Search

検索したいワードを入力してください

これで衣替えが楽しくなる収納のアイデア10選!ポイント5つ

初回公開日:2018年12月13日

更新日:2020年08月28日

記載されている内容は2018年12月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

衣替えをするとき、効率よく収納したいと感じることはありませんか。どうしたら多くの服を賢く収納できるのかと考える人のために、衣替えのポイント5つと衣替え時の収納アイデアを10選、衣類をすっきりさせる方法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

これで衣替えが楽しくなる収納のアイデア10選!ポイント5つ

衣替えのポイント5つ

これで衣替えが楽しくなる収納のアイデア10選!ポイント5つ
※画像はイメージです

季節の切り替わりの時期になると次の季節に備えて、服の衣替えをします。そして、着なくなった服は次のシーズンのために洗い、収納しておきます。

この記事では、服を収納するとき、どのようなポイントに気をつけたらスムーズに無駄なく収納できるのか、衣替えのポイントを5つご紹介します。

1:不要な服をまずは処分

衣替えをするときに服を収納しますが、不要なものは処分することが大事です。もう穴が開いているから着ないとか、流行遅れだから着ないという服をいつまでもクローゼットやタンスの中に入れておいても邪魔になります。

収納スペースを確保するためにも、不要になった服を全てゴミに出すか、リサイクル店に買い取ってもらうなどしましょう。いつもは開けない棚やクローゼットを開けて、余分なものはないかチェックしてみてください。

2:季節ごとに収納

季節ごとに服を収納することが衣替えでは必要です。秋なら秋用の服を収納ケースに入れましょう。冬物は冬の収納ケースの中に入れて、中にどの季節の服が入っているか分かりやすくします。

季節ごとに収納しておけば、次のシーズンに素早く服を見つけることができ、ストレスなく着られます。服を収納するときに便利なアイテムはケースや袋、圧縮袋などを使い、賢く衣替えをすることで、より多くの服を収納することができるでしょう。

3:ケースと選ぶ際は場所を決めてから

ケースを選ぶ際は場所を決めてから衣替えの収納を始めましょう。ケースを置く場所をチェックして、大きさを選ぶことが大事です。場所の幅や奥行き、高さのサイズをきちんと測り、そのサイズ内に収まるケースを購入してみてください。

多くの服を入れたいときはケースを積み重ねるとか、活用していない天袋のサイズを測ることで、その場所に合う収納ケースを探すことができます。

4:ラベルを張る

ラベルを張ることで衣替えの際の収納を楽にしてみましょう。中に何が入っているかがわかるようにするには、ラベルに秋用、春用など季節ごとに振り分けた服について記入すれば、すぐにお目当ての服を見つけることができます。

春用ならばスカートのみ、ニットのみと服を別にケースに入れてラベルに書いて貼れば、さらにお目当ての服を見付けやすくなります。

5:収納ケースは目的に合わせて

衣替えをするときは、収納ケースを目的に合わせてみましょう。収納ケースは縦長に長いタイプからコンパクトなサイズまであります。

縦長のケースには折りたたまずに入れたいトレンチコートやジャンバー、パンツを入れてみてください。コンパクトなケースには折り畳んだニットやデニム、シャツなどを立てて入れて収納したり、服を日焼けさせたくない場合には黒や茶の収納ケースを選んでみるといいでしょう。

衣替え時の収納アイデア10選

これで衣替えが楽しくなる収納のアイデア10選!ポイント5つ
※画像はイメージです

次のシーズンの前には着ていた服を収納して、また次のシーズンに着る服を出して着るでしょう。その服を収納するとき、ちょっとしたアイデア次第でよりきれいに、たくさん一箇所に収納することができます。

賢く、多くの服を一箇所にスッキリと収納できるよう、衣替え時の収納アイデアを10選ご紹介します。

1:オープンボックスを活用する

これで衣替えが楽しくなる収納のアイデア10選!ポイント5つ
※画像はイメージです

服の衣替えを楽しくする収納のアイデアは、オープンボックスを活用しましょう。扉がまったくないオープンボックスは、服を掛けるハンガーラックや帽子、バッグを置ける棚がたくさんあります。

床にはケースを置くスペースがあるので、服をたたみ、季節ごとに分けて、スッキリ収納できるのが魅力的です。オープンボックスならショップのように素敵に服を並べたり、彩りよく掛けておくこともできます。

2:衣類カバーを活用する

これで衣替えが楽しくなる収納のアイデア10選!ポイント5つ
※画像はイメージです

衣類カバーを活用する衣替えの収納を考えてみましょう。衣類カバーに服を入れておけば埃がかからなくなりますし、汚れが付くのを避けることができます。

衣類カバーには全体的に日焼けから服を守る透明な袋や、窓の部分だけ透明になっているカバーなど色々なタイプがあります。風通しがいい不織布タイプのカバー、防虫・防臭加工が施されているものなど、機能的なものも揃います。

3:圧縮袋を活用する

これで衣替えが楽しくなる収納のアイデア10選!ポイント5つ
※画像はイメージです

圧縮袋を活用して、衣替えの収納を考えてみましょう。服を袋に入れて、圧縮すれば、少ないスペースでもたくさんの服を入れることができます。

多くの服を袋に入れて圧縮すれば嵩張ることなく、スムーズにケースの中、タンスの中に入れることもできるでしょう。1枚ずつ服を折りたたんで袋に入れておくことでシワにならず、きれいな状態で保管できる圧縮袋を活用することで、賢く衣替えの収納ができます。

Related