコンやスマートフォンなどから、映画やドラマを視聴している人も多いと思います。
一人暮らし世帯では、録画忘れの心配などがなく、オンデマンドで閲覧できるこのようなサービスはとても便利です。データをダウンロードして、オフラインでも閲覧できるサービスを行っているサイトなどもあり、通勤、通学の間に視聴をしている人も多いのではないでしょうか。
テレビがなくても、インターネット経由で、テレビ以外のデバイスから楽しむことができる映像配信サービスをご紹介します。

一人暮らしのテレビ事情

いかがでしたでしょうか。サイズや機能が豊富なテレビは、一人暮らしスタートの際の家電選びでもなかなか難しいアイテムのひとつですが、今回の記事を参考にイメージを膨らせてもらえればと思います。仕事中のパソコンや、空いた時間につい触ってしまいがちなスマートフォンなど、目を酷使することの多い現代社会。せめて家にいるときくらいは、目の負担が軽くなるように、テレビを選ぶ際にはきちんと「視聴距離」を確認してから購入、設置をするようにしましょう。
自分の時間が増える一人暮らしだからこそ、趣味や興味のあることに時間とお金を費やしたいものですが、テレビの視聴は楽しさを提供してくれる代わりに、気をつけないとだらだらと時間を消費してしまいがちです。節度を持って楽しめるよう、注意を払いましょう。また、テレビを置くか置かないかで迷われている方は、しばらくテレビなしの生活を試してみるのもいいアイディアかもしれせんが、災害時や緊急のときに情報収集するすべがないのは非常に危険です。パソコンやスマートフォンなど、その他の情報端末をきちんとそろえてからチャレンジしてください。

Related