Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月15日

落花生の育て方|おおまさりなど落花生栽培のコツ

安全で美味しい落花生を食べたいと思いませんか。落花生を栽培することにより、美味しく新鮮な落花生を食べることができ、落花生の育て方など生育過程を楽しむこともできます。落花生の育て方|おおまさりなど落花生栽培のコツをご紹介していきます。

落花生の育て方|おおまさりなど落花生栽培のコツ

落花生栽培の特徴とポイント

落花生はマメ科の野菜です。花が落ちた部分から弦が伸び、地中に実をつけることから「落花生」という名が付いたと言われています。

落花生とピーナッツの違いは、殻がついているかいないかで区分できます。

落花生栽培は難しいイメージがありますが、上手に育てるポイントさえ掴めば誰でも簡単に育てる事が出来ます。落花生栽培の特徴とポイントについて解説していきますので、一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

内容詳細
学名Arachis hypogaea L.
和名/別名ピーナッツ、ナンキンマメ(南京豆)、地豆(じまめ、ジーマミー)
英名Peanut、Groundnut
原産地/生産地ブラジル
分類マメ科ラッカセイ属
発芽地温20℃前後
生育適温15~25℃

落花生の栽培におすすめの品種

落花生の種類は世界各国で1600種類以上あるといわれてます。多くの国でそれぞれの使用目的をもって栽培されているので、膨大な種類になっています。

種類によって異なりますが、落花生・ピーナッツのカロリーは100gあたり585kcalとなっています。

今回は膨大な種類の中から、日本で栽培されている5つの品種について解説していきます。

落花生の栽培におすすめの品種1:おおまさり

落花生の栽培におすすめの品種の1つ目として「おおまさり」があります。

おおまさりは茹で豆に適した落花生で、実の大きさは一般品種の約2倍あり大粒でインパクトがあります。しかし実はとても柔らかく強い甘みがあり人気のある比較的新しい品種です。

おおまさりの育て方で注意する点は、株が大きく分枝が横に広がるため株と株の間を広くあけることです。水やりや追肥などの作業がしやすく、風通しもよく病気の予防にもなります。

落花生の栽培におすすめの品種2:千葉半立

落花生の栽培におすすめの品種の2つ目として「千葉半立」があります。

日本で生産される落花生の主な産地は千葉県で、全国生産量の8割を占めています。千葉県産の落花生の中でも最高クラスの美味しさを誇っているのが千葉半立です。

乳製品のように濃厚な味わいのある千葉半立は、栽培が難しく収穫量が少ないことから高級品と言われています。

落花生の栽培におすすめの品種3:中手豊

落花生の栽培におすすめの品種の3つ目として「中手豊」があります。

中手豊は、あっさりとした味わいをもち、大粒で見栄えもよいことから贈答品として人気があります。収穫量も多く、お買い求めしやすい価格で販売されていることも人気の一因ではないでしょうか。

「味よし」「器量よし」「低価格」という3拍子そろった落花生の優等生と言われています。

落花生の栽培におすすめの品種4:Qなっつ

落花生の栽培におすすめの品種の4つ目として「Qなっつ」があります。Qなっつは2018年に誕生したばかりの品種です。

Qなっつの特徴として、「はっきりとした甘みがある」「綺麗な白いさやで見た目がよい」「発芽量が高い」「病気に強い」「収穫量が安定」の5つが挙げられます。

これまでのピーナッツ(Pナッツ)の1歩先を行くQなっつがブームを巻き起こす日の近いのではないでしょうか。

落花生の栽培におすすめの品種5:郷の香

落花生の栽培におすすめの品種の5つ目として「郷の香」があります。郷の香は千葉県が育成し、種苗登録(PVP)された品種としても有名です。

郷の香の特徴として、「殻が薄く茹で落花生に適している」「サヤや実の品質がよい大粒種」が挙げられます。

落花生の花の開花後70日程度という短期間で収穫でき、収量性が高いことから人気となっています。

落花生の栽培におすすめの品種6:黒落花生

落花生の栽培におすすめの品種の5つ目として「黒落花生」があります。黒落花生の特徴は「実の黒さ」で、黒いピーナッツとして有名です。

実が黒いのは「アントシアニン」が凝縮しているためです。生育旺盛な品種なので、収量はかなり上がることが期待できます。

黒落花生はフライパンなどで煎ると香ばしく香りを放ち、茹でると甘味が強くある品種ですので、独特の外観に反してとても美味しいと評判です。

落花生を育てる時期

落花生は、多日照を好むため15~25℃の気温でよく育つと言われています。そのため、寒地など15℃以下の場所では生育しなくなります。

気温によって生育状況が変わってきますので、北海道・東北地方では5月上旬~5月下旬・東海・関東地方では4月中旬~5月中旬・沖縄や鹿児島・宮崎を始めとする九州・沖縄地方では4月上旬~4月下旬に種まきをします。

場所種まき時期
北海道・東北地方5月上旬~5月下旬
東海・関東地方4月中旬~5月中旬
九州・沖縄地方4月上旬~4月下旬

落花生の栽培の準備

落花生栽培をする際は畑などで栽培するか、鉢またはプランターなどを使用して育てるかによって準備するアイテムは変わってきます。

今回は、鉢またはプランターなどを使用して育てるパターンについて必要アイテムをご紹介します。

必要アイテムは、鉢またはプランター・落花生の種または苗・種まき用の土・水やりようのスプレーまたはじょうろ・間引き用のはさみの5つがマストアイテムになります。

  • 鉢またはプランター
  • 落花生の種または苗
  • 種まき用の土
  • 水やりようのスプレーまたはじょうろ
  • 間引き用のはさみ

落花生の育て方1:種まき

落花生の育て方の1つ目のステップとして「種まき」があります。たかが種まきと考える方も多いですが、落花生栽培を成功させるために、種まき1つにしても重要なポイントがあります。

せっかく落花生の種をまいたのに、発芽しないでがっかりすることがないように「種まき時の穴の大きさ」・「1か所にまく種の量」について解説していきます。

種まき時の穴の大きさは2~3cm

「種まき」のポイントの1つ目は、種をまく穴の大きさを2~3cm程度にしておくことです。また、落花生の種をまく前に水に浸けておくと発芽が揃いやすくなるといわれています。

落花生の種をまいた後は種が十分に水を吸収出来るようにたっぷりと水やりをしましょう。水やりの量が少ないと正常に発芽しない可能性があります。

1か所にまくのは1~3粒

「種まき」のポイントの2つ目は、1か所にまく落花生の種の量を1~3粒にしておくことです。1粒づつ2~3cmの深さにまき、穴の深さと比例するくらいの覆土をします。

特に、露地栽培の方法で栽培する際は落花生の種をまいた後、まき溝部分を足で踏みつける作業が発生します。

踏みつける作業を通して、落花生の種と土とをしっかりと密着させると落花生栽培の成功に1歩近づくのではないでしょうか。

落花生の育て方2:苗植え

落花生の育て方の2つ目のステップとして「苗植え」があります。種まきとは違い、ポットから取り出して植え直すだけと考える方も多いですが、落花生栽培を成功させるために苗植え1つにしても重要なポイントがあります。

苗植えの基本となる「ポットより大きめの穴を掘る」・「育苗ポットから取り出す際は根についた土を崩さない」について解説していきます。

ポットより大きめの穴を掘る

「苗植え」のポイントの1つ目は、ポットより大きめの穴を掘っておくことです。

落花生はいきなり苗植えするのではなく、本葉が2枚になるまでの期間はポットで育ててから苗植えします。鉢やプランターに苗植えする時は、15~25㎝程度の株間を確保する必要があります。

苗植え時はポットより少し大きめの穴を掘っておかないと、根鉢を壊してしまう可能性があるので注意が必要です。

育苗ポットから取り出す際は根についた土を崩さない

「苗植え」のポイントの2つ目は、育苗ポットから取り出す際は根についた土を崩さないことです。

苗植え時は根を傷めないように静かにポットから取り出す必要があります。また、根鉢は崩さないでください。

育苗ポットから取り出す際は根についた土を崩してしまうと、せっかく根付いた根が損傷するだけでなく切れてしまう可能性もあるので注意が必要です。

落花生の育て方3:水やりと肥料の与え方

落花生の育て方の3つ目のステップとして「水やりと肥料の与え方」があります。水やりと肥料の与え方は生育に大きな影響を与える重要なポイントになります。

水やりと肥料の与え方の基本となる「少量の水で水やりをする」・「肥料は与えすぎない」について解説していきます。

水と肥料を与えれば成長するものではないことを、しっかりと把握しましょう。

少量の水で水やりをする

「水やりと肥料の与え方」のポイントの1つ目は、少量の水で水やりをすることです。ここで注意していただきたいのが、「種まき後はたっぷりと水やりをする」「以後は、畑が乾いたら適宜水やりをする」ことです。

落花生は水捌けのよい柔らかい土を好みます。「種まき後はたっぷりと水やりをする」ばかりが印象に残り、種まき後もたっぷり水やりをしないよう注意が必要です。

肥料は与えすぎない

「水やりと肥料の与え方」のポイントの2つ目は、肥料を与えすぎないことです。

落花生が属するマメ科の植物の根には、空気中の窒素を固定する根粒菌が共生しています。根粒菌は自ら栄養分を作り出すことができます。

落花生自体で栄養分を作り出すことができる上に、大量の肥料を与えてしまうと枝葉ばかりが育ち、肝心の実付きが悪くなります。

肥料は控えめにしながら、バランスの取れた配合肥料を使用すると効果的です。

落花生を育てるときの注意点

落花生を育てるときの注意点として真っ先に挙げられるのが、「誤った解釈をしない」ことです。例えば、先ほどの項目でも解説しましたが「水と肥料をたくさん与えれば栽培は成功する」が挙げられます。

落花生栽培を成功させるには、栽培の1歩目である畑の準備などの下工程から、種・間引きといった栽培管理的な部分までを理解して実行する必要があります。

落花生が弱ってしまったときの対処方法

落花生が弱ってしまったときの対処方法として、大きく分けて2つあります。

1つ目は薬剤や薬液などを使用する方法です。特に、害虫などの影響で弱っている場合は効果的です。2つ目は病気にかかった株をすぐに取り除くケースです。落花生は連作障害を引き落としやすいのでそうか病や白絹病を発症した際は有効的な対策となります。

初心者が落花生を育てるときにやりがちな失敗

初心者が落花生を育てるときにやりがちな失敗にはどのようなものがあるでしょうか。やりがちな失敗を理解し、事前に対処しておくと落花生栽培を成功させる近道になります。

今回は初心者が落花生を育てるときにやりがちな失敗として、「水のやりすぎ」「病気の対策をしていない」「植え付け時期」の3つについて解説していきます。

初心者が落花生を育てるときにやりがちな失敗1:水のやりすぎ

初心者が落花生を育てるときにやりがちな失敗の1つ目に挙げられるのが、「水のやりすぎ」です。

土が乾いていると、すぐにでも枯れてしまうという誤った考えを持たれてる方も多いのではないでしょうか。

土表面が常に湿っていたり、受け皿に常に水が溜まっていたりなど、毎日水やりをしている場合は根腐れをおこしてしまう可能性があります。

初心者が落花生を育てるときにやりがちな失敗2:病気の対策をしていない

初心者が落花生を育てるときにやりがちな失敗の2つ目に挙げられるのが、「病気の対策をしていない」です。

落花生が病気にかかる原因は糸状菌(カビ)や細菌・ウイルスなどによって発症します。ウィルス以外にも養分不足や日焼け・害虫の寄生や大気汚染物質などによっても症状を発症することがあります。

大半は未然に防ぐことができますので、薬剤散布などの対策をしましょう。

初心者が落花生を育てるときにやりがちな失敗3:植え付け時期

初心者が落花生を育てるときにやりがちな失敗の3つ目に挙げられるのが、「植え付け時期」です。

植え付けで一番重要なのは時期です。落花生の種まき時期以外の時期に植え付けると落花生はは弱ってしまい、枯れてしまう可能性があります。

落花生の植え付けに適した時期を過ぎていれば、無理して植え付けをせず次の植え付け時期まで待つことをおすすめします。

初心者が落花生の栽培を成功させるコツ5つ

落花生栽培に難しいイメージを持たれている方もいらっしゃるのではないでしょうか。落花生は上手に育てるポイントを理解すれば、初心者でも簡単に育てる事が出来ます。

初心者が落花生の栽培を成功させるコツとなる、「畑の準備」・「種まきの管理」・「間引きの管理」・「栽培管理」・「植木鉢の大きさ」の5つについて解説していきます。

初心者が落花生の栽培を成功させるコツ1:畑の準備

初心者が落花生の栽培を成功させるコツの1つ目が畑の準備です。実際に種まきをしたり苗を植える2週間以上前に苦土石灰を1㎡あたり200gを目途にまき、良く耕します。

実際に種まきをしたり苗を植える1週間以上前になったら、1㎡あたり堆肥2㎏・化成肥料100gを目途にまき、良く耕します。

最後に畝作りを行います。畑の準備のポイントは苦土石灰をしっかり施すことです。

初心者が落花生の栽培を成功させるコツ2:種まきの管理

初心者が落花生の栽培を成功させるコツの2つ目が種まきの管理です。種まき前に深さ2~3cm程度・直系5cm程度のタネまきの穴を約30cm間隔を目途に作ります。

指先で挟んでサヤの先端を割り、サヤの中からタネを皮付きのまま取り出します。この際、皮をむいてしまわないように注意してください。

タネまきようの穴1か所に付き、タネを2~3粒ほどまき覆土します。種まきのポイントは穴の直径と深さ・種まきの量です。

初心者が落花生の栽培を成功させるコツ3:間引きの管理

初心者が落花生の栽培を成功させるコツの3つ目が間引きの管理です。植物を栽培する際に必要となる間引きは、ついつい忘れてしまいがちになる作業ですので必ず行ってください。

落花生が発芽した後に落花生の本葉2枚の時は2株に、本葉が3~4枚程度の時は1株にする間引きをおこないます。

間引きの作業を忘れないためにも、定期的な管理をすることがポイントになります。

初心者が落花生の栽培を成功させるコツ4:栽培管理

初心者が落花生の栽培を成功させるコツの4つ目が栽培管理です。栽培管理は大きく分けて「追肥」・「中耕」・「土寄せ」の工程があります。

落花生の花が開花しだしたらポリマルチを除去し追肥をおこなうのがポイントです。1㎡あたり化学肥料を30g程度まきます。追肥はカリ分の多い肥料が適しています。

中耕では、土を軽く耕し表面を柔らかくする作業を行い、土寄せで株もとに土を寄せていく作業をします。

初心者が落花生の栽培を成功させるコツ5:植木鉢の大きさ

初心者が落花生の栽培を成功させるコツの5つ目が植木鉢の大きさです。落花生は地中にサヤが発育するので、底が浅いタイプのプランターを使用してしまうと実が育たないことがあります。

サイズは大型で、60cm以上の深底タイプのプランターを使用することが落花生の栽培を成功させるコツになります。すのこ付きの一品を探してみてはいかがでしょうか。

ベランダでプランターを始めたくて購入しました。1Kのベランダにもちょうどいいサイズで気に入っています。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2FGY4UC7S0J... |

落花生の病気と対策5つ

落花生を病気から守るためには、気温が高い時期に苗を植えつけ、湿度が高くならないように管理する必要があります。

また、土壌の管理も重要視されており、排水性の良い土壌で育てることが病気の予防につながると言われています。

今回は、落花生の病気である「うどんこ病」・「褐斑病」・「白絹病」・「そうか病」・「苗立枯病」の解説と対策をご紹介します。

落花生の病気と対策1:うどんこ病

落花生の病気と対策の1つ目として、うどんこ病について解説します。うどんこ病の特徴として、落花生の葉に白いカビの斑点がうっすらと発生します。

春から秋に発生しやすい病気ですが、雨や多湿で発生するカビによる病気と違い、乾燥しても発生する厄介な病気です。

うどんこ病が発生した場合の最も効果的な方法は殺菌剤の散布です。

落花生の病気と対策2:褐斑病

落花生の病気と対策の2つ目として、褐斑病について解説します。褐斑病の特徴として、落花生の葉に褐色でいびつな形の模様ができます。

3月~10月の長期に渡って発生しやすく、特に、気温が低い時期に雨天が続くと発生しやすいと言われています。

カビが原因の病気で、異常のない部分と病気になっている部分がはっきり区分できます。

ベンレート水和剤という薬剤での治療が効果的です。

植物を栽培していて殺菌剤といえば、ベンレートが一番に来ると思います。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RWUEHSCN7D5G... |

落花生の病気と対策3:白絹病

落花生の病気と対策の3つ目として、白絹病病について解説します。白絹病の特徴として、発生すると植物の地際部やそのまわりの地面が白い糸で覆われたようになることがあげられます。

立ち枯れてしまうので病気にかかった株はすぐに取り除く必要があります。白絹病の菌核は地表から5cm位の場所にしかいないので天地返しをしたり、太陽熱で消毒したりするのが効果的です。

落花生の病気と対策4:そうか病

落花生の病気と対策の4つ目として、そうか病について解説します。そうか病の特徴として、落花生の葉の表裏にかさぶた状小斑点が現れるのが特徴です。

7月~10月に渡って発生しやすく、梅雨時期に原因菌が飛散し伝染するため発生しやすいと言われています。

薬剤などで対処するよりは、連鎖感染を防ぐために発病した葉を切り取るのが効果的です。また、収穫後の株は畑の敷地外で処分すると二次感染の予防になります。

落花生の病気と対策5:苗立枯病

落花生の病気と対策の5つ目として、苗立枯病について解説します。苗立枯病の特徴として、発芽後などに茎の地際からくびれて倒伏することがあげられます。

土壌伝染性の病気のため、発生後は排水を良くするなどの対策が求められます。また、未然に防止をする際は、サンケイオーソサイド水和剤が効果的です。お困りの方は一度試されてみてはいかがでしょうか。

自分は全ての苗物に使用してます。
これは良い物で根腐れ防止にはうってつけの物だね。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R25Q31AIMXPZ... |

落花生の栽培で発生する害虫と駆除方法5つ

落花生の栽培では、害虫対策が必須になってきます。特に、落花生の実がつく頃に害虫が発生しやすい傾向があります。

今回は、落花生の栽培で発生する害虫の代表格である「アブラムシ・カメムシ・コガネムシ・ケラ・ハダニ」の5種類と駆除方法として効果的な薬剤についてご紹介します。

日頃から苗の観察を怠ることなく、害虫を見つけたら薬剤を散布したり、捕殺したりしてすぐに駆除することを心がけましょう。

落花生の栽培で発生する害虫と駆除方法1:アブラムシ

落花生の栽培で発生する害虫と駆除方法の1種類目として、アブラムシを説明します。アブラムシは、繁殖力が旺盛で、新芽や新梢・裏葉にも群棲します。

また、ウイルス病を媒介したり、アブラムシから分泌される分泌物でアリを誘引することもあります。

アブラムシを防除する薬剤として効果的なのが、ベニカマイルドスプレーです。アブラムシと病気両方に効果的なのでお困りの方は一度試されてみてはいかがでしょうか。

落花生の栽培で発生する害虫と駆除方法2:カメムシ

落花生の栽培で発生する害虫と駆除方法の2種類目として、カメムシを説明します。カメムシは年に1~3回程度発生し、触れると特有の悪臭を放ちます。

落ち葉の下などで成虫のまま越冬し、春先から再び活動を始める害虫です。

カメムシを防除する薬剤として効果的なのが、家庭園芸用スミチオン乳剤です。広い面積に散布ができますのでお困りの方は一度試されてみてはいかがでしょうか。

落花生の栽培で発生する害虫と駆除方法3:コガネムシ

落花生の栽培で発生する害虫と駆除方法の3種類目として、コガネムシを説明します。特に幼虫のコガネムシは根を食害しますので、養分の吸収が出来なくなり生育が悪くなります。

コガネムシを防除する薬剤として効果的なのが、家庭園芸用サンケイダイアジノン粒剤3です。土の中に潜む害虫をしっかり退治してくれるので、お困りの方は一度試されてみてはいかがでしょうか。

落花生の栽培で発生する害虫と駆除方法4:ケラ

落花生の栽培で発生する害虫と駆除方法の3種類目として、ケラを説明します。ケラはコオロギの仲間で、雑草地や田畑などの土中を掘り進みます。

特に、水分を多く含む泥地を好み植物の根を食べてしまいます。

ケラを防除する薬剤として効果的なのが、家庭園芸用サンケイダイアジノン粒剤3です。コガネムシ同様に土の中に潜む害虫をしっかり退治してくれるので、お困りの方は一度試されてみてはいかがでしょうか。

落花生の栽培で発生する害虫と駆除方法5:ハダニ

落花生の栽培で発生する害虫と駆除方法の5種類目として、ハダニを説明します。ハダニは落花生の葉裏に寄生します。

ハダニに吸われた部分は葉の葉緑素がなくなり、白いカスリ状の斑点になります。梅雨明けから夏にかけて発生しますので注意が必要です。

ハダニを防除する薬剤として効果的なのが、ベニカマイルドスプレーです。ハダニ対策として効果的なのでお困りの方は一度試されてみてはいかがでしょうか。

落花生の栽培におすすめのガーデニンググッズ

落花生の栽培におすすめのガーデニンググッズとして挙げられるのが、プランターではないでしょうか。

自宅の庭やベランダでも手軽に栽培できるグッズとしておすすめです。色も木や花壇の色にマッチするテラコッタ風になっています。

51.2x18.8x17.6cmのビックサイズの大きさです。底部の敷きマット込みでの価格になっていますので、ジャンボ落花生栽培のために購入をご検討されてみてはいかがでしょうか。

先ず第一に価格が安い!
しかもデザインや材質ともに申し分ないのに、底部の敷きマットまで付属しています!
サイズも三鉢くらいまでは植えられるビッグサイズの優れた良品でした。
夏場の紫外線でも全然劣化する気配はありません。
余りにも安くて良いモノなので、リピート買いしています。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R8FQMYBFTN7R... |

美味しい落花生を栽培してみましょう!

落花生の種類や栽培方法をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。落花生の栽培は広い畑が必要で手間がかかり育て方も難しい印象がありますが、深さのあるプランターならベランダ栽培も可能です。

落花生は土作りと生育に適切な温度管理、土寄せなどのいくつかの育て方のポイントを押さえれば初心者でも栽培しやすい作物です。

自分だけの美味しい落花生を栽培してみましょう。

Related