Search

検索したいワードを入力してください

2018年10月03日

ウォーターサーバーは必要か|状況別・おすすめランキング・評判

ウォーターサーバーの市場は年々上昇傾向にあり、各メーカーが上質の水を提供しています。すべての人が必要というものではありませんが、ウォーターサーバーの魅力をよく理解した上で必要、いらないの判断をし、人間の健康の元となる上質の水を摂取しましょう。

ウォーターサーバーは必要か|状況別・おすすめランキング・評判

ウォーターサーバーとは

ウォーターサーバーが必要かいらないかの前に、ウォーターサーバーについて簡単に紹介します。

最近では店頭で見かけることも多いですが、ウォーターサーバーとは新鮮な天然水をろ過・加熱処理しボトリングされたタンクのことです。

サーバーにボトルをセッティングするだけで冷水・温水をボタン一つで使える商品であり、必要なものは家庭用コンセントひとつです。他には何もいらないという手軽さから近年利用者が急増しています。

タンクは数リットル~十数リットルの容量のものが多く、定期配送で家庭まで届けてくれます。支払は登録したクレジットカード等で支払えるので、商品の受け取りだけでおいしい水がいつでも飲むことができます。

ここではウォーターサーバーの基本的な情報、必要な人、いらない人の生活スタイルを紹介しますので、興味のある方は是非読んでみて必要かいらないかを考えてみてください。

ウォーターサーバーの種類

ウォーターサーバーの種類はメーカーにより異なりますが、基本的なサーバーの機能は似たり寄ったりです。サーバーの種類としては「床置きタイプ」と「卓上タイプ」、提供される水のボトルの種類としては「使い捨てタイプ」と「再利用タイプ」とに分かれます。

ご家庭の設置場所に合わせて床置きタイプか卓上タイプかを選び、水の提供方法の利便性を考えて使い捨てタイプか再利用タイプかを選ぶとよいでしょう。ウォーターサーバーの設置は約40cm四方であり大きな面積はいらないので、家庭の片隅に設置すれば邪魔になることはありません。

また、水の種類は大きく分けて、「天然水」と「RO水」とに分かれ、天然水とは地下水や川から採取された水で、RO水とは水道水や川から採取された水をろ過した水です。ウォーターサーバーが出始めたころはRO水が主流でしたが、現在ではミネラルを多く含んだ天然水の需要が多くなってきています。

ウォーターサーバーのコスト

ウォーターサーバーが必要・いらないの判断基準となるのは、水の質はもちろんですが、なんといってもコストが重要です。コストに見合うだけの満足度が得られるかは人それぞれですが、ウォーターサーバーに関わるコストを理解し、長期的な目線で検討してみて下さい。ウォーターサーバーの導入や維持に必要なコストについては以下の構成で成り立っています。

・ウォーターサーバーレンタル料金
・ボトル水料金
・宅配料金
・ウォーターサーバー設置料金
・ウォーターサーバー保守料金
・家庭の電気料金

選ぶメーカーによって掛かる費用に差が出てきます。ウォーターサーバーによりいくらの費用がかかるかを紹介しますので、必要か否かの判断の基準としてください。

最初に必要なイニシャルコスト

ウォーターサーバーの導入に関してイニシャルコストはいらない場合がほとんどです。後に紹介しますサーバーのレンタル費用と水の定期配送費用により、本来必要となるウォーターサーバーの運送料や設置料がいらいないとなっており、これはどのメーカーを選んでも変わりありません。

ただし契約期間の指定があり、途中解約の場合は違約金として本来必要であった運送料や設置料を支払うこととなりますのでご注意ください。

月々必要なランニングコスト

ウォーターサーバーのランニングコストでは以下のものが必要となります。

・ウォーターサーバーレンタル料金
・ボトル水の定期配送料金
・家庭の電気料金

メーカーやキャンペーンにより割引はありますが、ウォーターサーバーのレンタル料金はいらないというメーカーも多いです。ただし、ボトル水の定期配送料金として最低保証を設定しており、2カ月に2ボトルは注文しないといけないという料金構成になっています。

電気料金については一般的な電気ポットと同程度と言われていますが、使用方法により変動してきます。平均的な電気代は家庭の電力会社との契約状況にもよりますが、500円程度であり、最近のウォーターサーバーではいらない時は省エネモードに切り替わるような商品も出てきています。

一般的家庭用飲料水のコストとの比較

ウォーターサーバーはいらないが、ミネラルウォーターはよく買うという人を想定して計算してみます。ミネラルウォーター500ミリリットル買うのに100円だとすると、ウォーターサーバーでは500ミリリットル換算で60円程度になります。

普段からミネラルウォーターを買う頻度が多い人はウォーターサーバーをレンタルしたほうがお得なこともあるでしょう。当然買い物に行く必要がないというメリットもありますし、ついで買いをよくしてしまう人にとってはコンビニに行く回数が減れば目に見えない効果もでてきます。

さて、ウォーターサーバーは基本的には飲料水として利用することが多いですが、家庭の水道水の場合では500ミリリットルでなんと0.1円程度です。これを考えると市販のミネラルウォーターがいかに高いかが分かります。ウォーターサーバーの水でもその6割ですので、水道水で十分という方にとってはウォーターサーバー自体がいらないことになります。

ウォーターサーバーのメーカー比較

ウォーターサーバー市場では様々なメーカーが進出してきており、近年のメーカー間の価格競争、サービスの差別化等、利用者にとってはどれが一番いいのか判断に迷う現状にあります。

ここでは数あるメーカーの中で以下の項目で順位付けしたものを紹介します。

・ウォーターサーバーのレンタル料金
・水ボトル定期配送料金
・ウォーターサーバーの性能
・ウォーターサーバーのメンテナンス体制
・ウォーターサーバーのデザイン性
・ボトル水の水質
・消費電力

せっかく月々の費用をかけるのであれば、自分のライフスタイルに合ったメーカーを見つけてください。

おすすめランキング

それではウォーターサーバーを提供しているメーカーをランキング形式で上位3社の名称と、その特徴を紹介します。

必要かいらないか迷っている人は各メーカーの特徴やサービス内容をよく比較して判断してください。ここでは概要だけの紹介とさせて頂きますが、興味をもたれた方は詳しく調べてみてください。

1位

コスモウォーター

レンタル代       無料
ボトルサイズ      12リットル(使い捨て)
月額費用        3,800円(ボトル2本24リットル)
500ミリリットル換算  79円
電気代         安い(省エネ機能)

2位

プレミアムウォーター

レンタル代         無料
ボトルサイズ        12リットル(使い捨て)
月額費用          3,360円(ボトル2本24リットル)
500ミリリットル換算    70円+配送料
電気代           安い(省エネ機能)

3位

フレシャス

レンタル代        無料~900円(購入の場合42,000円~50,000円)  
ボトルサイズ       7.2リットル、9.3リットル(使い捨て)
月額費用         3,600円(24リットル換算)+レンタル代
500ミリリットル換算   75円+レンタル代
電気代          普通

総評

メーカーにより料金体系は色々ですが、基本的には水ボトルの費用がほとんどで、それにプラスして配送料やレンタル代が必要であったりします。1位のコスモウォーターは料金体系がシンプルで水ボトル以外の費用はいらないという点が好評です。

また各メーカーとも共通してウォーターサーバーの種類が豊富で、デザインもお部屋のイメージにあったものから選択ができます。中にはサーバーの種類によってレンタル費が加算されたり発生したりしますのでよく検討することをお勧めします。

提供される水の水源の種類も各メーカー複数あり、色々と試してお気に入りの水を見つけたり、夏と冬で使い分けたりしてみるのもいいでしょう。

ウォーターサーバーが必要派VSいらない派

ウォーターサーバーは年々需要が高まってきていますが、必要であると思う人もいれば、いらないと思う人もいます。必要であるという人にとっては必要であると考える理由があり、いらないと考える人にとってはいらないと考える理由があります。

生きていく上で必ずしも必要なものではないことは確かですが、充実した生活を送る一つの手助けをする商品としてウォーターサーバーが広く認められつつありますので、ここでは必要派の考え方といらない派の考え方を双方の立場にたって紹介します。

必要派の考え方

ウォーターサーバーが必要であると考える人は、普段からミネラルウォーターを購入している人、育児等によりお湯を沸かす手間を省きたい人、コーヒーや紅茶等ミネラルウォーターで淹れた飲み物の違いが分かる人、健康に気を使っている人等が挙げられます。

必要である人は当然上質の水がいつでも手に入ることに魅力を感じ、一度それを体験するとその手軽さからウォーターサーバーが生活の一部になります。月々のランニングコストはかかってしまいますが、それ以上のものを得ていることを体験できるでしょう。

やはり必要である人は水にこだわりを持ち、ライフスタイルに水とお湯が身近にある場合が多いので、ウォーターサーバー1台があればポットや湯沸かし器がいらないという判断もできるし、そう考える利用者の口コミ等によりウォーターサーバーの需要がさらに広がってきています。

いらない派の考え方

ウォーターサーバーがいらないと考える人は、水に対する考えにこだわりがない人、普通の水道水があればミネラルウォーターはいらないと考える人、お湯が必要であれば沸かせばいいと考える人等が挙げられます。

いらないと考える人にとっては、なぜわざわざオカネを払ってまで水を買っているのかが理解できないというのが多いでしょう。

しかし、コストで考えるのであれば、普段の水分補給として清涼飲料水やお茶等を購入している代わりにウォーターサーバーの水をボトリングすれば、ペットボトルの飲料水を購入する頻度が減り、トータル的にはウォーターサーバーの費用が単純増で費用負担が増えることではないことも事実です。

ウォーターサーバーが必要なパターン

ウォーターサーバーが特に必要となる場面をいくつか紹介します。製品の特長は上述のとおりですが、家族構成や年代を視点として考えたとき、便利な使い方が見えてきます。ここでは自分の生活環境と照らし合わせてながら考えてみましょう。

家族構成で考える必要なパターン

ウォーターサーバーは水の消費ノルマがあるメーカーが多く、ある程度の消費を見込まれない人は水が余ってしまうということにもなりかねませんので、家族複数人で共有しながら利用していくことが理想です。

夫婦で朝のコーヒーをミネラルウォーターで淹れてみたり、赤ちゃんのミルクを水道水ではなくミネラルウォーターで作ってみたり、飲み会から帰ってきて小腹がすいたときにカップラーメンがすぐに作れたり、色々と使い道はあります。

単身世帯では多くの水は必要ないかもしれませんが、夫婦又は子供がいる家庭では重宝すること間違いなしです。

年代で考える必要なパターン

年代で考えると非常に幅広く、すべての年代で必要となる場面があります。特に必要性が高い年代をいくつか例を挙げると、子育て世代では赤ちゃんの健康と親の時短のために、子供が思春期の時は子供の水分補給に、子供が独立した後は夫婦の時間を上質のコーヒーやお茶の楽しむために等、それぞれの場面で生活を充実させる一助となります。

この中でも特にウォーターサーバーを多く利用している年代は子育て世代で赤ちゃんがいる年代です。子供が小さいうちは家事をする時間や夫婦の時間がゆっくり取れないことがあり、そんな中でウォーターサーバーがあれば家事の時短に役立ち、高評価を得ています。

ウォーターサーバーがいらないパターン

ウォーターサーバーの魅力を紹介しましたが、すべての人が当てはまるわけではなく、いらないという人も当然います。現在の日本では水道普及率がほぼ100%で、世界でもトップレベルであり、水質も水道水をそのまま飲める環境にあることは世界レベルでみると、非常に恵まれており、あえてウォーターサーバーのような贅沢品はいらないと考えられます。

一時でも海外の生活を体験したことがあれば水に対する考え方は変わり、日本では海外で普及しているウォーターサーバーはいらないとの考えが自然と生まれます。

ここではウォーターサーバーなんていらないという目線に立って考えてみますので、自分の生活環境と照らし合わせて「やっぱりいらない」と考えるか「やっぱり必要かな」と考えるかの参考としてください。

家族構成で考えるいらないパターン

ウォーターサーバーには使用ノルマがあることは説明しましたが、一人暮らしの人は多くの人はいらないと考えられます。運動をしていて水分補給が多く必要な人は別ですが、平均的な水の摂取量であれば間違いなく水を余してしまい、毎月水のストックが増えていくことになります。

また老夫婦だけの世帯もいらないといえます。年を取れば水分摂取量も落ちてきますので夫婦二人とはいえ、水を余してしまいます。またタンク水の取り換えは各家庭でとなっていますので、十数キログラムの水を持ち上げることができない人はいらない、というよりは無理です。

このようにウォーターサーバーをレンタルしたはいいが、そこまで水は必要としないという家族構成の場合はいらないと判断できます。

年代で考えるいらないパターン

年代で考えるとウォーターサーバーのターゲットは子育て世代である20代夫婦から子供が独り立ちする50代夫婦までがメインです。一言でいえばこの年代以降である60代以降の人はいらないとの判断もできます。

1か月で標準的な水ボトルサイズである12リットルを一つの目安とすると、500ミリリットルのペットボトル換算では24本飲むことになります。水分補給が活発な子供がいない老夫婦の年代では月にペットボトル24本分もの水はいらないと考えるのが妥当です。

非常時の水として活用

ウォーターサーバーは水を目に見える形でストックしておくことができ、消費期限も未開封であれば半年は持ちますので、月々のノルマを上手く利用しサイクルを回していけば非常時の水として保存することもできます。

東日本大震災後、防災意識が高まり非常水としてミネラルウォーターを必要としストックする人が増えてきました。また、会社単位でも防災意識の向上から水や食料品の備蓄に取り組んでいます。

ここでは家庭と会社とで考え方は異なりますが、二つのパターンでウォーターサーバーの活用方法を紹介します。

いる、いらないで迷われている方は防災の面からの考えてみましょう。

家庭の場合

家庭の場合は災害時に必要なインフラとして上水、下水、電気、ガス、灯油が挙げられ、各家庭で必要なインフラはこれらの中から選択しています。

この中で人間が生きえうえでなくてはならないのが水であり、飲み水はもちろん料理やトイレ等の生活用水としても必要となってきます。

水のストックといっても水道水をポリタンクに詰める方法がもっとも簡単ですが、いつ来るかわからない災害ですので、タンク内の水は古くなり、いざというときに飲み水としては使用できなくなってしまいます。災害時にはポリタンクの水はトイレを流す用途に使用しましょう。決して消費期限切れの水を飲んではいけません。

飲み水は真空保存して初めて保存水となりますので、いつ来るかわからない災害のために保存水を購入し消費期限前に無理やり利用するよりは、ウォーターサーバーをレンタルして日常使いをしながら災害への対策も同時に行うことが効率の良い防災対策です。

ウォーターサーバーは自分の生活スタイルから考えるといらないという方は、災害の点から考えてみて必要かいらないかをもう一度考えてみてください。

会社の場合

会社の場合では自分の社員の他に、店舗であればお客や周辺の住民を想定する場合が多く、かなりの数の水をストックする必要があります。普段ミネラルウォーターを取り扱って流通の過程に位置する仕事をしている会社であれば常に大量のストックがあり、業務することが災害対策となっています。

それ以外の会社では大量のミネラルウォーターを飲み水としてストックし、長いもので約5年の消費期限が来たら買い替えるという方式をとっていますが、このやり方は水の置き場所が多く必要となります。

ウォーターサーバーがあれば通常時はお客へのサービスであったり、社員への職場環境向上等の理由で設置し、災害時でもすぐに水を提供でき、さらに水の置き場所も少なくて済みます。ただし、ウォーターサーバー1台だけでは当然ストックとしては足りませんので、複数台用意し、水ボトルをたくさん保管するか、ウォーターサーバーの他に保存水を備蓄するかになります。

ウォーターサーバーの魅力

ウォーターサーバーが必要かいらないかのテーマで紹介しましたがいかがでしたでしょうか。自分の生活環境をもういちど見返してみて、「あったらいいな」、「こんな活用方法があったんだ」と感じた人も多かったではないでしょうか。

ここで紹介しました、いらないパターンに該当しない人は一度試してみるとよいでしょう。きっと自分の生活環境が少し充実したことが実感できるかと思います。

いつでもすぐに上質の水とお湯がお店で買うより格安で手に入るウォーターサーバーがある生活をぜひ体験してみて下さい。

Related