Search

検索したいワードを入力してください

2018年11月27日

おすすめの庭木16選|庭木を植えるメリットと選び方

庭木は外からも家の中からも楽しむことのできる、庭のシンボルともいえるおすすめアイテムです。家の雰囲気は庭木によって左右されるといっても過言ではありません。魅力的で庭のシンボルとなるようなおすすめの庭木を植えてみてはいかがでしょうか。

おすすめの庭木16選|庭木を植えるメリットと選び方

庭木とは

おすすめの庭木16選|庭木を植えるメリットと選び方

ガーデニングをする時に大切なのが庭木選びです。庭木と同じような意味で使われている植木という言葉がありますが、植木を庭に植えこんだものを庭木と言います。

今回はおすすめの庭木をいくつかご紹介します。おすすめの庭木の中から自分の好みの庭木を選んで、ガーデニングを楽しんでみてはいかがでしょうか。庭木は季節によって葉の色が変わるもの、綺麗な花を咲かせるもの、一年とおして葉をつけているものなどがおすすめです。

庭の大きさに合わせて育てられる木

庭木は庭の大きさに合わせて育てることができる木の事をいいますが、庭木を植えることで庭に奥行きを感じることができ、広く見せる事にもつながります。庭の大きさが限られている場合、庭木はサイズを考えて選ぶ必要があるでしょう。

そのような場合でも、庭木の高低差を利用することによって、目線を動かし立体的なガーデニングをすることができます。庭木はスペースを考えて、サイズ選びを工夫してみることがおすすめです。

おすすめの庭木16選

おすすめの庭木16選|庭木を植えるメリットと選び方

おすすめの庭木をいくつかご紹介しますので、ぜひ参考にしてみましょう。庭木は狭いスペースでも高低差を出すことで、目線の高さを動かし狭いスペースでも広めに見せる効果があります。

庭木に手間暇をかけたくないという方にはほとんど手入れのいらないタイプの庭木もおすすめです。常緑樹や落葉樹など、庭木の種類を知っておけば、自分の好みや庭のスペースにあったおすすめの庭木を見つけることができるのではないでしょうか。

おすすめ1:シマトネリコ

シマネトリコは暖かい地域に生息している常緑樹で、洋風な家屋との相性も抜群です。関東地方から南の地方では栽培することができますが、耐寒性は低いため東北地方や北海道では庭木には向いていません。日陰でも育てることが望ましく、風当たりの少ない場所に植えましょう。

朝夕水やりで大きくなるのが楽しみです。暑い中この緑を眺めているだけで落ち着きますね。

出典: https://www.amazon.co.jp/product-reviews/B00AQ7LNZS/ref=a... |

おすすめ2:ヤマボウシ

ヤマボウシは日本の本州から南の方で栽培されることの多い庭木です。樹高は10メートルから15メートルまで成長しますが、初心者でも育てやすく、公園や街路樹などにも利用されることがあります。

思ったより良かったですねヾ(@⌒ー⌒@)ノ
また
お願いしますV(^_^)V

出典: https://www.amazon.co.jp/product-reviews/B00CHD96ZS/ref=a... |

おすすめ3:モミジ

モミジは日光を好み、秋になると葉っぱを美しく紅葉させる庭木です。夏の日差しが強すぎると葉っぱが焼けてしまうということがありますので、植える時には半日陰になっている場所を選ぶと良いでしょう。

枝ぶりは今一でしたが、同線で曲げてみました。あまり高くしたくないので、頭を抑え気味に剪定を始めました。
苗木としては値段の割に良いものと思います

出典: https://www.amazon.co.jp/product-reviews/B00AQ7KY4Y/ref=a... |

おすすめ4:オリーブ

オリーブは種類が豊富な植物ですが、果実はピクルスやオイルなどに利用される人気の高い庭木になります。オリーブは葉の形が特徴的で、美容や健康に効果があるとされてオリーブの葉を浴槽などに入れて楽しむという方や、お茶などに加工する方もいらっしゃるでしょう。

葉っぱがとても生き生きしていて、梱包も丁寧でとてもいい買い物ができました‼︎次もこちらのお店で買いたいと思います‼︎

出典: https://www.amazon.co.jp/product-reviews/B012C57PBM/ref=a... |

おすすめ5:ギンバイカ

ギンバイカは低木常緑樹で、白い花を咲かせる庭木です。マートルというハーブとしても知られていますが、果実も甘みがあるため食べることができます。生垣やトピアリーなどに使われることが多い庭木で、樹高も1メートルから3メートルほどにしか成長しません。

おすすめ6:ソテツ

ソテツは種まきでも苗からでも育てることができる庭木です。成長速度が遅いため、種まきをして育てるよりも好みの大きさの苗を選んで植えると良いでしょう。温かい地域での栽培が望ましく、幹などにワラを巻くなどして冬の防寒対策をしなければいけません。

写真だと大きさがわかりませんが
高さは10センチほどです
これが1メートル以上になるのに何年かかるやらw
しかし気に入っています

出典: https://www.amazon.co.jp/product-reviews/B00WQO3E3S/ref=a... |

おすすめ7:ソヨゴ

冬場でも青々とした葉が美しいソヨゴは5月から6月にかけて白い花をさかせ、10月から11月にかけて赤い果実を付ける庭木になります。ソヨゴは樹高10メートルほどまで成長しますが、成長速度が遅いため植えるならば最初から大きい苗を植えると良いでしょう。

おすすめ8:フェイジョア

中南米が原産のフェイジョアは、甘酸っぱい実をつける庭木です。フェイジョアの実はりんごやパイナップル、バナナを合わせたような味をしていて、果肉はグミのようなゼリー状をしています。木自体はマイナス7度まで持ちますが、暖かい地方での栽培がおすすめです。

おすすめ9:ヒメシャリンバイ

ヒメシャリンバイはバラ科の庭木で、中低木の常緑樹として知られている庭木です。シャリンバイと比べると葉っぱが小さくなっていますので、見分けるポイントのひとつとなっています。小さなスペースや狭い庭の場合におすすめです。

おすすめ10:アオダモ

アオダモは樹高が10メートルから20メートルにまで成長する庭木です。日本のどの地域でも育てることができますので、シンボルツリーとして人気があります。アオダモは頑丈で、放っておいても美しい形に育ちますので手間のかからないおすすめの庭木といえるでしょう。

おすすめ11:ヒメシャラ

ヒメシャラは赤褐色で樹皮もなめらかな観賞価値の高い庭木です。6月から7月にツバキに似た白い花を咲かせることがあり、シンボルツリーとしても人気の高い樹木であるといえるでしょう。枝が細く分かれることが特長で枝葉は密集して成長していきます。

おすすめ12:ジューンベリー

ジューンベリーは果実をジャムにすることもできる庭木です。ジューンベリーは栽培するのは簡単ですので、初心者でも育てやすい庭木といえるでしょう。香りも楽しむことのができますのでシンボルツリーとしておすすめします。

おすすめ13:エゴノキ

日本全土に分布する落葉樹で釣り鐘状の白い花をつける庭木になります。秋になるとたまご型の果実をつけることもあり、古くから親しまれてきました。7メートルから8メートルまで成長するため、広い場所で育てることがおすすめです。耐寒性も強く、どのような場所でも育つでしょう。

おすすめ14:金木犀

9月から10月にかけて甘い香りのする橙色の花を枝につける金木犀は、庭木におすすめです。夜でも香りを感じることができるほど強い香りですので、季節を楽しむ事ができます。樹高は5メートルから6メートルほどに大きくなりますが、剪定などをすることで、ある程度成長を抑えることができます。初心者でも育てやすい庭木といえるでしょう。

枝もしっかりして元気なキンモクセイが届きました。成長が楽しみです。

出典: https://www.amazon.co.jp/product-reviews/B003U2BN60/ref=a... |

おすすめ15:レッドロビン

レッドロビンは庭の生垣などによく使われている庭木です。新芽が赤くなるのが特徴で、刈りこむことによって時期を選ばずに赤い芽をだします。美しく保つためには定期的に剪定する必要があり、まめに手入れをしましょう。目的の高さになったら伸ばしすぎないように刈りこみます。

梱包状態もよくいたみのない苗木が届きました。植え付け後一月ほど経ちましたが順調に根付いたようです。

出典: https://www.amazon.co.jp/product-reviews/B01CZDSFH4/ref=a... |

おすすめ16:銀葉アカシア

銀葉アカシアはミモザのように春には鮮やかな黄色の花を咲かせます。ミモザはフサアカシアの事をいいますが、銀葉アカシアの方がコンパクトで植えやすいという特徴があります。葉っぱの色が名前のとおり銀色をしており、庭木としても観賞価値があり人気の高いおすすめの木です。幹は太くても柔らかいため支柱や添え木で支えてあげる必要があります。

手間いらずな庭づくりを目指す方におすすめの本

庭木の事を知って、ガーデニングをもっと手軽におこないたいという方におすすめの本をご紹介します。手間をかけずに庭づくりをしたいと考えている方は、ぜひこの本を参考にガーデニングに取り組んでみてはいかがでしょうか。

ガーデニング作りは気合を入れておこなうものではなく、土地に合った自然な庭を作ることが大切です。自然な庭を作るための植物の選び方や手入れの方法、栽培の仕方などをわかりやすく解説してくれています。

写真が多くてイメージが分かりやすい。
英国的ナチュラル感が新たな種子を購入するきっかけになりました。

出典: https://www.amazon.co.jp/product-reviews/4072852384/ref=a... |

庭木を植えるメリット

おすすめの庭木16選|庭木を植えるメリットと選び方

庭木を植えることのメリットとはどのようなものがあるのか考えてみましょう。庭木は育てたり、剪定や手入れが大変だからと植えるのを控えていらっしゃる方もいますが、庭木を植えることによって、ガーデニングのメリットがあります。

おすすめの庭木をチェックした方は、庭木を植えるメリットも知ってぜひ庭木をガーデニングに取り入れてみましょう。庭木を植える時はバランスの良い配置を心掛けることがおすすめです。

メリット1:庭が広く見える

庭木を植えることで、庭を広く見せる効果がありますので、ガーデニングにはぜひ庭木を取り入れることをおすすめします。庭の広さは限られていますが、花などを植えるだけで終わりにしてしまっては、上手に庭のスペースを活用したことにはなりません。

日本庭園でもよく使われている視覚効果を利用した庭を広く見せる方法は、洋風の庭でも活用することができます。庭木の高低差を利用して美しい庭づくりを目指しましょう。

メリット2:日差し・風を防ぐ

庭木を植えることによって、日差しや強風などから家を守ることができるという事も考えられるでしょう。日差しが強くなる夏は、日陰となる庭木がある事で風通しの良い場所を作り出すことができるためおすすめです。

庭木は防風の効果もあるとされており、昔から防風林などが日本の家々を守ってきていた事から、風よけのために庭木を植えることもおすすめできます。快適な空間づくりのためにも庭木を植える事は最適といえるでしょう。

メリット3:目隠しになる

庭木などが何もない家は道を歩いている人から、家の中が丸見えになってしまいますので、庭木を植えることで目隠し効果を得ることができますのでおすすめします。目隠しとしての庭木は壁のように高さのあるものでなくても大丈夫ですが、防犯の事を考えるとのぞかれにくいような高さにすることを考える必要があるでしょう。

プライバシーを守るために庭木を選ぶ際には常緑樹を選ぶことをおすすめします。落葉樹は向いていません。

メリット4:季節を楽しめる

ガーデニングの一番の楽しみは季節によって四季折々の花や葉の色の移り変わりを楽しむことができるという点ではないでしょうか。花を楽しむことができる庭木や果実などを楽しむことができる庭木など、庭木の種類はさまざまあります。常緑樹や落葉樹なども庭に配置することで、季節ごとの庭木を楽しむことができるでしょう。

季節によって楽しむことができる庭はガーデニング作りの醍醐味ですので、試してみる事をおすすめします。

庭木の選び方

おすすめの庭木16選|庭木を植えるメリットと選び方

庭木を楽しむためには選び方も大切なポイントになります。おすすめの庭木をチェックした方は、庭木選びのポイントもおさえておきましょう。庭木の配置によってもガーデニングの印象は大きく変わってきます。

庭木の成長速度や花をつけるのかどうか、紅葉を楽しむことができるのかどうかなど、庭木によって選ぶポイントはさまざまあります。初心者でも手軽に庭木を選べるおすすめポイントをご紹介しますので参考にしてください。

選び方1:育てやすさ

庭木は成長後の大きさや育てやすさなどをポイントに選ぶことがおすすめです。初心者でも育てやすい庭木を選ぶことは、庭木を守る事にもつながります。虫が付きやすかったり病気になりやすいような庭木は、木自体が弱っている可能性もありますが、割けた方がよいでしょう。

庭木の成長速度が速すぎると、剪定回数も増えることも考えられます。そのような手間をかけるのが難しい方は成長速度の遅い庭木を選ぶことをおすすめします。

選び方2:花の付き方

庭木を選ぶおすすめポイントのひとつに花の付き方があります。剪定の時期を間違ってしまったり、花芽を摘んでしまうなど花が咲かないという理由がはっきりしていることもあるでしょう。

自分の好みの庭木を見つけても、その庭木が植え付ける時期や環境にあっているのかなどを考えてから選ぶことがおすすめです。環境の違いによって花が付かない場合、日照不足が原因の事もありますので、植えたい庭木の場所も考えましょう。

選び方3:トゲの有無

トゲがある庭木を植えることは、小さなお子さまがいるご家庭や、ペットなどを飼っている庭にはおすすめできません。トゲのある庭木はケガをする可能性がありますので、どうしても植えたい場合は植える位置に注意して植えることをおすすめします。

手の届きにくい奥まった場所や、防犯の意味で植えるような場所を選んでから植えるようにすると良いのではないでしょうか。トゲのある植物は植える時にケガをしないようにしましょう。

選び方4:庭の植物とのバランス

庭木を選ぶ時は、庭とのバランスを考えて選ぶことをおすすめします。植えたいと考えている庭木があったとしても、もともと庭にある植物や、エクステリア、景観によっても相性があり、選びかたが違ってくるでしょう。

庭木を植える際、地面は芝生なのか土なのかも考えるポイントのひとつで、庭木が成長することを考えてどちらがおすすめなのかも考える必要があります。日照条件や、他の植物にも日光が当たるかなども考慮しましょう。

素敵な庭木を植えてみよう

おすすめの庭木16選|庭木を植えるメリットと選び方

おすすめの庭木をご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。庭木の植え方によって、庭の印象はがらりとかわります。自分で気に入った庭木がおすすめアイテムの中にありましたら、自宅の環境なども考慮してえらんでみると良いでしょう。

ステキな庭木を植える場合、目的や用途などもはっきりさせてから選ぶことがおすすめです。庭木の前で憩いの場を作ったり収穫を楽しんだりするなど、気持ちの良い庭づくりをしましょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

おすすめの庭木についてチェックした方は、関連する記事にも注目してみましょう。庭木の手入れに欠かすことのできない水やり用ホースにはどのような種類があるのかご存知でしょうか。ホースの長さや種類などさまざまな視点でお気に入りのアイテムをみつけてみてください。

その他にも、庭木の手入れに必要とされる除草剤や除草剤を撒くための噴射機などにはどのようなアイテムがあるのかなども紹介している記事もあります。

Related