Search

検索したいワードを入力してください

2019年03月19日

おすすめのおもちゃ収納の種類・値段・口コミ|棚/箱/ケース

増え続けるおもちゃの収納に頭を抱えている人必見の裏技が満載です。IKEAや100均などののおもちゃ収納グッズから自分で作る収納棚まで盛りだくさん。おもちゃの種類を分けた分類や意外と思える収納箱の使い方などなるほどと思える扱い方が満載です。

おすすめのおもちゃ収納の種類・値段・口コミ|棚/箱/ケース

おもちゃの収納テクニック

おすすめのおもちゃ収納の種類・値段・口コミ|棚/箱/ケース

小さなお子さんがいらっしゃるママたちにとっての一番の悩みはといえば、おもちゃの収納ではないでしょうか。年齢ごとに、お正月、クリスマス、誕生日、子供の節句ごとにおもちゃは増えていきます。

毎日毎日子供とは鼬(いたち)ごっこのように、片づけては散らかり、片づけては散らかりの繰り返しです。収納場所が限られているお家ではおもちゃの収納に困るママもたくさんいます。困った挙句、おもちゃを捨てようかと思うものの、捨てるに捨てられず、収納に困ってしまうママたちも増えています。

おもちゃは意外にかさばりますし、置き場所も考えてしまいます。収納にそんなにお金をかけたくないというのも正直な気持ちです。そんなママたちにおすすめなとっておきの収納テクニックを今回はご紹介します。

おもちゃの収納と種類

おすすめのおもちゃ収納の種類・値段・口コミ|棚/箱/ケース

ひとえにおもちゃといっても、大きさ、形、重さ、外で遊ぶもの、家の中で遊ぶもの、年齢ごとに遊べるおもちゃと遊べないおもちゃといろいろです。子どもが一人の時はそんなにおもちゃの数も最初は少ないですが、兄弟ができるとママのお片づけは『大変』という言葉では片づけられないくらい『大変』になります。

また、男の子と女の子では遊ぶおもちゃの量も違いますし、男の子と女の子が一人ずついらっしゃるご家庭では、おもちゃの数も半端なく多くなります。収納の場所も考えなくてはなりません。男の子ばかりがいる家庭では収納は一か所で済む考えでよくても、女の子の場合はさまざまなパーツごとに分けなくてはならなかったりして非常に大変です。

値段

おすすめのおもちゃ収納の種類・値段・口コミ|棚/箱/ケース

おもちゃ収納にかかるコストは、誰でも気になるところです。高価な収納棚やボックスを気合を入れて購入しても失敗に終わったという話はよく聞きます。実際に使えないもの、子供が出し入れに困ることや、お片づけの利便性がうかがえなかったり、親も片づけることが逆にストレスになることだってあります。

そこで、おもちゃ収納にかけるコストはどれくらいなのでしょうか。先輩ママたちはどのようにやりくりしてきたのでしょうか。そのコストを探ってみます。

おもちゃの収納コストはローコスト

おすすめのおもちゃ収納の種類・値段・口コミ|棚/箱/ケース

実際のところおもちゃの収納にかかる費用はどれくらいなのでしょうか。子供の成長は早いです。その成長に合わせて収納のスタイルを変えるという人もいれば、そんなことをしていたら、お金がいくらあっても足りないと思う人も中にはいらっしゃるでしょう。

おもちゃの収納にかかる費用は人によりさまざまですが、100均でそろえるという人もいれば、収納棚を用意して、中をカスタマイズすれば子供の年齢に応じてカスタマイズできると考える人がいますので、その費用の範囲の差は非常に広いです。

しかし、平均的な目線で見てみると、おもちゃの収納にかける費用はの目安は、おおよそ15000円くらいが妥当な線です。その理由について、収納種類別の費用そして、その口コミについてお話をしていきます。

おすすめのおもちゃ収納の種類・値段・口コミ|棚/箱/ケース

おもちゃの収納の種類について考えたとき、まっすぐに浮かぶのが収納棚です。収納棚といっても多種多様です。今はやりのカラーボックスを利用する人もいれば、キューブボックスを利用する人、本棚を利用する人もいます。最近では本棚と収納棚が一体化しているものもあります。

例えば今流行りのキューブボックスですが、キューブボックスといってもさまざまなスタイルがあります。扉がついているもの、図書館などに設置してある、蓋の上に一冊の本を展示でき、本をよけて蓋の部分を上にあげると、ワゴンタイプの蓋つきのもの、ワゴンタイプの引き出し型になっているものと多種多様です。それでは実際に使用した人の口コミをお話します。

口コミ

口コミでは収納アイテムに対して今まで実際に購入歴のある方の評価をまとめてみました。これから収納について考えている人、今、収納アイテムの購入を検討している方に参考にしていただき、収納アイテムを購入して充実した満足感を得ていただきたいです。

箱に関する口コミ

実際におもちゃを収納するのに箱を使った人たちの感想をご紹介します。おもちゃを収納するのに【箱】を活用している人たちの中には

①おもちゃがたくさん入って片付く
②おもちゃの仕分けに重宝する
③片付けが困っていたおもちゃが一気にすっきり、種類ごとに収納してからは子供たちからこれはどことお片づけの意識が芽生えた
④雑に使うと乱雑に見えてしまう

さまざまな、コメントがありますが、どれもこれも、箱をおもちゃを収納することに選択肢の一つとして選んだとしても、その扱いには一長一短あるということです。

ご参考までにこちらをどうぞ

キューブボックスの口コミ

実際にキューブボックスを利用した人の口コミをお話します。商品を使う前に口コミなどで実際に商品の感じを確かめることができるというのは非常に重要です。良し悪しと意見はさまざまですが、どれもそれを使うかどうかの判断基準になること間違いなしです。

今は子供が小さいのでおもちゃの収納用に使っているけれども、子供が大きくなったとき違うように組み合わせてほかの場所にも使えるという口コミや子供が小さいのでかさばるおもちゃが多く、ワゴンは大容量でたっぷり収納できるしすぐに取り出せ、仕舞えば見た目もすっきりという人もいます。

出典: https://review.rakuten.co.jp/item/1/220310_10001878/13zs-... |

おもちゃ収納に手っ取り早くて人気があるのがやはり箱です。子どもたちにも扱いやすいというメリットがありますし、箱の種類によってはインテリアとしてお部屋の雰囲気をやさしい感じにするメリットもあります。それでは、どのような箱があるかご紹介します。

バスケットラック

おすすめのおもちゃ収納の種類・値段・口コミ|棚/箱/ケース

次にご紹介するのは意外にも新ママさんに人気のバスケットラックです。見た目もおしゃれだし、子供もママさんもおもちゃのお片づけがしやすいというメリットがあります。気になるお値段はおおよそ、5000円くらいからです。

バスケットラックやキッズラックなど名称はさまざまですが、小さなおもちゃの収納に優れていると言えます。

バスケットラックのメリット

部屋の至る所におもちゃが散乱しているご家庭は多いことでしょう。おもちゃは減ることはなくても増ていきます。片づけても片づけてもなかなか片付かないです。そんな時、おもちゃの種類ごとに分けてお片づけをすればよいのではないかと考え用いたのがバスケットラックヤキッズラックです。

収納のメリットはおもちゃの種類のどこにも属さない小さくてこまごまとしたものや、小さく小分けしようと小さい入れ物を用いたが却ってごちゃごちゃになってしまうということをがばらばらになってしまい結局おもちゃだらけになっていたところを、篭の体積もあり、多少ぬいぐるみなどがはみ出しても収納でき、中も外から見得るというメリットがあります。

ケース

ケースはおもちゃ収納においてごちゃごちゃになるおもちゃやミニカーなど大量にかさばるおもちゃの収納に適しています。それではどのような種類があるかご紹介します。

スキャナー付きケース

箱にもいろいろありますが、スキャナ付きのケースや衣装収納などに使うケースなどもおもちゃの収納には欠かせません。戦隊もののグッズはやはり大きな衣装ケースの中に入れて押し入れなどに保管や、ソファなどの下の空間を利用してケースをしまっておくのにも適しています。出しやすさにも定評があるというメリットがあります。

チェスト

おすすめのおもちゃ収納の種類・値段・口コミ|棚/箱/ケース

おもちゃにもかさばるもの、重たいもの、大きいもの、こまごまとしたも、いろいろな種類があります。それらをまとめて収納できるのがチェストです。出しやすく箱に名前を書いておけば直しやすいという特徴がありますし、あちらこちらにおもちゃを収納した箱を置かなくていいや、収納スペースに限りがある人にとってはおすすめです。

気になる値段はメーカーによってさまざまですが、平均して3000円前後です。しっかりしたつくりのものだと、メーカーに寄りますが、10000円以上するものもあります。

カラーボックス

おもちゃ収納によく利用されるのがカラーボックスです。おもちゃは1種類や2種類ではありません。おもちゃをカラーボックスで分類することでお片づけもしやすくなるほか、多少増えてもこのおもちゃ箱のおもちゃと同じ種類なのでこのカラーボックスの中に直せばいいと応用が利きます。それでは人がカラーボックスを収納に選択するメリットについてお話します。

メリット

実際カラーボックスがどのように収納に効果的かということは新米のママには想像もつかないでしょう。カラーボックスは私たちの日々の生活の至る所でその効果を発揮していますが、実は子供のおもちゃの収納の中でもその効果は絶大です。

使い方次第でおしゃれに魅せる収納にもなりますし、分類のしやすさという点においては非常に優れています。また、気になるお値段も手ごろという点で人気を博しています。

おもちゃを収納する箱とその値段

おすすめのおもちゃ収納の種類・値段・口コミ|棚/箱/ケース

ごちゃごちゃしがちなおもちゃを棚に収納するのが苦手なママさんも中にはいらっしゃるでしょう。箱に種類別に収納して出しやすく直しやすくするのがストレスレスだという人もいます。おもちゃを収納する箱はおもちゃを収納する棚に比べると、コスト的にも非常に安価です。

また、運送料も比較的安くて済みますし、車で購入しに行ってもすぐさま持ち帰りもできるほどの手軽さです。気になるお値段ですが、平均して1000円くらいからです。箱にもいろいろなものがあります。それでは、箱の種類とその値段、そして、口コミを合わせて紹介していきます。

箱の種類と平均的な値段

おすすめのおもちゃ収納の種類・値段・口コミ|棚/箱/ケース

箱といってもその種類は今や多種多様化しています。おもちゃを収納できる箱といえども、その大きさや色や形をもってもさまざまです。ここではおもちゃを収納できる箱にはどのような種類があるかをお伝えします。

小さな小物を収納できるだけというなら、100均で売られている小さな蓋つきの箱やクラフトボックスなどがあげられます。

ミニカーなどを収納するときは1個や2個ならまだしも、男の子なら30個以上を持っているお子さんが多いので、ほとんどの方は洗濯かごや布で作られたバスケット風の箱などに収納される方も多いです。大きめのおもちゃなどは衣装ケースを利用するとよいでしょう。

気になるお値段は、100円から3000円の範囲だとされています。小物入れや洗濯かごや布製のバスケット風の箱などは100均でも十分にそろいます。また、衣装ケースなどはニトリやコーナンといった量販店や通販も活用できます。

収納に関するメリット

さまざまな種類のおもちゃを種類別に片付けるときにどうしても頭が痛いのがその量です。種類別に分類してもどうもごちゃごちゃ感を感じたり、細かく分類しすぎたためどこに収納したかなど分からなくなる場合もあります。

そこで今回は増え続けるおもちゃを機能的に収納するさまざまなアイテム、棚、箱、ケース、カラーボックスなどを使用するメリットについて下記の点に着目してお話します。

1.ごちゃごちゃしがちなおもちゃをすっきり収納できる
2.突然の来客でも対応できる
3.魅せる収納にチャレンジしたい
4.子供に分かりやすい
以上の4点です。

すっきり収納できる

おすすめのおもちゃ収納の種類・値段・口コミ|棚/箱/ケース

おもちゃにもさまざまな種類があります。大型のもの、特に女の子のおままごとセットや人形の家などはかなり大型になりますし、男の子でいうなら戦隊もののベルトや武器なども大型になります。小型のものでいうとシルバニアファミリーなどの家具や男の子でいうとミニカーやブロックといったこまごまとしたものと多種多様です。

おもちゃのすっきり収納は何かとごちゃごちゃしがちなおもちゃをすっきりと収納できるというメリットがあります。戦隊ものはこの箱、ブロックはこの箱、と大まかに分けておくことで、リビングや子供部屋などに散らかったおもちゃをすっきりと収納が簡単に、かつ、スムーズに行うことができるというメリットがあります。

突然の来客にも対応できる

おもちゃを収納できるメリットとしての、二つ目のメリットは突然の来客にも対応できるです。今からママ友が来るという対応などにしても、ささっとお片づけるできるのは、ママにとっても心づいよい味方です。

例えば、「今日、うちの〇〇と△△ちゃんあそべる?」という風になって、また、子供同士家で遊べるんだからおもちゃを出しっぱなしでもいいじゃないとはだれも思わないでしょう。ママ友をお家に呼ぶときはいつも以上に気をつかいます。

そんな時、箱があれば、散らかっているこまごまとしたものも大きなものだってなんとあれ、とりあえずはそこへ一時収納でき、お部屋を素早く片付けてしまうことだって来ます。

魅せる収納にチャレンジ

すっきりと片付いているお部屋というのは何とも気持ちが良いです。中身が見えて居ようが見えていまいがそこはそんなに気にはなりません。リビングなのですから、子供のおもちゃがあって当然。

しかし、当然が当たり前になってしまっては、折角のリビングも雑然としてしまいます。ママともや突然の来客があっても、きちんと収納できているお部屋というのは誰しもくつろげる空間でもあります。

収納箱の中身が気にならないように、例えば、何か素敵な雑貨を上に置いたり、布で覆ってしまって目隠してしまい、写真を置いたりするなどして、お部屋をカスタマイズすることも可能です。逆におもちゃのいくつかを取り出して、ディスプレイするのもいいです。そんな楽しみ方ができるというのも、おもちゃを収納する箱ならではのメリットです。

子どもに分かりやすい

おもちゃを収納するのに箱を用いるときのメリットの四つ目は、なんたってこどもにわかりやすいということです。ごちゃごちゃしたおもちゃも、大型のおもちゃも、この箱にあるよという風にすることで、大好きなおもちゃはこの箱の中にあって、お片づけのサインが出たときはここに片付ければいいということが意識づけられます。

箱の前にシールなどを貼ってあげるとより分かりやすさは増します。また、取り出しやすいですし、持ち運びも簡単にできるというメリットも併せ持っています。

デメリット

おもちゃを収納についてのメリットについて書いてきましたが、メリットということは逆にデメリットもあるということです。次はそのおもちゃの収納に関するデメリットについてお伝えします。

デメリットの中でも一番どのママにも共通してあるのが、おもちゃの分類ができないということです。折角、この箱に収納するおもちゃの種類はこれと決めていても、気が付いたら、分類がきちんとできていなくて、箱や引き出しの中がぐちゃぐちゃになっているということが多々あります。また、持ち運びができる箱については、元の場所に戻っていないということも悩みの種です

ブランド別おすすめおもちゃ収納

おもちゃの収納について見てみるとさまざまなブランドの収納があります。ブランド別にみるとその形も特徴も多種多様です。

おもちゃの収納についておすすめできるブランド5社の紹介とそのおもちゃの収納と特徴についてお話をしていきます。おもちゃの収納についておすすめのブランドは次の5社です。お部屋の雰囲気に合わせて、また、収納できるおもちゃや利用しやすさなどを考えてブランドごとに比較してみるのも楽しいです。

・無印
・ニトリ
・100均
・IKEA
・セリア

無印のおすすめおもちゃ収納

ママたちにとって収納は子供が生まれてから育つまで永遠のテーマだと言えます。年齢に応じて、クリスマス、お誕生日、お正月などといった子供を中心とした行事ごとに増えていくおもちゃの収納に悩みは尽きません。

「絵本やおもちゃをすっきり片づけることはできないかしら?」「インテリア性も重視したい」「安心した材質のもの」「洗うことができる」など、子供が仮に舐めて安心できるものと収納一つにしても悩んでしまうもの。

そんなママたちの気持ちに寄り添うことができるのが、無印良品の収納アイテムです。お部屋をすっきりおしゃれにカスタマイズできて、おもちゃをすっきり収納できるいくつかのアイテムをお話していきます。

重なるラタン角形バスケット

ラタン角形バスケットですが、特徴は固くてしっかりしていて丈夫な点です。持ち手があるものを選べば、お子さんにも持ち運びがしやすいです。サイズは大・中があり、専用の蓋もあり、ほこりなどがご心配な時はこの蓋を利用することもできます。

ラタンはお部屋のアクセントにもなるので、いくつかのカラーボックスと組み合わせてもおしゃれになります。通気性が良いので使わなくなれば、洗面台やランドリーにてタオルを入れたり、衣類を入れたりして活用できます。重たいおもちゃを入れると動かしにくいというデメリットがあります。

重なるブリ材角形バスケット

こちらの特徴はラタン角形バスケットと比較すると、軽くて低価格です。ぬいぐるみなどを入れる方が多いです。床にそのまま置いてもおしゃれです。

重なる竹材長方形ボックス

こちらは何が良いかというと、安定感があり、丈夫でずっと長く使えるというメリットがあります。ボールやぬいぐるみ、バットやグローブなどにも使えます。木のぬくもりがインテリアとしてなじみやすく、お部屋のアクセントにもなります。

ポリエステル綿麻混・ソフトボックス

布製ボックスで重量は軽く、整理しにくい小物やおもちゃなどを収納できるので便利です。汚れても洗濯機で洗って干すことができるので扱いやすいです。お部屋に置くと柔らかい雰囲気になります。

ポリプロピレンボックス・ロック付

こちらは二の部分にロックがついている収納ボックスです。こまごまとしたものを収納するときによいでしょう。

小さな部品やブロックなどはおもちゃ箱を倒して中身がバサーと散らばってしまい、そのままどこかへ行ってしまうということもありますが、そういう心配がないというのがこちらのボックスです。また、半透明なので中身がわかるので、子供も何がどこに入っているのかわかりやすいという特徴もあります。

スタッキングシェルフ

使い勝手に合わせて、縦にも横にも広げられるシェルフです。壁際に設置すれば、壁が背となっておもちゃが落ちにくくなったり、もちろん、スタッキングチェストと合わせて使ってもおしゃれにお部屋をカスタマイズでき、おもちゃの存在が気にならなくなります。

高さが高いので、身長の低子供には慎重に合わせて手が無理なく届く場所くらいにおもちゃを置いてあげ、触ってほしくないものや子供のお着替えやスタイやタオルといった小物を収納してもおしゃれで素敵です。

パイン材収納BOX

取っ手がついていてキャスターがついていればどこへでも持って行ってその場で遊べるというメリットがありますし、少々重たいおもちゃを入れても持ち上げて腰を痛めるということもありません。

隠れ家的ティビに収納

こちらは段ボールで作るティビ。大好きな画材で壁に絵をかいてもいいし、ティビの中で遊んでもいいし、遊び終わったら、おもちゃをティビの中に直しても面白いです。子どもたちはきっと大喜びするはず。

ニトリのおすすめおもちゃ収納

ニトリのおすすめおもちゃ収納についてお話します。

ニトリは手軽に揃えられるという特徴を持っています。価格帯もママたちの財布にやさしいものばかり。うまく活用してみれば素敵なお部屋をカスタマイズできます。それでは、いくつかのカラーボックス、トイシェルフ、蓋つき収納ボックス、キッズ収納ボックス、チェストのご紹介をします。

カラーボックス

なんといっても使い勝手が良いのがカラーボックスです。中身も限定できず、さまざまなものを収納できるというのはママたちにとって強い味方です。シェルフと一緒に活用することでより素敵にカスタマイズできます。

ニトリのカラーボックスは全二色。ブルーとピンクです。男の子と女の子がいらっしゃる家では男の子はブルー、女の子はピンクと分けやすいです。ふたの部分がクリアになっているので中身が分かりやすいのが特徴です。食べ物がついても洗うこともできるので安心に使えます。

コンテナ

おもちゃの収納コンテナは子供がどこに何があるか一目瞭然です。出し入れも簡単なのでおもちゃなどが片付けやすいのが特徴です。おもちゃが増えてもコンテナを重ねて使えるので安心です。また、価格帯も安価なものなので、ママたちのお財布にも優しいです。

絵本ラック

赤ちゃんの頃から読み聞かせをされているママも多いのではないでしょうか。子どもは絵本が大好きです。次第にお家の中に絵本が増えているということもあります。

子どもたちが取り出ししやすいようにと、おもちゃと絵本がセットになったラックがあったら便利です。絵本とおもちゃと別々に置くと、片づけるのに手間がかかってしまいますし、お片づけに不慣れな子供たちにとっても決して得策とはいいがたいです。そこで今回ご紹介するのが、ニトリから出ている動物のモチーフが可愛いおもちゃ・絵本ラックです。

蓋つき収納ボックス

キャスター付きトイボックス

子どもがいるのが当たり前。子どもといる時間をもっと楽しく過ごしたい。そんなママたちも多いことでしょう。おもちゃを直すときの親ができることの一つに、子供に目印をつけてあげるです。ただ単におもちゃを直すのでは、子供もどこにおもちゃを入れればいいかわかりません。このおもちゃはここに入れるという目印があればなおいいです。

次にご紹介するのは蓋つき収納box(キャスター付きトイボックス)です。キャスター付きなので床を傷つける心配もありませんし、取っ手がついているので子供も好きな場所まで持って行くのも容易です。また、フタがついているの急な来客が来てもおもちゃが見えませんのでごちゃごちゃ感が出ないという点で優れています。

100均のおすすめおもちゃ収納

時間のあるママにぜひお勧めなのが100均のおもちゃ収納です。台所用品コーナーにあるカトラカリーはこまごまとしたおもちゃの収納にうってつけです。CDBOX入れはカードゲーム類、本棚やカラーボックスをうまく利用して、100均のプラスチックボックスや布製ボックスを利用することでさらに、収納の幅が広がります。

パンケースにはレゴブロックを入れたり、薄型ソフトケースにはパズルを入れたり、取っ手付きで持ち運びが便利なプラボックスはぬいぐるみや、おもちゃの刀やレンジャーもの、人形などを収納するのにうってつけです。

スクエア収納ボックス

ダイソーやセリアなどで展開しているスクエア収納ボックスはおもちゃの収納に非常に人気が高いボックスです。カラーバリエーションも豊富で、蓋つきのものが多く、上に重ねて収納できるメリットがあります。使わない場合は重ねて収納できます。

ミニ収納ケース

ダイソーのミニ収納ケースには、お絵かきでよく使う色鉛筆やクレパス、色紙やハサミなどの文具を収納するのに適しています。女の子ならビーズや小さなおもちゃを収納するにも良いです。男の場合はカードやブロックといった小さなものを収納するのも適しています。

ペーパーボックス

使わなくなれば廃品回収の日に捨てられるという点で非常に経済的、しかもおしゃれなペーパーボックスなら色もデザインも豊富なのでおもちゃの分類もしやすいというメリットがあります。おしゃれなボックスに収納していると中身はおもちゃだけれど、気にならないで置くだけでおしゃれな空間を演出することもできます。

ジョイントラック

小さな子供の場合はおもちゃをどうしても片付けたくない場合もあります。特にコレクションしてあるようなミニカーなどは傷ついてしまうという理由で収納に困る場合もあります。その場合に適しているのがジョイントラックです。ラジコンなどはジョイントラックに置いてディスプレイしておくと出しっぱなしというイメージを回避できます。

積み重ねボックス

100均でおなじみのダイソーの積み重ねボックスにはさまざまな大きさのボックスがあります。うまく活用して、例えばブロックを分類したり、小さなこまごまとしたものや、ビー玉やコマなどを収納するのに適しています。そのほかサイズによれば本やお人形なども収納できます。

IKEAおすすめおもちゃ収納

IKEAではユニークなおもちゃが豊富に販売されており、おもちゃのための収納愛でも法に取り揃えられています。リビングにおもちゃの収納スペースを作ると、雑然としがちですが、IKEAの収納アイデアではそんなお困りごとも不思議に改善できます。

あんなに片付かなかったおもちゃが見る見るうちに片付いてしまい、リビングが見違えるほどおしゃれな空間になるということもあります。

収納の鉄則は使いまわしができことです。子どもの年齢が上がるにつれて、おもちゃのスペースが次第に縮小していきます。絵本類はファイルボックスに入れ、年齢があると机の上に宿題のプリントや教科書、塾のテキストなどを入れる箱に変わるものになります。

また、小さなこまごまとしたものは、軽量で持ち運びが便利なペーパーBOXを利用します。折り紙や文具セットを後々入れて活用できるようになります。大きなおもちゃはテレビボードの引き出しにいれて、リビングをもっとスマートにおしゃれな空間にすることができます。

収納ボックス

IKEAの収納ボックスは手軽でシンプルです。カラーもお部屋においても他のインテリアとの邪魔にもなりません。おしゃれで使い勝手を良いです。特に収納ボックスは室内外に使えて非常に便利です。ボールを入れたり、ラジコンを入れたり、ぬいぐるみといった大型のおもちゃも収納できます。

ふたつきボックス

ふた付きボックスはリビングなど人の出入りが激しい場所におもちゃを収納するときに適しています。急な来客の時などにはささっと直せてふたを閉めておけば中身が気になりません。また、ふた付きなので上に重ねて収納もできます。

トロファスト

トロファストは収納棚の枠組みです。フレームにもさまざまな種類があります。用途に応じて選べて、さまざまなカラーボックスと組み合わせてオリジナリティあふれた収納棚をカスタマイズできます。ブロックやカードゲームやミニカーに人形、小さくてこまごまとしたものまで収納できます。

ストレージボックス

可愛い絵柄が入って子ども受け間違いなしの収納ボックスです。動物の種類がキーポイントでクマのボックスには積木が入っている、ウサギのボックスにはシルバニアファミリーを、猫のボックスにはアンパンマンのおもちゃをという風に分類ができて覚えやすいといういメリットがあります。材質は布製なので月齢が小さなお子様でも安心して使えます。

セリア

ふた付きケース

セリアの蓋つき収納ケースTALL(トール)はブロックなどこまごまとしたものを分類して収納するのに最適です。ふたがついているので倒れてもおもちゃが床に散乱することもありません。

カトレケース

カトレケースはセリアで購入できる白いボックスです。深さは浅めですがさまざまな大きさのものがあります。組み合わせることによって小さなおもちゃの分類に役立ちます。

ポケットリフィル

缶バッチやカードトレーディングに使用するカードは男の子ならではのおもちゃですが、かなりの量で増えていくのが特徴です。そんな時におすすめなのがポケットリフィルです。どこに入っているか一目瞭然です。見た目もきれいです。

ラタンバスケット

ラタンバスケットはリビングにおいても子供部屋においても他の収納ボックスとも相性が良くおしゃれ感もあり使い勝手が非常に酔いが特徴です。セリアのラタンバスケットは色も豊富ですのでよく似たおもちゃの分類に適しているほか、女の子の人形の洋服やおままごとセットの分類にも活用できます。

おもちゃの収納アイデア

忙しい主婦や共働きの家庭、シングルマザーにとっておもちゃの片づけほど大変なものはありません。やっと片づけたと思ったら、おもちゃが転がっていて踏んづけて痛い思いをしたり、何度一緒にお片づけをしてもうまくいかず床に散乱してそのままになっていたり、そんな経験を一度はされた人も多いでしょう。

子どもがお片づけをできないまたはしない理由はなんでしょうか。子どもは意図的におもちゃを片付けないのではありません。もしかしたら収納の方法が子供にとって難しいのではないでしょうか。もしも、子供が楽しくお片づけすることができるなら、きっとお部屋もきちんと整理されているようになるということです。

そこで、お子様が楽しく簡単にお片づけできる収納アイデアを一挙にご紹介します。

それぞれのおもちゃの居場所づくり

おすすめのおもちゃ収納の種類・値段・口コミ|棚/箱/ケース

おもちゃにはさまざまなタイプの種類があります。使ったら仕舞うという行為には明確な位置が必要です。ぬいぐるみはこのお花の絵が描いた車に入れるのよ、ミニカーはこの大きなかごに入れてね、ままごとセットはこのバスケットに入れてね、本は本棚に入れてね、場所を特定することでさらにおもちゃのお片づけがうまくいきます。

今回はそれぞれのおもちゃの居場所づくりということで、男のままならではの収納のお悩みということでミニカーの収納についてお伝えします。

男の子ならミニカー派もしくはモノレールと好きな乗り物が分かれます。ミニカーは一個一個に重量があるため、たくさんになるととんでもない重たさになります。今回紹介するのはミニカーの収納です。

ミニカーの収納

おすすめのおもちゃ収納の種類・値段・口コミ|棚/箱/ケース

ミニカーといえども整然とさせておきたいのが男の子のままの特有です。バケツにプラスチックの箱に、布製バッグにいろいろありますが、見た目もすっきりして、ミニカーも見つけやすいのが、なんといっても書類ケースにミニカーを収納するコツです。書類ケースの中に仕切りを入れることで、大量にあるミニカーを分類しやすくなります。

また、引き出しごとに色画用紙を入れ、一段目は工事用車両、二段目は救急車や消防車など、三段目は自家用車などとわかりやすいようにすることでさらにお片づけがスムーズになります。

座れる収納ボックス

おすすめのおもちゃ収納の種類・値段・口コミ|棚/箱/ケース

子どもたちが遊び終えてお片づけも楽しくできる裏技をご紹介します。座れる収納ボックスというのをご存知でしょうか。最近では電車や救急車、消防車といった絵柄が増えてなかなかお片づけが楽しくなりました。大きめのおもちゃやぬいぐるみ、男の子のおもちゃに多いプラレールの収納などに非常に便利です。

大容量なのがよいところです。片付けが終わった後は蓋をして椅子に早変わり。これならお子様も楽しみながらお片づけができます。電車の絵柄のものにはプラレールが入っているとわかればお片づけに迷いっ子なしです。

おもちゃの収納手作り方法

おすすめのおもちゃ収納の種類・値段・口コミ|棚/箱/ケース

システムキッチンではないけれども規制の収納も良いけれども、自分で自由自在にカスタマイズできるようにと、収納棚や収納ボックスを手作りしてしまう方法もあります。お店に足を運んだもののしっくりくるものやピンとくる収納アイテムが見つからなかったことはありませんか。それなら、自分で作ってしまおうというのが次のコーナーです。

手作りって敷居が高そうに思えますが、ご安心ください。非常にやさしくて誰にでもできるものばかりを、そして、収納がちゃんとできるものをご紹介します。

予算別おもちゃ収納の作り方

おすすめのおもちゃ収納の種類・値段・口コミ|棚/箱/ケース

子育てママにとって、また、働く世代のママにとって収納にかかる費用は頭が痛いです。思うような収納を考えたら、瞬く間に今月も赤字ということになってしまいかねません。それならいっそのこと、自分が思い描いているおもちゃの収納を作ってみてはいかがでしょうか。

DIYなんてしたことがないわというママでも大丈夫です。木材の寸法はホームセンターでカッティングしていただけますし、後は強力接着剤、金づち、ねじがあれば大丈夫です。おしゃれに塗装をしても良いでしょう。

100均でDIY

おすすめのおもちゃ収納の種類・値段・口コミ|棚/箱/ケース

必要なものは釘または木工ボンドもしくは結束バンドだけで、簡単に作れる方法だけを集めたDIYです。初めての方もそうでない方も楽しんでオリジナリティあふれる収納棚が作れます。ぜひお試しください。

まずは、すのことくぎだけで棚を作る方法です。
・作り方
『すのこ』の足の部分を内側にして2枚立てます。その足の部分に違う『すのこ』を置いてくぎで留めます。このままでは安定が悪いので、斜めに筋交いをかましたほうがよいでしょう。
あとは、すのこの収納枠にはいるppボックスを入れて完成です。あるいは、一枚ベニヤ板などを入れて、おもちゃの箱を置いても良いでしょう。

作り方にご不安がある方はこちらをご参考にしてください。

すのこの紹介

すのこと言われてどんなものをイメージできるでしょうか。すのこをまさか収納棚の枠組みに使うことに予想だにしなかったでしょう。ここではすのこの種類についてお伝えします。様々な用途に活用できるスノコですが、どこで手に入れることができるのでしょうか。ニトリでもホームセンターでも購入できます。

ボンドで作るおもちゃ収納棚のDIY

くぎはちょっと苦手だという人もご安心ください。ボンドでもしっかりしたおもちゃ収納棚を作ることができます。まずはその作り方をお話します。

・作り方
まず、100均で、すのこを5枚購入してきます。サイズは45×20cmです。

塗装が苦手という人もご安心ください。カラースプレーで着色していきます。ペンキが乾いたら木工用ボンドでくっつけて完成です。5枚の内、4枚で外枠を作ります。すのこの下の部分が内側に来るようにボンドで接着していきます。ボンドがしっかり乾いてから、次に、5枚目のすのこを入れます。そうすると棚ができます。

分かりやすい作り方をお知りになりたい方はこちらをご参考にどうぞ

小さなおもちゃ専用の収納棚の作り方

おすすめのおもちゃ収納の種類・値段・口コミ|棚/箱/ケース

折り紙やカード類、文具やビーズ、そういったこまごまとしたものの専用の収納棚があってもおしゃれです。それでは、ここではそんなこまごまとしたものの専用の収納棚を作れる方法をお伝えします。

・準備するもの
メジャー(なければ、30cm幅の物差しでも大丈夫です。)
集成材:幅45cm×180cmのもの3枚
集成材:幅30cm×60cmのもの3枚(棚になる部分です。30cmずつにカットしてもらいます)
集成材:幅30cm×60cmのものを1枚(扉の部分です)
※ホームセンターには板をカットしてくれるサービスがあるので(有料の場合もあります)ご利用ください。
木ネジ(40mm)(木ネジを選ぶ目安は板厚の2~2.5倍です】
木工用接着剤
マグネットキャッチ
丁番:2個
つまみ
サンドペーパー

集成材の選び方と準備

・作り方
①幅、高さ、奥行を計測します。幅28cm、奥行45cm、高さは収納したい箱に合わせて決めます。まずは、図を描きだします。

②ホームセンターなどにある集成材を選びます。集成材は無垢の板材を接着・成形した木材です。フシやワレが無く材質が均一で、十分な強度があるのでDIYに最適です。大きさや分厚さで分類されているので種類も豊富にあります。そのままテーブルとして使える角が丸くなっているものもあります。

③ホームセンターには加工サービスを受け付けてくれるところがありますので活用します。
図面を持って行きカットしてもらいたいサイズに集成材をカットしてもらいます。

作り方の手順と角の落とし方

④角がとがっているので角の部分にサンドペーパーを当てて、角を落とします。手触りが良くなったのを確認します。すべての木材の角を落とします。

⑤棚板を取り付ける位置に印をつけます。印をつけるときに便利なのが差し金(曲尺)を使うと直角の線を正確に引くことができます。無ければ分度器と定規で代用しても大丈夫です。45cmの集成材に図面に倣って位置をつけていきます。

ネジの取り付け方

⑥ネジを取り付ける場所に下穴キリで穴をつけていきます。事前に分かっている場合はホームセンターで事前に穴をあけてもらってください。

⑦木材が接する面には木工用ボンドを塗ります。45cmの板の左右の角にあたる部分に28cmの板材を当てて木ネジで留めます。棚になる部分を木工用ボンドで取り付けていきます。その上に木ネジを当てて留めます。木ネジを取り付ける間隔はこぶし一個分を開けて留めていきます。

⑧外枠が完成したら、45cm×180cmの集成板をボンドを塗った外枠に貼り付け木ネジで留めます。はみ出した木工用接着剤は拭き取ります。

棚板の角を丸くしましょう

⑨棚板の角はお子様が当たると危ないので丸く加工します。身近にある丸いものを使って過度の丸みをつけます。糸ノコで切ります。サンドペーパーで切り口を研磨します。

⑩扉をつけていきます。扉をつけたい部分に丁番を置き、扉と同じ厚さの板を用意します。丁番の軸の部分が扉の板の端に来るようにします。丁番を木ねじで留めます。丁番の離れは上と下と同じ場所に置きます。

⑪つまみを取り付けます。取り付ける位置にドリルで穴をあけます。扉の裏側からボルトを入れて取っ手の部分をねじ込んでいきます。

マグネットキャッチの取り付け方

⑫マグネットキャッチを取り付けていきます。扉が当たるほうの内側(棚の本体)にマグネットキャッチの胴の部分を取り付ければ、完成です。扉の部分がいらない人はその部分を省くのも良いでしょう。

ご参考にこちらをどうぞ

おもちゃの収納方法とコツ

おすすめのおもちゃ収納の種類・値段・口コミ|棚/箱/ケース

いろいろな収納グッズを試したけれどもなかなか収納がうまくいかない時があります。そんな時はおもちゃの収納方法について考えてみてください。ここでは、おもちゃの収納法とコツについてお伝えします。

お片づけが楽しくなる方法は何でしょうか。それは、片づける場所が決まっていることです。プラレールは電車の絵が描いた座れるボックスへ、おままごとのこまごまとしたものは、おままごとセットの引き出しの中へ。

それ以外のものはラックへ入れておくといった具合です。プラレールなどは線路の数も半端ないですし、種類も豊富にあります。細分化しすぎるとかえってお片付けがしんどくなるお子さんもいらっしゃいます。

例えばプラレールや女の子の好きなシルバニアファミリーなどは大きめの衣装ケースを用意し、その中で分類ができるようにするのが一番良いです。見た目がすっきりな感じが良いと思うのは大人目線です。子ども目線でおもちゃの収納について考えるとよいでしょう。続いておもちゃの収納方法のコツについてお伝えします。

おもちゃ収納のコツ

おすすめのおもちゃ収納の種類・値段・口コミ|棚/箱/ケース

増えてきたおもちゃの収納について考えて、さまざまなサイトを見てこれが素敵だと思い、気合を入れてお部屋をカスタマイズしたけれども、なぜだか毎日片付かないということはありませんか。毎日毎日片付かないお部屋にイライラすることもあるでしょう。

どうすればおもちゃをすっきり片づけることができるのでしょうか。おもちゃの収納について考えたとき、子ども目線を意識するとよいでしょう。子供たちがおもちゃを片付ける主役になりますから、当然、棚は子供たちにとって扱いやすいものでなければなりません。そこで、最後にいくつかのおもちゃの収納方法のアイデアとコツをお伝えします。

プラレールの収納とアイデアとコツ

おすすめのおもちゃ収納の種類・値段・口コミ|棚/箱/ケース

子どもの集成を生かしたお片づけ方法がおすすめです。子どもは並べるのが大好きです。ミニカーもプラレールもなんでもそう、とにかく並べるのが大好きです。それなら、その並べるをお片づけにも生かしてもらうという方法です。プラレールには専用の棚が残念ながらありません。それならいっそのこと自分で棚を作ることを始めましょう。

むき出しの棚が苦手なら、布で隠してしまえば大丈夫です。突っ張り棒にお気に入りのファブリックをつけておけば、十分なカーテンにもなります。

間仕切り棚を作って絵本を飾る

おすすめのおもちゃ収納の種類・値段・口コミ|棚/箱/ケース

リビングの間仕切りと兼用の絵本棚を作ります。シンプルなものこそ収納力があります。読みたい絵本をいつもで取り出せるように絵本を直す収納庫です。カフェのような雰囲気で急な来客があっても気兼ねしません。

おもちゃ収納に使えるアイテムはたくさん

いかがでしたでしょうか。おもちゃの収納といっても千差万別です。こんな感じがいいとイメージしてお店の収納コーナーに行き同じようなモデルルームになるようにカスタマイズしても、うまくおもちゃが片付けられていなくてイライラしたり自己嫌悪を体験した人もいることでしょう。

安心してください。おもちゃは増えても減ることはありません。一時的に減ったと思っていても違う種類のおもちゃが増えています。無理にお店でコーディネートする必要はなく誰でも気軽に自分で必要な棚をカスタマイズしてみるのも、おもちゃ収納の隠れたコツの一つと言えるでしょう。

アイデアも自由自在です。お子さんがどうすれば楽しくお片づけができるかを考えたら、どんな収納アイテムが必要かということもおのずとわかってきます。お子さんといつも楽しくお片づけができることを念頭にするのも一つの楽しみでもあります。

Related