Search

検索したいワードを入力してください

キャンプでのピザの簡単な焼き方・道具|フライパン/コールマン

初回公開日:2018年02月01日

更新日:2018年02月01日

記載されている内容は2018年02月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

大自然の中でテントを張って、食事も楽しめるキャンプはとても楽しめます。キャンプで作る人気メニューは、何といってもピザです。焼きたて熱々のピザを美味しく食べる、簡単な焼き方と便利な道具をご紹介します。大人数で集まって、手作りピザを作りましょう。

キャンプでのピザの簡単な焼き方・道具|フライパン/コールマン

キャンプでのピザの簡単な焼き方・作り方

生地作り

20cmサイズのピザの材料は、強力粉200g、ぬるま湯140ml、砂糖大さじ1、イースト3g、オリーブオイル大さじ1、塩少々です。

1.ボウルにぬるま湯と砂糖、イーストを入れて箸でよく混ぜます。
2.強力粉の中央をくぼませ、1と塩とオリーブオイルを入れてよく混ぜ、耳たぶくらいの硬さにこねます。この時、ダマにならないように注意しましょう。
3.ラップにくるんで30分寝かせます。
4.丸い形に伸ばして具材をのせて焼き完成です。

焼き方

キャンプ場で焼くピザは、道具によって焼き方が違います。ここでは、定番のアルミホイルだけを使用した、最も簡単な冷凍ピザの焼き方を紹介します。

アルミホイルを2枚長めにカットして、少し重さねて長方形に置きます。アルミホイルの中心に冷凍ピザを置き、チーズ部分に付かないように空間を空けて、アルミホイルの左右を合わせしっかり閉じます。上下も同じようにふわっと空間を作り、しっかり閉じます。

火加減は、冷凍ピザの場合弱火で良いので、焼肉などを楽しんだ後の炭火でかまいません。BBQコンロに網を乗せて、ホイルにくるんだピザをのせて焼きます。10分位経ったら完成です。

スキレットやピザ釜が無くても簡単に焼けるので、この焼き方を覚えておくと便利です。冷凍以外のピザを焼く時は、火加減を強くして調節すれば応用することもできるでしょう。

前日に仕込んでおく

キャンプ場で生地から作ってもかまいませんが、ゆっくりキャンプを楽しみたいなら、前日に仕込んでおくのがおすすめです。

キャンプに行く前日に、ホームベーカリーなどで生地を作ってからキャンプ場に行くと良いです。生地の発酵が終わった状態で、ピザの形に形成してオーブンシートで挟みます。保存袋に入れて、保冷材を重石代わりに上からのせて冷凍庫で凍らせます。

キャンプ当日は、冷凍庫から出したピザ生地をクーラーボックスに入れて出発します。キャンプ場に着いたら、食べる直前にクーラーボックスから出して、好みのトッピングをのせて焼くと手間がかからず便利です。

キャンプでのピザを焼く道具

フライパン

家でもキャンプでもできる、フライパンでピザを焼く方法は、フライパンに記事をのせてピザソースを塗ります。その上にトッピングの具材とチーズをのせます。火をつけて、10分ほど焼けば完成です。

ダッチオーブン

ダッチオーブンを使って焼くとピザがグンとおいしくなります。せっかくキャンプに行ったら、定番のダッチオーブンで焼いてみましょう。ダッチオーブンを使う時は、下の炭は少なめにして上は多くします。

下準備したピザの下にクッキングシートを敷いて、5cm幅に折った2本のアルミホイルを十字に置き中心にピザを置き焼きます。

ダッチオーブンが2台あれば、2段重ねで調理することができます。下段のダッチオーブンで煮込み料理を作ると効率よく食事の準備ができます。

メキシコ製 チムニー型ピザ釜

持ち運びができて、キャンプでも活躍するピザ釜です。釜に火を入れて、1時間くらいで使用可能になり、焼き加減を見ながら調理ができます。お店にあるピザ釜をコンパクトにした商品ですから、見た目も本格的で気分も盛り上がります。

本格派ピザ釜ですから、20kgくらいの重量があります。女性ひとりでは持ち運びが大変でしょう。大人数でゆっくりと時間をかけてキャンプする時におすすめです。

はこや 本格派ピザ釜

はこやのピザ釜は、とてもコンパクトでキャンプにもってこいです。重量も重すぎないので、もち運びもしやすいでしょう。使い方は、炭火で温度を上げた鉄板の上などに置いて使用します。クッキングシートをひいて、ピザをのせて焼けば完成します。

しっかり温まった鉄板の上で焼くのがポイントで、ピザ釜をセットする直前に炭を沢山投入します。ピザ釜の底面がオレンジ色になったら、ピザ投入のサインです。2~3分で焼きあがるので、多くのピザを焼く時も時間がかかりません。

スキレット

キャンプでは、炭火を使ってスキレットでピザを焼くこともできます。BBQ用網の上にスキレットを置いて、火力は強火にすると焦げるので中火程度で良いでしょう。スキレットの中にピザを入れて蓋をして焼くだけで完成します。

ダンボール

キャンプでは、ダンボールもオーブン代わりに使えます。お好みの大きさのダンボールを用意します。小型のみかん箱を2個つなげて使用すると、ピザ焼きにはちょうど良いでしょう。

次に、ダンボールの内側にアルミホイルを張り付けていきます。この時、段ボール部分が見えていると火災の原因になりますから、段ボール部分は完全に覆うようにします。アルミホイルを張った段ボールを観音開きに置き、BBQ用の網をダンボールに穴をあけてはめ込みます。

大きな空き缶の中に、火をつけた炭を入れて網の下に置きます。網に近いと火力が強すぎますので、適度に間隔を離します。ダンボールの蓋をして内部を温め、ある程度温度が上がったピザを投入します。

投入したら焼きあがるまで蓋を開けずに待ちます。おおよそ15分くらいで完成するでしょう。

一斗缶

おせんべえ等に使用されている一斗缶もキャンプ用ピザ釜に使えます。用意する材料は、一斗缶の他、四角い網、ネジ4本、金づちです。一斗缶の口を手前にして横にします。左右に箇所ずつネジで穴を開けて網を乗せる受けを作ります。

4箇所のネジの上に網を乗せて、簡易ピザ釜の完成です。あとは、アルミホイルにピザを乗せて一斗缶の蓋を閉めます。一斗缶の下にペール缶などを置いて、火力を高めて一気に焼き上げます。

石釜

石釜ピザメーカーは、キャンプ地でなくても、自宅での屋内でおいしくピザを焼くことができます。スイッチ付ければ数分で400度くらいに達し、短時間でカリッとしたピザが焼けます。火加減の調節がいりませんから、誰でも上手に焼くことができます。

キャンプでのピザを焼く道具のおすすめメーカー

コールマン

コールマンの「キャンピングオーブンスモーカー」は、スモークにも使える折りたたみ式オーブンです。ツーバーナー用で、スモーク料理も簡単に作れます。開口部には温度計がついており、料理の失敗を減らしてくれます。

重さも3.5kgと軽く、ツーバーナーストーブと組み合わせれば、料理の幅が広がります。ピザやパンはもちろん、ローストチキンや燻製おつまみなど、キャンプ飯を存分に楽しむことができるオーブンです。

LOGOS

メイプルリーフでおなじみのLOGOSは、手頃な価格帯で使いやすい商品が多いのが特徴です。

「LOGOS the KAMADO」は、オールマイティにキャンプ料理をカバーできる商品です。鍋料理とオーブン料理がこれ1台で作れて、多くの調理器具を持って行く必要がありません。もちろんピザも焼くことができ、調理からたき火まで幅広く使えます。

KAMADOは組み立て式の調理器具で、ステンレス製の火床を使った安定感のある商品です。組み立てと言っても2分程度で完成できる手軽さです。天面部分には温度計が付いているから、面倒な火加減も一目で判断できます。

ピザなら、300~400度くらいに上げて焼き上げましょう。火床と釜部分に火が良く回り、石釜で焼いたような、外はサクサク中ジューシーな焼き方ができます。他にも、ダッチオーブンとして使用しも良いですし、食後はたき火を囲んでお酒を楽しむこともできる商品です。

キャンプ場で食べるピザはおいしい

キャンプ場でのピザの焼き方はとても簡単でした。道具がそろっていれば簡単に作ることができ、前日から記事を仕込んでおけば、キャンプ場で時間をかけずに調理できるでしょう。できたてのピザは熱々で、自然の中で食べるとより美味しく感じます。

ご紹介したピザの焼き方を参考にして、家族や友達と一緒にキャンプ飯を楽しみましょう。

Related