Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月13日

これで衣替えが楽しくなる収納のアイデア10選!ポイント5つ

衣替えをするとき、効率よく収納したいと感じることはありませんか。どうしたら多くの服を賢く収納できるのかと考える人のために、衣替えのポイント5つと衣替え時の収納アイデアを10選、衣類をすっきりさせる方法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

これで衣替えが楽しくなる収納のアイデア10選!ポイント5つ

衣替えのポイント5つ

これで衣替えが楽しくなる収納のアイデア10選!ポイント5つ

季節の切り替わりの時期になると次の季節に備えて、服の衣替えをします。そして、着なくなった服は次のシーズンのために洗い、収納しておきます。

この記事では、服を収納するとき、どのようなポイントに気をつけたらスムーズに無駄なく収納できるのか、衣替えのポイントを5つご紹介します。

1:不要な服をまずは処分

衣替えをするときに服を収納しますが、不要なものは処分することが大事です。もう穴が開いているから着ないとか、流行遅れだから着ないという服をいつまでもクローゼットやタンスの中に入れておいても邪魔になります。

収納スペースを確保するためにも、不要になった服を全てゴミに出すか、リサイクル店に買い取ってもらうなどしましょう。いつもは開けない棚やクローゼットを開けて、余分なものはないかチェックしてみてください。

2:季節ごとに収納

季節ごとに服を収納することが衣替えでは必要です。秋なら秋用の服を収納ケースに入れましょう。冬物は冬の収納ケースの中に入れて、中にどの季節の服が入っているか分かりやすくします。

季節ごとに収納しておけば、次のシーズンに素早く服を見つけることができ、ストレスなく着られます。服を収納するときに便利なアイテムはケースや袋、圧縮袋などを使い、賢く衣替えをすることで、より多くの服を収納することができるでしょう。

3:ケースと選ぶ際は場所を決めてから

ケースを選ぶ際は場所を決めてから衣替えの収納を始めましょう。ケースを置く場所をチェックして、大きさを選ぶことが大事です。場所の幅や奥行き、高さのサイズをきちんと測り、そのサイズ内に収まるケースを購入してみてください。

多くの服を入れたいときはケースを積み重ねるとか、活用していない天袋のサイズを測ることで、その場所に合う収納ケースを探すことができます。

4:ラベルを張る

ラベルを張ることで衣替えの際の収納を楽にしてみましょう。中に何が入っているかがわかるようにするには、ラベルに秋用、春用など季節ごとに振り分けた服について記入すれば、すぐにお目当ての服を見つけることができます。

春用ならばスカートのみ、ニットのみと服を別にケースに入れてラベルに書いて貼れば、さらにお目当ての服を見付けやすくなります。

5:収納ケースは目的に合わせて

衣替えをするときは、収納ケースを目的に合わせてみましょう。収納ケースは縦長に長いタイプからコンパクトなサイズまであります。

縦長のケースには折りたたまずに入れたいトレンチコートやジャンバー、パンツを入れてみてください。コンパクトなケースには折り畳んだニットやデニム、シャツなどを立てて入れて収納したり、服を日焼けさせたくない場合には黒や茶の収納ケースを選んでみるといいでしょう。

衣替え時の収納アイデア10選

次のシーズンの前には着ていた服を収納して、また次のシーズンに着る服を出して着るでしょう。その服を収納するとき、ちょっとしたアイデア次第でよりきれいに、たくさん一箇所に収納することができます。

賢く、多くの服を一箇所にスッキリと収納できるよう、衣替え時の収納アイデアを10選ご紹介します。

1:オープンボックスを活用する

服の衣替えを楽しくする収納のアイデアは、オープンボックスを活用しましょう。扉がまったくないオープンボックスは、服を掛けるハンガーラックや帽子、バッグを置ける棚がたくさんあります。

床にはケースを置くスペースがあるので、服をたたみ、季節ごとに分けて、スッキリ収納できるのが魅力的です。オープンボックスならショップのように素敵に服を並べたり、彩りよく掛けておくこともできます。

2:衣類カバーを活用する

衣類カバーを活用する衣替えの収納を考えてみましょう。衣類カバーに服を入れておけば埃がかからなくなりますし、汚れが付くのを避けることができます。

衣類カバーには全体的に日焼けから服を守る透明な袋や、窓の部分だけ透明になっているカバーなど色々なタイプがあります。風通しがいい不織布タイプのカバー、防虫・防臭加工が施されているものなど、機能的なものも揃います。

3:圧縮袋を活用する

圧縮袋を活用して、衣替えの収納を考えてみましょう。服を袋に入れて、圧縮すれば、少ないスペースでもたくさんの服を入れることができます。

多くの服を袋に入れて圧縮すれば嵩張ることなく、スムーズにケースの中、タンスの中に入れることもできるでしょう。1枚ずつ服を折りたたんで袋に入れておくことでシワにならず、きれいな状態で保管できる圧縮袋を活用することで、賢く衣替えの収納ができます。

4:ポリプロピレン収納ケースを活用する

ポリプロピレンケースに衣替えをした服を収納して、スッキリさせてみましょう。水濡れに強いケースで、しっかり蓋を閉めておくことで埃や水が入り込まず、服をきれいな状態で収納できます。

季節ごとに服を分けて収納することもできますし、軽く、持ち運ぶことができるのも便利なケースです。ケースは半透明や乳白色など色々ありますから、部屋の雰囲気に合わせたり、スッキリと置きたい人にピッタリなアイデアとなります。

5:ジョイントトレー&ラックを活用する

ジョイントトレー&ラックに服をきれいにたたんで衣替えをした服を収納するといいでしょう。収納トレーに折りたたんだシャツやニット、スカートを1つ1つのトレーに収納しておけば、着るときどこに何があるか見つけ易くなります。

1つ1つのケースとの間があいていれば通気性も良くなり、臭いがこもらなくなるでしょう。ラック同士を繋げることで1つの場所にしっかり色々な服を収納でき、部屋もスッキリします。

6:布製ボックス活用する

布製ボックスに服を収納して、衣替えを楽しくしてみましょう。通気性がいい不織布のボックスであれば、大事な服を入れて、次のシーズンまでしっかり置いておけます。

チャック付きのボックスであれば埃も虫の侵入も防げますからより安心です。このボックスは柔らかい素材でできていますので、棚をキズつけることもありません。持ち運びやすく移動しやすい布製ボックスや不織布ボックスは、どこにでも気軽に置けるのが魅力的です。

7:押入れ収納を活用する

押入れ収納を活用して、衣替えをした服をハンガーに掛けたり、ケースに入れて、きれいに収納してみましょう。

押入れの扉を外し、突っ張り棒に服を掛けたり、ケースには服を折り畳んできれいに収納すれば、衣替えをした服をたくさん収納することができます。押入れなら、奥行きと高さがあるのでケースを奥と手前に置けますし、2段、3段と重ねて置けるでしょう。襖を閉じれば埃の侵入と日焼けから避けることもできます。

8:カラーボックスを活用する

カラーボックスに賢く衣替えした服を収納して、部屋をおしゃれにしてみましょう。3つのカラーボックスを繋げれば一箇所に多くの棚ができ、たくさんの服を収納することができます。

棚にはおしゃれなカゴを入れるとおしゃれな部屋にピッタリマッチしますし、楽しく衣替えができるポイントです。

9:キャリコを活用する

キャリコを活用して衣替えをした服を収納してみましょう。キャリコは蓋が手前から上に開けることができ、中身が取り出し易いのが魅力的です。積み重ねることができますから、部屋にスッキリと置くことができます。キャスター付きもあり、重くても前後にスイスイと移動させ易いのも魅力的です。

埃や虫の侵入を防ぎ、水濡れからも服をしっかりと守るキャリコは、分別して収納できる、便利なアイテムとなります。

10:バンカーズボックスを活用する

バンカーズボックスを活用して、衣替えの収納を楽しくしてみましょう。ボックスは組み立ても簡単、折り畳みも簡単です。

クローゼットや押入れ、床など、軽いから色々な場所に置くことができますし、紙製なので、ペンで何が入っているのか記入し易いのも魅力的ですし、軽くて持ちやすい特徴があります。蓋も付いているので埃や汚れも入り込み難く、取っ手となる窪みもありますから持ち易く、衣替えにおすすめのボックスです。

とことん使える! 無印良品・人気収納アイテム

服を入れ易く、衣替えをする服をたくさんスッキリと収納できるアイテムのヒントを連載する本が欲しい人も多いでしょう。どうやったら賢く収納できるか、使い方も色々学べるアイテムとなります。

ヒントを学びたい人におすすめは、とことん使える・無印良品 人気収納アイテムで「ためない」暮らしです。この本にはデザインもシンプルで飽きがなく、機能性と長持ちする無印良品の収納ケースから使える袋などを紹介しています。

片付けの極意をとても分かりやすく、片付けが苦にならない部屋を作ることができます。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R34QJTIAHF6I... |

衣類をすっきりさせる方法

衣類をもっとすっきりさせて収納させる方法はないかなと考えることはありませんか。すっきりさせたい人のために、賢いたたみ方やしまい方など、衣類をすっきりさせる方法を2つご紹介します。

たたみ方

衣替えをするときに服をきれいにたたみたいと時は、前部分をしたにして、左右の裾を中心に織り、三つ織りにします。両方の袖を中心に向けてたたみ、裾を中心で折りたためば完成です。

タイツやストッキングは左右を中心で折り、重ね合わせて、くるくると丸く、コンパクトに丸め、最後に腰の部分に入れます。パンツやデニムは縦にして中心で折り重ねて合わせ、裾と腰部分を中心に向けて折り、三とう分の大きさにしてたたみ方です。

しまい方

衣替えをしたニットやシャツをきれいに収納するしまい方は、服をたたんだら表側にして、中心から裏側へと二つに折りたたみ、折りたたんだ折り目を上にして、ケースに収納します。

パンツは縦にして、中心で二つ折りにしたら三つ折りにして、中心で追った状態のままコンパクトにしてケースの中に立てて入れます。タイツやストッキングはクルクルと巻いたら、立てた状態でケースや引き出しの中にしまいましょう。

衣替えはタイミングと思いっきりが大切

これで衣替えが楽しくなる収納のアイデア10選!ポイント5つ

衣替えはタイミングと思いっきりが大切です。衣替えをするタイミングはシーズンが終わる少し前に行えば、次のシーズンに備えて、服を準備をすることができます。また、これはもう着ないと感じた服はすぐにゴミに出すなどして、いつまでも置かないことも大切です。

しまい方も考えて、より多くの服を賢く収納ケースや袋に入れて、次のシーズンに備えてみてください。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

衣替えが楽しくなる収納のアイデアに関連する記事に関連するジャケットのシワにならないたたみ方や、クローゼットのカビ対策や予防をチェックしてみましょう。

チェックすることで、衣替えをして収納するとき、大事な服がシワにならないように収納できるようになりますし、クローゼットを快適な環境にでき、服をきれいに保管できます。

Related