Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月05日

Tシャツのキレイな収納術15選|かさばるTシャツも上手に収納

一年を通して出番の多いTシャツの枚数がどんどん増えて収納に困ってしまう、という経験をした方も多いのはないでしょうか。収納に悩みがちなTシャツも、アイディア一つで出し入れしやすく、かつ見た目もキレイに収納することができます。

Tシャツのキレイな収納術15選|かさばるTシャツも上手に収納

Tシャツの収納

Tシャツのキレイな収納術15選|かさばるTシャツも上手に収納

一年を通して着る機会の多いTシャツですが、収納方法に悩む方も多いのではないでしょうか。Tシャツは素材が薄く柔らかいため、たたみ方やシワが気になってしまいます。

頻繁に出し入れするものだからこそ、キレイに収納したいのにぐちゃぐちゃになってしまってイライラする、という方も多いのではないでしょうか。Tシャツの収納に関して、世間一般ではどのように考えているのでしょうか。

たたみ方がイマイチ

Tシャツの収納に関して、たたみ方がイマイチに感じている方が多いでしょう。

チェストや衣装ケースに収納する際に、丸めて並べるのか、均等にたたんで重ねていくのか収納方法に頭を抱えている方も多いでしょう。Tシャツは素材が薄く柔らかいため、取り出しやすさも重要になってきます。Tシャツは見やすく、かつ取り出しやすい収納方法がポイントになります。

シワが気になる

Tシャツを収納する際に、シワが気になってしまう方も多いでしょう。収納するときに綺麗にたたんで並べても、出し入れする際にたたんでいたものが崩れて、シワになってしまうということがよくあります。

Tシャツを収納するときには、出し入れする際にもシワにならないように気をつけることが重要になります。

Tシャツのキレイな収納術まとめ15選

Tシャツのキレイな収納術15選|かさばるTシャツも上手に収納

Tシャツをキレイに収納するには、さまざまな方法があります。それぞれの形や素材に合った収納方法をすることで、シワや型くずれを防ぐことが可能です。また、収納グッズの活用で収納スペースを有効活用でき、見た目もキレイにまとめることができます。

ここでは、Tシャツのキレイな収納方法のまとめ15選をご紹介しましょう。

キレイな収納1:Tシャツをたたむ

Tシャツを衣装ケースやチェストなどに収納する際には、たたんで収納するのが基本になります。Tシャツの収納も、たたみ方を少し工夫するだけで、見やすく、かつ取り出しやすいキレイな収納をすることができます。

ここでは、Tシャツのキレイなたたみ方をご紹介しましょう。

たたみ方1:大きさを揃える

Tシャツのたたみ方の基本として、大きさを揃えることがポイントです。

Tシャツにもそれぞれ、丈の長さや袖の方など大きさもバラバラですが、収納する際に大きさを均等にしてたたむことで、重ね合わせても見やすく、取り出すときにも崩れにくくなります。大きさが不揃いだと、探すときに奥までひっくり返して、というパターンになってしまうので、大きさを揃えておくことでその心配も必要なくなります。

たたみ方2:コンパクトにたたむ

Tシャツをたたむときに、袖をたたんで裾から襟に半分にたたむ方が多いとおもいますが、さらに半分にたたむことでコンパクトになり、収納の際にも見やすくなります。小さくたたむことで、シワにもなりにくく、立てて収納すると取り出しやすくなります。

キレイな収納2:Tシャツを丸める

Tシャツのキレイな収納方法として、丸めて収納する方法もあります。Tシャツをたたんで収納するときに丸めて並べることで、見やすくなり、取り出しもしやすくなります。色柄が一目でわかるので、Tシャツの枚数が多い場合には、この収納方法がおすすめです。

キレイな収納3:柄がわかるようになおす

Tシャツを収納するときに、柄がわかるように収納するのも大切なポイントになります。

色柄が一目でわかるように並べることで、探す手間も省けるので見つけやすく、取り出しもしやすくなります。色柄もののTシャツが多い方は、この収納方法がおすすめです。

キレイな収納4:長さごとに分ける

Tシャツを収納する際に、長さがバラバラのままだと下にあるものが取り出しにくくなり、ぐちゃぐちゃになる原因につながります。

Tシャツの長さを種類ごとに分けて、長さを揃えることで見やすくなり、取り出しやすくもなります。衣装ケースやチェストに収納している方は、一度Tシャツの長さを見直してみるようにしましょう。

キレイな収納5:収納ボックスを使う

衣装ケースやチェストにTシャツを収納している方は、収納ボックスを使うことをおすすめします。

引き出し用の収納ボックスを使うことで、細かく整理することができ、取り出しやすさにもつながります。収納ボックスは家具洋品店や、100円ショップにも売っているので、ぜひ活用してみましょう。

キレイな収納6:仕切りを使う

Tシャツを収納するときに意外と活用できるのが仕切りです。仕切りがあると引き出しの中が見やすくなり、Tシャツが倒れてぐちゃぐちゃになるのを防ぐことができます。100円ショップにある仕切りでも活用できるので、Tシャツの枚数が多い方はぜひこの方法を試してみましょう。

キレイな収納7:ハンガーを使う

クローゼットにTシャツを収納する場合、ハンガーに掛けて収納するとシワにもなりにくく、見た目もキレイにまとまります。Tシャツの枚数が多い場合は、かさばらないように薄いハンガーを使用したり、素材が薄いTシャツなどは、ウレタンやゴムが付いたハンガーで伸びないようにするのがおすすめです。

クローゼットのTシャツ、カットソーなどの収納に利用してます。イチオシです。

出典: http://amzn.asia/d/bVQ3xxB |

キレイな収納8:整理ボックスを活用する

衣装ケースやチェストにTシャツを収納している場合は、吐き出し用の整理ボックスを活用するのもおすすめです。

整理ボックスは細かく仕切りが付いているので、Tシャツを取り出すときに前後の飛び出しを防止してくれるので、ぐちゃぐちゃになりにくくなります。引き出しの中だけでなく、棚の上の整理にも活用できるので、いくつからあると重宝できます。

下着類の多い方、是非お勧めしたい商品です!
サイズの違う4点セットで下着類を分けて収納できます。
私は、下着・インナー・ストッキング・靴下を入れてます。
引き出しが一気にスッキリ‼
買って良かったです!

出典: http://amzn.asia/d/3qC4sye%20 |

キレイな収納9:100均のカゴを使う

引き出しの中のTシャツの収納には、100円ショップのカゴやバスケットを使うのがおすすめです。

100円ショップのバスケットはさまざまな大きさがあるので、Tシャツの大きさや種類に合わせてカゴで仕切ると、見た目もスッキリし、取り出すときにも一目でわかりやすくなるのでおすすめです。カゴに入れることでカテゴライズされ、横倒れの防止にもなります。

キレイな収納10:無印良品のシャツホルダーを使用

無印良品のシャツホルダーは、バーに通すだけで棚になる収納グッズです。

クローゼットのあいているスペースを活用して、Tシャツを分けて収納することができます。棚になっているので一目で見やすく、取り出すときも下からひっくり返す必要もないので、ぐちゃぐちゃになるのを防止することができます。クローゼットのスペースに余裕がある方は、ぜひ無印良品のシャツホルダーを活用してみましょう。

キレイな収納11:ポリプロピレン衣装ケースを使う

無印良品のポリプロピレン衣装ケースは、押し入れやクローゼットの高さに合わせて3種類から大きさを選べ、重ねることができます。クローゼットなどの高さに余裕がある場合は、積み重ねてチェスト代わりにも使用することが可能です。

Tシャツを収納するときには、衣装ケースをより横に倒して高さに合わせてたたんで収納していくことで、引き出しの開け閉めのときにもくしゃくしゃにならす、見た目もキレイに収納できます。

キレイな収納12:書類用個別フォルダーを使用する

書類用の個別フォルダーは、書類を一枚ずつファイリングするものになりますが、その中にTシャツを入れて収納することができます。

Tシャツをフォルダーの大きさにたたんで挟み、あとはまとめて書類用ボックスなどに入れるだけです。個別フォルダーにTシャツを一枚ずつ収納することで、シワにもならず出し入れもしやすくなります。

家庭の書類整理に利用しました。
紙製の物より丈夫で、テプラでつくったラベルもペリッとすぐに剥がせて、ストレスフリー。
ずっと使い続けられそうです。仕事の書類整理にも使いたいです。
無印良品のPPファイルボックスA4に、ぴったり収まります。

出典: http://amzn.asia/d/6SPZm94%20 |

キレイな収納13:100均のトレーを使用する

100円ショップに売っているトレーは、書類をまとめたり細かいものの整理に使用できますが、Tシャツを重ねて収納することもできます。

薄手のTシャツであれば、一つのトレーに何枚かずつ重ね、別売りのジョイントと合わせて棚として使うことができます。A4サイズに対応しているので、わずかなスペースでも有効活用することができる優秀アイテムです。

キレイな収納14:シャツポケットを使用する

無印良品のシャツポケットは、吊るして収納できるシャツ専用のポケットになります。ポケットが細かく仕切りになっているので、小さくたたんで一枚ずつ収納することができます。

シャツポケット自体も、クローゼットのラックなどに吊るして収納できるので、スペースを取らずに隙間収納することができます。Tシャツ自体の枚数はそこまで多くないが、衣装ケースや引き出しの中にはしまいづらいという方におすすめです。

キレイな収納15:突っ張り棒を使用する

衣装ケースや引き出しの中にTシャツを収納している方は、突っ張り棒を使用するのをおすすめします。

突っ張り棒を使用することで、引き出しの中に仕切りができるので、横倒れ防止にもなり引き出しの中でぐちゃぐちゃになってしまう心配がありません。簡易的に仕切りを作る方法としてもおすすめです。

収納術を身につけよう

クローゼットの中は広くスペースがある分、配置や収納の仕方によってキレイに片付くか、ごちゃごちゃしてしまうかが左右されます。

クローゼットの中は、それぞれの衣類に適した収納方法にすることで、見た目もキレイに、かつ使いやすく収納することができます。それぞれの収納方法をよく理解して、自分に合った収納術を身につけましょう。

クローゼットの収納方法の実例を楽しく感心しながら読めました。

出典: http://amzn.asia/d/630qX1L%20 |

お気に入りのTシャツをすぐ見つけるために

Tシャツのキレイな収納術15選|かさばるTシャツも上手に収納

Tシャツは枚数が多くなる分、収納の仕方によっては見つけづらくもなってしまいます。忙しい朝に着たいTシャツが見つけられずイライラ、なんてことにならないように、お気に入りのTシャツは収納方法を工夫して見やすい収納をしましょう。

きちんとたたんで収納

Tシャツは素材が薄いため簡単にたたんで収納するという方も多いでしょうが、それだとぐしゃぐしゃになってしまって、より見つけにくくなってしまいます。

Tシャツは収納スペースの大きさに合わせてきちんとたたんで収納するようにしましょう。見つけやすく、かつ出し入れもしやすくするには、きちんとたたむことがとても大切になります。

自分のルールでまとめる

Tシャツの出し入れをするのは自分自身なので、自分のルールでまとめるようにしましょう。自分のルールでまとめることで、どこに何があるか把握しやすくなるのはもちろん、収納の効率もよくなります。

収納スペースに合った方法で、自分のルールを作りながら収納していくようにしましょう。

Tシャツをキレイに収納しよう

Tシャツのキレイな収納術15選|かさばるTシャツも上手に収納

Tシャツは一年を通して着る機会の多いアイテムです。枚数も多くなるとつい適当に収納してしまいがちですが、それぞれのスペースに合った収納方法をすることで、出し入れしやすく見た目もキレイにまとまります。

これを機に、一度ご自身の収納を見直してみるのはいかがでしょうか。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

意外にも実はたたみ方や収納方法に悩みがちなYシャツとスーツ、この2つもそれぞれのスペースに合った方法で収納することで、シワを防いでキレイに収納することができます。

ぜひ関連記事もチェックして、収納術を身につけましょう。

Latests